パリで一緒に Paris When It Sizzles (1964) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ジュリアン・デュヴィヴィエ監督による、1952年のフランス映画”La Fete a Henriette”のリメイク。
人気脚本家と彼に雇われたタイピストが、苦労しながら脚本を書き上げるうちに芽生える恋を描く、製作、監督リチャード・クワイン、主演ウィリアム・ホールデンオードリー・ヘプバーンノエル・カワードトニー・カーティスマレーネ・ディートリッヒメル・ファーラー他共演のロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト ■

監督:リチャード・クワイン
製作
リチャード・クワイン

ジョージ・アクセルロッド
原作
ジュリアン・デュヴィヴィエ

アンリ・ジャンソン
脚本:ジョージ・アクセルロッド
撮影:チャールズ・B・ラング
編集:アーチー・マーシェク
音楽:ネルソン・リドル

出演
リチャード・ベンソン/リック:ウィリアム・ホールデン

ガブリエル・シンプソン/ギャビー:オードリー・ヘプバーン
アレキサンダー・マイヤハイム:ノエル・カワード
モーリス/フィリップ:トニー・カーティス
ジレー警視:グレワール・アスラン
本人:マレーネ・ディートリッヒ
ジキルとハイド:メル・ファーラー

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ

1964年製作 108分
公開
北米:1964年4月8日
日本:1964年5月30日
製作費 $4,000,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

パリ
脚本家リチャード・ベンソン(ウィリアム・ホールデン)の元に、タイピストのガブリエル・シンプソン(オードリー・ヘプバーン)が現れる。

映画プロデューサーのアレキサンダー・マイヤハイム(ノエル・カワード)から依頼された脚本の締め切りが、彼がカンヌから帰る2日後に迫っていた。

ガブリエルは、今の時点でベンソンに構想が殆どないのを知り驚いてしまう。

そしてベンソンは、いつものことだと言ってストーリーを語り始め、ガブリエルにタイプを打たせる。

しかし、良いアイデアが浮かばないベンソンは、ガブリエルの”パリ祭”のデートの予定をヒントに、フランク・シナトラの歌をバックにした、作品のオープニング・シーンを思い浮かべる。
__________

パリ祭”。
パリジェンヌのギャビー(オードリー・ヘプバーン)は、街角の賑わうカフェで、俳優の恋人モーリス(トニー・カーティス)を待つ。

現れたモーリスは、用事ができたことを告げ、ギャビーを置いて立ち去るが、そこにアメリカの諜報員だという男(ウィリアム・ホールデン)男が現れ・・・。
__________

しかしベンソンはそれが気に入らず、男を嘘つきの泥棒にして、”リック”という名前をつける。
__________

リックは、モーリスが立ち去ったところでギャビーに近づくが、彼をインターポールのジレー警視(グレワール・アスラン)が監視していた。
__________

ベンソンは、リックとギャビーがランチに行く場面を想像しながら、自分達も部屋でランチを済ませる。

ガブリエルは、リックがギャビーを酔わせた理由を考える・・・。
__________

リックに襲われると思い込んだギャビーは馬車で逃走し、それをリックは馬で追いかける。
__________

そしてガブリエルは、ギャビーがリックの命を奪ってしまうことまで考え、夜になったためベンソンは彼女に眠るよう指示する。

ベンソンは、マイヤハイムに連絡を入れ、脚本完成が不可能だということを伝えようとするが、ガブリエルが眠る準備をする美しさを見て、脚本を書き始める。

翌朝ガブリエルは、ベンソンが徹夜して脚本を書いていたことを知り、ランチの場面からの新たな展開を読み始める。
__________

リックは、”大仕事”を前に動揺する仲間に、ギャビーの相手をしているのは、その場にもいたジレー警視を欺くためだと説明する。

余裕を見せ、ジレーに声をかけたリックは、ギャビーを連れてその場を立ち去る。

そこに、実はモーリスに扮していた警官のフィリップ(トニー・カーティス)が現れ、リックの最終目的が”エッフェル塔”であることが分かっていることを、ジレーは彼に伝える。

撮影所のオフィスの金庫から鍵を奪ったリックは、ギャビーの口紅を見て、それでナプキンに何かを書きジレーに渡したことに気づく。

その場から逃走したギャビーは、撮影所のセットに向かい、追ってきたリックに銃を向ける。

そんなことには動じないリックは、ギャビーが警察のスパイだと見抜く。

ギャビーは、売春婦の自分が刑務所にいた身分で、借り出所を条件にリックに近づき、強盗計画の情報を聞き出すようジレーに指示されていたのだった。

リックは、撮影所から映画のフィルムを28巻盗み出し、ジレーが待ち構えているのを知りながら、ギャビーと共に”エッフェル塔”で開かれる仮装パーティーに向かう。

二人は会場に到着し、ギャビーがジレーを見つけ、リックがフィルムを盗んだことを知らせる。

リックは、新作”エッフェル塔を盗んだ女”のフィルムを盗んだことをプロデューサー(ノエル・カワード)に伝え、貸し金庫の鍵を渡すよう脅迫する。

しかしプロデューサーは、その作品が、酷い脚本のために大駄作だとリックに伝え大喜びしてしまう。

自分の破滅を覚悟していたプロデューサーは、命拾いできたことをリックに感謝し、貸し金庫の鍵を渡し、更に保険金まで渡すことを約束する。

その後、ギャビーと共謀してジレーを縛り上げたリックは、彼の衣装を身に付けて、外で待っていたフィリップの車で”ル・ブルジェ空港”に向かう。

空港に着いたリックは、フィリップを叩きのめすものの、拘束を逃れたジレーもその場に現れる。

飛行機に乗ろうとしていたリックはフィリップに撃たれてしまい、彼はギャビーに見守られながら息を引き取る。
__________

リックが命を落とさない、違う結末を考えようとしたガブリエルだったが、ベンソンはそれを許さなかった。

ガブリエルが自分に恋したことを知ったベンソンは、彼女を追い出そうとした後、酔い潰れてしまう。

翌朝、ガブリエルがいないことに気づいたベンソンは、大傑作が書けるという書き置きをマイヤハイムに残し、パリ祭で賑わう街で彼女を捜し回る。

ガブリエルを見つけたベンソンは、書き上げた脚本を捨て、そして、彼女は新しいストーリーが、ハッピーエンドになるこを知る。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

パリ
人気脚本家チャード・ベンソンは、プロデューサーのマイヤハイムから依頼された、新作の脚本の締め切りが迫っていた。
そんなベンソンに雇われたタイピストのガブリエル・シンプソンは、彼にアイデアを与え、二人は共同で脚本を書き始める。
単純な恋物語から始まったストーリーは、泥棒やスパイが登場するサスペンスに発展していく。
その間ガブリエルは、ストーリーの主人公に自分達を投影し、次第にベンソンに惹かれていく・・・。
__________

人気、実力共に当時のハリウッドを代表している二人ウィリアム・ホールデンオードリー・ヘプバーンの共演が話題になった作品。

一ひねりも二ひねりもされている奇抜なアイデア、パリを舞台にした洒落たムードの作品だが、主演の二人の魅力以外はリチャード・クワインの演出も単調で、物語自体にあまり面白味もない。

とは言え、ジバンシィの衣装を思う存分に着こなす撮影当時33歳のオードリー・ヘプバーンの美しさと、飾り気のないウィリアム・ホールデンの変幻自在の演技はまずまず楽しむことが出来る作品。

また、脇役ながら印象に残るトニー・カーティス、作品のバックで流れるフランク・シナトラフレッド・アステアの歌、そしてわずかな出演のマレーネ・ディートリッヒ、更には、当時のヘプバーンの夫メル・ファーラーが、仮装パーティーでジキルとハイドに扮し登場するという豪華な作品でもある。

主人公に新作脚本を依頼する映画プロデューサーのノエル・カワード、脚本の中で主人公を追うことになるインターポールの警視役グレワール・アスランなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター