スティーラーズ Pawn Shop Chronicles (2013)


3.67/5 (36)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

田舎町の質屋の店主と関連する客達の騒動を描く、製作、主演ポール・ウォーカーイライジャ・ウッドブレンダン・フレイザーマット・ディロントーマス・ジェーン他共演、監督ウェイン・クラマーによりる犯罪コメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:ウェイン・クラマー
製作:ポール・ウォーカー
脚本:アダム・ミナロヴィッチ
撮影:ジム・ウィテカー
編集:サラ・ボイド
音楽:ニュートン兄弟

出演
ロウドッグ:ポール・ウォーカー

リッキー・バルドースキー:ブレンダン・フレイザー
リチャード:マット・ディロン
ランディ:ケヴィン・ランキン
アルトン:ヴィンセント・ドノフリオ
ヴァーノン:ルーカス・ハース
ジョニー・ショー:イライジャ・ウッド
スタンリー:ノーマン・リーダス
ザ・マン:トーマス・ジェーン
JJ・トンプソン:DJクオールズ
ジョンソン:シャイ・マクブライド
ヴァージル:サム・ヘニングス
シンディ:ペル・ジェームズ
ベン・トンプソン:マイケル・カドリッツ
テレサ:アシュリー・シンプソン
ラマー:マット・オリアリー
ハリー:マーク・ポヴィネッリ

アメリカ 映画
配給 Anchor Bay Films
2013年製作 112分
公開
北米:2013年7月12日
日本:2014年1月18日
製作費 $5,000,000
北米興行収入 $8,088


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
質屋の店主アルトン(ヴィンセント・ドノフリオ)は、ショット・ガンを向けて入ってきたヴァーノン(ルーカス・ハース)に驚く。

ヴァーノンは銃を売りに来ただけで、それを知ったアルトンは20ドルで銃を買い取る。

強盗を企むジャンキーのロウドッグ(ポール・ウォーカー)は、現れたヴァーノンが、ガソリン代のために銃を売ってしまったことを知り呆れる。

怒りきれないロウドッグだったが、現れたランディがヴァーノンを轢いてしまう。

ヴァーノンの弟ラマー(マット・オリアリー)の元に向かったロウドックとランディは、金を奪いドラッグに使ってしまった彼を責める。

銃を手に入れられず、芝刈り機をアルトンに売った二人は、それでドラッグを手に入れて気を紛らす。

ランディは、白人至上主義者であるロウドッグが、集会のスモーク・ウィンナーが気に入っているだけで、それほど深い考えもないことが分かる。

対向車と衝突しそうになり街道から外れた二人は、森の中で弓矢を見つける。

二人は、それを強盗で使うことを考えて盗みその場を逃れる。

その頃、意識を取り戻したヴァーノンは、現れた男ザ・マン(トーマス・ジェーン)に、自分を轢き置き去りにした男達に復讐することを伝える。

そのために銃を手に入れるというヴァーノンに、ザ・マンは銃を譲りその場を去る。

マスクを被った二人は、ドラッグ・ディーラーのスタンリー(ノーマン・リーダス)を襲うが、直ぐに正体がばれてしまう。

焦るロウドックが誤って放った弓はランディの右肩を貫き、そこにヴァーノンが現れて二人に銃を向ける。

ヴァーノンは二人の話も聞かずにランディを射殺して乱射し始め、建物は漏れたガスに引火して爆破してしまう。
__________

質屋に現れた新婚早々のリチャード(マット・ディロン)は、銀行がハッキングされたため口座の預金が空になったことを伝え、妻の指輪を売ろうとする。

2000ドルは必要だという言うリチャードは、アルトンに400~500ドルと言われてショックを受ける。

その時、ショー・ケースの指輪に気づいたリチャードは、それを見せてもらいショックを受ける。

指輪の売主を聞いたリチャードは、それをアルトンに断られたために、6年前に失踪した最初の妻シンディ(ペル・ジェームズ)の指輪だと説明する。

リチャードは家出を疑い、血痕が残っていたため自分が容疑者として疑われたことも話す。

それでも売主を教えてもらえないリチャードは、1万7000ドルした妻の指輪を置いていくと言ってアルトンを説得する。

アルトンは40ドルで指輪を引き取っていたため、売主の名がJJ・トンプソン(DJクオールズ)だとリチャードに教える。

エルヴィス・プレスリー”の崇拝者である冴えない旅芸人リッキー・バルドースキー(ブレンダン・フレイザー)は、恋人のテレサ(アシュリー・シンプソン)に愛想を尽かされて見捨てられる。

ダイナーのコックであるJJの元に向かったリチャードは、彼を痛めつけて指輪をどこで手に入れたかを聞き出す。

JJは、おじのベン・トンプソン(マイケル・カドリッツ)から盗んだことを白状し、リチャードは彼に会う。

ベンは指輪は盗まれたと答えるが、リチャードはJJが盗んだことを伝える。

指輪を返す気のないリチャードは、ベンがジョニー・ショー(イライジャ・ウッド)という男からポーカーで勝ち取ったとことを知る。

ベンに指輪を奪われそうになったリチャードは格闘になり、彼を叩きのめす。

ジョニーの住所を聞き出せないリチャードは、ベンの家に押し入り電話帳で住所を調べ、その場にあった銃を奪い立ち去る。

リチャードはジョニーの家に向かい、その場に侵入して、多くの女性と共にシンディの写真が冷蔵庫に貼られているのを確認する。

銃を向けられたジョニーは、指輪と写真は拾ったバッグの中にあったと答える。

リチャードはジョニーを殴り気絶させて、釣針を口の4か所に刺して釣竿で引っ張り拘束する。

ジョニーを痛めつけて拷問したリチャードは、シンディが生きていることを確認して居場所を聞き出し、付近にある牧草サイロに向かう。

サイロ内で檻に入れられたシンディを見つけたリチャードだったが、彼女はその場を離れることを拒む。

憤慨したジョニーは、リチャードを殺害してシンディを救い出す。

他のサイロに多数の女性が閉じ込められていることを知ったリチャードは、彼女らを解放してその場を離れようとする。

ところが、洗脳されているシンディはリチャードの言うことを聞こうとしない。

リチャードは指輪を見せて、シンディを納得させて車を出す。

シンディは、ジョニーを殺したことをリチャードから知らされ、ナンバーワンで気に入られていた彼女はそれを悲しむ。

指輪を捨てて取り乱したシンディは、リチャードをナイフでめった刺しにする。

ハンドルを誤ったリチャードは、対向車線を走るロウドックとランディの車に衝突しそうになる。

それを避けようとしたリチャードは、街道沿いの木に激突し、頭を打ったシンディは死亡する。

リチャードは妻に電話をするが罵られてしまい、その後、息絶える。

自転車で走っていたJJは、道路に落ちていた指輪を見つける。

ガス欠になりそうなリッキーは質屋に向かい、金のペンダントを200ドルでアントンに買い取ってもらう。

床屋に向かったリッキーは、二軒並んでいる店の片方を選び、モミアゲを剃られてしまい憤慨して店を出る。

もう一軒の店に入ったリッキーは、隣の店を先に選んだことで店主を怒らせて、後ろ髪を着られて追い出されてしまう。

リッキーは、どちらの床屋を選ぶかが重大事であると考える、市民の秩序を乱したと布教家ヴァージル(サム・ヘニングス)に指摘され、彼の信仰に誘われる。

考えると答えたリッキーは、カーニバルで行われる余興会場に向かう。

拍手もないままステージに上がったリッキーは、客に相手にされず罵倒される。

リッキーは、その場にいたヴァージルだけが自分に注目していることに気づき、心を開くことを告げる。

その瞬間、”エルヴィス”に成りきったリッキーの歌を人々は聴き入り、そこに、ジョニーに拘束されていた女性達が全裸で現れる。

二件の床屋はいがみ合うことなく握手し、人々は幸せを実感する。

その頃、会場近くのスタンリーの家でヴァーノンはショット・ガンでランディを射殺して、その場はガス爆発を起こす。

歌い終わったリッキーは喝采を浴び、興行主にスカウトされ、テレサも彼の元に戻る。

リッキーは自分を見捨てたテレサをを受け入れず、彼女は生きていたジョニーに家に誘われる。

テレサはそれに同意し、傷だらけのジョニーは女性達を連れて家に帰る。

質屋に入り浸るジョンソン(シャイ・マクブライド)は、食事だと言って家に帰り、アルトンは、バットを買いに来た男ハリー(マーク・ポヴィネッリ)の対応をする。

ハリーが自分を付け回していた4WDの男だと気づいたアルトンはバットで殴られる。

そこに現れたJJがハリーをスコップで殴り倒し、アルトンはハリーに銃を向けて追い払う。

アルトンは、JJが持ってきた指輪を40ドルで買い取り店を閉める。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
田舎町の質屋の店主アルトンは、挙動不審の男ヴァーノンからショット・ガンを買い取る。
ドラッグ欲しさに強盗を企んでいたジャンキーのロウドックは、現れたヴァーノンが銃を売ったことに呆れ、仲間のランディと共に焦る。
新婚のリチャードは手持ちの金がないため質屋で指輪を売ろうとするが、その場で数年前に失踪した最初の妻シンディの指輪を見つける。
アルトンから指輪の売主を聞き出し、ジョニーという男の住所を突き止めたリチャードはその場に向かうのだが・・・。
__________

豪華スター競演が注目の異色の群像劇ということで注目したい作品。

3つの出来事で登場する者達が微妙に絡み合い、最終的には全てが繋がる物語自体は面白味があるのだが、工夫を凝らしたブラック・ユーモアも空回りという感じだ。

布教家の信仰に心を開こうとした旅芸人の余興から、全ての歯車が噛み合う展開なのだが、今一、後味もよくない。

評価も悪く、これだけのキャストにも拘らず、記録上は15館のみの公開で初日で打ち切り状態、商業的には大失敗に終わった作品。

ジャンキーのポール・ウォーカーケヴィン・ランキン、仲間のルーカス・ハースと弟マット・オリアリー、冴えない旅芸人役のブレンダン・フレイザー、先妻(ペル・ジェームズ)の行方を追うマット・ディロン、質屋店主役ヴィンセント・ドノフリオ、その店に入り浸るシャイ・マクブライド、女性誘拐犯イライジャ・ウッド、ドラッグの売人ノーマン・リーダス、謎の男トーマス・ジェーン、指輪を売る若者DJクオールズ、そのおじ役マイケル・カドリッツ、布教家サム・ヘニングス、旅芸人の恋人アシュリー・シンプソン、質屋店店主を脅す男マーク・ポヴィネッリなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター

* 【レビュー】作品についての感想・評価をお書き下さい。