ペット・セメタリー2 Pet Sematary Two (1992) 1/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★☆☆☆

1983年に発表された、スティーヴン・キングのホラー小説”ペット・セマタリー”を基に製作された映画「ペット・セマタリー」(1989)の続編。
人気女優である母親を事故で亡くした少年が、死者が生き返る墓がある田舎町で体験する恐怖を描く、監督メアリー・ランバート、主演エドワード・ファーロングアンソニー・エドワーズクランシー・ブラウン他共演のホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:メアリー・ランバート

製作:ラルフ・S・シングルトン
脚本:リチャード・アウテン
撮影:ラッセル・カーペンター
編集:トム・フィナン
音楽:マーク・ガヴァナー

出演
ジェフ・マシューズ:エドワード・ファーロング
チェイス・マシューズ:アンソニー・エドワーズ
ガス・ギルバート:クランシー・ブラウン
ルネ・ハーロウ・マシューズ:ダーラン・フリューゲル
クライド・パーカー:ジャレッド・ラシュトン
アマンダ・ギルバート:リサ・ワルツ
マージョリー・ハーグローヴ:サラ・トリガー
ドリュー・ギルバート:ジェイソン・マクガイア
クウェンティン・ヨランダー:ジム・ペック

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1992年製作 100分
公開
北米:1992年8月28日
日本:1992年11月21日
製作費 $8,000,000
北米興行収入 $17,092,450


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
13歳の少年ジェフ・マシューズ(エドワード・ファーロング)は、人気女優である母親ルネ・ハーロウ(ダーラン・フリューゲル)の撮影現場で彼女の演技を見守る。

しかしルネは、撮影中の事故により、ジェフの目の前で感電死してしまう。

ルネとは別居中の夫で獣医のチェイス(アンソニー・エドワーズ)は、息子ジェフからの連絡を受けて妻の死を知らされる。

メイン州、ルドロー
ルネの葬儀は終り、チェイスは、保安官ガス・ギルバート(クランシー・ブラウン)に声をかけられる。

チェイスと暮らすことになったジェフは、母の死を受け入れられず立ち直れなかった。

家政婦のマージョリー・ハーグローヴ(サラ・トリガー)を雇ったチェイスは、ジェフと共に開業する病院に向かう。

その場にいた子猫に驚いたジェフは、掃除をすれば飼っていいとチェイスに言われる。

そこに、ガスと義理の息子のドリュー(ジェイソン・マクガイア)が現れ、ウサギに鼻をひっかかれた愛犬ゾーイをチェイスに診てもらう。

傷は直ぐ治るだろうが右目の角膜に損傷があると言うチェイスは、ウサギには近づけないようにとドリューに伝える。

ガスは、高校時代にルネと親しかったとジェフに伝える。

学校に通い始めたジェフは、クラスメイトのクライド・パーカー(ジャレッド・ラシュトン)に、隠し持っていた猫を奪われてしまう。

クライドを追ったジェフは、猫は死にペット・セメタリーに埋めたと言われる。

死者が甦ると墓場に母親も埋めるべきだと言われたジェフは、クライドを殴り二人は喧嘩になる。

殴り倒されたジェフは、皆が去った後でペット・セメタリーに向い、猫を見つける。

そこに現れたドリューは、ジェフから、親が死ぬことを考えたことがあるかと訊かれる。

ガスが死ねばいいと言うドリューは、彼が実の父親でないことをジェフに話す。

死者が生き返ると言われたことを気にするジェフだったが、昔からある幽霊の話と同じで嘘だとドリューに言われる。

ウサギを飼育しているガスは、防犯のために金網に電流を流す。

帰宅したジェフは学校のことをチェイスに訊かれ、酷かったと答える。

初日は辛いこともあると慰めたマージョリーが母親のような言い方をしたため、ジェフは気分を害して部屋に向かう。

帰宅したドリューは、母アマンダ(リサ・ワルツ)といちゃつくガスに反抗する。

考えこむジェフは、母ルネと仲直りできたかをチェイスに問う。

チェイスは、ルネの死を受け入れられないと言って悩むジェフに、彼女とは仲直りはできたと伝える。

その夜、ドリューの愛犬ゾーイがウサギに近づいたことに気づいたガスは、銃を手にして外に出る。

ドリューは止めようとするが、ガスは、逃げたゾーイに向かって発砲する。

銃弾を受けたゾーイを抱き寄せるドリューは、涙を堪える。

翌日、ゾーイが死んだことをドリューから知らされたジェフは、彼と共にペット・セメタリーに向かう。

二人は立入禁止区域の先住民の墓地に向い、ドリューは、ゾーイをその場に埋めれば生き返るかもしれないとジェフに伝える。

ジェフは馬鹿げた話だと言うが、ゾーイを可愛がっていたドリューは、試してみたいと伝える。

誰にも言わないことをジェフに約束してもらったドリューは、先住民のやり方に従い、一人で穴を掘ってゾーイを埋める。

ドリューを捜していたガスは、街道で彼を見つけて車に乗せて帰る。

夜中にウサギ小屋の物音に気づいたアマンダは、ゾーイが戻って来たことに気づく。

ガスは、ゾーイを埋葬したと言ったドリューを叱り、二度と家に入れるなと命ずる。

チェイスを呼んだアマンダはゾーイを診てもらい、ジェフが付き添う。

銃で撃たれた傷を治療しようとするチェイスは、治るまで預かってほしいとドリューから頼まれ、それを承知する。

ジェフは、埋めた時にゾーイが死んでいなかったと考えるが、確かに死んでいたとドリューに言われる。

ベッドに入ったジェフは、アマンダが現れた夢を見る。

数日後、ゾーイの心音が聴こえないことを気にするチェイスは、心臓が弱っていると考えて採血をしてみる。

それを気にするジェフは、ゾーイを檻に入れて鍵を閉める。

ハロウィン
ジェフとドリューは、クライドらと共にペット・セメタリーに向う。

そこに現れたガスはドリューを殴り叱るが、ゾーイがガスに襲いかかる。

ガスはゾーイに噛み殺されてしまい、ジェフとドリューは、ガスを埋めて生き返らせようとする。

家に戻ったドリューは、ガスから逃れてきたとアマンダに伝える。

帰りが遅いためにチェイスに注意されたジェフは、疲れているので休みたいと言って、二人は翌朝、話し合うことにする。

ドリューは、生き返って家に戻ったガスに気づく。

ガスは、嫌がるアマンダに迫る。

翌朝、ジェフと共に学校に向かうドリューは、ガスが別人のように優しくなったことを話す。

ゾーイの血液検査の結果を問い合わせたチェイスは、死んだ動物の血液だと知らされ、以前、クウェンティン・ヨランダー医師(ジム・ペック)からも同様の血液検査を依頼されたと言われる。

チェイスの元に子猫を引き取りに来た親子は、それが殺されていることを知り驚く。

その場を調べたチェイスは、ゾーイが檻の格子を破り逃げ出したことに気づく。

下校しようとしていたジェフとドリューに声をかけたチェイスは、ゾーイが逃げたことを知らせて、見かけたら連絡するようにと伝える。

ヨランダー医師を訪ねたチェイスは、病院を引き継いだ者だと伝える。

以前、クリード家の猫の件でゾーイと同じような症状を経験していたヨランダーは、犬は死んでいると伝える。

クリード家の猫も同じだったと言うヨランダーは、チェイスに町から出て行くようにと伝えて彼を追い払う。

ドリューの家に泊めてもらうことになったジェフは、可愛がっていたウサギを殺して食べてしまい、様子がおかしいガスの行動を気にする。

警戒するチェイスは、戸締りをして銃を用意する。

ルネと愛し合う夢を見ていたチェイスは、ゾーイに襲われて目が覚める。

抵抗したチェイスは銃を手にして発砲し、ゾーイは窓を突き破って逃げる。

ドリューと別れたジェフは自転車で家に向い、バイクで追ってきたクライドに土手から突き落とされる。

クライドはジェフを痛めつけようとするが、現れたガスに制止される。

ジェフに帰るよう指示したガスは、クライドを殴り倒して、エンジンをかけたバイクの車輪を顔に押し付けて彼を殺す。

それを目撃していたドリューを追ったガスは、家に戻った彼に襲いかかる。

二階の窓を突き破り、戻って来たアマンダの車に乗ったドリューは、襲いかかって来るガスが死んだ人間だと彼女に伝える。

車で走り去ったアマンダを追ったガスは、彼女の車を対向車線のトラックに衝突させる。

クライドの死体を運んだガスは、先住民の墓に埋める。

志望したアマンダとドリューの葬儀が行われるが、クライドは行方不明のままだった。

屋根裏部屋に閉じ篭っていたジェフは、ルネをゾーイのように生き返らせるとチェイスに伝える。

死んだゾーイとガスも埋めたと言うジェフの言葉を信じないチェイスは、ルネが埋葬されている墓地の管理人からの電話を受けて出かける。

墓地に向かったチェイスは、妻子の葬儀の後、ガスが許可を得たと言ってルネの棺を掘り起こし、遺体を運んだと知らされる。

チェイスに見張りを頼まれたマージョリーが眠っていたため、家を抜け出したジェフは、先住民の墓に向かう。

待ち構えていたガスは、用意した墓にルネの遺体を運び、ジェフに葬らせる。

物音で目覚めたマージョリーは、ジェフだと思い屋根裏部屋に向い、ルネの衣装に見とれる。

ガスの家に向かったチェイスは、ゾーイに襲われて噛まれるものの撃ち殺す。

家の中にいたガスに、ルネの遺体を運んだ理由を訊いたチェイスは、襲われそうになり発砲する。

銃を奪われて痛めつけられたチェイスだったが、抵抗しようとする。

落ちていた銃を拾ったチェイスは、ガスを射殺してその場を去る。

ルネの衣装を着たマージョリーは、ドレッサーに座りメイクを始める。

マージョリーは、現れたルネに襲われて叫び声をあげる。

屋根裏部屋に向かったジェフは、ルネが生き返ったことを知り喜ぶ。

家に戻ったチェイスは、マージョリーが目をえぐられて殺されていることに気づき、ジェフを抱き寄せるルネから、やり直すことを提案される。

ルネは死んだと言って彼女に近づくチェイスは、ジェフに離れるよう指示する。

チェイスと話があると言うルネは、部屋を出ようとするジェフに愛を伝える。

ドアを開けたジェフは、生き返ったクライドに襲われ、チェイスも殴られる。

ルネはその場に火を点け、ジェフは、電線でクライドを感電死させる。

ルネの体は溶け始め、ジェフは鍵のかかったドアを壊して、チェイスを連れてその場から逃げる。

その後、病院を閉鎖したチェイスは、ジェフと共に町を離れる。


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
メイン州、ルドロー
人気女優の母ルネを事故で亡くし、心に傷を負った13歳の少年ジェフ・マシューズは、獣医である父チェイスと共に田舎町で暮らすことになる。
学校に通う始めたジェフは、見つけた猫をクラスメイトのクライドに奪われ、死者が生き返ると言われる”ペット・セマタリー”に埋められてしまう。
生きていた猫を助けたジェフは、親しくなったドリューが保安官である義父ガスを嫌っていることを知る。
ガスは、飼育していたウサギを襲ったドリューの愛犬ゾーイを射殺してしまう。
悲しむドリューは、ゾーイを先住民の墓に埋めて生き返るか試そうとする。
それを信じないジェフだったが、ドリューと共に墓に向い、彼がゾーイを埋葬するのを見守る。
その夜ドリューは、生き返ったゾーイが、狂暴になって家に戻ったことに気づく・・・。
__________

好評だった前作に引き続き、メアリー・ランバートが監督した作品ではあるが、前作で脚本を担当した原作者のスティーヴン・キングは、本作には関わっていない。

前作と同じ町が舞台で、医師だった主人公の家族の話やエピソードが、セリフの中で度々、登場する。

もちろん、タイトルでもある”ペット・セマタリー”は登場し、その付近にある立入禁止区域の先住民の墓で起きる、死者が甦る出来事が主に描かれている。

”ペット・セマタリー”とは名ばかりで、その”先住民の墓”とタイトルしたいような内容だ。

前作のような薄気味悪い重々しい独特の雰囲気もなく、趣味の悪い単なるホラーに終わってしまったのは残念だ。

前年の「ターミネーター2」(1991)で”衝撃的”なデビューを果たしたとも言える注目のエドワード・ファーロングは、当時としては、それなりに魅力的な、まずまずの演技を見せているのではないだろうか。

主人公の父親である獣医のアンソニー・エドワーズ、町の保安官で、生き返る死者でもあるクランシー・ブラウン、同じく生き返る主人公の母親で女優のダーラン・フリューゲル、主人公をいじめるクラスメイトのジャレッド・ラシュトン、主人公の家の家政婦サラ・トリガー、保安官の妻リサ・ワルツ、その息子で主人公の親友ジェイソン・マクガイア、以前の事件を体験した獣医ジム・ペックなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター