夜を楽しく Pillow Talk (1959) 4/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

電話の共有回線使用で揉めた作曲家と室内装飾家・・・その後に発展する二人の恋の行方を描く、大人の雰囲気で迫る黄金コンビ、ロック・ハドソンドリス・デイ主演、監督マイケル・ゴードントニー・ランドールセルマ・リッター他共演によるロマンチック・コメディの快作。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト ■

監督:マイケル・ゴードン
製作総指揮:エドワード・ミュール
製作
ロス・ハンター

マーティン・メルチャー
原案
ラッセル・ラウズ

クラレンス・グリーン
脚本
スタンリー・シャピロ

モーリス・リッチリン
撮影:アーサー・E・アーリング
編集:ミルトン・カラス
美術・装置
リチャード・H・リーデル

ラッセル・A・ガウスマン
ルビー・R・レヴィット
音楽:フランク・デ・ヴォル

出演
ブラッド・アレン/レックス・ステットン:ロック・ハドソン

ジャン・モロー:ドリス・デイ
ジョナサン・フォーブス:トニー・ランドール
アルマ:セルマ・リッター
ピエロ:マルセル・ダリオ
ウォルターズ夫人:リー・パトリック
トニー・ウォルターズ:ニック・アダムス
コンラッド:ハイデン・ローク
ハリー:アレン・ジェンキンス
マリー:ジュリア・ミード
アイリーン:ヴァレリー・アレン

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
1959年製作 103分
公開
北米:1959年10月7日
日本:1960年1月27日
北米興行収入 $18,750,000


アカデミー賞 ■

第32回アカデミー賞
・受賞
脚本賞
・ノミネート
主演女優(ドリス・デイ)
助演女優(セルマ・リッター)
美術・音楽賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ニューヨーク
室内装飾家のジャン・モロー(ドリス・デイ)は、電話をかけようとするが、回線の共有者で、ブロードウェイの作曲家ブラッド・アレン(ロック・ハドソン)が、恋人の一人アイリーン(ヴァレリー・アレン)と30分も話し続けていたため、腹を立て怒鳴ってしまう。

暫くして、ジャンは再び受話器を取るが、ブラッドは今度は違う女性と話し、彼女のための歌まで歌ってしまう。

憤慨したジャンは電話会社に向い、担当のコンラッド(ハイデン・ローク)に回線の増設を依頼し、その過激な会話の内容から調査することになる。

女性調査員はブラッドに会うが、彼はうまくそれをかわしてしまい、ジャンは、選りに選って女性を送り込む電話会社に呆れてしまう。

そんな時、その調査のことでブラッドがジャンに苦情の電話を入れる。

ブラッドは、夜が寂しいジャンのひがみだと言い切り、彼女は妥協案として電話を交代で使うという提案をする。

その会話を聞いていた、アルコール依存症のジャンの家政婦アルマ(セルマ・リッター)は、女が独りで暮すのは惨めなことだと、ブラッドの言うことも一理あると彼女に助言する。

ジャンのクライアントで、大富豪のジョナサン・フォーブス(トニー・ランドール)は、彼女に新車を贈るものの受け取ってもらえず、結婚を迫っても愛がないと言って断られる。

そんなジョナサンは、実はブラッドの学友で、彼のショーに大金を出資していた。

ブラッドは、ジョナサンが恋で悩んでいることを知るが、彼の相手がジャンだと気づく。

ジョナサンがジャンを素晴らしい女性だと言うため、ブラッドは彼女に連絡して会おうとするが断られてしまう。

クライアントのウォルターズ夫人(リー・パトリック)のパーティーに出席したジャンは、その場から帰る際に、夫人の息子トニー(ニック・アダムス)に車で送られ、車内で強引に迫られてしまう。

仕方なくクラブに行くことになったジャンとトニーだったが、そこに恋人マリー(ジュリア・ミード)を連れたブラッドが現れる。

ブラッドは、隣の席の女性がジャンだと気づき一目で気に入ってしまい、電話では嫌われている彼女と、いかにすれば親しくなれるかを考える。

そして、ブラッドは正体を隠し、テキサスから来た田舎者を装い、”レックス・ステットン”を名乗り彼女に接近し、酔い潰れていたトニーをタクシーに乗せる。

その後、タクシーに乗り意気投合した二人は、お互い心の中で惹かれ合うようになる。

ブラッドはジャンを部屋まで送り、彼女は電話番号を教えて別れる。

ベッドの中で、ジャンはレックスのことを考えて眠れなくなるが、彼からの電話で翌日のディナーに誘われる。

ブラッドはレックスと二役を演じ、電話に割り込んだように見せかける。

ジャンは憤慨するが、結局はレックスとディナーの約束をして、彼に甘い言葉をかけられ、夢み心地になる。

そこに、ブラッドから電話が入り、電話の内容を聞いてしまったと言って、相手がペテン師だと忠告する。

翌日、ディナーを済ませた2人だったが、レックスはブラッドの言った通りジャンをホテルに誘い込む。

しかし、レックスはコートを取りに寄っただけで、警戒するジャンにやや気分を害するが、気を取り戻して馬車でドライブする。

クラブに向かった二人だったが、そこにジョナサンが現れ、ブラッドは彼を何とか追い払うことに成功する。

その後、レックスとジャンはデートを続け、彼女は早く相手をものにするようアルマに助言される。

そのためにジョナサンはジャンからデートを断られ、私立探偵に”テキサスのレックス”について調べさせる。

ジョナサンは、現れたブラッドにレックスのことを知らせ、ジャンと別れさせると息巻く。

ブラッドはジャンに電話して、レックスのことを詮索して侮辱する。

同じ頃、ジョナサンは私立探偵の調査で、レックスがブラッドだったことを知り、情報を受けて、彼とジャンが向かったと思われるクラブに急行する。

レックスとジャンはいいムードになるが、そこにジョナサンが現れる。

ジョナサンはブラッドを脅し、ジャンを帰らせてコネチカットの自分の別荘で作曲をするよう強要する。

ブラッドは素直にそれに従うように見せかけて、ジャンを誘い別荘に向かうが、ジョナサンはそれを知ってしまう。

別荘に着き、くつろいでいた2人だったが、ジャンはブラッドが電話で歌っていた曲の楽譜を見つけてしまう。

ジャンは、レックスがブラッドだと気づき、即刻、荷物をまとめて出て行こうとする。

そこにジョナサンが現れ、ジャンをニューヨークに送ることになるが、失意の彼女は泣き通しだった。

ジョナサンは、ジャンを慰めるためにダイナーに寄るのだが、彼が悲しませていると思われ客に殴り倒される。

翌日、ジョナサンのオフィスに顔を出したブラッドは、ジャンに対しての罪悪感で生気を失っていた。

ブラッドが恋に落ちたことを知ったジョナサンは、現れたジャンと彼を会わせてしまう。

ジャンは気分を害してオフィスを出るが、ブラッドが彼女に謝罪しようとしても相手にされない。

ブラッドは、アルマに助言を求め、ジャンを雇って話をすればいいと言われる。

自分の雇い主であるピエロ(マルセル・ダリオ)が、ブラッドの仕事を断ろうとしたため、ジャンは意地になって彼を懲らしめようとそれを引き受ける。

ブラッドの部屋に向かったジャンは、女性を喜ばせる仕掛けなどに呆れて、趣味の悪い部屋に大改装する準備を始める。

一方、ブラッドは何人もの女性に連絡し、別れを告げる。

完成した部屋を見たブラッドは憤慨し、ジャンの元に向い彼女を強引に連れ出し部屋に戻る。

ブラッドは大金をかけて部屋を改装し、結婚するつもりで女性達とも別れたことをジャンに伝える。

その気持ちを知ったジャンはブラッドを受け入れ、二人のわだかまりは消え、結婚することになる。

3ヵ月後。
ブラッドはジョナサンのオフィスに向かい、ジャンの妊娠を伝えようとする。

しかし、以前から、ブラッドが男なのに妊娠したと思い込んでいる、そのビルの、同じフロアのクリニックの医師と看護師に、彼は連れて行かれてしまう。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

室内装飾家ジャン・モローは、電話の共有回線を使う作曲家ブラッド・アレが、朝から女性を口説くために、長電話をしていることに腹を立てる。
電話会社に調査を依頼したジャンだったが、それを逆にブラッドに非難されてしまい、二人の仲は益々険悪になる。
ジャンのクライアントで、大富豪のジョナサンは、彼女に惹かれるものの、誘いを断られる。
ブラッドは、実はジョナサンの学友で、彼がジャンに惹かれていることを知り、彼女に興味が沸く。
そんな時、ブラッドは、あるクラブでジャンの存在に気づき一目惚れしてしまい、自分の正体を隠し彼女に接近する。
そうとは知らず、ジャンもブラッドに惹かれ、2人は親密になる。
益々、ジャンに相手にされなくなったなったジョナサンは、私立探偵を雇い謎の男を調べさせる。
そして、ジャンの相手がブラッドだと知ったジョナサンは、2人を別れさせようとするのだが・・・。
__________

とにかく、スクリーン上で見栄えのする主演の2人は、その時代のアメリカの象徴のようであり、都会の洒落たムードと気の利いたトークやお色気など、魅力満載の娯楽作に仕上がっている。

スクリューボール・コメディ・タッチで始まるストーリーだが、主人公の2人が、対面せずに電話越しでいがみ合う斬新なアイデア、そして1950年代後半の雰囲気を満喫できるセットや音楽に歌など、かなり完成度の高い、上質な作品でもある。

当時としては、群を抜いた人気を誇った作品でもあり、北米興行収入も約1875万ドルという大ヒットとなった。

第32回アカデミー賞では、脚本賞を授賞した。
・ノミネート
主演女優(ドリス・デイ)
助演女優(セルマ・リッター)
美術・音楽賞

1950年代に、圧倒的な人気を誇っていたロック・ハドソンと歌手でもあるドリス・デイのマッチングはベストに近く、清潔感のある大人のロマンスを演ずる2人は、強烈なインパクトを放つ芸術品のようにも感じてしまうカップルだ。

主人公2人の共通の友人である大富豪のトニー・ランドール、アル中の家政婦役が正にはまっている芸達者なセルマ・リッター、ジャン(D・デイ)の雇い主マルセル・ダリオ、クライアントのリー・パトリック、その息子役ニック・アダムス、電話会社の担当者役のハイデン・ローク、エレベーター・マン役のアレン・ジェンキンス、ブラッド(R・ハドソン)の恋人ジュリア・ミード、ヴァレリー・アレンなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター