ピラニア Piranha (1978) まだ評価されていません。


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1970年代のパニック映画ブーム、そして、大ヒット作「ジョーズ」(1975)の影響を受けた作品で、兵器として品種改良が進められた繁殖した肉食魚ピラニアが容赦なく人を襲うという、製作ロジャー・コーマン、監督ジョー・ダンテブラッドフォード・ディルマンケヴィン・マッカーシーキーナン・ウィン共演のパニック・ホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト ■

監督:ジョー・ダンテ
製作総指揮
ロジャー・コーマン
ジェフ・シェクトマン
製作
チャコ・ヴァン・リューウェン
ジョン・デイヴィソン
原作
ジョン・セイルズ
リチャード・ロビンソン
脚本:ジョン・セイルズ
撮影:ジェイミー・アンダーソン
編集
ジョー・ダンテ
マーク・ゴールドブラット
音楽:ピノ・ドナッジオ

出演
ポール・グローガン:ブラッドフォード・ディルマン
マギー・マッキューン:ヘザー・メンジース
ロバート・ホーク博士:ケヴィン・マッカーシー
ジャック:キーナン・ウィン
バック・ガードナー:ディック・ミラー
メンジャース博士:バーバラ・スティール
ベッツィー:ベリンダ・バラスキー
ローラ・ディキンソン:メロディー・トーマス・スコット
ワックスマン大佐:ブルース・ゴードン
スージー・グローガン:シャロン・コリンズ
デュモント:ポール・バーテル

アメリカ 映画
配給
ニューワールド・ピクチャーズ(北米)
ユナイテッド・アーティスツ(世界)
1978年製作 94分
公開
北米:1978年8月3日
日本:1978年10月14日
製作費 $600,000
北米興行収入 $6,000,000
世界 $10,000,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

テキサス
山中の立ち入り禁止区域に入ったティーンエージャーの男女は、施設内でプールを見つけて泳ぎ始める。

その後二人は、水中の何かに襲われて姿を消す。

失踪した二人の捜査依頼を受けた、捜査代行社のマギー・マッキューン(ヘザー・メンジース)は現場に向かい、山中に住むガイドのポール・グローガン(ブラッドフォード・ディルマン)を訪ねる。

マギーの訪問を迷惑に思いながらも、仕方なく数年前に閉鎖された軍施設に、グローガンは彼女を案内する。

プールの脇で、女性のものと思われるペンダントを見つけたマギーは、二人が水死した可能性があるため、水を抜こうとする。

奇妙な生物がいる実験室を見つけた二人は、男女の荷物を確認してプールの水を抜き始める。

その時、現われた男性(ケヴィン・マッカーシー)が二人に襲い掛かりマギーが彼を殴り倒す。

水がなくなったプールを調べた二人は、犬の骨のようなものを見つけ、水が塩水だったことを不思議に思う。

気がついた男は、マギーのジープに乗って走り去るが事故を起してしまう。

男を介抱した二人は、彼が、皆が死ぬと、意味不明なことを言って混乱する姿に戸惑ってしまう。

翌日、グローガンとマギーは、男を連れてロスト・リバー流域をいかだで調べようとする。

その頃、キャンプ場にいたグローガンの娘スージー(シャロン・コリンズ)は、得意でない水泳をすることで悩んでいた。

グローガンの友人ジャック(キーナン・ウィン)は、足を水中に入れて釣りを楽しんでいたが、何かに噛みつかれてしまう。

いかだの上で神経質になる、ロバート・ホーク博士と名乗る男は、水中に肉食魚ピラニアがいると言って、マギーがプールから排出してしまったことを伝える。

それを信じないグローガンだったが、足を食われ息絶えたジャックの死体を発見する。

ホークは、ベトナム戦争時に敵を倒すための兵器として、冷水でも生息する新種のピラニアを開発したいたことをグローガンとマギーに伝える。

終戦となったために、軍はピラニアを毒殺しようとしたが、それでも生き残った最強の種が繁殖し、ホークは、自分の力で変異種を作れるかに挑んでいたのだった。

グローガンは、川下で子供達がサマーキャンプをしていることを知っていたためその場に急ぐ。

暫くして、父親がピラニアの餌食になった少年を見つけたホークは川に飛び込む。

ピラニアに襲われながら少年を助けたホークは、いかだに引き上げられるものの息を引き取り、グローガンは、対抗手段がわからないまま絶望しかける。

ホークの地の臭いで集まったピラニアは、いかだのロープを噛み切り、それに気づいたグローガンは彼の遺体を川に捨てる。

グローガンらは、いかだが壊れてしまう前に、何とか岸辺にたどり着く。

その後グローガンは、ダムの放水を止めさせて軍に連絡を取り、指揮官ワックスマン大佐(ブルース・ゴードン)と科学者メンジャース博士(バーバラ・スティール)に、ピラニアの存在を確認させる。

ワックスマンとメンジャースは、その場でピラニアを毒殺しようとするが、グローガンは、それを察知してピラニアが移動する可能性を伝える。

それを否定するメンジャースだったが、マギーは、彼女がホークと親しい間柄であり、研究に関っていたのではないかと疑い始める。

そして、グローガンとマギーは、軍が今回の件を利用しようとしていることを知る。

グローガンとマギーは、監視兵を騙してその場を逃れ、キャンプ責任者のデュモント(ポール・バーテル)に危険を知らせるが相手にされない。

その後、二人はパトカーに止められ、それがワックスマンに知らされ拘留されてしまう。

翌日、マギーの機転で留置場を脱出したグローガンらはキャンプ場に急ぐ。

開発業者のバック・ガードナー(ディック・ミラー)は、川岸のリゾートでイベントを催し、同じ頃キャンプ場では、水泳競技が始まろうとしていた。

ベッツィー(ベリンダ・バラスキー)とローラ・ディキンソン(メロディー・トーマス・スコット)の指導の下、キャンプ場の子供達は川の中で戯れる。

スージーは、怪我を装い水泳を拒否していたが、子供達にピラニアが襲い掛かる。

ゴムボートで川に入ったスージーだったが、ベッツィーが犠牲になってしまう。

キャンプ場に到着したグローガンは、ボートでスージーらを助ける。

マギーはリゾートに連絡を入れるが、ガードナーに相手にされないまま、グローガンと現場に向かう。

そして、ワックスマンとメンジャースも現われたリゾートで客達はピラニアに襲われる。

ワックスマンも犠牲になり、到着したグローガンとマギーは、ボートで水路が狭まる精錬所に向かう。

精錬所は、増水して機械室が水中に沈んでいたために、グローガンは川に飛び込み、彼はピラニアに襲われながら廃液のバルブを開ける。

マギーが、ロープをつけていたグローガンを引いてその場を脱出して瀕死の彼を助ける。

悲惨な状況のリゾートでは、メンジャースがピラニアは全滅し、淡水魚が海に向かうことはないと断言するのだが・・・。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

ティーンエージャーの男女が山中で失踪し、捜査依頼を受けた捜査員マギーは、ガイドのポール・グローガンに協力を要請する。
気の進まないまま、閉鎖になった軍施設に侵入したグローガンとマギーは、失踪男女の痕跡を見つけ、水死した可能性を探るためにその場のプールの水を抜いてしまう。
その直後、ある男に襲われた二人だったが、彼が、ピラニアを兵器利用しようとしていた軍の科学者ホーク博士だと知る。
プールのピラニアは、付近の水域に放たれてしまい、ホークを含め次々と犠牲者が出る中、グローガンは、川の下流で娘がサマーキャンプに参加していることに気づく。
軍に連絡したグローガンとマギーだったが、二人は、指揮官のワックスマンや科学者のメンジャースが、ピラニアを利用した実験を再開しようとしていることに気づく・・・。
__________

どう見ても「ジョーズ」(1975)の亜流映画なのだが、低予算映画の帝王であるロジャー・コーマン、ホラー、SFを得意とするジョー・ダンテが組んだ、マニア必見、注目のパニック・ムービー。

残虐なシーンが多い中で、幼い子供や女性までもが容赦なく襲われるという、当時としてはかなりショッキングな映像には驚きだ。

しかも、恐怖映画にも拘らず、コメディ作品並みのユーモアも、満遍なく散りばめられているところなどが実に興味深い。

続編として、若きジェームズ・キャメロンが監督した「殺人魚フライングキラー」(1981)が公開された。

2010年には、リメイク作「ピラニア3D」が公開された。

若い頃から、結構、年寄り臭い役柄が多かったブラッドフォード・ディルマンだが、アクション・スター並みの活躍で熱演する。

そのサポート役である、かなり逞しい行動派の捜査員ヘザー・メンジースピラニアの品種改良に生涯を捧げていた科学者ケヴィン・マッカーシー、主人公の友人で、あっさりとピラニアの餌食になる名優キーナン・ウィンK・マッカーシー同様、ジョー・ダンテ作品の
常連で、開発業者のディック・ミラー、軍の科学者バーバラ・スティール、指揮官ブルース・ゴードン、キャンプ責任者ポール・バーテル、指導員ベリンダ・バラスキーメロディー・トーマス・スコット、主人公の娘シャロン・コリンズなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター