プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂 Prince of Persia: The Sands of Time (2010) 3.25/5 (4)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2004年に発売された、同名のゲームを基に映画化された作品。
ペルシャ帝国の王子達が攻め入った聖都に伝わる、時間を戻すことができる砂が収められた短剣をめぐる争いを描く、製作ジェリー・ブラッカイマー、監督マイク・ニューウェル、主演ジェイク・ジレンホールジェマ・アータートンベン・キングズレーアルフレッド・モリーナ他共演のファンタジー・アクション・アドベンチャー。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■

監督:マイク・ニューウェル
製作総指揮
マイク・ステンソン
チャド・オマン
ジョン・オーガスト

ジョーダン・メクナー
パトリック・マコーミック
エリック・マクレオド
製作:ジェリー・ブラッカイマー

脚本
ボアズ・イェーキン

ダグ・ミロ
カルロ・バーナード
撮影:ジョン・シール

編集
ミック・オーズリー

マイケル・カーン
マーティン・ウォルシュ
音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ

出演
ダスタン王子:ジェイク・ジレンホール

タミーナ王女:ジェマ・アータートン
シャラマン王:ロナルド・ピックアップ
タス王子:リチャード・コイル
ガーシヴ王子:トビー・ケベル
ニザム:ベン・キングズレー
シーク・アマール:アルフレッド・モリーナ
セソ:スティーヴ・トゥーサント
ビス:リース・リッチー

アメリカ 映画
配給 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ

2010年製作 116分
公開
北米:2010年5月28日
日本:2010年5月28日
製作費 $200,000,000
北米興行収入 $90,755,643
世界 $335,154,643


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

空前の繁栄を極めるペルシャ帝国では、シャラマン王(ロナルド・ピックアップ)と弟のニザム(ベン・キングズレー)が国を統治していた。

ある日、シャラマン王は、市場で勇気ある少年ダスタンに目を付けて養子にする。

15年後、ペルシャ国境地帯、聖都アラムート
隊商が大量の武器を所持していたことで、それを密売していることが考えられた。

戦争会議を開いたタス王子(リチャード・コイル)は、ガーシヴ王子(トビー・ケベル)とダスタン(ジェイク・ジレンホール)、そして、叔父で摂政のニザムと共に、夜明けに攻め込む決断をする。

先陣を切ることになった、正面突破を狙うガーシヴでは、多くの戦力を失うと判断したダスタンは、城壁をよじ登り城内に侵入し、側面の門を開ける。

その後、アラムートのタミーナ王女(ジェマ・アータートン)は、ある短剣を家臣に託し捕らえられる。

タスは、タミーナを妻にしようとするが、彼女はそれを断る。

しかしタミーナは、家来に託した短剣をダスタンが奪ったのを知り、タスの妻になることを受け入れる。

情報だけでアラムートに攻め入り、同盟国の信頼を裏切りかねない事態になり、父王シャラマンに責められたタスは、武器密売の証拠を掴もうとする。

タスは、王女タミーナを服従させることが、民を屈服させることにつながることをダスタンに伝えて彼女を監視させる。

ダスタンは、シャラマン王に戦士として称えられ、アラムートの貢物のマントを渡してタミーナを紹介し、タスの妻にする許可を得ようとする。

しかし王は、既に何人もの妻がいるタスではなく、タミーナをダスタンの妻にするよう告げる。

その時、マントに毒が仕掛けられていることが分かり、王は苦しみ始める。

ガーシヴ王子は、それがダスタンの仕業だと決め付けて、彼を捕らえようとする。

ダスタンはタミーナと共にその場を逃れるが、シャラマン王は息絶えてしまう。

タスから渡されたマントで、王が死んだことを悔やむダスタンだったが、タミーナは彼を信じていることを伝える。

タミーナは、ダスタンを励まそうとして彼に寄り添い、短剣を奪おうとするが、彼はその瞬間、不思議な幻覚を見る。

短剣には、時間を戻すことが出来る砂が収められていて、タミーナはそれを奪い返そうとしたのだった。

全てが、それを知るタスの陰謀だと知ったダスタンは、ニザムに協力を求めようと、タミーナを連れて引き返すことになる。

途中タミーナは、ダスタンが貧民の生まれで、市場で王に拾われたことを知る。

”囚われの谷”で、ダスタンを騙し殴り倒したタミーナは、短剣を奪い姿を消す。

意識を取り戻したダスタンは、商人シーク・アマール(アルフレッド・モリーナ)に脅され、この場に来た理由を聞かれる。

そして、ダスタンらはタミーナに追いつき、短剣を奪い返し、彼女のペンダントに隠されていた砂を剣に入れる。

シーク・アマールは、ダスタンに王殺しの賞金がかかっているのを知り、ペルシャに引き渡そうとする。

しかしダスタンは、ダチョウ・レースの最中、隙を見てタミーナと共に逃亡する。

王の葬儀の隊列に紛れ込んだダスタンは、ニザムと接触することができる。

ダスタンは、自分が王を殺していないことと、タスのアラムートに攻め入った目的が短剣だと知らせる。

ニザムに見せようとした短剣は、タミーナにすり替えられていて、ダスタンは襲われガーシヴに追われるが、何とかそれを逃れる。

タスの元に戻ったニザムは、ダスタンが王位を狙っていることを伝え、抹殺するよう助言する。

しかしタスは、法を尊重してダスタンを捕らえ、裁判にかけることをニザムに命じたため、彼は暗殺団を雇う。

タミーナと合流したダスタンは、王を殺したのがニザムであり、彼が自分の命も狙っていることを伝える。

ダスタンは、無限に時間を戻せる砂の秘密をタミーナから聞かされ、ニザムが王を救ったことのある子供時代に時間を戻し、自分が王になることを考えていることに気づく。

アラムートにある砂時計から、砂を手に入れることは出来るが、そこに短剣を刺したままにすると、神々の怒りに触れ、砂嵐が全てを飲みつくしてしまうことも分かる。

短剣を寺院に隠すことを考えたダスタンとタミーナだったが、水場でシーク・アマールに捕らえられてしまう。

シーク・アマールは、ダスタンをタスに引渡し金を手に入れようとするが、その夜、彼らは暗殺団に襲われてしまう。

しかし、ダスタンが短剣を使い時間を戻し、難を逃れて寺院に急ぐが、既にそこはニザムに知られていた。

そこにガーシヴが現れるが、ダスタンは、ニザムの陰謀を伝えて彼を説得する。

ガーシヴは、現れた暗殺団に傷を負わされ、ダスタンとタミーナは剣を隠そうとする。

ダスタンは暗殺団に襲われるものの、瀕死のガーシヴが彼を助けて息絶える。

その頃、ニザムは暗殺団が奪った短剣を手に入れ、それを使うためにアラムートに向かおうとする。

それを察したダスタンに、財宝を手に入れたシーク・アマールと、手下でンバカの戦士セソ(スティーヴ・トゥーサント)が協力することになる。

アラムートに到着したダスタンらは、セソが犠牲となり短剣を手に入れる。

タスの元に向かったダスタンは、時間の砂を使い王位を狙うニザムの陰謀を伝え、彼の目の前で短剣の秘密を伝えて自ら命を絶つ。

そこにニザムが現れるが、タスは短剣を使い時間を戻し、ダスタンと兄弟の信頼を確かめ合う。

ニザムはタスを殺し、ダスタンから短剣を奪いその場を去り、砂時計の元に向かう。

秘密の通路を通り、地下に向かったダスタンとタミーナだったが、現れたニザムが短剣を砂時計に突き刺す。

タミーナは地下に落ちそうになり、世界が滅びるのを防ぐようダスタンに伝えて落下する。

ダスタンは、突き刺された短剣を引き抜き時間を戻し、宮殿を包囲したタス達の元に向かう。

タスは、武器の密輸情報がニザムの仕組んだ陰謀だと伝えるダスタンの言葉を信じる。

ダスタンに襲い掛かかったニザムだったが、タスが彼を倒す。

タスは、タミーナ王女の元に向い、攻撃が誤りだったことを謝罪し、彼女とダスタンの婚姻を決める。

そして、ダスタンは贈物の代わりに短剣をタミーナに渡し、2人は愛を確かめ合う。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

繁栄を極めるペルシャ帝国の王子タス、ガーシヴ、そして、かつて王に市場で拾われたダスタンは、摂政の叔父ニザムと共に武器密輸の疑いがある聖都アラムートに攻め入る。
アラムートの王女タミーナは、家臣にある短剣を託すが、ダスタンに奪われてしまう。
それを知ったタミーナは、短剣を取り戻すために、望まぬタスとの結婚を承諾する。
シャラマン王は、情報だけでアラムート攻撃したタスを責めるが、何者かによる陰謀で暗殺されてしまう。その犯人にされたダスタンはタミーナと共に逃亡する。
ダスタンは、タミーナが狙っている短剣に、時間を戻すことが出来る砂が収められていることを知る。
そして、その短剣が、王位を狙う陰謀の鍵となることも知ったダスタンは、タミーナと共に再びアラムートをめざす・・・。
__________

ハリウッドのヒットメーカー、ジェリー・ブラッカイマーが製作した、2億ドルの製作費をかけた超大作で、”時間の砂”の奪い合いを中心に、王位を狙う陰謀と冒険を壮大なスケールで描いた作品。

キャストは、若手俳優を中心にしているのだが製作スタッフはベテランが多く、丁寧で重厚な仕上がりにはなっている。

北米興行収入は期待を裏切り、約9100万ドルに留まるものの、全世界では約3億3500万ドルのヒットとなった。

この種のアクションを見慣れているせいか、迫力はあるものの、映像などにそれほど斬新さを感じない。
むしろ、意外に素朴な主人公とヒロインの、体を張った活躍が見ものだ。

あまり野性味のないジェイク・ジレンホールが、主演に相応しかったかは賛否の別れるところなのだが、アクロバチックな演技と鍛え上げた肉体で、新境地を探る彼の意気込みは感じられる。

ヒロインのジェマ・アータートンは、主人公に負けない活躍を見せるが、絶世の美女でもないところがまた魅力で、印象深い役を好演している。

暗殺されるペルシャロナルド・ピックアップ、王位を継ぐリチャード・コイル、王子トビー・ケベル、全てを操り王位を狙う暗殺の黒幕ベン・キングズレー、悪徳商人のアルフレッド・モリーナ、その手下のスティーヴ・トゥーサント、主人公の家来リース・リッチーなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター