パンチドランク・ラブ Punch-Drunk Love (2002) 1/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

情緒不安定な青年が、トラブルに巻き込まれながらめぐり会えた女性との恋を手に入れるまでを描く、製作、監督、脚本ポール・トーマス・アンダーソン、主演アダム・サンドラーエミリー・ワトソンフィリップ・シーモア・ホフマン他共演のロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト ■

監督:ポール・トーマス・アンダーソン
製作
ポール・トーマス・アンダーソン

ダニエル・ルピ
ジョアン・セラー
脚本:ポール・トーマス・アンダーソン
撮影:ロバート・エルスウィット
編集:レスリー・ジョーンズ
音楽:ジョン・ブライオン

出演
バリー・イーガン:アダム・サンドラー

リナ・レナード:エミリー・ワトソン
ディーン・トランベル:フィリップ・シーモア・ホフマン
ランス:ルイス・ガスマン
エリザベス:メアリー・リン・ライスカブ
ウォルター:ロバート・スミゲル

アメリカ 映画
配給
コロンビア・ピクチャーズ(北米)
ニュー・ライン・シネマ(世界)
2002年製作 95分
公開
北米:2002年11月1日
日本:2003年7月26日
製作費 $25,000,000
北米興行収入 $17,791,031
世界 $24,665,649


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ロサンゼルス
独身男性バリー・イーガン(アダム・サンドラー)は、トイレの詰まりを取る吸盤棒”ラバー・カップ”を販売する仕事をしていた。

ある日バリーは、仕事場の通りで車が横転事故を起こすのを目撃し、その後、現れた車がピアノ(ハーモニウム)を置いて走り去る。

暫くして、車の修理に現れたリナ・レナード(エミリー・ワトソン)は、修理工場が開いていないためにバリーに鍵を預ける。

その後、通りにでたバリーは、置き去りにされたピアノを見つめる。

ピアノを仕事場に運んだバリーは、現れた同僚ランス(ルイス・ガスマン)にそれを見せる。

バリーは仕事を始め、姉エリザベス(メアリー・リン・ライスカブ)からの電話を受け、夜のパーティーに必ず来るようにと言われる。

その後、バリーの様子を見に来たエリザベスは、パーティーの件を確認して、会社の同僚の女性を紹介したいことを伝える。

戸惑うバリーが中としているため、エリザベスは気分を害して帰ってしまう。

その夜、仕方なくパーティーに向かったバリーは、エリザベスから同僚が来ていないことを知らされる。

バリーは、世話を焼く他の姉達が言いたい放題であるために窓ガラスを蹴り割ってしまう。

情緒不安定なバリーは、医師の義兄のウォルター(ロバート・スミゲル)に相談する。

ウォルターは歯科医だったがバリーの相談には乗り、泣き出した彼を見て戸惑う。

スーパーで買い物をしていたバリーは、”ヘルシー・チョイス”社のプリンを買い込みマイレージを貯めようと考える。

帰宅したバリーは・テレフォン・セックスの広告を見て電話を掛ける。

翌朝、同じ相手の女性からの電話を受けたバリーは、金を貸してくれと頼まれ断るが、個人情報を入手していると言われ脅され、焦った彼は電話を切る。

仕事場に向かったバリーは、ピアノを少々いじり、昨夜の電話で教えてしまったクレジットカード番号の件を問い合わせる。

とりあえず被害がないことを確認したバリーは、再発行手続きをしてカードを廃棄する。

そこに、同僚のリナを連れてエリザベスが現れ、バリーを朝食に誘う。

その場に女から電話があり、バリーはカードを破棄したことを知られて因縁をつけられる。

エリザベスは、車の修理代を払いに行くというリナに弟の無礼を謝罪してバリーに言い寄る。

戻ったリナは、昨夜のパーティーに行かなかったことをバリーに謝るが、再び電話がかかってくる。

電話を切ったバリーはリナと簡単な会話を交わし、彼女は車から戻ったエリザベスと共にその場を去ろうとする。

バリーが気になるリナは、彼を食事に誘い電話番号を聞く。

再び電話を受けたバリーは、女に脅されてしまう。

ユタ州、プロボ
家具店を経営する、ゆすり屋ディーン・トランベル(フィリップ・シーモア・ホフマン)は、バリーに”攻撃”を仕掛けようとして準備を始める。

バリーと食事をしたリナは、家族の写真を見て会いたくなったことを正直に伝える。

話を弾ませたバリーは、仕事場にあった大量のプリンのことを聞かれ、”ヘルシー・チョイス”商品のマイレージについて説明を始める。

エリザベスから、バリーが子供時代にハンマーで窓を割った話を聞いたリナは、彼にその件を尋ねる。

それを否定したバリーは席を立ちトイレに向かい、怒りを発散して戻る。

支配人に呼ばれたバリーは、トイレを荒らしたかを聞かれて、店から出ることを求められる。

それに従った二人は車に向かい、”ハーモニウム”のことなどを話す。

通りにあったピアノがハーモニウムだと言うリナは、それを盗んだのかをバリーに尋ねる。

リナの部屋でしばし楽しんだバリーはそのまま帰るが、建物の入り口で管理人に呼び止められて電話を受ける。

それがリナからの電話で、キスしてほしかったと言われたバリーは、部屋に戻り彼女にキスする。

再会を約束したバリーは、エリザベスが言うように、すぐにキレたりはしないことをリナに伝えて別れる。

自宅に戻ったバリーは男達に連れ去られ、電話のことで因縁をつけられて現金を下ろして渡す。

殴られたバリーは、恐ろしくなりその場から走り、追ってきた男達は逃げても無駄だと言って彼を脅す。

翌朝、リナが向かったハワイに行くためにプリンを買い込むことを考えたバリーは、ランスと共にスーパーマーケットに向かう。

ところが、マイレージは受け取れるものの、手続きに2カ月かかると分かり憤慨したバリーは、仕方なく航空チケットを買いハワイに旅立つ。

現地に着いたバリーは、リナの居場所を知らなかったためにエリザベスにそれを聞くものの、彼女も分からないと言われて苛立つ。

ようやくリナを見つけたバリーは、彼女の宿泊するホテルで再会し、楽しい時を過ごした二人は激しく愛し合う。

帰国したバリーは、女に電話をして、男達に受けた行為に納得できないため、返金しなければ警察沙汰にするというメッセージを残す。

家に寄りたいと言うリナを連れて帰宅しようとしたバリーは、襲ってきた男達を叩きのめす。

怪我をしたリナを病院に連れて行ったバリーは、仕事場に向かい、女に電話をして激怒し責任者を出すよう要求する。

電話に出たディーンは、バリーの言葉に逆切れして殺すと脅して電話を切る。

病院に向かったバリーは、リナが自宅に帰ったことを知る。

電話の相手がユタからであることを突き止めたバリーは、家具屋だと言っていたディーンの店に向かう。

ディーンと対面したバリーは、恋のために自分が強くなっているので、叩きのめす覚悟があることを伝える。

バリーがロサンゼルスからはるばる来たことを知り、ディーンは諦めることを伝える。

納得したバリーは店を出ようとするが、変態呼ばわりされため警告したはずだと言って声を荒げ、ディーンはそれを取り消す。

仕事場に戻ったバリーは、ハーモニウムを持ってリナの元に向かい、テレフォン・セックスを利用してトラぶり、男達に襲われた末に、怪我をさせてしまったことを謝罪する。

更にバリーは、プリンを買ったお蔭でマイレージを手に入れ、2カ月待ってくれれば、リナの出張先どこにでも行けることを伝える。

リナはバリーの気持ちを受け入れて、二人は愛を確かめ合う。

翌朝リナは、仕事場でハーモニウムを弾くバリーの元に向かい寄り添い、彼に語り掛ける。

”さあ、始めましょう・・・”


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

ロサンゼルス
独身男性バリー・イーガンは、トイレの詰まりを取る吸盤棒”ラバー・カップ”を販売していた。
ひょんなことからピアノ(ハーモニウム)を手に入たバリーは、その後、姉エリザベスの同僚リナを紹介される。
バリーは、口うるさい姉たちの影響で情緒不安定になり、現在の楽しみは、プリンを買いマイレージを手に入れどこにでも行ける権利を得ることだった。
そんなバリーは、安易な考えでテレフォン・セックスを利用してしまい、個人情報を伝えてしまったためにトラブルに巻き込まれる。
リナは、気に入ったバリーの心が不安定だと知りながらも彼を求める。
そんなリナの気持ちを理解しつつ、恋に芽生えたバリーは精神的に逞しくなり、ゆすり屋ディーンらを撃退しようと考えるのだが・・・。
__________

世界が注目する若手監督として脚光を浴びていたポール・トーマス・アンダーソンの4作目の作品。

前3作とはやや作風が違う、コメディアン、アダム・サンドラー主演のロマンス・コメディではあるが、随所でポール・トーマス・アンダーソンらしい映像感覚が楽しめる”風変り”な作品だ。

情緒不安定で気弱な主人公が、自分を思ってくれる女性の出現で、一風変わった雰囲気の中で逞しく成長していく様が興味深く描かれている。

ポール・トーマス・アンダーソンは、カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した。

ポール・トーマス・アンダーソン作品ではお馴染みの、ジョン・ブライオンの音楽がリズミカルで実に楽しい。

着実に大スターとしての地位を築いていたアダム・サンドラーは、変人気味の役柄をややクールに、そして、人間味溢れるキャラクターを怪演し、恋人役のエミリー・ワトソンは、彼の全てを受け入れようとする女性を、貫禄すら感じる演技で観客を納得させる。

ポール・トーマス・アンダーソン作品の常連、ゆすり屋役のフィリップ・シーモア・ホフマン、同じく主人公の同僚ルイス・ガスマン、主人公の姉メアリー・リン・ライスカブ、主人公の義兄ロバート・スミゲルなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター