クイズ・ショウ Quiz Show (1994) まだ評価されていません。


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1988年に発表された、リチャード・N・グッドウィンの回顧録”Remembering America”を基に製作された作品。
1950年代末、実際に起きた、テレビの人気クイズ番組”Twenty One”不正スキャンダルを描く、製作、監督ロバート・レッドフォード、主演ジョン・タトゥーロロブ・モローレイフ・ファインズポール・スコフィールド他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■

監督:ロバート・レッドフォード
製作総指揮
フレデリック・ゾロ

リチャード・ドレイファス
ジュディス・ジェイムズ
製作
ロバート・レッドフォード

マイケル・ジェイコブス
ジュリアン・クレイニン
マイケル・ノジク
原作:リチャード・N・グッドウィン”Remembering America”
脚本:ポール・アタナシオ

撮影:ミヒャエル・バルハウス
編集:ステュー・リンダー
音楽:マーク・アイシャム

出演
ハービー・ステンペルジョン・タトゥーロ

リチャード・N”ディック”グッドウィンロブ・モロー
チャールズ・ヴァン・ドーレンレイフ・ファインズ
マーク・ヴァン・ドーレンポール・スコフィールド
ダン・エンライトデヴィッド・ペイマー
アルバート・フリードマン:ハンク・アザリア
ジャック・バリークリストファー・マクドナルド
ドロシー・ヴァン・ドーレンエリザベス・ウィルソン
サンドラ・グッドウィン:ミラ・ソルヴィノ
トビー・ステンペル:ヨハン・カルロ
デイヴ・ギャロウェイバリー・レヴィンソン
マーティン・リッテンホーム:マーティン・スコセッシ
ロバート・E・キントナーアラン・リッチ
統計係:グリフィン・ダン
エリザベス:イリーナ・ダグラス

アメリカ 映画
配給 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ

1994年製作 132分
公開
北米:1994年9月14日
日本:1995年3月25日
製作費 $31,000,000
北米興行収入 $24,822,619


アカデミー賞 ■

第67回アカデミー賞
・ノミネート
作品・監督
助演男優(ポール・スコフィールド)
脚色賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1958年。
ハーバード大学法科を卒業して合衆国議会立法管理委員会に雇われたリチャード・N”ディック”グッドウィン(ロブ・モロー)は、新車の購入を検討する。

1956年の9月に放送が開始された、NBCのクイズ番組”Twenty One/21”は、社会現象と言われるほどの人気となる。

ジャック・バリー(クリストファー・マクドナルド)がホストを務める番組は、29歳の無敵のハービー・ステンペル(ジョン・タトゥーロ)の8週連続勝ち抜きで、盛り上がってはいた。

クイズの質問は、放送直前まで銀行で管理されてスタジオに届けられる。

しかし、ユダヤ人であるステンペルの、見た目の悪さなどを気にするスポンサー”ジェリトル”社長マーティン・リッテンホーム(マーティン・スコセッシ)は、その対処について考える。

リッテンホームから連絡を受けた担当(グリフィン・ダン)は、NBC社長のロバート・E・キントナー(アラン・リッチ)にそれを伝える。

庶民的なステンペルに問題なしと判断したキントナーだったが、視聴率が横這いだと知らされ、プロデューサーのダン・エンライト(デヴィッド・ペイマー)とアルバート・フリードマン(ハンク・アザリア)に連絡を入れる。

ステンペルはその日も勝つものの、エンライトは、社長の指示に従い彼を切る決断をする。

クイーンズ
住民に迎えられた地元の英雄ステンペルは、浮かない表情の妻トビー(ヨハン・カルロ)に、何もかも変わり、義母の支援が必要なくなると言って自信を見せる。

NBCの番組オーディションを受けに来ていたチャールズ・ヴァン・ドーレン(レイフ・ファインズ)は、著名な詩人であるマーク・ヴァン・ドーレン(ポール・スコフィールド)と小説家ドロシー(エリザベス・ウィルソン)を両親に持ち、現在はコロンビア大学講師をしていた。

ヴァン・ドーレンの容姿に目をつけたフリードマンは、それをエンライトに伝えて、彼の面接をする。

名門出身でハンサムなインテリ、ヴァン・ドーレンに”21”への出演を勧めた二人は、質問を事前に知らせて回答し、無敵のステンペルを負かす考えを率直に伝える。

ヴァン・ドーレンは不正を拒み、それを強制しないと言うエンライトとフリードマンは、フェアに戦わせるという条件で、彼に出演を承諾させる。

合衆国議会の立法管理委員会調査官グッドウィンは、精力的に仕事をこなしていた。

出世が目前のグッドウィンは、妻サンドラ(ミラ・ソルヴィノ)に、クイズ番組にでも出てみるかと冗談を言う。

勝ち進むステンペルは、翌週の挑戦者ヴァン・ドーレンと対面する。

その夜、ステンペルと食事をしたエンライトは、1955年のアカデミー作品賞が”マーティ”であるのに”波止場”と答えるよう指示し、別の番組に出演させる約束をして”21”を降りるよう強要する。

マーティ”を間違えるなどプライドが許さないため、納得できないステンペルは、妻トビーに不満を語り、皆を驚かせてやることを考える。

そして番組は始り、既に7万ドル弱の賞金を獲得しているステンペルは、それを受取り対戦を降りることはせずに、ヴァン・ドーレンの挑戦を受ける。

リードを広げたステンペルは、問題の映画部門の質問で、誰でも知っている”マーティ”と答えずに、視聴者を驚かせる。

ヴァン・ドーレンは持ち点全てを賭けて、質問に対して、聞き覚えがあることに戸惑う。

しかし、ヴァン・ドーレンは正解して、新しいチャンピオンが誕生する。

ヴァン・ドーレンは、エンライトに不正だったことを伝えるが、答えは知っていたので納得し、週給86ドルの自分が、2万ドルを獲得したことに興奮する。

その後ヴァン・ドーレンは、フリードマンから事前に質問を知らされ番組で勝ち進み、視聴率は最高を記録する。

ヴァン・ドーレンは時の人となる一方、ステンペルは、エンライトに連絡を入れるものの無視されてしまう。

ステンペルは地方検事に会い、クイズ番組は大陪審の調査を受ける。

ようやくエンライトと面会できたステンペルは、番組では不正がなかったという宣誓書のサインを求められる。

ステンペルは、賞金をギャンブルに使ってしまい金に困っていたため、脅迫に近い言葉でエンライトを脅して席を立つ。

クイズ番組審問封印という新聞記事を見たグッドウィンは、それが気になり、調査の許可を得てニューヨークに向かう。

調査を始めたグッドウィンは、大学のヴァン・ドーレンを訪ねて、話をする約束をする。

ヴァン・ドーレンは、放送業界を調べる、立法管理委員会調査官のグッドウィンの訪問に動揺する。

グッドウィンは、ランチを共にしたヴァン・ドーレンに、大陪審の審問の件を聞き彼の様子を窺う。

その後、グッドウィンの動きを気にするヴァン・ドーレンは警戒し、フリードマンには、質問だけを受けて答えはいらないことを伝える。

ステンペルを訪ねたグッドウィンは、他の番組出演者とは違い、彼に歓迎される。

グッドウィンが自分と同じユダヤ系だと知ったステンペルは彼を信用して、番組を降ろされた経緯を全て話す。

ステンペルに、自分のような失敗をすることなく、出世のためにヴァン・ドーレンを叩き潰せと言われたグッドウィンは、さらに調査を続ける。

ヴァン・ドーレンは、父マークの誕生日パーティーに、面会を求めるグッドウィンを招く。

番組で得た賞金を、働いて稼いだと言うヴァン・ドーレンは、そのことを考えて一瞬、言葉を失う。

ヴァン・ドーレンは、賞金額に驚くマークがテレビを見ないために、それを父にプレゼントする。

その後、ステンペルが、負けるよう強要されたと言う話をグッドウィンから聞いたヴァン・ドーレンは、それを信じようとしない。

エンライトとフリードマンに会ったグッドウィンは、脅しをかけるステンペルの録音テープを聴かされる。

ステンペルが病気であり、精神分析医の治療を受けたことを知らされたグッドウィンだったが、彼が正しいことを言っていたと、調査した結果を二人に伝える。

グッドウィンをホテルで待っていたステンペルは、答えを教えられていたのがヴァン・ドーレンだけでなく、自分も同じだったことを知らせる。

呆れたグッドウィンはその場を去り、驚いた妻トビーも、ステンペルをペテン師呼ばわりする。

行き詰ったグッドウィンは、ヴァン・ドーレンを証人として考えるよう妻サンドラに助言される。

グッドウィンは、ヴァン・ドーレンが自ら名門の名を汚すとは考えられないまま、彼の元を訪ねて牽制する。

今回の件が暴露されることを考えると、平常心ではいられないヴァン・ドーレンは、父マークに全てを話そうともするが、それができなかった。

番組の収録フィルムを調べていたグッドウィンは、ホストのジャック・バリーの質問に、誤って正解を答えてしまった出演者の、怪しげな回答のやり取りを確認する。

出演者に会い証拠を掴んだグッドウィンは、NBC社長キントナーに会い、”21”の不正を訴えるものの相手にされない。

14週目の勝ち抜きを懸けた番組は始り、ヴァン・ドーレンは不正解で破れてしまう。

焦ったエンライトは、パーソナリティのデイヴ・ギャロウェイ(バリー・レヴィンソン)に指示をだし、ヴァン・ドーレンを彼の番組に出演させることを発表させる。

その茶番劇をグッドウィンも見守る中、ヴァン・ドーレンは、戸惑いながら出演料5万ドルの契約書にサインする。

グッドウィンは、自分を相手にしないエンライトに、不正を行った出演者の映像を見たことと、その質問が、出演日の二日前の消印で、出演者自身に出した書留で残っていることを伝える。

証拠を見せられたエンライトは、身の破滅を前にして、番組に出す提案をグッドウィンにして罪を逃れようとする。

翌日、解放された気分で朝を迎えたヴァン・ドーレンを訪ねたグッドウィンは、わざと負けたことを見抜いていたことを彼に伝える。

それを否定しないヴァン・ドーレンに、グッドウィンは、聴聞委員会が開かれても、喚問をせずに家族も傷つけないことを約束する。

その上で、答えを教えられていたのかを問うグッドウィンは、返事を返さないヴァン・ドーレンに、自分ならば、大金も名声も全て断ると言い切る。

召喚しないため、2週間は姿を消すようヴァン・ドーレンに伝えたグッドウィンは、その場を去る。

委員会は始り、ステンペルは、自分の不正の事実や、ヴァン・ドーレンも同じようにエンライトの指示に従ったことを、思い通りに話してしまう。

しかしステンペルは、精神科医に通ったことや、国内でも有数のインテリ一族出身のヴァン・ドーレンがする行為とは思えないと、委員に指摘されてしまう。

ヴァン・ドーレンは、身の潔白を示すために記者会見を開くようキントナーに説得される。

グッドウィンは、約束してあったためにヴァン・ドーレンの召喚を見送ろうとするが、それを妻サンドラに避難される。

キントナーやリッテンホームが召喚されるが、NBCとスポンサー側の不正をグッドウィンは暴けない。

その後、ヴァン・ドーレンが委員会に出席して証言することが明らかになる。

ニューヨーク
ヴァン・ドーレンに会ったグッドウィンは、声明に驚いたことを伝え、彼に何も話さずにいられるかを問う。

マークの元に向かったヴァン・ドーレンは、委員会で真実を語れない、辛い胸に内を語る。

ヴァン・ドーレンから、不正についての真実を知らされたマークは愕然としながら、息子の名は自分の名でもあることを伝える。

マークに謝罪したヴァン・ドーレンは、両親と共に委員会に出席して、欺瞞行為に関与し、人々を裏切ったことを認める。

多くの委員は、ヴァン・ドーレンの勇気ある発言に理解を示すが、知識人が、単に真実を語っていることに賛辞が述べられるのは疑問だと指摘する委員の意見に、会場から拍手が起きる。

ヴァン・ドーレンは、動揺しながら退場してマスコミに囲まれ、ステンペルはそれを見守る。

大学の仕事に専念できることを歓迎するマークだったが、息子が、職を追われることなどを記者から知らされる。

続いて喚問されたエンライトは、NBCやスポンサーに指示された不正を追及されるがそれを否定する。

ヴァン・ドーレンが葬られ、目的のテレビ業界を叩けなかったグッドウィンは、失望してその場を去る。

グッドウィンは、両親と共に議会を去るヴァン・ドーレンを見守り、委員会では、クイズ番組は娯楽であり公益事業でもないとフリードマンは答える。
__________

チャールズ・ヴァン・ドーレンは、その後、作家活動を続け、教壇には戻らなかった。

リチャード・N”ディック”グッドウィンは、ジョン・F・ケネディのスピーチ・ライターを経て、ロバート・ケネディの暗殺後に作家となった。

ハービー・ステンペルは、交通局に勤め現在もクイーンズに住んでいる。

ダン・エンライトジャック・バリーは、その後テレビ業界に復帰して成功した。

アルバート・フリードマンは”ペントハウス”誌に勤務する。

NBCとスポンサー”ジェリトル”は、事件との関わりを問われなかった。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

1958年。
1956年の9月に放送が開始された、NBCの人気クイズ番組”Twenty One/21”は、社会現象にまでなっていた。
ところが、連続で勝ち抜くハービー・ステンペルの容姿の悪さなどを嫌ったスポンサー”ジェリトル”が、彼を番組から降ろすようNBCに圧力をかける。
視聴率も横這いの状態であり、プロデューサーのエンライトとフリードマンは、指示に従いステンペルを切ることを決める。
その後エンライトとフリードマンは、オーディションに来ていた、名門出身である大学講師チャールズ・ヴァン・ドーレンに目をつけ番組出演を勧める。
事前に答えを教えるという、二人の提案は断ったヴァン・ドーレンは、出演を承諾してステンペルに挑戦することになる。
番組は始り、わざと答えを間違えて番組を降りるよう指示されていたステンペルは、それに抵抗しようと考えていた。
しかし、ステンペルは間違った回答を口にしてしまい、聞き覚えのある質問に戸惑いながらも、ヴァン・ドーレンは正解して新チャンピオンとなる。
不正を気にするヴァン・ドーレンだったが、答えは知っていたことで納得し、大金を手にして、彼にとって夢のような日々が始まるのだが・・・。
__________

実際に起きた大スキャンダル事件を基に、人間の倫理観を鋭く追及しながら、ビジネスに徹するテレビ業界の社会に対する影響力を見せつける形で、その黄金期の終焉を予測させる物語として、ロバート・レッドフォードの繊細かつ力感溢れる演出が光る見応えある作品。

1950年代の雰囲気がよく出ている映像も楽しめるし、多くの登場人物の個性は満遍なく描写されその個性も生かされている。

とは言え、やはり圧力がかかったのか、興行的には成功した作品とは言えず、北米では、製作費の3100万ドルを回収することができない約2500万ドルに終わった。

第67回アカデミー賞では、作品、監督、助演男優(ポール・スコフィールド)、脚色賞にノミネートされた。

ファースト・クレジットのジョン・タトゥーロは、特異なキャラクターのハービー・ステンペルを怪演し、事件調査を行う役人で、原作者のリチャード・N”ディック”グッドウィン役のロブ・モローも好演している。

本人とはそれほど似てはいないが、出演者の中で、”芸術品”のような美しささえ感じるチャールズ・ヴァン・ドーレン役のレイフ・ファインズが、主演と言っていい熱演を見せる。
前年「シンドラーのリスト」(1993)で世界的な名声を得たレイフ・ファインズは、とにかく雰囲気のある役者だ。

その父親で、著名な詩人マーク・ヴァン・ドーレン役を味わい深く演ずるポール・スコフィールド、その妻で作家のドロシー・ヴァン・ドーレン役のエリザベス・ウィルソン、番組プロデューサーのダン・エンライト役のデヴィッド・ペイマー、同じくハンク・アザリア、番組のホスト、ジャック・バリー役のクリストファー・マクドナルドグッドウィンの妻役ミラ・ソルヴィノステンペルの妻役ヨハン・カルロNBCの番組パーソナリティー、デイヴ・ギャロウェイバリー・レヴィンソン、スポンサーの”ジェリトル”社長役のマーティン・スコセッシNBC社長のロバート・E・キントナーアラン・リッチ、統計係グリフィン・ダン、パーティーの女性でイリーナ・ダグラスなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター