僕はラジオ Radio (2003) 3.12/5 (26)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

障害を持つ青年とフットボール・コーチの友情を描く、製作、監督マイク・トーリン、主演キューバ・グッディングJr.エド・ハリスデブラ・ウィンガーアルフレ・ウッダード他共演の実話を基にした感動のヒューマン・ドラマ。


ドラマ(ヒューマン)


スタッフ キャスト
監督:マイク・トーリン

製作
ハーバート・W・ゲインズ
ブライアン・ロビンス
マイク・トーリン
製作総指揮
トッド・ガーナー
ケイトリン・スキャンロン
脚本:マイク・リッチ
撮影:ドン・バージェス
編集
クリス・レベンゾン
ハーヴィ・ローゼンストック
音楽:ジェームズ・ホーナー

出演
ジェームズ・ロバート”ラジオ”ケネディ:キューバ・グッディングJr.
ハロルド・ジョーンズ:エド・ハリス
リンダ・ジョーンズ:デブラ・ウィンガー
メアリー・ジョーンズ:サラ・ドリュー
マギー・ケネディ:S・エパサ・マーカーソン
ダニエルス校長:アルフレ・ウッダード
フランク・クレイ:クリス・マルケイ
ジョニー・クレイ:ライリー・スミス
ハニカット:ブレント・セクストン
タッカー:パトリック・ブリーン

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
2003年製作 109分
公開
北米:2003年10月24日
日本:2004年9月25日
製作費 $35,000,000
北米興行収入 $52,277,490
世界 $53,293,630


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1976年、サウスカロライナ州、アンダーソン
いつもラジオを乗せたショッピングカートを押している知的障碍者のジェームズ・ロバート・ケネディ(キューバ・グッディングJr.)は、T・L・ハナ・ハイスクールのフットボール・チームの練習を見るのが日課だった。

チームのコーチ、ハロルド・ジョーンズ(エド・ハリス)は、そんなジェームズが気になっていた。

開幕戦が近づくジョーンズは、試合の準備で忙しいため、妻リンダ(デブラ・ウィンガー)と娘メアリー(サラ・ドリュー)と過ごす時間が減っていた。

そんな時、チームのメンバー、ジョニー・クレイ(ライリー・スミス)らが、フェンスの外に出たボールを持ち去ったジェームズを拘束して用具室に閉じ込める事件が起き、それに気づいたジョーンズは、怯える彼を解放する。

その夜、リンダとチアリーダーになったメアリーと食事をするジョーンズは、ジェームズのことが気になる。

翌日、ダニエルス校長(アルフレ・ウッダード)と話したジョーンズは、事件のことを訊かれ、いつも学校周辺をうろついていたジェームズが他人に迷惑をかけたことはないので、今後もそうあってほしいと言われる。

ジェームズを見かけたジョーンズは近づき、ボールを返そうとする彼に謝罪する。

練習の際にボールを持って来るよう指示したジョーンズは、手伝ってほしいと言って、これ以上、何も起きないと言って安心させる。

放課後の練習は終わり、ジョーンズが事件を起こした部員を残してランニングをさせる様子を、ジェームズはフェンス越しに見つめていた。

帰宅したジョーンズは、教師であることを理由に保護者会に出席しないことでリンダから責められ、娘よりもチームを優先していると言われる。

開幕戦を迎え、ジョニーの活躍などで試合をリードするジョーンズは、ジェームズが来ていることに気づく。

試合後、いつものように反省会が開かれる理髪店に、コーチのハニカット(ブレント・セクストン)と共に向かったジョーンズは、ジョニーの父親フランク(クリス・マルケイ)らと試合についてを語り、その結果に満足する。

翌日、練習を見に来ていたジェームズに話しかけたジョーンズは、彼をオフィスに連れて行き、何も話さずにその場のラジオを気に入る彼に”ラジオ”というニックネームをつける。

カートをトラックに乗せてラジオを家に送ったジョーンズは、彼の母親マギー(S・エパサ・マーカーソン)に高校のコーチだと伝え、挨拶だけして帰る。

譲ってもらったラジオをいじるジェームズから、ジョーンズはいい人だと言われたマギーは安心する。

翌日の練習後、ジョーンズは、今後ラジオが練習を手伝うことを部員に伝え、問題は起こすなと警告する。

その後、ラジオはチームの一員となり行動を共にするが、フランクらは慈善団体のようだと言ってジョーンズをからかう。

ラジオを家に送ったジョーンズはマギーと話し、彼を遠征試合に同行させたいことを伝える。

事件の償いなら必要ないと言うマギーに、ラジオの病名を率直に尋ねたジョーンズは、頭の回転が少し遅いだけだと答える彼女から、父親は死んだことを知らされる。

病院で働くマギーは息子のことが心配で、何かあれば施設に入れられてしまうことを恐れていた。

心優しい息子ジェームス・ロバート・ケネディのことを理解してくれる者は少ないと言われたジョーンズは、ラジオの名前を初めて知る。

翌日、生徒でないラジオを、遠征のバスに乗せることに反対するダニエルスの意見を聞き入れるしかなかったジョーンズは、ラジオに連れて行けないことを伝えて謝罪し出発する。

雨の中、フットボール場に向かったラジオは、試合の実況を訊きながら一人でプレーする。

しかし、チームは試合に惜敗してしまう。

翌日、置き去りにしたことをラジオに謝罪したジョーンズは、その埋め合わせをしたいと伝えて、最終戦で、彼を選手達と共に登場させてベンチに入れる。

試合は始り、ジョーンズの計らいに興奮するラジオは、作戦を叫んでしまい、それを知った相手に攻撃を阻止される。

その後も、ファールに口出ししたラジオのせいでペナルティが加わり、スタンドで観戦していたフランクは不満を訴える。

ハーフタイムで気分を入れ替えたチームは、反撃して逆転勝ちし、ジェームズは、応援してくれたラジオに勝利のボールを渡す。

理髪店に向かったジョーンズは、シーズンを終えて勝率5割だったものの、船首を誇りに思うことを伝える。

満足できないフランクがラジオのことで意見したため、後は皆で話してくれと言い残してその場を去る。

外で待っていたハニカットに、不満がある者がいるようだと話したジョーンズは意見を求め、それがフランクだと理解した彼から、自分の考え次第だと言われる。

ラジオに仕事を与えたいジョーンズは、バスケットボール部のコーチであるハニカットから、チームの手伝いをさせようと言われる。

シーズンが終わったことを悲しむジェームズを励ますマギーは、いつも傍にいると言って彼を抱きしめる。

ラジオにクラスで授業を受けさせたジョーンズは、邪魔をさせないようにとダニエルスから忠告される。

校長室に呼ばれたジョーンズは、理事会の代理人タッカー(パトリック・ブリーン)からラジオのことを訊かれ、知的障碍者が校内にいるのは問題だと言われる。

大事になったと言うダニエルスに、ラジオは何もしないと伝えたジョーンズは、ラジオに尽くす理由を訊かれ、あなたが考えていることと同じだと答える。

ジョーンズ一家と共にクリスマスの集会に参加したラジオは、町の人々から多くのプレゼントを受け取る。

自分も同情していると言うメアリーに、それを求めているわけではないと伝えたジョーンズは、一緒に過ごす時間が少ないことを彼女が気にしていたため心を痛める。

家に送ってもらったラジオは、ジョーンズからラジオをプレゼントされて喜び感謝する。

マギーから、なぜここまでしてくれるのかを問われたジョーンズは、正しいことだと答える。

息子が問題を起こしたら連絡してほしいとマギーから言われたジョーンズは、何も起きないと伝える。

帰宅したジョーンズは、メアリーの幼い頃の写真を貼ったメッセージ付きのツリー飾りに気づき、ソファーで眠っている彼女に毛布を掛けて愛しく思う。

翌朝、受け取ったプレゼントをカートに乗せたラジオは、各家の入口にそれを置いて回っていた。

それを不審に思った新人警官のニュードルは、ラジオを逮捕して警察署に連れて行き、留置場に入れてしまう。

ベテランの警官アーヴがそれに気づき、怯えるラジオを解放して、一緒にNBAの試合をテレビ観戦し、そこにジョーンズが現れる。

始末書をかかされたニュードルは、ラジオのプレゼント配りを手伝うよう指示される。

帰宅したラジオは、待っていたジョーンズから、今日はいいことをしたと言われて褒められる。

その後ラジオは、学校内の人気者になり、バスケット部の手伝いもする。

バスケット部でも活躍するジョニーはラジオをからかい、彼を女子更衣室に向かわせる。

それが問題になり、更衣室に行けと言った者の名前を聞き出そうとしたジョーンズだったが、自分が悪いと言ってラジオは何も話さなかった。

犯人がジョニーだと確信したジョーンズは、したことは分かっていると言って、次の試合には出さないと伝える。

そこに現れたダニエルスは、ジョニーを試合に出さないのは運動部長のジョーンズの意見なので仕方がないと考える。

話したラジオを憎むジョニーだったが、ジョーンズは、ラジオは黙っていたと伝える。

何かを言われ、簡単にそそのかされたラジオが、もっと大きな問題を引き起こしたら大変なことになるとジョーンズに伝えたダニエルスは、今後のことを心配する彼女に、どうなるかは分からないと答える。

帰宅したジョーンズは、マギーが心臓発作を起こして亡くなったことをメアリーから知らされ、彼女と共に、部屋に閉じこもってしまったラジオの元に向かう。

取り乱して部屋を荒らし泣き崩れるラジオに話しかけたジョーンズは、マギーはいつも心の中にいると言って慰め、彼を抱きしめる。

家に戻ったジョーンズは、車を止めてメアリーに話をする。

少年時代に新聞配達をしていた際、ある家の床下で金網の中に閉じ込められている、何らかの問題を抱えている様子の少年を見つけたジョーンズだったが、2年間、何もしなかったことをメアリーに話す。

父がラジオのためにしていることの理由を理解したメアリーは、話してくれたことを感謝する。

翌日、現れたタッカーから、ラジオの行いを疑問視する報告が届いていると言われたジョーンズは、誰が言っているのかを問う。

答えようとしないタッカーに、学校がラジオの支えであり、追い出すのは人生を奪うことだと伝えたジョーンズは、保護施設のリストを渡されたため、憤慨してその場を去る。

フランクが勤める銀行に向かったジョーンズは、理事会にラジオのことを報告した理由を尋ねる。

来シーズンに備えるために、ラジオを追い払うべきだとフランクが考えていることを知ったジョーンズは、それ以上、何も訊かずにその場を去る。

ジョーンズから、鉛筆で文字を書くことを教わったラジオは、携帯ラジオにメッセージを添えてジョニーに贈る。

チームに復帰したジョニーは、ラジオと共に置かれていた意味不明なメッセージを見て驚き、ラジオの元に向かう。

ジョニーは、ジョーンズに怒られたことに同情してくれるラジオの気持ちを受け入れる。

復帰戦でのジョニーの活躍に満足したフランクは、ハーフタイムの際、会合を開くことをダニエルスに提案する。

それを知ったジョーンズは、フランクの思い通りにはさせないとダニエルスに伝える。

試合に勝ったジョニーはラジオに声をかけられ、父フランクには、邪魔なのはラジオではないと伝えてその場を去る。

リンダから会合が開かれることを知らされたジョーンズは、全てが間違いで、家族を犠牲にしてラジオの面倒を見過ぎたと彼女に話す。

それを否定するリンダは、メアリーを含め皆がラジオを好きになったことは素晴らしいことで、フランクが何を言おうと、人のために何かをするのは間違っていないとジョーンズに伝える。

翌日、ジョーンズから3年生に進級させる話をされたラジオは、卒業したくないために2年生でいたいと言って、フットボール・シーズンに備えようとする。

ダニエルスも参加する理髪店での集会にリンダとメアリーと共に現れたジョーンズは、ラジオと話したものの、彼が理解できないようだと伝える。

一番大切な者を探すようにと、自分はコーチから教わったと言うジョーンズは、幸せだったフットボール人生だったが、それが全てではないと語る。

ジョーンズは、人前で口もきけなかったラジオが校内放送をするまでになり、チームのために尽くしていると話す。

そんなラジオを追い出せと言うのかと問うジョーンズは、数か月の間、多くのことを学んだのはラジオではなく、自分達が彼から学び、その優しさは皆に欠けているものだと伝える。

考える必要があることは承知していると言うジョーンズは、コーチを辞任することを伝えて皆を驚かせる。

教師は続けてラジオを見守ると言うジョーンズは、家族とも過ごしたいと伝えて、リンダとメアリーと共にその場を去る。

大変なことになったと言って困惑する出席者は、フランクを責める。

3か月後。
卒業式を迎えたラジオは、ジョニーからチーム・ジャケットを贈られて感激する。

式は始り、ダニエルスは、名誉卒業生のジェームス・ロバート・ケネディを紹介して、卒業証書を渡す。

ダニエルスは、ラジオが来秋は高校に生徒として戻り、2年のクラスに編入することを発表し、希望する限り、いつまでも生徒でいてほしいと彼に伝える。

家族と共にその様子を見て喜ぶジョーンズは、フットボールで州の優勝チームになる以上の誇りを感じた。

25年後、50歳を超えたジェームス・ロバート”ラジオ”ケネディは、名物コーチとして活躍する。

コーチとして州の殿堂入りしたハロルド・ジョーンズと、T・L・ハナ・ハイスクールの2年生のラジオとの友情は続いている。


解説 評価 感想
1996年に”スポーツ・イラストレイテッド”に掲載された、スポーツライターのゲイリー・スミスの記事を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
1976年、サウスカロライナ州、アンダーソン
T・L・ハナ・ハイスクールのフットボール・チームのコーチ、ハロルド・ジョーンズは、いつもラジオを乗せたショッピングカートを押して現れる、知的障碍者のジェームズ・ロバート・ケネディが気になる。
そんな時、部員のジョニーらがジェームズをからかい、拘束して用具室に閉じ込める事件が起き、ジョーンズは心を痛める。
ジェームズに謝罪したジョーンズは、ラジオが好きな彼に”ラジオ”というニックネームをつけてチームの手伝いをさせるのだが・・・。
__________

知的障害者の青年とフットボール・コーチとの友情と、二人を温かく見守る人々との親交を描く、実話を基にした感動のドラマ。

典型的なアメリカの良心を描く内容は、当然、画一的ではなく、それを良しとしない人々も登場するが、困難を乗り越えて生き抜こうとする力強いテーマは、観客の心に訴えるものがある。

純粋な気持ちで、その日を精一杯生きることの素晴らしさ、失敗や過ちは正し、親切や優しさには心から応える、人生の基本を教えられるような内容で進行し、主人公二人が登場し、その友情が続いている姿で終わるエンディングは感動的だ。

ジェームズ・ホーナーの、ドラマを盛り上げる楽曲も印象的だ。

中盤からは涙なしでは見られないシーンの連続で、主人公”ラジオ”を演ずるキューバ・グッディングJr.の迫真の演技と、過去の”過ち”を教訓に、考えを貫き主人公の面倒を見続けるコーチ役のエド・ハリスの深い演技が見所の作品。

常に夫を支えるコーチの妻デブラ・ウィンガー、その娘サラ・ドリュー、主人公を愛する母親のS・エパサ・マーカーソン、校長のアルフレ・ウッダード、ラジオを排除しようとするクリス・マルケイ、その息子で、主人公をからかうものの、彼の優しさに触れて心を入れ替えるライリー・スミス、フットボールとバスケットボールのコーチ、ブレント・セクストン、理事会の代理人パトリック・ブリーンなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター