トカレフ Rage (2014) 2.2/5 (5)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★☆☆☆

愛する娘を殺された元犯罪者の復讐を描く、主演ニコラス・ケイジレイチェル・ニコルズピーター・ストーメアダニー・グローヴァー他共演、監督パコ・カベサスによる犯罪ドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

ニコラス・ケイジ / Nicolas Cage 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:パコ・カベサス

製作
リシャール・リオンダ・デル・カストロ
マイケル・メンデルソーン
製作総指揮
パトリシア・エバリー
ヘイリー・マグワーク・アラビア
キャム・キャノン
脚本
ジム・アグニュー
ショーン・ケラー
撮影:アンジェイ・セクラ
編集:ロバート・A・フェレッティ
音楽:ロラン・エケン

出演
ポール・マグワイア:ニコラス・ケイジ
ヴァネッサ・マグワイア:レイチェル・ニコルズ
ケイン:マックス・ライアン
ダニー・ドハーティ:マイケル・マグレイディ
フランシス”フランク”オコネル:ピーター・ストーメア
ピーター・セント・ジョン刑事:ダニー・グローヴァー
チェルノフ:パシャ・D・リチニコフ
アントン:パトリス・コル
ポール・マグワイア(少年期):ウェストン・ケイジ
マイク:マックス・ファウラー
ケイトリン・マグワイア:オーブリー・ピープルズ
エヴァン:ジャック・ファラヒー
ハンソン刑事:ロン・ゴールマン
ヴォリー:マイケル・パパジョン
オリバー:ケヴィン・ラヴェル・ヤング
リサ:エレナ・サンチェス
エレノア:ケリー・ティペンズ

アメリカ/フランス 映画
配給 Image Entertainment
2014年製作 98分
公開
北米:2014年5月9日
日本:2014年6月7日
製作費 $25,000,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
アラバマ州、モービル
かつて裏社会で生きていたポール・マグワイア(ニコラス・ケイジ)は、今では妻ヴァネッサ(レイチェル・ニコルズ)と娘ケイトリン(オーブリー・ピープルズ)と平凡な暮らしをするビジネスマンだった。

ケイトリンを溺愛するポールは、犯罪仲間だったケイン(マックス・ライアン)とダニー・ドハーティ(マイケル・マグレイディ)と共に娘の話などをする。

ヴァネッサと夕食会に出かけるポールは、遊びに来ているケイトリンの友人マイク(マックス・ファウラー)とエヴァン(ジャック・ファラヒー)に娘を任せて出かける。

夜中も過ぎ、、現れたピーター・セント・ジョン刑事(ダニー・グローヴァー)から、ケイトリンが誘拐されたことを知らされたポールとヴァネッサは自宅に急行し、マイクとエヴァンは無時だということだった。

ポールの過去を知るセント・ジョンは、ケイトリンのことを思い焦る彼に、昔に戻ってほしくないことを伝える。

テレビでポールの経歴を流せば、それを知った犯人が、慌ててケイトリンを解放する可能性をセント・ジョンは語る。

自分を知っていれば接触してくるだろうと言われたポールは、電話に盗聴器を仕掛け、ハンソン刑事(ロン・ゴールマン)と共にが常に監視し、必ず犯人を捕らえるとセント・ジョンに約束される。

ケイトリンの誘拐事件はニュースで報道され、情報提供を求められる。

義理の娘のことを心配するヴァネッサに、黙ってみていられないことを伝えたポールは、マイクの家に向う。

手掛かりを手に入れようとしたポールは、動揺して何も覚えていないと言うマイクから何も聞き出せなかった。

ケインとダニーに話をしたポールは、家族同然だと言う二人から協力を約束される。

しかし、情報は何も得られず、そして、ケイトリンは惨殺死体で発見され、ポールは、それをハンソンから知らされる。

ケイトリンの葬儀は行われ、犯罪組織のボス、フランシス”フランク”オコネル(ピーター・ストーメア)も参列する。

ポールは、かつてのボスであるオコネルから、復讐はするなと忠告され、それを聞き入れる。

帰宅したポールは、ヴァネッサを巻き込もうとせず、ケインとダニーとで今後のことを話す。

オコネルから見張るよう指示されたとダニーに言われたポールは、警察の情報提供者がいることを確認する。

手掛かりを掴めないセント・ジョンは、ケイトリンの弾道分析の結果、凶器が”トカレフ(TT-33)”だったことが判明したことをハンソンから知らされる。

ロシアン・マフィアのチェルノフ・ファミリーの1980年代の事件に関連があると指摘されたセント・ジョンは、その銃が長期間、殺人に使われていなかったことに注目する。

ケイトリンが書いていた論文を見つけたポールは、それを学校の担任に渡し、ロッカーの所持品を受け取る。

ケインとダニーは、犯行に使われたのがトカレフであることを知り、チェルノフ(パシャ・D・リチニコフ)に関係した過去の事件を思い出し、何か裏があると考える。

弾道から凶器がトカレフ(TT-33)だったことが分かったとポールに知らせたケインは、ロシアン・マフィアの犯行だと伝える。

チェルノフの許可なしに動けないポールは、ケインとダニーと共に、あるロシア人の賭博場を荒らす。

戦の準備を始めるポールは、ヴァネッサを安全な場所に避難させようとするが、彼女は離れようとしなかった。

あるロシア人ギャングのヴォリー(マイケル・パパジョン)から情報を聞き出そうとしたポールだったが、ダニーに撃たれたヴォリーから何も聞き出せなかった。

騒ぎを起こすなと、苦悩するポールに忠告したセント・ジョンだったが聞き入れられない。

チェルノフのヤクの売人を襲ったポールらは、情報を聞き出そうとする。

現場をハンソンと調べたセント・ジョンは、ポールらの仕業と考える。

仲間が殺されたことを部下から知らされたチェルノフは、襲った相手を連れて来るよう指示する。

ロシア人が現れたため身を潜めたケインは、ポールにそれを伝えて助けを求める。

ダニーに連絡が取れないポールは、連れ去られたと思われるケインを追う。

セント・ジョンとハンソンのパトカーに衝突したポールは、逮捕されそうになる。

これ以上関わるなとポールに警告したセント・ジョンは、彼を解放してしまい、ハンソンは納得いかない。

拘束されたケインは、チェルノフの拷問を受ける。

女と楽しんでいたダニーの元に向かったポールは、電話にでなかったことを責めて、ケインが捕まったことを知らせる。

ポールの娘を殺したとケインに言われたチェルノフはそれを否定し、凶器がトカレフだったことを知らされる。

かつて、ヤクの売人を殺し金を奪ったとケインに言われたチェルノフは、それが自分の兄だったことに気づく。

ケインを殴り痛めつけたチェルノフは、オコネルを呼ぶよう部下に指示してその場を去る。

ダニーの不審な行動を疑うポールは、かつて山分けした奪った金を使い、密告したと言って彼を追及する。

憤慨して取り乱すポールは、ダニーを刺殺してしまう。

オコネルに会ったチェルノフは、ケインの死体を見ても関係を否定する彼を、兄を殺したポールの責任を取らせるため殺害する。

チェルノフの兄を殺した際、奪い隠してあった銃がトカレフだったことを確認したポールはショックを受ける。

エヴァンにマイクを呼び出させたポールは、彼に銃を向けて、事件の夜の話を聞く。

ポールがギャングだったとケイトリンから聞いたマイクは、二階にあったトカレフを見せられる。

雨の中、酔いながら銃を手にして裏庭でふざけていたマイクは、誤ってケイトリンの頭部を撃ってしまったのだった。

エヴァンと共にケイトリンを森に運び、家を荒らして何者かが押し入ったように見せかけたことを話すマイクは、殺す気はなかったと言ってポールに謝罪する。

ケイトリンを愛していたマイクは苦しい胸の内を話し、これ以上耐えられないと言って、全てを終らせてほしいとポールに伝える。

マイクを撃つことができないポールは、銃を捨ててその場を去る。

ヴァネッサに電話をしたポールは、全てが終わり安全だと伝える。

17歳の時に人を殺し、時々その夢を見ると言いポールは、失望させたことをヴァネッサに謝罪して電話を切る。

チェルノフの部下は家に侵入し、ポールは死を覚悟する。

セント・ジョンは現場に到着し、ポールの死体は運び出される。

家に戻ったヴァネッサは、ポールの死を知る。


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
アラバマ州、モービル
かつて裏社会で生きていたポール・マグワイアは、今では妻ヴァネッサ娘ケイトリンと平凡な暮らしをするビジネスマンだった。
ある夜、ポールとヴァネッサが外出している間に、押入って来た者達にケイトリンが誘拐される事件が起きる。
一緒にいたマイクとエヴァンは無時だったのだが、その後ケイトリンは、頭部を撃たれた惨殺死体で発見される。
溺愛していた娘の死を受け入れられないポールは、かつての犯罪仲間ケインとダニーと共に犯人を探そうとする。
そんなポールは、犯行に使われた凶器が”トカレフ(TT-33)”だと知り、ロシアン・マフィアに探りを入れるのだが・・・。
__________

人気スター、ニコラス・ケイジが主演し、個性派ピーター・ストーメアやベテランのダニー・グローヴァーら豪華キャストなどが注目の作品。

しかし、脚本は貧弱で緊迫感もなく、一歩間違えばB級作品と言われても仕方がないような内容で、魅力的なキャストがなければ、多分スルーしただろう。

良くも悪くもニコラス・ケイジらしい作品ではあり、ファンであれば、彼が画面に登場しているだけで満足できると、そんなことがスターの証というところだろうか。

評価も最悪に近く、製作費には2500万ドルかけているが、北米では公開されたとは言えない状況で、商業的にも成功しなかった作品。

溺愛する娘が殺害され、かつての”悪”を呼び起こして復讐鬼となる主人公を熱演するニコラス・ケイジ、その妻レイチェル・ニコルズ、主人公の犯罪仲間マックス・ライアンマイケル・マグレイディ、主人公の元ボス、ピーター・ストーメア、主人公の過去を知る刑事ダニー・グローヴァーロシアン・マフィアのボス、パシャ・D・リチニコフ、主人公の娘オーブリー・ピープルズ、実は彼女を誤って殺害してしまった友人のマックス・ファウラーとジャック・ファラヒーロシア人ギャングのマイケル・パパジョンなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター