ランボー/怒りの脱出 Rambo: First Blood Part II (1985) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

第1作「ランボー」(1982)の成功を受けてで製作されたシリーズ第2作。
脚本、主演シルヴェスター・スタローン、共演リチャード・クレンナチャールズ・ネピアースティーブン・バーコフジュリア・ニクソン=ソウル他、監督ジョージ・P・コスマトス


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■

監督:ジョージ・P・コスマトス
製作:バズ・フェイシャンズ
製作総指揮
マリオ・カサール

アンドリュー・G・ヴァイナ
原作:デイヴィッド・マレル
脚本
シルヴェスター・スタローン

ジェームズ・キャメロン
撮影:ジャック・カーディフ
編集
マーク・ゴールドブラット

マーク・ヘルフリック
音楽:ジェリー・ゴールドスミス

出演
シルヴェスター・スタローン:ジョン・ランボー
リチャード・クレンナ:サミュエル・トラウトマン大佐
チャールズ・ネピアー:マードック指揮官
スティーブン・バーコフ:ポドフスキー中佐
ジュリア・ニクソン=ソウル:コー・バオ
マーティン・コーブ:エリクソン
アンディ・ウッド:バンクス
ジョージ・チェン:タイ
ボージョ・ゴーリク:ユーシン軍曹
スティーブ・ウィリアムス:リファー

アメリカ 映画
配給 カロルコ・ピクチャーズ
1985年製作 94分
公開
北米:1985年5月22日
日本:1985年8月17日
製作費 $44,000,000
北米興行収入 $150,415,432
世界 $300,400,432


アカデミー賞 ■

第58回アカデミー賞
・ノミネート
音響編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

服役中のジョン・ランボー(シルヴェスター・スタローン)の元に、元上官のサミュエル・トラウトマン大佐(リチャード・クレンナ)が現れ、機密作戦の任務に就くことを条件に釈放される。

その任務とは、未だ行方不明になっているベトナム戦争の捕虜の調査だった。

しかし、マードック指揮官(チャールズ・ネピアー)から伝えられた任務では戦闘は許されず、情報収集のための写真撮影が目的であり、捕虜生存の証拠が欲しいだけだった。

ランボーを乗せたジェット機は基地を飛び立つが、目標地点にパラシュート降下する際にベルトが絡み、彼はナイフと弓矢以外の装備を失ってしまう。

マードックは、ランボー生存の可能性が低いと判断して、36時間で作戦を打ち切ることをトラウトマンに伝える。

現地の女性連絡員コー・バオ(ジュリア・ニクソン=ソウル)と接触したランボーは、密輸業者の村落からボートで目的地に向かう。

途中、ランボーは、ベトナム帰還後に国で受けた仕打ちをバオに話し、 彼女はアメリカで静かに暮したいことを伝える。

ランボーは、自分が戦場でしか生きられない”消耗品”であることも語る。

目的地に侵入したランボーは、命令を無視して戦闘体制に入り捕虜の生存を確認する。

アメリカ兵一人を救出したランボーは、二人の看守を弓矢で殺し、バオの元に戻り、その場から脱出する。

トラウトマンは傭兵のエリクソン(マーティン・コーブ)を連れ、ランボーとの約束を果たすために、ヘリコプターで彼の救出に向かう。

追っ手を逃れ、ボートに乗ったランボーらは裏切られるものの、隙を見てその場を制圧し、現れた哨戒艇をロケット弾で爆破する。

陸に戻ったランボーはバオと別れ、救出地点に向かうが、捕虜の確保を知ったマードックは救出中止命令を出す。

トラウトマンは銃を向けられ、ヘリは基地に向かい、ランボーと兵士は置き去りにしてしまう。

基地に戻ったトラウトマン大佐は、ランボー救出を拒否されたことでマードックを非難する。

捕虜がいた事実が分かってしまうと、政府が多額の身代金を要求されかねないなどの理由で、救出は容認できない事情があったのだ。

納得できないトラウトマンは、ランボーが生きている限り後悔することになると、マードックに言い放つ。

捕らえられたランボーは、ベトナム軍を支援するソ連軍のポドフスキー中佐(スティーブン・バーコフ)の拷問を受ける。

ランボーは、捕らえられたことを基地に連絡するよう強要され、ポドフスキーが捕虜を痛めつけようとしたため、それに従おうとする。

基地に連絡したランボーだったが、マードックに殺しに戻ると伝え、隙を見て敵を倒し、娼婦に扮したバオの助けを借りて逃亡する。

しかし、バオが敵の銃弾に倒れ、ランボーの反撃も空しく彼女は命を落としてしまう。

ランボーの怒りは頂点に達し、ソ連ベトナム軍兵士を次々と倒していく。

川で、バオを銃撃したタイ軍曹(ジョージ・チェン)を追い詰めたランボーは、彼を小型ロケット弾が付いた矢で爆殺する。

ソ連軍のユーシン軍曹(ボージョ・ゴーリク)に、ヘリで爆弾投下されたランボーは、それを逃れて反撃する。

敵陣に向かい、捕虜を救出したランボーは味方の基地に向かうが、ポドフスキーのヘリが追ってくる。

攻撃を受けたランボーのヘリだったが、不時着したと見せかけてポドフスキーのヘリをバズーカで撃破する。

帰還したランボーはエリクソンを叩きのめし、基地内にある探索機器などを銃で破壊する。

マードックにナイフを向けたランボーは、彼を生かして任務完了を報告し、捕虜全員の救出を迫る。

その後、ランボーはトラウトマン大佐に、ベトナムで戦った者達の、国への思いが報われることが望みだと言い残してその場を立ち去る。


解説 評価 感想 ■

参考
・「ランボー」(1982)
・「ランボー/怒りの脱出」(1985)
・「ランボー3/怒りのアフガン」(1988)
・「ランボー 最後の戦場」(2008)

*(簡略ストー リー)

ベトナム帰還兵として社会に受け入れられず、反乱を起こし逮捕されたジョン・ランボーは服役していた。
元上官トラウトマン大佐は、機密作戦に就くことを条件に、ランボーを釈放させる。
ランボーはマードック指揮官に会い、ベトナムで捕虜になった兵士の生存証拠となる、写真撮影が任務だと知らされる。
戦闘が認められない任務が、パフォーマンスだということは明白だったのだが、ランボーはそれを承知で目的地に向かう。
そして、ランボーはその命令を無視し、捕虜の存在を確認して、新たな戦いを始める・・・。
__________

1作目は、本国アメリカで評判はあまり良くなかったものの、シルヴェスター・スタローンは最初から続編を製作する予定でいたらしい。

それ故に本作は前作と一変し派手なアクションが多く取り入れられ、アメリカ国内はもとより、全世界で3億ドルを突破する大ヒットとなった。

北米興行収入 $150,415,432

第58回アカデミー賞では、音響編集賞にノミネートされた。

スタローンは、今回の脚本をファンレターを参考にして練りあげたらしく、前年の「ターミネーター」(1984)でヒットを飛ばしたジェームズ・キャメロンも脚本に参加している。

スタローンは、半年後に「ロッキー4」(1985)も公開され、大ヒットを記録している。

シェイプアップされて、細身に見えるスタローンだが、逞しい筋肉の付き方は半端ではない。

気になるのが、スタローン単独の場面はいいが、他の俳優と同じショットになると、彼の小柄な体が目だってしまうことだ。
自称178cmだと言うが、かなり小さく見える。

今回はトラウトマン大佐役のリチャード・クレンナの登場場目が増えて、かなり活躍する。
ランボーシリーズに、なくてはならない存在となった感じだ。

前年「ビバリーヒルズ・コップ」(1984)でも、悪役を演じたスティーブン・バーコフも、実力派俳優らしく凄みのある確かな演技を見せてくれる。

紅一点、ジュリア・ニクソン=ソウルも素朴な雰囲気で美しくもあり、ランボーとアメリカに心惹かれる女性を熱演している。

作戦指揮官チャールズ・ネピアー、傭兵マーティン・コーブ、敵兵ジョージ・チェン、ボージョ・ゴーリクなどが共演している。

本作では、前作の原題”First Blood”に”Rambo”が付け加えられたが、邦題の「ランボー」の好評にあやかったとも言われていて、非常に珍しいケースだ。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター