Ray/レイ Ray (2004) 4/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

R&Bゴスペル、カントリー、ピアニストでもあるソウル・ミュージックの大御所レイ・チャールズの半生を描く、製作、脚本テイラー・ハックフォード、主演ジェイミー・フォックスケリー・ワシントンレジーナ・キングテレンス・ハワード他共演によるヒューマン・ドラマの秀作。


ドラマ(ヒューマン)


スタッフ キャスト ■

監督:テイラー・ハックフォード
製作
テイラー・ハックフォード
スチュアート・ベンジャミン
ハワード・ボールドウィン
脚本:ジェームズ・L・ホワイト
撮影:パヴェル・エデルマン
編集:ポール・ハーシュ

衣装デザイン:シャレン・デイヴィス
音楽
レイ・チャールズ
クレイグ・アームストロング

出演
ジェイミー・フォックスレイ・チャールズ
ケリー・ワシントン:デラ・ビー・ロビンソン
レジーナ・キングマージー・ヘンドリクス
クリフトン・パウエル:ジェフ・ブラウン
ハリー・J・レニックス:ジョー・アダムス
カーティス・アームストロングアーメット・アーティガン
リチャード・シフジェリー・ウェクスラー
シャロン・ウォーレン:アリサ・ウィリアムズ
アーンジャニュー・エリス メアリー・アン・フィッシャー
テレンス・ハワード:ゴッシー・マッキー
ラレズ・テイトクインシー・ジョーンズ
ワーウィック・デイヴィス:オベロン

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2004年製作 152分
公開
北米:2004年10月29日
日本:2005年1月29日
製作費 $40,000,000
北米興行収入 $75,305,995
世界 $124,731,534


アカデミー賞 ■

第77回アカデミー賞
・受賞
主演男優(ジェイミー・フォックス)
録音賞
・ノミネート
作品・監督・編集・衣装デザイン賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1948年。
レイ・チャールズ・ロビンソン(ジェイミー・フォックス)は、
音楽で独り立ちするため、17歳でフロリダからシアトルに向かう。

シアトルに着いたレイは、音楽の才能は認められるが、盲目の若造と、ベースのゴッシー・マッキー(テレンス・ハワード)らに見下され、単なるバンドの一員として利用されてしまう。

その後レイは、ボードビリアンのオベロン(ワーウィック・デイヴィス)から、ゴッシーらの悪巧みを聞かされる。

そのためレイは、シアトルで知り合ったミュージシャンのクインシー・ジョーンズ(ラレズ・テイト)と共に、ゴッシーらと手を切ることにする。

1950年。
バンドのピアニストとして巡業が続くレイだったが、盲目の彼は、いつも仲間達からお荷物扱いされ、麻薬を覚えて、次第にそれに溺れるようになる。
__________

レイは、幼い時に仲の良かった弟を亡くし、9ヵ月後に緑内障で失明して以降、弟を助けられなかった悪夢にうなされていた。

母親アリサ(シャロン・ウォーレン)は、レイが独りで生きていけるようにと厳しく躾け、やがて彼の音感は研ぎ澄まされていく。
__________

1952年。
ギャラをごまかされ、憤慨したレイは、バンドを辞めて単身でニューヨークに向かう。

その後レイは、”アトランティック・レコード”の創設者であるアーメット・アーティガン(カーティス・アームストロング)に声をかけられ、翌年、新曲”メス・アラウンド”がヒットする。

レイは、ゴスペル・シンガーのデラ・ビー(ケリー・ワシントン)と知り合い、やがて結婚する。

R&Bゴスペルを融合したレイの曲は受け、順調にキャリアを積んでいくが、麻薬を絶つことはできなかった。

さらにレイは、ゴスペルを編曲したことで、神を汚しているという批判を受ける。

やがて息子が生まれたレイは、バンドのバックコーラスの メアリー・アン・フィッシャー(アーンジャニュー・エリス)を愛人にして、彼女の曲まで作ってしまう。

1957年。
レイは、雇い入れた女性ヴォーカル・トリオ”レイレッツ”のマージー・ヘンドリクス(レジーナ・キング)を愛人にすると、メアリーが、レイに愛想を尽かし去っていく。

レイの音楽活動は順調に進むが、次第に麻薬依存症の兆候が現れ始める。

1959年。
レイには二人目の子供が生まれ、一家はロサンゼルスに移り、”アトランティック”との契約切れを期に、破格の条件を提示した”ABCレコード”に移ることを決める。

世話になったアトランティックアーメットとパートナーのジェリー・ウェクスラー(リチャード・シフ)に、レイは別れを告げる。

1960年。
レイは、”我が心のジョージア”でミリオンセラーを記録するが、私生活は乱れ、愛人のマージーは妊娠し、満たされない怒りを彼にぶつける。

レイは、その”怒り”を曲にして、続けざまにヒットを飛ばすが、人種差別に抗議して、南部ジョージアでの公演を中止してしまう。

さらに、レイは麻薬所持で逮捕され、妻デラに麻薬を止めるよう説得される。

”暗闇の中で音楽を作るためには、助けが必要だ”と反論するレイに対し、デラはそれは甘えだと指摘する。

そんな事情とは裏腹に、会社が反対した、カントリーも取り入れた、レイの曲は軒並みチャートのトップを奪い世界を席巻する。

その後、ビバリーヒルズに新居を移したレイは、幸せな生活を満喫するが、マージーが麻薬で死亡する。

やがてレイとバンドメンバーとの間にも亀裂が生じ、兄弟同然に彼を支えてきた、バンドの世話係ジェフ・ブラウン(クリフトン・パウエル)も去っていく。

そしてレイは、公演からの帰りに、空港で麻薬所持の現行犯で逮捕され、家族や音楽のために、麻薬を止めるようデラに再び説得される。

レイは麻薬更生施設に入り、幻覚の中で母アリサの言葉に支えられ、また、悪夢の中の弟に許されることで、立ち直ることができる。

レイ・チャールズは、その後40年以上、数々のヒットを飛ばしてグラミー賞を獲得、最も愛されるエンターティナーになった。

1979年。
かつて、人種差別に抗議して追放になった、レイの生まれ 故郷のジョージア州は、レイに謝罪して、”我が心のジョージア”を州歌に定める。

レイは、完全に麻薬を断ち、黒人の大学に、2000万ドル以上を寄付して、障害者に支援もした。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

本作の公開される4ヶ月前にレイ・チャールズ自身は亡くなり、追悼作品にもなった。

第77回アカデミー賞では、作品賞をはじめ6部門にノミネートされ、ジェイミー・フォックスの主演男優と録音賞を受賞した。
・ノミネート
作品・監督・編集・衣装デザイン賞

愛と青春の旅だち」(1982)や「黙秘」(1995)などのテイラー・ハックフォード久々の快心作で、音楽の才能以上に、波乱の人生を歩んだレイ・チャールズの人間味のある人物像を、シャープな演出で描き切っている。
母親や弟の幻覚に怯えるレイの姿、その少年時代もフラッシュバックとして丁寧に描かれ、一つのドラマとして見応えあるものになっている。

レイ・チャールズに成り切った演技で、見事にアカデミー主演賞を受賞したジェイミー・フォックスは、歌声こそ本人レイ・チャールズの吹替えだが、3歳から習い始めたピアノの腕を生かし、その仕草や、あごを引いた、本人独特の表情など細かな表現も絶妙で、ファンにはたまらない名演を見せてくれる。

献身的ではあるが、レイを甘やかさない妻役のケリー・ワシントン、対照的に愛人として満たされず、麻薬に溺れ命を落とすマージー・ヘンドリクス役のレジーナ・キング、友情で結ばれる、レイの世話係クリフトン・パウエルレイの才能に目を付けて売り出すアトランティック・レコードアーメット・アーティガンを演ずるカーティス・アームストロング、音楽評論家ジェリー・ウェクスラーリチャード・シフレイのためを思い彼を厳しく育てる母親役のシャロン・ウォーレン、愛人アーンジャニュー・エリスレイを利用するバンドマン、テレンス・ハワードなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター