裏窓 Rear Window (1954) 5/5 (33)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★ヒッチコック登場場面
5star

怪我のため身動きができない主人公が目撃する殺人事件を描く、製作、監督アルフレッド・ヒッチコックジェームズ・ステュアートグレイス・ケリー共演のサスペンスの秀作。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

アルフレッド・ヒッチコック Alfred Hitchcock 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:アルフレッド・ヒッチコック
製作:アルフレッド・ヒッチコック
原作:コーネル・ウールリッチ”It Had to Be Murder
脚本:ジョン・マイケル・ヘイズ
撮影:ロバート・バークス
編集:ジョージ・タマシーニ
衣装デザイン:イデス・ヘッド
音楽:フランツ・ワックスマン

出演
L・B・ジェフリーズ:ジェームズ・ステュアート
リザ・キャロル・フリーモント:グレース・ケリー
トーマス・J・ドイル:ウェンデル・コーリイ
ラーズ・ソーウォルド:レイモンド・バー
ステラ:セルマ・リッター
アンナ・ソーンウォルド:イリーナ・ウィンストン
”ミス・ロンリーハーツ”:ジョディス・エヴリン
作曲家:ロス・バグダサリアン
ソーウォルドの階上の夫婦:サラ・バーナー/フランク・キャディ

アメリカ映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1954年製作 112分
公開
北米:1954年8月1日
日本:1955年1月14日
製作費 $1,000,000
北米興行収入 $36,764,313


アカデミー賞 ■
第27回アカデミー賞
・ノミネート
監督・脚本・録音・撮影賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨークグリニッチ・ヴィレッジ
うだるような猛暑が続く中、7週間前に足を骨折し、ギブスをはめているために歩くこともできない、カメラマンのL・B・ジェフリーズ(
ジェームズ・ステュアート)は、退屈しのぎに向かいのアパートの住民を観察していた。

そんなジェフリーズを、看護人のステラ(セルマ・リッター)は”覗き”だと言ってからかう。

裕福で若いソーシャライトの恋人リザ・キャロル・フリーモント(グレース・ケリー)を、理想の女性ではあるが、自分とは生きる世界が違うと言うジェフリーズだったが、ステラは彼女と結婚すべきだと発破をかける。

その夜、向かいのアパートで、独り恋人とのひと時を夢見る、ジェフリーズが名付けた”ミス・ロンリーハーツ”(ジョディス・エヴリン)、作曲家(ロス・バグダサリアン)やダンサーの若い女性、それに新婚夫婦の行動などを、彼は新作のドレスに身を包み、食事を持参したリザと観察する。

二階に住むセールスマンのラーズ・ソーウォルド(レイモンド・バー)は、寝たきりの妻アンナ(イリーナ・ウィンストン)の世話をしていたが、ジェフリーズは、何となくしっくり行っていない雰囲気の二人の関係が気になる。

その後、ジェフリーズとリザは、お互いの生活や価値観の違いを話し合っているうちに口論となってしまう。

ジェフリーズと同じ暮らしをしたいというリザは、それが無理だと言う彼に失望し部屋を出て行く。

転寝をしてしまったジェフリーズは、午前3時頃、雨の中、大きなカバンを持ち、部屋を出入りするソーウォルドを気にしながら、そのまま車椅子で眠ってしまう。

翌日、現れたステラに、ソーウォルドの昨夜の不審な行動を話したジェフリーズは、彼の妻の部屋のブラインドが閉まっていることに気づく。

ジェフリーズは、窓から周囲を警戒するようなソーウォルドを見て、彼がカバンを掃除したり、中庭の花壇を気にしたりするのを双眼鏡やカメラの望遠レンズで観察し、大きなナイフやノコギリを新聞紙に包むのも目撃してしまう。

その夜、気を取り戻して現れたリザに、ソーウォルドの話をしたジェフリーズは、彼女に妄想だと言われてしまう。

しかしリザは、ロープを持って部屋に戻ったソーウォルドが、妻の部屋で何かを大きな箱に詰め込むのを見てしまい、ジェフリーズにもう一度その話を聞こうとする。

その後、リザは向かいのアパートの郵便受けで、男の名前が”ラーズ・ソーウォルド”だということを確認する。

翌日、ソーウォルドの妻の部屋から荷物が運び出されたのを確認したジェフリーズは、友人のトーマス・J・ドイル警部補(ウェンデル・コーリイ)を呼び出す。

ドイルも、ジェフリーズの話を妄想だと考えるのだが、一応ソーウォルドの周辺を洗ってみることにする。

その後ドイルの調査で、ソーウォルドの妻が旅立ち、行き先で荷物も受け取ったというハガキが届いたことをが分かり、ジェフリーズはそれを知るが納得できなかった。

ジェフリーズは、ドイルにさらに立ち入った捜査をするよう指示し、その夜、現れたリザにソーウォルドが逃げ出すために身支度していることを伝える。

リザは推理を働かせて、宝石も持たずに旅立ったという、ソーウォルドの妻の不審な行動を指摘し、ジェフリーズの考えに同調して彼を喜ばせる。

そこにドイルが現れるが、彼はことごとくジェフリーズとリザの推理を否定し立ち去ってしまう。

暫くすると、ソーウォルドの階上の夫婦(サラ・バーナー/フランク・キャディ)の犬が、何者かに殺されてしまう。

夫人が泣き喚いたため、周辺の人々が顔を出すのだが、ソーウォルドだけがそれを無視していた。

それを見たジェフリーズは、犬がソーウォルドの花壇を掘り起こしていたために殺害されたと確信し、”彼女に何をした?”という手紙をリザに届けさせる。

ソーウォルドはそれを見て明らかに動揺し、戻ったリザとステラは、妻の結婚指輪を目撃したジェフリーズに、それを置いて旅立ちはしないと断言し、二人で花壇を掘り起こそうとする。

ジェフリーズは、ソーウォルドをアパートの外に出すため、彼に電話をかけホテルのバーに誘い出す。

ソーウォルドが外出した後、リザとステラは花壇を掘るが何も見つからない。

そのため、リザはソーウォルドの部屋に侵入し、彼の荷造りしたカバンに宝石がないことを確認する。

ソーウォルドが戻った場合、電話を鳴らしてというリザの伝言をステラから聞いたジェフリーズだったが、先日、若い男を部屋に招き入れ、結局は追い出してしまったミス・ロンリーハーツが、睡眠薬自殺をしようとしているのに気づく。

ジェフリーズはそれを知らせようと警察に電話をするが、その時ソーウォルドが戻ってきてしまう。

それを警察に知らせたジェフリーズだったが、リザがソーウォルドに見つかってしまう。

どうにもできないジェフリーズとステラは焦るが、そこに警官が現れ、リザは不法侵入で警察署に連行されそうになる。

結婚指輪を見つけたリザは、ジェフリーズにそれを合図で知らせるが、ソーウォルドが、合図の先の向かいの部屋に気づいてしまう。

ジェフリーズは、リザを保釈させるためにステラを警察に向かわせ、連絡してきたドイルに一連の経過を知らせて、殺人の証拠となる結婚指輪を見つけたことを伝える。

その後、ソーウォルドが部屋にいないことに気づいたジェフリーズに無言電話がかかってくる。

部屋に足音が近づき、やがて現れたソーウォルドは、ジェフリーズに何が目的かを問い質す。

ソーウォルドは、指輪を返すようジェフリーズ伝え彼に迫ろうとする。

ジェフリーズは、フラッシュを焚いてソーウォルドに抵抗しようとするが、彼に襲われてしまう。

その時、ドイルに連れられたリザがソーウォルドの部屋に戻り、周囲の住民らと共に、ジェフリーズらが揉み合っているのに気づく。

ジェフリーズは、ソーウォルドに窓から落とされるが、下にいた警官に受け止められながら、地面に叩きつけられる。

体を強く打ったジェフリーズだったが、リザが歩み寄り彼の無事を確認する。

ソーウォルドは警官に逮捕され、妻の殺害と遺体をバラバラにして遺棄したことを認める。

その後、ようやく涼しさが感じられる季節となり、向かいのミス・ロンリーハーツと作曲家は親交を深める。

そして、ジェフリーズは、もう片方の足にもギブスをはめることになり、彼が眠る傍らで暇を持て余したリザは、読んでいた本を置いてファッション雑誌を広げる。


解説 評価 感想 ■

1942年に発表された、コーネル・ウールリッチの短編”It Had to Be Murder”を基に製作された作品。

★ヒッチコック登場場面
上映から約25分後、作曲家(
ロス・バグダサリアン)の傍らで、時計のネジを巻いている男性がヒッチコック
余所見をしていると見逃してしまうが、今回は非常に分かり易い。

*(簡略ストー リー)
足を骨折して、自宅療養中のカメラマンL・B・ジェフリーズは、暇を持て余していたため、向かいのアパートの住民を観察する。
そんな時、二階の住人ソーウォルドの、寝たきりの妻の姿が見えなくなり、やがて、彼の不審な行動にジェフリーズは、ある推理を巡らせる。
大きなカバンを持っての外出、荷物の搬送、花壇を気にするソーウォルドの素振り、そして、ナイフやノコギリ・・・。
ジェフリーズには、そんなソーウォルドの行動全てが、どうしても殺人と結びつくのだった。
ジェフリーズは、それを恋人リザに話すものの、妄想だと思い込む彼女は、ソーウォルドの行動を実際に目にして、彼の犯行を確信する。
そして、プロの目から見た意見を、友人の警部補をドイルに求めたジェフリーズは、半信半疑で協力を始めた彼と、リザや看護人ステラの助けを借りて、犯罪を暴こうとする・・・。
___________

結末自体は、主人公の思っていた通りの犯行だったという、やや単純な終わり方をする物語なのだが、動くことのできないハンデを背負った主人公の目線と、その彼が、部屋から一歩も出ない展開でドラマを成立させるという、奇抜というより、画期的な手法で仕上げられた、異色のサスペンス作品。

主人公はただ一度だけ、クライマックスで犯人に窓から落とされて、地面に落下し部屋を出る。

殺人が行われている現場周辺で起きるショートカットで見せる様々な人間模様や、序盤美しさばかりを強調させて、飾り物のように登場させるグレース・ケリーを、中盤からは主人公の手足のようにして活躍させる。
また、気丈な中年女性
セルマ・リッターを、彼女の”相棒”のように描写して安心感を与え、男としての、勇気や逞しさを見せることのできない主人公を見事にサポートさせるという、計算し尽くされた、ヒッチコックの巧みな演出は圧巻だ。

第27回アカデミー賞では、監督、脚本、録音、撮影賞にノミネートされた。

1997年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

ひ弱に見えるジェームズ・ステュアートは、動けない主人公の役柄に打って付けで、その割りに、過酷なカメラマン生活を、盛んに強調するところなども実に面白い。
一際目を引く細身の長身が彼のトレードマークでありながら、座らせたままで全編を通すというアイデアには脱帽だ。

主人公自身が語るように、あのロケーションに”不釣合い”なグレース・ケリーの美しさは際立ち、また、極めつけの、イデス・ヘッドの衣装も注目だ。

グレース・ケリーは同年、同じヒッチコック作品「ダイヤルMを廻せ!」(1954)が直前に公開され、そして、「喝采」(1954)でアカデミー主演賞を受賞する。

主人公の推理を信じないままに、友人として協力する警部補のウェンデル・コーリイ、殆どが遠景ショットでの演技となる殺人犯レイモンド・バー、主人公二人を圧倒する個性を見せる看護人役のセルマ・リッター、犯人に殺される妻イリーナ・ウィンストン、アパートの住人役のジョディス・エヴリン、最後に彼女と親しくなる作曲家ロス・バグダサリアン、殺人犯の上の階の夫婦サラ・バーナーフランク・キャディなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター