レッドブル Red Heat (1988) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

麻薬マフィアを追うソ連人の警官とそれに協力するアメリカの刑事の活躍と友情を描く、製作、監督、脚本ウォルター・ヒル、主演アーノルド・シュワルツェネッガージェームズ・ベルーシピーター・ボイルエド・オロスローレンス・フィッシュバーンジーナ・ガーションブライオン・ジェームズ他共演のハード・アクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■

監督:ウォルター・ヒル
製作総指揮
マリオ・カサール

アンドリュー・G・ヴァイナ
製作
ゴードン・キャロル

ウォルター・ヒル
脚本
ハリー・クライナー

ウォルター・ヒル
トロイ・ケネディ・マーティン
撮影:マシュー・F・レオネッティ
編集
ドン・エイロン
カーメル・デイヴィス
フリーマン・A・デイヴィス
音楽:ジェームズ・ホーナー

出演
イワン・ダンコ大尉:アーノルド・シュワルツェネッガー

アート・リジック刑事:ジェームズ・ベルーシ
ルー・ドネリー警部:ピーター・ボイル
ヴィクター・ロスタビリ:エド・オロス
チャーリー・スタッブス警部補:ローレンス・フィッシュバーン
キャサリン”キャット”マンゼッティ:ジーナ・ガーション
ギャラガー刑事:リチャード・ブライト
ストリーク:ブライオン・ジェームズ

アメリカ 映画
配給 トライスター・ピクチャーズ

1988年製作 103分
公開
北米:1988年6月17日
日本:1988年9月
北米興行収入 $34,994,648


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

モスクワ
人民警察のイワン・ダンコ(アーノルド・シュワルツェネッガー)大尉は、アメリカとの麻薬密売ルートを仕切る組織のボス、ヴィクター・ロスタビリ(エド・オロス)を追いつめる。

しかし、隙をつかれたダンコはヴィクターに逃げられ、相棒も殺されてしまう。

シカゴ
シカゴ市警のアート・リジック刑事(ジェームズ・ベルーシ)は、反りの合わない上司チャーリー・スタッブス警部補(ローレンス・フィッシュバーン)と、相棒のギャラガー(リチャード・ブライト)と共に麻薬ルートを追っていた。

ヴィクターがシカゴで捕まったという報告で、ダンコは彼を連れ戻す命令を受け、相棒を殺した罪を償わせようとする。

規則無視の常習リジックと相棒のギャラガーは、シカゴに着いたダンコを迎える。

無口で無表情なダンコは、リジックらに付け入る隙を与えず、ヴィクターも宿泊したと思われる安宿に泊まる。

翌日、ダンコはルー・ドネリー警部(ピーター・ボイル)を紹介され、リジックとギャラガーと共に、早速ヴィクターの引渡しに向かう。

しかし、警備員を装ったヴィクターの手下数人が襲い掛かり、ギャラガーは射殺される。

リジックは犯人を追うが取り逃がし、ダンコは意識を失う寸前で、床に落ちていた鍵を握りしめる。

意識を取り戻したダンコは、任務失敗を領事館から非難され、直ちにモスクワに送還されそうになる。

翌日、ヴィクターが凶悪犯だと隠していたことを、ダンコはドネリーとストッブスに責められてしまう。

ダンコは、ヴィクターを捕まえるまで帰国しないことをドネリーに伝えリジックと共に捜査を始める。

ドネリーは、ヴィクターを捕まえるために、あえてダンコを泳がすことにする。

ダンコの監視役になったリジックと共に、ギャラガーの情報屋ストリーク(ブライオン・ジェームズ)を締め上げたダンコは、組織を仕切る囚人から手がかりを得る。

その後、二人はヴィクターと結婚したという、エアロビクスのインストラクター、キャサリン”キャット”マンゼッティ(ジーナ・ガーション)と接触する。

キャットと別れた二人は、彼女を尾行するものの、逆に誘き寄せられ、ダンコがヴィクターに会うことになる。

ヴィクターは鍵と引き換えに、巨額の報酬を渡す提案をするが、ダンコはそれを受け入れなかった。

重態だったヴィクターの手下は意識を取り戻すが、口封じのため殺されてしまう。

看護師に扮した犯人を射殺したダンコは、その場に現れたキャットを追い詰めるものの逃がしてしまう。

病院で騒ぎを起こしたリジックは、ドネリーに詳細な報告書を求められ、ダンコは銃を押収されてしまう。

ぶつかり合っていた二人だったが、リジックは命を救ってくれたダンコに私物の44マグナムを渡し、二人には、ほのかな友情も芽生える。

キャットから、ヴィクターが動かす大きな”物”の情報を得たダンコは、彼に罠にはめられ、部屋に隠してあった鍵を奪われてしまう。

翌日、キャットは他殺体で発見され、リジックは内勤を、ダンコは強制送還させられることになる。

ダンコは、例の鍵がバスターミナルのコインロッカーの物だと気づき、リジックと共に現場でヴィクターを追い詰める。

しかし、ヴィクターは隙を見てその場を逃れ、ロッカーから出した現金とヘロインを積んだバスを奪って逃走する。

ダンコとリジックもバスで暴走するヴィクターを追い、双方は正面衝突を避ける。

ダンコのバスは横転し、ヴィクターは列車に衝突してしまう。

ダンコとヴィクターは、銃を構え向かい合い銃撃戦となる。

そして、ダンコはヴィクターを射殺する。

帰国当日、ダンコとリジックは、お互いの時計を交換し合い、友情を確かめて別れを惜しむ。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

モスクワ
人民警察のイワン・ダンコ大尉は、アメリカからの麻薬密売ルートを仕切るヴィクターを取り逃がしてしまう。
ヴィクターが、アメリカで逮捕されたとの報告を受けて、ダンコは彼の引渡しのためにシカゴに向かう。
現地に着いたダンコは、地元警察の刑事リジックらと共にヴィクターの元に向かう。
しかし、ダンコらは、ヴィクターの仲間達に襲われ彼の逃亡を許してしまう。
手に入れたある”鍵”を手がかりに、独自の捜査で、大きな取引があることを知ったダンコとリジックは、ヴィクターの妻だと言うキャットに接触する。
ダンコは、キャットの手引きでヴィクターに会い買収されそうになるがそれを断る。
そしてヴィクターは、ダンコを襲うと見せかけてその”鍵”を奪ってしまう・・・。
__________

ソ連崩壊前の米ソ冷戦下、社会情勢などをやや大袈裟に描いてはいるが、迫力あるアクションとして観ればまずまず楽しめる。

ターミネーター」(1984)の主人公を思わせる、無表情な堅物警官アーノルド・シュワルツェネッガーと、いかにもアメリカ人らしい奔放な刑事役のジェームズ・ベルーシのタイプの違うデカ同士の、噛み合わないやり取りは結構笑わせてくれる。

当時、ウォルター・ヒルシュワルツェネッガー作品を、度々手がけていたジェームズ・ホーナーが音楽を担当している。

アーノルド・シュワルツェネッガーは、当時、話題作が目白押しで、いよいよハリウッドの頂点を極めようとしていた頃の作品。
顔のつやもよく、見事な肉体美も素晴しく、訛りがかくせる少ないセリフで、外国人らしさがよく出ている。

よくいるタイプのアメリカ人、はみだし刑事をジェームズ・ベルーシは好演し、この頃が最も充実していた時期だと言える。

主人公二人に手を焼く警部ピーター・ボイル、ロシアン・マフィアを凄味と迫力で演ずるエド・オロス、 エリート警官ローレンス・フィッシュバーン、悪党の愛人がよく似合うジーナ・ガーション、リジック(J・ベルーシ)の相棒で殉職してしまうリチャード・ブライト、情報屋ブライオン・ジェームズなど、豪華出演者が脇を固めている。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター