恋の闇 愛の光 Restoration (1995) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1989年に発表された、ローズ・トレメインの小説”Restoration”を基に製作された作品。
才能ある青年医師の凋落と成長を描く、監督マイケル・ホフマン、主演ロバート・ダウニーJr.サム・ニールメグ・ライアンポリー・ウォーカーデヴィッド・シューリスイアン・マッケランヒュー・グラント他共演のドラマ。


ドラマ

ロバート・ダウニーJr. / Robert Downey Jr. 作品一覧


スタッフ キャスト ■

監督:マイケル・ホフマン
製作
ケイリー・ブロコー
アンディ・パターソン

サラ・ブラック
製作総指揮:キップ・バコピアン
原作:ローズ・トレメインRestoration
脚本:ルパート・ウォルターズ
撮影:オリヴァー・ステイプルトン

編集:ガース・クレイヴン
美術・装置:ユージニオ・ザネッティ

衣装デザイン:ジェームズ・アシュソン
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード

出演
ロバート・メリヴェル:ロバート・ダウニーJr.

チャールズ2世サム・ニール
キャサリン:メグ・ライアン
シリア・クレメンス:ポリー・ウォーカー
ジョン・ピアース:デヴィッド・シューリス
ウィル・ゲイツ:イアン・マッケラン
エリアス・フィン:ヒュー・グラント
アンブロース:イアン・マクダーミド
ダニエル:マーク・レセレン
メルヴェル:ベンジャミン・ホイットロー

アメリカ 映画
配給 ミラマックス

1995年製作 118分
公開
北米:1995年12月29日
日本:1996年12月7日
製作費 $12,000,000
北米興行収入 $4,005,941


アカデミー賞 ■

第68回アカデミー賞
・受賞
美術・衣装デザイン賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1660年にチャールズ2世が王位を回復し、清教徒革命は終わった。

1663年、ロンドン、ロイヤル・カレッジ病院。
伝染病が蔓延する時代でもあり、医師ロバート・メリヴェル(ロバート・ダウニーJr.)は、そんな悲惨な現状を見ながら欲求を満たすために女遊びに耽っていた。

手袋職人の父(ベンジャミン・ホイットロー)を訪ねたメリヴェルは、質入れした治療道具を請け出すためと言って5シリングを借りるものの、結局はそれを女に使ってしまう。

メリヴェルは、同じ医師である親友ジョン・ピアース(デヴィッド・シューリス)にも、自堕落な生活を批判される。

ピアースに呼ばれたメリヴェルは、生きた心臓が胸部から見える男の元に連れて行かれ、それに手を触れてみる。

メリヴェルに目をつけたチャールズ2世サム・ニール)は、彼を王宮に呼ぶ。

国王は、瀕死の愛犬ルルの治療をメリヴェルに任せる。

失敗が許されない状況下で、メリヴェルは治療に専念するものの、ルルが死んだことを確認して覚悟を決める。

ルルを棺に入れて運び出そうとしたメリヴェルは、ルルが回復したことを知り驚く。

喜ぶ国王はメリヴェルの働きぶりを認めて、宮廷の生活を満喫するよう伝える。

メリヴェルは、豪華な部屋や専属の仕立て屋、そして遊び仲間として女性達を紹介され、次の任務として18匹の犬の世話をするよう命ぜられる。

身の破滅だと言うピアースの忠告も聞かないメリヴェルは、互いの成功を喜び合おうと友に語り掛ける。

奔放で愉快なメリヴェルは国王に愛され、宮廷に集まる者達に歓迎される。

国王は、愛人シリア・クレメンス(ポリー・ウォーカー)との関係を維持するために、あえて彼女を結婚させることを考える。

その相手が自分だと知らされて驚くメリヴェルだったが、それは国王の命令であり、既に多大な恩恵を受けている身で逆らうことはできなかった。

ナイトの称号を得てサフォークの領地と妻まで与えられたメリヴェルは、医学の道を捨てることをピアースに伝える。

医師として必要な人を癒す才能があるメリヴェルに、考え直すよう伝えたピアースだったが、彼は聞く耳を持たなかった。

結婚式の日、メリヴェルは、始めて対面したシリアの美しさに魅了されてしまう。

シリアとの初夜のベッドを国王に渡したメリヴェルは、サフォークに向い、執事ウィル・ゲイツ(イアン・マッケラン)に迎えられる。

屋敷に手を加え祝宴を開いていたメリヴェルは、シリアが現れたため驚く。

翌日、酔い潰れていたメリヴェルは、シリアが来たことを夢だと思っていた。

それが現実だと分かりシリアの元に向かうものの、メリヴェルは彼女に近づくことも許されない。

メリヴェルは心を許せるウィルに、国王に禁じられているにも拘わらず、シリアを愛してしまったことを伝える。

ある日メリヴェルは、画家のエリアス・フィン(ヒュー・グラント)をシリアに紹介される。

エリアスは、シリアの肖像画を描くよう国王に命ぜられたのだった。

その後、メリヴェルは国王に呼ばれ、他の愛人と別れることを望んだため追放したシリアを、今の状況で満足して王宮に戻るよう説得することを命ずる。

メリヴェルは国王の考えに反し、シリアの心を掴む方法を考え、エリアスの肖像画の完成も阻止しようとする。

それを知ったエリアスは、メリヴェルがシリアに手を出すように仕向ける。

シリアに迫ったメリヴェルは、いつかは国王に飽きられると言って自分の愛を受け入れるように伝える。

しかし、それを拒まれたメリヴェルは、その件がエリアスにより国王に伝えられたため宮廷に呼び出される。

メリヴェルは領地を没収され、以前のように医師に戻るよう国王に命ぜられる。

友人でもあったウィルに別れを告げたメリヴェルは領地を去り、クエーカーの精神科医療施設のピアースを訪ねる。

ピアースはメリヴェルを歓迎し、同僚のアンブロース(イアン・マクダーミド)やダニエル(マーク・レセレン)らを紹介する。

メリヴェルは、夫に捨てられて眠らない女性患者キャサリン(メグ・ライアン)らと対面する。

キャサリンに興味を持ったメリヴェルは、娘が川で溺死したため、見張っていなければならないと言って眠らない彼女に優しく接する。

メリヴェルはキャサリンを眠らせることができるが、一人と親しくし過ぎると、他の患者が嫉妬するとアンブローズに忠告される。

キャサリンを治す方法を見つけたと言うメリヴェルだったが、ピアースは治癒できるのはイエスだけだと意見する。

精神患者も病気でなかった時があるはずで、それを思い出させることが重要だと語るメリヴェルは、ピアースらを説得する。

メリヴェルはピアースらの協力を得て、患者に音楽を聴かせて楽しませる。

流行っていたペストの症状が出たとピアースから知らされたメリヴェルは、彼を診察して肺病と判断し休養するよう伝える。

メリヴェルはキャサリンに誘われ、それを拒もうとするものの、誘惑に負けて彼女と愛し合ってしまう。

ピアースの症状をメリヴェルから知らされたアンブローズは、苦しむ彼のために、患者らと共に祈りを捧げる。

しかし、ピアースの病状は悪化し、メリヴェルに見守られながら息を引き取る。

その後メリヴェルは、自分の子を身ごもったキャサリンと共に旅立つ。

ロンドンに戻ったメリヴェルとキャサリンだったが、街はペストの流行で死者が続出していた。

才能を生かせというピアースの言葉を思い出したメリヴェルは、子供のことを心配するキャサリンにも励まされる。

やがて、キャサリンは帝王切開で女の子を出産するが、感染症により危険な状態になる。

瀕死のキャサリンは、子供にマーガレットという名前を付けてメリヴェルに愛を告げる。

自分の愛も伝えたメリヴェルは子供を守ることをキャサリンに約束し、そして彼女は息を引き取る。

病院に戻り使命を果たそうとしたメリヴェルは、隔離されている人々の元に向い、感染者と健康な者とを分ける。

人々の希望となったメリヴェルは、生きる道を示してくれたピアースに感謝して彼の名を語り、ある日、宮廷に呼ばれる。

覆面を被り国王に会ったメリヴェルは、ペストに感染したと思われるシリアの様態を診るよう指示される。

シリアを診察したメリヴェルは、国王の愛を得られないことで悩む彼女の気持ちを知り励ます。

国王の元に戻ったメリヴェルは、シリアがペストではないことを伝え、妊娠していることを知らせる。

メリヴェルは、シリアの苦しみは愛を実感できるまで続くことを伝え、国王はそれを理解したと答える。

素顔を見せてほしいと言われたメリヴェルはそれを拒み、役目を果たしただけだと答える。

そこに、市内が火の海になったという連絡が入り、メリヴェルは娘のマーガレットを捜す。

マーガレットを見つけられなかったメリヴェルは、ボートに乗り流される。

川を下りその後、救われたメリヴェルは、サフォークの領地に連れて行かれ、ウィルに介抱される。

回復したメリヴェルの前に国王が現れ、友人の医師ピアースのお蔭でシリアが回復したことを伝えるが、彼女はそうは思わなかったと語る。

シリアの考えが正しかったとという理由を話す国王は、助産婦が”メリヴェル”を捜して、子供と共に宮廷に現れたためだと伝える。

国王は、助産婦に抱かれた子供が、メリヴェルの娘であることを確認する。

メリヴェルは娘を抱きしめ、国王は笑顔で応える。

国王は、領地をメリヴェルに与えることを伝え、二度と奪わないと約束する。

様々な経験を積んだメリヴェルは、医師として新たな人生を歩むことになる。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

1663年、ロンドン
清教徒革命が終わり、チャールズ2世が王位を回復していたが、伝染病などが蔓延していた。
医師として必要な、人を癒す才能があるロバート・メリヴェルは、その悲惨な状況下に不満を感じ、欲求を満たすために女遊びに耽っていた。
友人である医師ピアースは、そんなメリヴェルの自堕落な生活を批判する。
ある日、宮廷に呼ばれたメリヴェルは、国王の愛犬の治療を任される。
奇跡的に犬を救ったメリヴェルは、国王にその働きを評価され、宮廷の生活を満喫することを許される。
贅沢と快楽を手にしたメリヴェルは、身の破滅だと助言するピアースの意見に耳を貸さない・・・。
__________

清教徒革命が終わり王政復古から疫病が蔓延する、イングランドの激動の時代を描く歴史劇としても楽しめる作品。

時代に翻弄される青年医師の凋落を描く前半から、友人の助言やある女生との出会いで苦しい時期を乗り切り、医師としての使命を果たそうとする後半は、深い内容のヒューマン・ドラマに仕上がっている。

その時代を象徴する出来事が描かれている中で、医師が主人公の作品であるため、”瀉血”による治療が効果的だと信じる場面が度々登場し、それを否定する主人公の考えが、後の医療の発展につながったと思わせるような描写も実に興味深い。

絢爛豪華なセットや衣装は見事であり、第68回アカデミー賞では、美術、衣装デザイン賞を受賞した。

前半の自堕落な青年から、考えを正し誠実な医師として使命を果たす主人公を好演する、若手の実力派スターとしてキャリアを積んでいたロバート・ダウニーJr.は、本作の直後に薬物問題で逮捕され、それを繰り返すことになる時期で、主人公とだぶる私生活を送っていたことになる。

国王チャールズ2世サム・ニール、主人公の心の支えとなる二人、精神患者のメグ・ライアンと親友の医師デヴィッド・シューリス、国王の愛人ポリー・ウォーカー、主人公が与えられた領地屋敷の執事イアン・マッケラン、画家ヒュー・グラントクエーカー医療施設のイアン・マクダーミドマーク・レセレン、主人公の父親ベンジャミン・ホイットローなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター