リボルバー Revolver (2005) 3/5 (4)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

罠にはめたカジノ王への復讐を誓うギャンブラーに待ち受ける運命を描く、製作リュック・ベッソン、監督、脚本ガイ・リッチー、主演ジェイソン・ステイサムレイ・リオッタマーク・ストロング他共演のクライム・ドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■

監督:ガイ・リッチー
製作
リュック・ベッソン

ヴィルジニー・シラ
製作総指揮:スティーヴ・クリスチャン
脚本
ガイ・リッチー

リュック・ベッソン
撮影:ティム・モーリス=ジョーンズ
編集
ジェームズ・ハーバート

イアン・ディファー
ローメッシュ・アラウィヘア
音楽:ナサニエル・メカリー

出演
ジェイク・グリーン:ジェイソン・ステイサム

ドロシー・マカ:レイ・リオッタ
ザック:ヴィンセント・パストーレ
アヴィ:アンドレ・ベンジャミン
ソーター:マーク・ストロング
ポール:テレンス・メイナード
リリー・ウォーカー:フランチェスカ・アニス
ビリー:アンドリュー・ハワード
ドリーン:アンジェラ・ローレン・スミス
ジョン卿:トム・ウー

イギリス/フランス 映画
配給
Samuel Goldwyn Films

Sony Pictures Worldwide Acquisitions Group
2005年製作 114分
公開
イギリス:2005年9月22日
フランス:2005年9月28日
北米:2007年12月7日
日本:2008年6月7日
北米興行収入 $84,738
世界 $6,811,925


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

罠にはめられて投獄され、7年間の刑期を終え出所したギャンブラーのジェイク・グリーン(ジェイソン・ステイサム)は、その場で学んだことを活かして腕をあげる。

自分を罠にはめたカジノ王ドロシー・マカ(レイ・リオッタ)の元に向かったジェイクは、彼と勝負して大金を巻き上げる。

謎の男ザック(ヴィンセント・パストーレ)からカードを渡されたジェイクは、その指示に従いエレベーターに乗らずに階段に向かうが、その場で意識を失ってしまう。

ジェイクが、まだ勝負は終わっていないと言っていたと部下のポール(テレンス・メイナード)に知らされたマカは、ジェイクを始末するよう命ずる。

仲間である兄のビリー(アンドリュー・ハワード)らに病院に運ばれたジェイクは回復する。

病院から戻ったジェイクは襲われるものの、現れたザックに救われる。

ジェイク殺害をしくじった凄腕の殺し屋ソーター(マーク・ストロング)は、密告者がいると考える。

ザックは、ジェイクを相棒のアヴィ(アンドレ・ベンジャミン)の元に連れて行く。

アヴィは、診断書をジェイクに見せて、3日以内に死ぬ特殊な病気だということを知らせる。

ジェイクは、全財産と指示に従うことを条件に命を守ることを約束される。

その場を去ったジェイクは、数人の医師の診察を受けた結果それを信じ、現金を持参してアヴィの元に向かう。

マカは、しくじったソーターに、必ずジェイクを始末するよう命ずる。

現金を受け取ったアヴィは、自分が高利貸しであることをジェイクに伝えて、その金をある人物に貸し付ける。

ジェイクは、マカにハメられて刑務所に入り、復讐を誓ったことをアヴィとザックに話す。

その頃マカは、絶大な力を持つ”サム・ゴールド”との麻薬取引きのため、代理人のリリー・ウォーカー(フランチェスカ・アニス)に会う。

刑務所内のことをアヴィに聞かれたジェイクは、獄中でチェスと詐欺の達人にペテンを教わり、姿を消した二人に、出所後、全てを奪われたことを語る。

ジェイクは、”上達する唯一の方法は強敵と勝負すること”という残されたメモを参考にして、その後、大成功した。

取り立て屋となったジェイクは、アヴィとザックがマカの巨大な金庫を奪ったことを知る。

マカは、その中に取り引き用の麻薬が隠されていたことをポールから知らされて激怒する。

代わりの麻薬を手に入れるようマカに指示されたポールは、ディーラーのジョン卿(トム・ウー)の元に向かいブツを買うことになる。

取り引きが拗れる隙を狙い、アヴィとザックそしてジャックは現金と麻薬を奪ってしまう。

その後、今回の件が”サム・ゴールド”を怒らせてしまったことをビリーから知らされたジェイクは、アヴィとザックと手を切るよう忠告される。

取り立ての現場で、相手を撃つよう言われたジェイクは、アアヴィに銃を向けて引き金を引くが空だった。

アヴィは銃を手にしてジェイクを殴り倒し、目覚めた彼に3日目を過ぎても生きていると電話で伝える。

ジェイクは診断が間違っていたことを医師から知らされ、全てが仕組まれていることに気づく。

アヴィとザックは、出所後に裏で手を回して、マカの金を巻き上げていたジェイクの行動を知っていることを彼に伝える。

マカは、ジョン卿の差し向けた殺し屋に命を狙われるものの、ソーターがそれを阻止する。

ソーターはジョン卿を殺害して手下を捕え、麻薬の在りかを聞き出そうとする。

ゲームの世界に迷い込んだジェイクは、混乱しながらマカの元に向かい謝罪して、巻き上げた金を寄付したことを伝えてその場を去る。

マカに銃で脅されたジェイクは、自分を恐れろという彼を無視して姿を消す。

翌日、マカは自分の名で多額の寄付がされたという新聞記事をポールに見せられる。

ポールは、麻薬を奪ったのがジェイクだとマカに伝え、彼に騙されたことを知らせる。

悪い噂がサム・ゴールドにも伝わったことを知ったマカは、ジェイクを捕えて麻薬を取り戻すようポールに命ずる。

ポールとソーターはビリーの元に向かい、彼を痛めつけてジェイクの居場所を聞き出そうとする。

マカは、現れたウォーカーに、寄付する余裕があるなら取引を完了するよう迫られる。

ポールはビリーを焼き殺そうとして、彼の娘が隠れていることに気づく。

もう十分だというソーターはポールを殺し、ビリーの娘にもう一度隠れるよう伝える。

銃弾を受けながらも仲間達を次々と殺したソーターだったが、隙を見せた瞬間に射殺される。

ジェイクは、アヴィとザックと共にマカの元に向かい、二人が刑務所内のチェスと詐欺の達人だったことに気づく。

マカに会うよう言われたジェイクが仕掛けた最大のペテンは、彼が自分だと自分に信じ込ませたことだった。

そしてマカは、人質に取ったビリーの娘に向けていた銃を自分のこめかみに当てて引き金を引く。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

ギャンブラーのジェイク・グリーンは、カジノ王のマカの罠にはまり、7年間の刑務所生活を終えて出所する。
マカへの復讐を誓ったジェイクは、彼から大金を巻き上げるものの命を狙われる。
凄腕の殺し屋ソーターに襲われたジェイクだったが、謎の男ザックに救われ、相棒のアヴィの元に連れて行かれる。
刑務所でチェスと詐欺の達人にペテンの極意を教えられていたジェイクだったが、3日で死ぬという特殊な病気だと二人に言われる。
全財産を渡し指示に従うという条件で、命を守ることを約束されたジェイクは、仕方なく現金を渡し、彼らの本業である高利貸しの取り立て屋となるのだが・・・。
__________

ヒットメイカーのリュック・ベッソンガイ・リッチー、アクションスターとして活躍を始めようとしていたジェイソン・ステイサムが組んだ注目作。

冒頭は定番の復讐劇と殺しが混在するシンプルなストーリーなのだが、中盤からは、謎が謎を呼び観客を惑わす内容。
話題作ではあるが、北米では製作から2年後の公開で拡大公開もされずに全く受けず、商業的には失敗した作品。

また、スタイリッシュな演出にこだわり過ぎの感は否めず、手放しで称賛した観客はいないのではないだろうか。

魅力的なキャストも、ジェイソン・ステイサムを始め、今一個性を活かしきれていない雰囲気だ。

ペテンの極意を身に着けて出所に、満を持して行動に出るギャンブラー、ジェイソン・ステイサム、彼らしい悪党を演じ怪演を見せるカジノ王のレイ・リオッタ、謎の高利貸しヴィンセント・パストーレアンドレ・ベンジャミン、凄腕の殺し屋役マーク・ストロング、カジノ王の部下テレンス・メイナード、闇の権力者の代理人役のフランチェスカ・アニス、主人公の兄役アンドリュー・ハワード、主人公の仲間アンジェラ・ローレン・スミス、麻薬ディーラーのトム・ウーなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター