リオ・ロボ Rio Lobo (1970) 3.25/5 (4)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ハワード・ホークスジョン・ウェインのコンビによる「リオ・ブラボー」(1959)、「エル・ドラド」(1967)に続く、”テキサス3部作”の最後を飾る作品で、ハワード・ホークスの遺作となった作品でもある。
作品自体はやや平凡だが、長きに渡り映画界に貢献したハワード・ホークスに敬意を表します。


西部劇

ジョン・ウェイン / John Wayne 作品一覧


スタッフ キャスト ■

監督:ハワード・ホークス
製作:ハワード・ホークス
原作:バートン・ウォール
脚本
バートン・ウォール

リー・ブラケット
撮影:ウィリアム・クローシア
編集:ジョン・ウッドコック
音楽:ジェリー・ゴールドスミス

出演
ジョン・ウェイン:コード・マクナリー大佐
ホルヘ・リヴェロ:ピエール・コルドナ大尉
クリストファー・ミッチャム:タスカローラ・フィリップス
ジェニファー・オニール:シャスタ・デラニー
ヴィクター・フレンチ:ケッチャム
ジャック・イーラム:フィリップス
エドワード・フォークナー:ハリス
デヴィッド・ハドルストン:ジョーンズ医師
マイク・ヘンリー:”ブルー・トム”ヘンドリックス保安官
ビル・ウィリアムズ:パット・クローニン保安官
スザンナ・ドサマンテス:マリア・カルメン
シェリー・ランシング:アメリータ
ジム・デイヴィス:ライリー
ロバート・ドナー:ホワイティ
ハンク・ウォーデン:ハンク

アメリカ 映画
配給 Cinema Center Films
1970年 114 分
公開
北米:1970年12月18日
日本:1971年2月
製作費 $4,000,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

南北戦争
北軍のコード・マクナリー大佐(ジョン・ウェイン)が護送命令を出す軍費輸送列車が、ピエール・コルドナ大尉(ホルヘ・リヴェロ)率いる南軍のゲリラ部隊に襲われてしまう。

その知らせを受けたマクナリー大佐は、現場に急行して輸送列車を発見するものの、その後、コルドナらに捕えられてしまう。

マクナリーはコルドナと面識のあることに気づき、敵地脱出の道案内をさせられることになる。

しかし、マクナリーは、コルドナの隙を見て彼に傷を負わせ、彼の部下のタスカローラ・フィリップス(クリストファー・ミッチャム)も捕えて北軍に合流する。

戦争は終わり、コルドナとタスカローラは解放されて、マクナリーは、金貨強奪に加担した北軍の裏切り者の情報を聞き出し、再会を約束して二人と別れる。

その後マクナリーは、テキサスのブラックソーンにコルドナがいるとの連絡を受けて、彼に会いに行く。

パット・クローニン保安官(ビル・ウィリアムズ)を訪ねたマクナリーだったが、そこにシャスタ・デラニー(ジェニファー・オニール)という女性が助けを求めて現れる。

リオ・ロボの事件ということで、管轄外のクローニンは、シャスタの要望を聞けずに、彼女はその場を立ち去る。

その後、コルドナが目を覚ますまで、クローニンと待つことにしたマクナリーは、ホテルでシャスタを見かける。

そこにリオ・ロボの保安官補ホワイティ(ロバート・ドナー)が現れ、シャスタを捕らえようとする。

シャスタは、ホワイティが連れを殺したと主張して、クローニンに助けを求める。

ホワイティの手下がクローニンに銃を向けるが、シャスタが拳銃でホワイティを射殺し、マクナリーと、二階から降りてきたコルドナが加勢する。

マクナリーはコルドナから、ホワイティが裏切り者だということを知らされる。

薬売りをして旅を続けていたシャスタは、リオ・ロボで、保安官”ブルー・トム”ヘンドリックス(マイク・ヘンリー)に、同行者の老人を殺されたことを伝えて気を失ってしまう。

リオ・ロボに牧場を持つタスカローラが、牧場を乗っ取られようとしていると聞き、コルドナは、マクナリーに手助けを頼む。

二人はリオ・ロボに向かい、馬車を取り戻そうとするシャスタも同行することになる。

三人は野営をすることになり、マクナリーが眠った後に、コルドナがシャスタに寄り添うが、彼女は男に触れられたくないと言いコルドナを拒絶する。

しかし、シャスタはコルドナにキスし、振り回された彼は、結局、何もせずに眠りにつく。

翌朝、シャスタは寝心地が良いと言って、マクナリーと床を共にしていた。

リオ・ロボ。
三人は、シャスタの知人で、タスカローラの恋人マリア・カルメン(スザンナ・ドサマンテス)の家に世話になる。

町を牛耳るケッチャム(ヴィクター・フレンチ)と保安官のヘンドリックスがタスカローラの牧場を狙い、町の人々も、保安官の手下に見張られて、怯えれいるということだった。

ヘンドリックスの手下の見張りに気づいたコルドナは、アメリータ(シェリー・ランシング)の家に逃げ込んで様子を窺う。

翌日、タスカローラが馬を連れて戻り、ヘンドリックスの手下は、彼を馬泥棒として痛めつけ投獄してしまう。

タスカローラを助けようとしたマリアも、ヘンドリックスに捕らえられそうになるが、マクナリーが彼女を助ける。

マクナリーは、歯の治療に町に立ち寄ったことをヘンドリックスに告げる。

歯科医のジョーンズ(デヴィッド・ハドルストン)は、治療していると見せかけて、町の実情をマクナリーに伝える。

タスカローラを牢屋に入れて、父親父フィリップス(ジャック・イーラム)から牧場を奪おうとするケッチャムらの企みを知ったマクナリーは牧場に向かう。

三人は不意打ちをかけて、フィリップスを監禁しているヘンドリックスの手下を倒す。

マクナリーはフィリップスを伴い、コルドナと共にケッチャムの牧場に向かい、ケッチャムが、味方を裏切った曹長だったことを知る。

ケッチャムを叩きのめしたマクナリーは、フィリップスの牧場の権利書にサインさせる。

コルドナに騎兵隊の援軍を呼びに行かせ、リオ・ロボに着いたマクナリーらは、マリアの家に立ち寄る。

そこでマクナリーは、自分達に協力したアメリータが、顔を傷つけられたことを知る。

ケッチャムを人質にして、マクナリーは、保安官事務所を占拠し、タスカローラを助け出す。

その後、ジョーンズ医師が差し入れを、シャスタも様子を見に保安官事務所に現れる。

しかし、コルドナがヘンドリックス側に捕えられ、ケッチャムと、川沿いの納屋と酒場で交換することになる。

夜が明け、酒場に向かったマクナリーらは、タスカローラの元戦友らの助けを得る。

タスカローラが川から納屋に近づき、マクナリーは人質の交換を始める。

コルドナは、タスカローラの合図で隙を見て川に飛び込む。

マクナリーは、ケッチャムから牧場の権利書を受け取ったことをヘンドリックスに伝える。

ヘンドリックスはケッチャムを射殺し、ついに激しい撃ち合いが始まる。

マクナリーはヘンドリックスを銃撃するが、自分も足を撃たれてしまう。

ヘンドリックスも足に銃弾を受け、手下がダイナマイトで反撃しようとするが、それに気づいたマクナリーは攻撃を阻止する。

マクナリー側に、加勢がいることを知ったヘンドリックスの手下達は逃げ出す。

そしてヘンドリックスは、彼に恨みを持つアメリータに射殺される。

泣き崩れるアメリータに歩み寄ったマクナリーは、彼女の手助けで、足を引きずりながら仲間達の元に向かう。


解説 評価 感想 ■

ハワード・ホークスジョン・ウェインのコンビによる「リオ・ブラボー」(1959)、「エル・ドラド」(1967)に続く、”テキサス3部作”の最後を飾る作品で、ハワード・ホークスの遺作となった作品でもある。

アメリカでは、本作と「エル・ドラド」は、「リオ・ブラボー」のリメイクという位置づけに近い作品と認識されている。

*(簡略ストー リー)

南北戦争末期、北軍の軍費輸送列車の責任将校コード・マクナリー大佐は、コルドナ大尉の率いる南軍のゲリラ部隊に金貨を奪われてしまう。
コルドナの罠にはまったマクナリーだったが、逆に彼らを
北軍に突き出すことに成功する。
やがて戦争は終わり、金貨強奪には部下の裏切りがあったことを、マクナリーはコルドナから知らされ、彼とその部下タスカローラに再会を約束し犯人を追う。
その後、リオ・ロボのタスカローラの牧場が、保安官や悪党に狙われていることを、再会したコルドナに知らされたマクナリーは、その事件に関係する、町を牛耳る悪党ケッチャムが、金貨強奪の裏切り者だと気づき、彼らを倒す準備を始める・・・。
__________

残念ながら、前2作に比べると見劣りする出来になってしまっている。
さすがのハワード・ホークスも衰えが隠せないというところだろうかと、やや寂しい気がする。

前2作と同じような登場人物とその展開は、「エル・ドラド」(1967)まででいいかなという感じもする。

配役も、ジョン・ウェイン以外はスケールが小さ過ぎて見ていてパッとしない。

しかし、ハワード・ホークスジョン・ウェインの熱烈なファンならば、その演出と出演だけで感激してしまうのも事実だ。

ジョン・ウェインは、ハワード・ホークスに敬意を表し、「赤い河」(1948)のバックル”RED RIVER D”をつけて、いつものように百人力の迫力と貫禄を発揮している。

*私も愛用しています。

ジョン・ウェインは、前年「勇気ある追跡」(1969)でアカデミー主演賞を受賞した直後ということで、心なしかいつもより柔和な表情にも見える。

やや華がないジェ ニファー・オニールウェインの相棒役は荷が重過ぎる感じのホルヘ・リヴェロ、これがきっかけでウェ インに可愛がられ、「チザム」(1970) や「100 万ドルの血斗」(1971)にも出演するロ バート・ミッチャムの次男クリス・ミッチャ ムらは、申し訳ないが、ウェインの引き立て役を無難にこなしている程度の存在だ。

今一冴えない共演陣の中で、ジャック・イーラムが、「リオ・ブラボー」(1959)のウォルター・ブレナンを思わせる怪演を見せているのが印象的だ。

主人公の元部下でもあった、敵役の町を牛耳る悪党のヴィクター・フレンチ、悪徳保安官のマイク・ヘンリー、歯科医デヴィッド・ハドルストン、隣町の保安官ビル・ウィリアムズ、リオ・ロボの協力者スザンナ・ドサマンテスシェリー・ランシング、保安官補ジム・デイヴィスロバート・ドナー、そしてウェイン作品の常連エドワード・フォークナーハンク・ウォーデンも共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター