ロード・トゥ・パーディション Road to Perdition (2002) 4/5 (6)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1998年に発表された、マックス・アラン・コリンズ原案、リチャード・ピアース・レイナー作画のグラフィック・ノベル”Road to Perdition”を基に製作された作品。
組織に妻子を殺されたマフィア殺し屋が、生き残った息子と共に仇討ちを果たすまでを描く、製作、監督サム・メンデス、主演トム・ハンクスポール・ニューマンジュード・ロウダニエル・クレイグスタンリー・トゥッチ共演の犯罪ドラマ。


ドラマ

WEB SITE


スタッフ キャスト ■

監督:サム・メンデス
製作総指揮
ウォルター・F・パークス

ジョーン・ブラッドショウ
製作
サム・メンデス

ディーン・ザナック
リチャード・D・ザナック
原作
マックス・アラン・コリンズ

リチャード・ピアース・レイナー
Road to Perdition
脚本:デイヴィッド・セルフ

撮影:コンラッド・L・ホール
編集:ジル・ビルコック
美術・装置
デニス・ガスナー

ナンシー・ヘイ
音楽:トーマス・ニューマン

出演
マイケル・サリヴァン:トム・ハンクス

ジョン・ルーニー:ポール・ニューマン
ハーレン・マグワイア:ジュード・ロウ
コナー・ルーニー:ダニエル・クレイグ
フランク・ニッティスタンリー・トゥッチ
アニー・サリヴァン:ジェニファー・ジェイソン・リー
フィン・マクガヴァン:キアラン・ハインズ
マイケル・サリヴァンJr.:タイラー・ホークリン
ピーター・サリヴァン:リアム・エイケン
アレクサンダー・ランス:ディラン・ベイカー

アメリカ 映画
配給
20世紀FOX

ドリームワークス・ピクチャーズ
2002年製作 117分
公開
北米:2002年7月12日
日本:2002年10月5日
製作費 $80,000,000
北米興行収入 $104,054,514
世界 $181,001,478


アカデミー賞 ■

第75回アカデミー賞
・受賞
撮影賞
・ノミネート
助演男優(ポール・ニューマン)
美術・録音・音響編集・作曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1931年、冬、イリノイ州、ロックアイランド
マイケル・サリヴァン(トム・ハンクス)は、妻アニー(ジェニファー・ジェイソン・リー)と子供達マイケル(タイラー・ホークリン)、ピーター(リアム・エイケン)と共に暮していた。

アイルランド系マフィアの殺し屋であるサリヴァンは、家族を連れて、組織のフィン・マクガヴァン(キアラン・ハインズ)の弟の葬儀に向う。

組織のボス、ジョン・ルーニー(ポール・ニューマン)の言葉に続き、フィンが参列者に挨拶をする。

その後、今回の件で弟が裏切り者扱いされ、不満を抱いているフィンが、騒ぎを起こしかねない状況となる。

それを察し、サリヴァンやルーニーの息子コナー(ダニエル・クレイグ)が、フィンをその場から連れ出す。

コナーは、父ルーニーが息子の自分よりも、腹心としてサリヴァンを信頼していることを妬ましく思う。

ある夜、仕事に出かけた父サリヴァンの車に忍び込んだマイケルは、弟を裏切り者と決めつけフィンを殺害したコナーと、父が手下を殺すところを目撃してしまう。

サリヴァンは、その場にマイケルがいたことに驚き、コナーと共に誰にも話さないことを約束させる。

帰宅したサリヴァンは、食べることにも困っていた自分達が、ルーニーのお陰で、まともな生活ができることをマイケルに話し、仕事を理解させる。

動揺するマイケルは、翌朝現われた、自分を可愛がってくれるルーニーとの信頼関係を確認される。

コナーの早まった行動を、厳しい口調で戒めるルーニーは、集まった組織幹部の前で息子に謝罪させる。

恥をかかされて立場もないコナーは、サリヴァンを罠にはめて、彼の妻アニーとピーターを殺害してしまう。

外出していたマイケルは、コナーが家から出て行った後に、母と弟が殺害されていることを確認する。

マイケルの危険を察知して家に戻ったサリヴァンも、妻子の死を知り絶叫する。

ルーニーは激怒してコナーを責めるが、血を分けた息子を抱きしめるしかなかった。

マイケルを連れて家を離れたサリヴァンは、ルーニーの屋敷に向かい忍び込む。

ルーニーから現金を預かった、伝言係に事情を聞いたサリヴァンだったが、彼はコナーが姿を消したことを知り、その男を殺して立ち去り、シカゴに向う。

サリヴァンは、”シカゴ・アウトフィット”の幹部フランク・ニッティ(スタンリー・トゥッチ)に会い、仕事をする代わりに、妻子の仇討ちには目をつぶってもらいたいことを伝える。

それを断られたサリバンは、ニッティが、既にルーニーと手を組んだことを察して、その場を立ち去る。

その話を、隣の部屋でコナーと聞いていたルーニーは、苦悩の末に、ニッティの助言を受けて、サリヴァンを殺す決断をする。

子供は殺すなと指示されたニッティは、殺し屋ハーレン・マグワイア(ジュード・ロウ)に、サリヴァン殺害と息子の存在も知らせる。

マグワイアはサリヴァンの移動先を追い、あるダイナーで彼を見つける。

サリヴァンに、気軽に声をかけて会話をしたマグワイアは、彼がトイレに行っている間、その場にいた警官が席を立つのを見て拳銃を取り出す。

しかし、マグワイアが殺し屋だと気づいたサリヴァンは、店の裏から逃亡する。

タイヤをパンクさせられたマグワイアは、サリヴァンの車を銃撃し、声をかけてきた警官を射殺する。

車を止めたサリヴァンは、マイケルに自分の指示通りの行動をするようにと釘を刺し、アル・カポネを利用して、生き延びる方法を考える。

マイケルに運転を教えたサリバンは、銀行を次々と襲い、カポネの預金を奪っていく。

報告を受けたニッティは、銀行の預金を引き出すよう指示し、身動きがとれずに苛立つ、匿っているコナーに手を焼く。

会計士のアレクサンダー・ランス(ディラン・ベイカー)が、金を引き出したことを知ったサリヴァンは、彼の滞在するホテルに向い、帳簿を奪おうとする。

それを予測して、向かいのホテルで見張っていたマグワイアは、サリヴァンに気づき部屋に向う。

ランスは時間を稼ぎ、サリヴァンは、現われたマグワイアと銃撃戦になり、彼に傷を負わせて、出納台帳を奪いその場から逃走する。

サリヴァンは、マグワイアが部屋から放った銃弾を腕に受けながら、マイケルの運転する車で走り去る。

気を失ってしまったサリヴァンは、民家の老夫婦に介抱されて回復し、奪った資料を調べ、コナーがルーニーの金を着服していることに気づく。

サリヴァンは、老夫婦に感謝して大金を残し、教会にいたルーニーの前に現われる。

地下室に向ったサリヴァンは、ルーニーに、コナーの件を伝え、彼が、フィンらまで利用した裏切り者だということを告げる。

その全てを承知していたルーニーは、息子コナーを自分の手で始末することはできないことを伝え、サリヴァンに国を出るよう忠告して立ち去る。

サリヴァンは、マイケルに手紙を残して、ルーニーとその部下を、愛用の”トンプソン・サブマシンガン”で射殺する。

カポネの許可を得て、コナー殺害で全てを終わらせることを承知したニッティは、それをサリヴァンに伝える。

サリヴァンは、邪魔されることなく、コナーの部屋に向かい、バスルームにいた彼を射殺する。

ミシガン湖
サリヴァンは、湖畔の義姉の家をマイケルと訪ねるが、潜んでいたマグワイアに銃撃される。

マグワイアは、瀕死のサリヴァンの写真を撮るが、現われたマイケルに銃を向けられる。

その銃を奪おうとするマグワイアを、サリヴァンが射殺する。

サリヴァンは、寄り添うマイケルに謝罪しながら息を引き取る。

水辺にたたずむマイケルは、父が何より恐れていたことは、自分が同じ道を歩むことだったことを悟る。

そして、老夫婦の元に戻ったマイケルは思う。

父がよい男だったのか、そうでなかったのか、答えは簡単に出せる。

”マイケル・サリヴァンは僕の父親だっだ”と・・・。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

1931年、冬、イリノイ州。
アイルランド系マフィアの殺し屋であるマイケル・サリヴァンは、ボスのルーニーの右腕として信頼が厚かった。
ある日、ルーニーの指示で組織内の揉め事を解決する際、彼の息子コナーが、裏切りを疑われている幹部フィンを射殺してしまう。
同行したサリヴァンもフィンの部下を殺すのだが、それを息子のマイケルに見られてしまう。
サリヴァンは、家族を支えるための自分の仕事をマイケルに理解させる。
父が、息子である自分よりも信頼するサリヴァンを妬むコナーは、彼を罠にはめて、妻子を殺害してしまう。
絶望したサリヴァンは復讐を誓い、ルーニーは、シカゴの大物フランク・ニッティの意見を聞き入れ、仕方なく、息子のように思っていたサリヴァン殺害の指示を出す。
ニッティは、殺し屋マグワイアを差し向けるのだが、サリヴァンはそれをかわしながら、組織を混乱させるために、シカゴの支配者アル・カポネの預金を奪うことを考え、銀行を襲い始める・・・。
__________

デビュー作「アメリカン・ビューティー」(1999)が絶賛され、いきなりアカデミー監督賞を受賞したサム・メンデスの繊細な人物描写、または、見事な美術セットや撮影にこだわりを見せた、重厚なドラマに仕上がっている。

なんと言っても、それまであまり犯罪に絡む血生臭い役柄の経験がなかった、主演のトム・ハンクスをはじめ、名だたるスターの大胆な配役が注目でもある。

第75回アカデミー賞では、撮影賞を受賞した。
・ノミネート
助演男優(ポール・ニューマン)
美術・録音・音響編集・作曲賞

8000万ドルをかけた超大作でもあり、北米興行収入は約1億ドル、全世界では約1億8100万ドルのヒットとなった。

すっかり貫禄も出たトム・ハンクスは、組織の固い絆と、家族の愛情との狭間で、死に直面しながら息子を守る父親を、抑えた演技で好演している。

遺作ではないが、本作が、キャリア最後の劇場作品となるポール・ニューマンは、親子以上の信頼で結ばれた男を殺さなくてはならない、苦悩するマフィアのボスを熱演している。

風変わりな暗殺者でありながら、執念でターゲットを追うジュード・ロウ、公開当時はそれほど気にならない存在であった、マフィアのボスの不肖の息子ダニエル・クレイグシカゴの大物フランク・ニッティスタンリー・トゥッチ、主人公の妻ジェニファー・ジェイソン・リー、組織の幹部キアラン・ハインズ、主人公の長男タイラー・ホークリン、次男リアム・エイケン、組織の会計士ディラン・ベイカーなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター