マンイーター Rogue (2007) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

巨大人食いクロコダイルに襲われたツアー客一行の恐怖を描く、製作、監督、脚本グレッグ・マクリーン、出演ラダ・ミッチェルマイケル・ヴァルタンサム・ワーシントンミア・ワシコウスカ他共演のホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト ■

監督:グレッグ・マクリーン
製作総指揮
ボブ・ワインスタイン

ハーヴェイ・ワインスタイン
ロバート・カービー
ジョエル・パールマン
製作
グレッグ・マクリーン

マット・ハーン
デヴィッド・ライトフット
脚本:グレッグ・マクリーン
撮影:ウィル・ギブソン
編集:ジェイソン・バランタイン
音楽:フランソワ・テータ

出演
ケイト・ライアン:ラダ・ミッチェル

ピート・マッケル:マイケル・ヴァルタン
ニール・ケリー:サム・ワーシントン
マーヴ:バリー・オットー
シェリー:ミア・ワシコウスカ
アレン:ジョフ・モレル
エリザベス:ヘザー・ミッチェル
エヴェレット・ケネディ:ロバート・テイラー
メアリー・エレン:キャロライン・ブレイザー
サイモン:スティーブン・カリー
ラッセル:ジョン・ジャレット
グウェン:セリア・アイルランド

アメリカ/オーストラリア 映画
配給 ディメンション・フィルムズ

2007年製作 100分
公開
オーストラリア:2007年11月8日
北米:2008年4月25日
日本:2012年4月14日
製作費 A$26,900,000
北米興行収入 $10,452
世界 $4,623,570


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

オーストラリアノーザンテリトリー、”カカドゥ国立公園”。
アメリカ人ジャーナリストのピート・マッケル(マイケル・ヴァルタン)は、訪れた町の酒場に向かう。

ピートは、店の主人マーヴ(バリー・オットー)に、ボート・クルーズを体験したいことを伝える。

ボート・ツアーに参加するピートは、クルーズ・ガイドのケイト・ライアン(ラダ・ミッチェル)のボートに乗る。

ケイトの愛犬ケヴィンと、9人の観光客を乗せたボート”スザンヌ”は出発する。

ツアー客は、余命短い妻エリザベス(ヘザー・ミッチェル)のために、娘のシェリー(ミア・ワシコウスカ)と共に思い出作りの旅をしているアレン(ジョフ・モレル)、エヴェレット・ケネディ(ロバート・テイラー)とメアリー・エレン(キャロライン・ブレイザー)夫妻、カメラ・マニアのサイモン(スティーブン・カリー)、初老の男性ラッセル(ジョン・ジャレット)は、妻の遺灰を川に撒くために参加し、一人旅を楽しむグウェン(セリア・アイルランド)も同行していた。

乗客は、目の前に現れたクロコダイルの大きさなどに驚くが、ケイトは、ボートから落ちない限りは危険はないことと、ワニが、自分より大きなものを襲わないことを教えて安心させる。

気の強いケイトは、自分をからかうために現れた地元の若者ニール・ケリー(サム・ワーシントン)を相手にせずボートを進める。

その後、ラッセルは妻の遺灰を川に撒き、その日のツアーを終えてケイトは帰ろうとする。

その時、エヴェレットが遭難信号が見たような気がしたため、それをケイトに知らせる。

信号を乗客も確認し、ケイトは、見過ごすわけにはいかないために、皆を説得して現場付近に向かう。

沈みかけたボートを発見した一行だったが、大きな衝撃と共に、ボートはクロコダイルに襲われて破損し、ケイトは小さな泥の島に向かう。

無線も使えない状態となり、行動を責められるケイトは、向こう岸に渡り徒歩で助けを求めようとするラッセルを制止する。

水に入ろうとするラッセルを止めようとしたエヴェレットが巨大なクロコダイルに連れ去られる。

満潮になれば沈んでしまう島で、どうするかを考えるケイトらだったが、そこにニールが現れる。

ニールは助けようとする気もなく遠ざかるが、クロコダイルにボートを転覆させられる。

何んとか島に泳ぎ着いたニールだったが、相棒は姿を消してしまう。

夜になり水嵩は増し、ニールが岸まで泳ぎロープを張って渡る提案をする。

水に入り岸にたどり着いたニールは、ロープを張り島に向かい合図を送る。

メアリーが初めに渡るが、途中で進めなくなってしまい、アレンが我慢できずに、制止を振り切りシェリーを連れて渡ろうとする。

エリザベスは進むことができず、ニールが何とかしようとするが、岸側にいたクロコダイルに襲われてしまう。

岸側の木が倒れて、水中に落ちた三人は島に戻るが、直後にアレンが襲われて水に引き込まれる。

責任を感じて気落ちするケイトをピートは慰め、彼はクロコダイルを罠にかけて、その隙に川を渡る方法を考える。

ケイトの愛犬ケヴィンを餌にすることも考えられるが、ニールらの捕った鳥を使うことになる。

アレンの死を気の毒に思うラッセルは、病気のこともあり、生きることを諦めてその場に残ろうとするエリザベスに、必ず岸に連れて行くと言って救命着を渡す。

クロコダイルが餌に食いつき、その間に皆は川を渡るが、ケイトが餌食になる。

ケイトを助けられなかったピートも、ケヴィンと共に岸にたどり着き、彼女を見つけられないままその場を離れる。

上流に向かった乗客を追ったピートだったが、ケヴィンとはぐれてしまう。

ケヴィンを捜して、大木の根の下の洞窟に落ちたピートは、そこでニールの死体を見つける。

ピートは、その場にケヴィンがいることと、ケイトが重傷を負いながら無事だったことを知る。

そこに、巨大なクロコダイルが現れたため、ピートはケイトを安全な場所に運び様子を窺う。

クロコダイルが眠っている間に、ピートはケイトを運び出そうとする。

気づかれたピートは、指を食いちぎられながらも、太い木の枝を武器にしてクロコダイルを倒す。

ピートはケイトを洞窟から運び出し、到着した救助隊に助けられたツアー客の元に向かう。

意識が戻ったケイトはピートに感謝し、救急ヘリコプターで搬送される。

その後ピートは、クロコダイルを退治した記者として新聞の一面を飾る。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

オーストラリアノーザンテリトリー
カカドゥ国立公園”のボート・クルーズに参加したアメリカ人ジャーナリスト、ピート・マッケルは、ガイドのケイト・ライアンのボートに乗り、彼の他8人の客と共に出発する。
クロコダイルの危険性をケイトに教えられながら、1日のツアーを終えた一行だったが、遭難信号に気づき現場に向かう。
沈没しかけたボートを発見した一行は、巨大なクロコダイルに襲われて、ボートは破損し小さな島に向かう。
一人がクロコダイルに連れ去られ、水嵩が増すために島は水没の危機にあり、現れた若者ニールらも襲われる。
ニールは何んとか助かり、夜になり、一行は、岸側にロープを張って、その場から逃れようとするのだが・・・。
__________

ハリウッドでも活躍していたラダ・ミッチェル、そして、その後、軒並み話題作に出演することになる、若手のサム・ワーシントンミア・ワシコウスカなど、オーストラリア人俳優による豪華競演が注目の作品。

カカドゥ国立公園”の雄大で神秘的な美しさを映し出す序盤、恐竜のようなクロコダイルが姿を現し暴れる中盤からクライマックスまで、オーソドックスな恐怖の描き方で無難にまとまった作品。

巨大クロコダイルの餌食に・・と思わせながら、やはり生き残っていたことでホッとする、ツアー・ガイドのラダ・ミッチェル、終盤、男らしい勇気を見せるアメリカ人記者マイケル・ヴァルタン、地元の若者サム・ワーシントン、酒場の主人役で、ミランダ・オットーの実父のバリー・オットー、ツアー客ミア・ワシコウスカ、その両親役ジョフ・モレルヘザー・ミッチェル、夫婦役のロバート・テイラーキャロライン・ブレイザースティーブン・カリージョン・ジャレットセリア・アイルランドなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター