ローズランド Roseland (1977) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ニューヨークのダンスホール”ローズランド”に集う3組の人々の人生模様を、ワルツハッスルピーバディと3話に分けて描く、監督ジェームズ・アイヴォリー、出演テレサ・ライトジェラルディン・チャップリンクリストファー・ウォーケンリリア・スカラ他共演のオムニバス映画。


ドラマ(ヒューマン)


スタッフ キャスト ■

監督:ジェームズ・アイヴォリー
製作:イスマイル・マーチャント
脚本:ルース・プラワー・ジャブヴァーラ
撮影:アーネスト・ヴィンツ
編集
ハンフリー・ディクソン
リチャード・シュミチェン
音楽:マイケル・ギブソン

出演

●ワルツ
テレサ・ライト:メイ
ルー・ジャコビー:スタン
ドン・デ・ナテイル:エムシー

●ハッスル
ジェラルディン・チャップリン:マリリン
クリストファー・ウォーケン:ラッセル
ヘレン・ギャラガー:クリオ
ジョーン・コープランド:ポーリーヌ
コンラッド・ジャニス:ジョージ
ドン・デ・ナテイル:エムシー

●ピーバディ
リリア・スカラ:ローザ
デヴィッド・トーマス:アーサー
ドン・デ・ナテイル:MC

アメリカ 映画
配給 Merchant Ivory Productions
1977年製作 103分
公開
北米:1977年10月16日
日本:1990年4月7日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

● ワルツ

夫との思い出にふけりながら、ニューヨークのダンスホール”ローズランド”で踊るメイ(テレサ・ライト)は、ダンスの名手として男性から引く手あまただった。

そんなメイは、初老の男性スタン(ルー・ジャコビー)から、ダンスを申し込まれる。

しかし、メイはスタンのことは上の空で、自分の世界に入り込む。

そんなメイは不思議なことに、スタンと踊っている時だけ、鏡の中に、夫と踊っている若かりし頃の自分の姿が見えてしまう。

メイは気が進まなかったが、鏡に見える幻を見たさにスタンを誘いダンスを踊る。

その後も、メイは執拗にスタンを誘い、ワルツのコンテストの最中まで彼と踊ろうとするが、彼には鏡には老いた自分達しか見えなかった。

スタンも次第にメイに好意を持つようになるが、同時に鏡にばかり気を取られる彼女には奇妙な噂が流れる。

ある日スタンは、自分がたった2年の結婚生活で妻を亡くし、感傷に浸る日々を送り、それを克服したことをメイに話す。

そしてメイは、鏡を見るのを止め、心の中の夫に別れを告げる。

● ハッスル

ローズランドで、未亡人ポーリーヌ(ジョーン・コープランド)の誕生会が開かれる。

集まったのは、ポーリーヌの若い愛人ラッセル(クリストファー・ウォーケン)、ダンス教師クリオ(ヘレン・ギャラガー)、そして、夫に捨てられた女性マリリン(ジェラルディン・チャップリン)らだった。

マリリンは、先に帰宅しようとするが、彼女に好意を持ち始めたラッセルは、巧みな話術で誘う。

ラッセルと愛人関係のポーリーヌは、夫に捨てられ、自立しようとしているマリリンにも優しく接するよう彼に伝える。

ある日、ローズランドにマリリンを誘ったラッセルは、そこでポーリーヌとで出くわしダンスを踊るが、彼女の気分が悪くなり帰宅する。

その後、入院してしまったポーリーヌの様態を心配するラッセルに、クリオは、ダンスパートナーとして鍛え上げ、一流にするという提案をする。

ラッセルの気持ちを受け入れたマリリンは、次第に彼に惹かれていく。

マリリンは、ポーリーヌに奪われたくない気持ちをラッセルに伝える。

しかし、ラッセルは、身寄りのないポーリーンを見捨てるわけにもいかなかった。

やがてポーリーヌは退院し、全快祝いにローズランドに仲間が集まる。

ラッセルに、マリリンと踊るよう促したポーリーヌだったが、2人の姿が見えなくなり動揺する。

マリリンは、ラッセルがクリオに授業料を払わないことを責め、自分と暮らすべきだと、彼の私生活に過ぎた干渉をし始めるようになる。

マリリンは、自らポーリーヌにラッセルとの同居を話そうとするが、彼はそれを制止する。

そしてマリリンは、ポーリーヌが、寒いニューヨークを脱出して、ラッセルと旅行に行く計画を立てているのを知り、独りローズランドから立ち去る。

● ピーバディ

ローズランドの、ピーバディ・コンテストで優勝を狙うローザ(リリア・スカラ)は、いつになっても上達しないパートナーのアーサー(デヴィッド・トーマス)に苛立つ。

コンテストの優勝者が死亡し、ピーバディは老人には無理だと言われたローザは、ホールで死ねるなら本望だと言い放ち、次に向け特訓を始める。

しかし、勝つことに執着するローザと、踊ることを楽しみたいアーサーの歯車は、一向に噛み合わず

そして、コンテストの日、勝てる自信がなかったアーサーは、わざと遅刻した上に、呆れるローザにプロポーズしてしまう。

その後もアーサーは、何度もローザにプロポーズして、今日こそはと迎えたコンテスト直前に、めまいを起こしてしまう。

アーサーを気遣ったローザは、出場を取り止めてしまう。

踊る気でいたアーサーだったが、優勝者を見た2人は、出場していれば勝てたと思いながら、アーサーはローザにキスして、ローズランドを後にする。

帰宅途中、アーサーは電車内で倒れて病院に運ばれてしまい、その後、死亡する。

ショックを受けたローザは、ホールに立てなくなってしまっていたが、それを気遣うコンテストの進行役のMC(ドン・デ・ナテイル)が、彼女のパートナーに志願する。

そしてローザも、見事なダンスを踊るイメージの中で、ホールで踊りながら意識を失う。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

・ワルツ
ニューヨーク
夫との思い出にふけりながら、ダンスホール”ローズランド”で踊るメイは、初老のスタンからダンスを申し込まれるが、彼女は自分の世界に入り込む・・・。
・ハッスル
未亡人ポーリーヌの誕生会が開かれ、若い愛人ラッセルも出席するが、彼は、夫に捨てられた女性マリリンに惹かれてしまい、巧みな話術で彼女を誘う・・・。
・ピーバディ
コンテストでの優勝に執着するローザは、踊ることを楽しみたい、パートナーのアーサーとの歯車は噛み合わない・・・。
__________

何気ない人間の喜びや悲しみ、そして新たな発見などを、後に芸術的な作品を多く発表するジェームズ・アイヴォリーが、興味深い視点で描く異色のヒューマン・ドラマ。

老女のような雰囲気で登場するものの、まだ50代だったテレサ・ライトは、活躍した1940年代の面影を残していて実に懐かしい。

彼女に夫の想い出のために誘われる、初老の男性ルー・ジャコビー、夫に捨てられた後、掴みかけた愛も放棄してしまうジェラルディン・チャップリン、彼女に惹かれるものの、愛人も見捨てられない、翌年、「ディア・ハンター」(1978)でアカデミー助演賞を獲得する、若き、と言っても実は30代半ばだったクリストファー・ウォーケン、その愛人ジョーン・コープランド、ダンス教師ヘレン・ギャラガー、コンテスト優勝に懸けるリリア・スカラとパートナーのデヴィッド・トーマスなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター