迷い婚 -全ての迷える女性たちへ- Rumor Has It (2005) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

結婚に迷う女性の揺れ動く女心を描く、監督ロブ・ライナー、製作総指揮ジョージ・クルーニースティーブン・ソダーバーグ、主演ジェニファー・アニストンケビン・コスナーシャーリー・マクレーンマーク・ラファロリチャード・ジェンキンス他共演のロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ

ジョージ・クルーニー / George Clooney 作品一覧
スティーヴン・スピルバーグ / Steven Spielberg 作品一覧


スタッフ キャスト ■

監督:ロブ・ライナー
製作
ポーラ・ワインスタイン

ベン・コスグローヴ
製作総指揮
ジョージ・クルーニー

スティーブン・ソダーバーグ
ジェニファー・フォックス
マイケル・ラクミル
レン・アマート
ロバート・カービー
ブルース・バーマン

脚本:テッド・グリフィン
撮影:ピーター・デミング
編集:ロバート・レイトン
音楽:マーク・シェイマン

出演
サラ・ハッティンジャー:ジェニファー・アニストン

ボー・バローズ:ケビン・コスナー
キャサリン・リシュリュー:シャーリー・マクレーン
ジェフ・デイリー:マーク・ラファロ
アール・ハッティンジャー:リチャード・ジェンキンス
アニー・ハッティンジャー:ミーナ・スヴァーリ
ロジャー・マクマナス:クリストファー・マクドナルド
スコット:スティーヴ・サンドヴォス
ブレイク・バローズ:マイク・ヴォーゲル
ミツィー:キャシー・ベイツ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

2005年製作 96分
公開
北米:2005年12月25日
日本:2006年5月27日
製作費 $70,000,000
北米興行収入 $43,000,262
世界 $88,933,562


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1997年。
ニューヨーク・タイムズ”の記者サラ・ハッティンジャー(ジェニファー・アニストン)と恋人で弁護士のジェフ・デイリー(マーク・ラファロ)は、彼女の妹アニー(ミーナ・スヴァーリ)の結婚式のためにカリフォルニアパサデナに向かう。

サラは、空港に迎えに来てくれた父アール(リチャード・ジェンキンス)にジェフを紹介し、三人は自宅に向かう。

アニーに婚約者スコット(スティーヴ・サンドヴォス)を紹介されたサラは、自分達の結婚のことを聞かれ、式後に発表するつもりだと言って戸惑う。

夜のパーティーで、祖母キャサリン・リシュリュー(シャーリー・マクレーン)に結婚することを話したサラは、迷いがあることを伝える。

結婚前に不安になるのは当然で、亡くなったサラの母親も、式の前に失踪したとキャサリンは話す。

様々なことがあるのが人生なので、一度は結婚を経験してみるのはいいことだとキャサリンは助言する。

アールの祝辞の際、ジェフは、両親が結婚した時期とサラが産まれた日の計算が合わないことを指摘する。

サラは、母親が結婚前に浮気をしたのではないかとキャサリンに問うが、話題を変えられる。

それが気になり眠れないサラは、父に聞ける話でもなく、翌日、おばのミツィー(キャシー・ベイツ)の元に向かう。

ミッツィーは、1年先輩だったボー・バローズ(ケビン・コスナー)の話をして、彼の親友だった”チャールズ・ウェブ”のことも語る。

サラは聞いたことがあるその名前が気になり、ミッツィーは、母親が失踪した時期を聞いて動揺する。

チャールズ・ウェブ”が、映画「卒業」の原作者だと気づいたサラは、ジェフに電話をしてそのビデオを借りてほしいと頼み教会に向かう。

ビデオを受け取り、原作が事実を基にしているとも言われていることを指摘したサラは、それは我が家がモデルであり、”チャールズ・ウェブ”の親友であるボー・バローズが母親と祖母の相手だと確信する。

話を聞いたジェフは信じることができないが、サラは、キャサリンに”ミセス・ロビンソン”であることを認めさせようとする。

それを否定しないキャサリンのことを考えながら、サラは花嫁の付添人を務める。

翌日サラは、ボーがサンフランシスコで講演中であることを知り、ニューヨークに戻るジェフに励まされながら現地に向かう。

会場に着いたサラは、インターネット事業で成功しているボーに近づき話をする。

ボーは、サラの母親と祖母の話を聞き動揺しながらも、全てを否定せずに、小説と事実は多少違うことを伝える。

そこにジェフから電話があり、サラは、ボーに会っていることを話す。

サラに母親と関係を持ったのかを聞かれたボーは、その時点でようやく、サラが自分の娘であるのかを確かめようとしていることに気づく。

ボーは、少年時代にサッカー試合で股間を蹴られ、不妊症になったことをサラに伝える。

サラは一応、納得し、ボーに感謝して別れる。

しかし、動揺するサラが泣き出してしまったため、ボーは気分を変えるために、彼女を誘いチャイナタウンに向かう。

食事をして楽しい時を過ごしたサラは、ボーから母親の話などを聞く。

トイレから戻ったサラはボーにキスしてしまい、その後、二人は、ハーフムーンベイの彼の家で一夜を明かす。

目覚めたサラはジェフからの電話にも出ず、帰るためにボーに送ってもらおうとする。

できれば滞在してもらいたいことをサラに伝えたボーは、好意を抱いていることも話す。

ボーは、母や祖母と寝た相手と付き合うことで混乱するサラを、自家用ジェットに乗せて飛び立つ。

ジェフは、連絡の取れないサラを捜すものの見つからない。

ボーは、サラを”カサブランカ・ナイト”というパーティーに誘う。

楽しい時を過ごしていたサラは、テーブルに座った青年と話し、彼が父親のボーを捜していた息子のブレイク(マイク・ヴォーゲル)だと知り驚く。

サラは混乱してボーに説明を求め、彼は、子供を望んだ妻のために人工授精をして産まれたのがブレイクだと伝える。

それをブレイクに知られたくないことを語るボーに、サラは謝罪する。

ボーにキスされたサラだったが、その場にジェフが現れる。

ジェフに説明するサラは、気持ちがあるなら今すぐ結婚しようと言う彼に返事を返せない。

その後、祖母キャサリンの家に向かったサラは、ボーと寝たことを話て非難される。

そこにアールから電話があり、ハネムーンに向かったアニーが不安発作を起こしたということだった。

サラは、アニーが自分に会いたがっていることを知らされる。

アニーに会ったサラは、将来が不安になり息ができなくなったというアニーに、結婚相手は親友であることが一番であると話す。

サラは、祖母と母親と関係した男と寝た話をアニーにする。

その後キャサリンは、現れたボーにサラや娘のことを非難するが、彼は相手に誘われたことだと反論する。

全てを聞いたアニーは、驚きつつも心が落ち着き、サラはボーがキャサリンと話していることに気づく。

サラは二人の元に向い、現れたアールは、ボーがサッカーの試合で敵だったことと怪我をした話をする。

ボーは、蹴られた相手がアールだと知り、キャサリンと彼に別れを告げる。

サラと話をしたボーは、昨晩、去る姿を見て30年前の母親を思い出したことを伝える。

自分達は”亡霊”を追っていただけだったと言うサラに、別れを告げたボーはその場を去る。

その後サラは、再びハネムーンに出発するアニーを見送る。

アールと話したサラは、結婚前の母が、失踪しボーとメキシコで過ごしたことを知っていたと父に言われる。

妻は自分を選び、愛があるから戻ったと言って謝罪したことで、それ以上の話は必要ないと考えたことをアールは語る。

アールは、妻が戻った日にサラを授かり、結婚前ではあったが誰にも知られなかったと話す。

サラは、アールに空港まで送ってもらいニューヨークに戻る。

ジェフのアパートに向かったサラは、結婚に関して曖昧な考えであることを彼に非難される。

今直ぐにでも結婚すると言っても納得しないジェフに、愛を伝えたサラはその場を立ち去る。

エレベーターを降りようとしたサラは、階段を駆け下りて来たジェフに驚く。

ジェフは、自分達の娘をボーに近づけないという結婚の条件を出す。

サラはそれを約束し、二人は愛を確かめ合う。

その後、ジェフとサラの結婚式は盛大に行われる。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

1997年。
結婚は決めたものの迷いがある”ニューヨーク・タイムズ”の記者サラ・ハッティンジャーは、恋人で弁護士のジェフと共に妹アニーの結婚式出席のためカリフォルニアパサデナに向かう。
父アールらに歓迎されたサラは、式前夜のパーティーで、祖母のキャサリンに結婚に迷いがあることを伝える。
キャサリンから、母親が結婚式の前に失踪した話を聞き気になったサラは、自分が生まれた日と両親の結婚時期が合わないことをジェフに指摘される。
おばミッツィーに会ったサラは、母親とボー・バローズの関係の話になり、彼の親友だった”チャールズ・ウェブ”の名前も出る。
チャールズ・ウェブ”が、映画「卒業」の原作者だと気づいたサラは、自分が、その物語のモデルと言われるボーの娘ではないかと考え、彼に会うためにサンフランシスコに向かうのだが・・・。
__________

ロブ・ライナーの軽快な演出と豪華キャスティング、ヒューマニズムも絡めた、ユーモアと家族愛を描くドラマとして楽しめる作品で、ジョージ・クルーニースティーブン・ソダーバーグが製作に参加しているところも注目だ。

冒頭で説明される、映画「卒業」(1967)の誕生秘話(事実ではない)のモデルになった家族という設定が面白い。
その物語で”ミセス・ロビンソン”であったといシャーリー・マクレーンの雰囲気のある演技と、と”ベンジャミン・ブラドック”のケビン・コスナーの役柄を、映画「卒業」と比較して考えながら観ているとまた実に楽しい。

純粋なコメディのように始まる内容だが、終盤は、揺れ動く女心や、それを見守る家族、恋人の考えを繊細に描く深い内容となっている。

人生の岐路と言っていい激動の数日間を過ごす主人公を好演するジェニファー・アニストン、彼女と祖母、母親とも関係してしまう実業家ケビン・コスナー、主人公の祖母シャーリー・マクレーン、主人公の恋人マーク・ラファロ、主人公の父親リチャード・ジェンキンス、その娘ミーナ・スヴァーリ、その夫スティーヴ・サンドヴォス、ボー(ケビン・コスナー)のビジネス・パートナーのクリストファー・マクドナルド、ボーの息子マイク・ヴォーゲル、主人公のおばキャシー・ベイツなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター