ラッシュアワー2 Rush Hour 2 (2001) 3/5 (10)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

香港の犯罪組織の陰謀を捜査する地元の警官とロサンゼルス市警刑事の活躍を描く、監督ブレット・ラトナー、主演ジャッキー・チェンクリス・タッカーチャン・ツィイージョン・ローン他共演による大ヒットした刑事アクション・コメディの第2作。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■

監督:ブレット・ラトナー
製作
ロジャー・バーンバウム

アーサー・サルシキアン
ジョナサン・グリックマン

ジェイ・スターン
製作総指揮:アンドリュー・Z・デイビス
原作:ロス・ラマンナ(キャラクター)
脚本:ジェフ・ナサンソン

撮影:マシュー・F・レオネッティ
編集:マーク・ヘルフリッチ
音楽:ラロ・シフリン

出演
リー警部:ジャッキー・チェン

ジェームズ・カーター刑事:クリス・タッカー
フー・リ:チャン・ツィイー
リッキー・タン:ジョン・ローン
イザベラ・モリーナ:ロセリン・サンチェス
スティーブン・レイン:アラン・キング
スターリング捜査官:ハリス・ユーリン
チン警視:ケネス・ツァン
ケニー:ドン・チードル
ケニーの妻:オードリー・クオック
ヴェルサーチの店員:ジェレミー・ピヴェン
カジノのボックスマン:ソウル・ルビネック
車の女性:マギーQ

アメリカ 映画
配給 ニュ ー・ライ ン・シネマ

2001年製作 90分
公開
北米:2001年8月3日
日本:2001年9月22日
製作費 $90,000,000
北米興行収入 $226,164,286
世界 $347,325,802


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

香港アメリカ領事館
ある女性が荷物を届けた後、爆破事件が起き、通訳が2名死亡する。

ロサンゼルスの事件を解決して4日後、地元警察のリー警部(ジャッキー・チェン)とロサンゼルス市警のジェームズ・カーター刑事(クリス・タッカー)は休暇を過ごしていた。

爆破事件の報せを上司チン警視(ケネス・ツァン)から受けたリーは、強制はしないと言われるものの、犯人と思われるマフィアのボス、リッキー・タン(ジョン・ローン)がいるクラブに向かう。

カーターは休暇がぶち壊しだと言って不満だったが、リーはパーティーに招待されたと説明してクラブに向かう。

リーがトイレに行っている間に、カーターはカラオケで盛り上がってしまう。

それに気づいたリーは、仕方なくタンを捜査中であることをカーターに伝える。

騙されたと言って憤慨するカーターは、警察バッジを客に見せて騒ぎ始める。

そこに、タンの部下で殺し屋のフー・リ(チャン・ツィイー)が現れたため、リーは逃げた彼女らを追う。

ある建物でフー・リらを追い詰めたリーとカーターだったが、彼女を取り逃がしてしまう。

翌朝、カーターをマッサージ店に連れて行ったリーは、その場にタンがいることに気づく。

カーターはタンに言いがかりをつけ、リーと共にその場にいた彼の部下に取り囲まれてしまう。

二人は抵抗するものの捕えられ、全裸で道路に放り出される。

爆破事件で2名のアメリカ人が死亡したことを受け、シークレットサービスのスターリング捜査官(ハリス・ユーリン)が派遣される。

捜査は自分が指揮するとチン警視に伝えたスターリングは、全裸で戻ったリーが捜査を担当していることを知る。

リーを呼んだスターリングは、死んだ2人は通訳ではなく、密輸を捜査していた税関の係官だったことを伝える。

一切捜査に関わるなと言われたリーは、エサを泳がせていることと、事件の裏の黒幕の存在をスターリングから知らされる。

マッサージ店にパスポートを忘れたカーターは、それを取りに行くため署を出る。

カーターのいた部屋に変装したフー・リが侵入し、その後、爆発が起きる。

リーは、カーターが死亡したと考えてショックを受ける。

その頃、カーターは街でタンを目撃して、タクシーで彼の車を追う。

タンがクルーザーでパーティーを開くという連絡をチン警視から受けたリーは、スターリングは無視して捜査を続けると言う指示に従う。

カーターはタンのクルーザーに乗り込み、リーもその場に侵入する。

バーにいた女性イザベラ・モリーナ(ロセリン・サンチェス)に声をかけたカーターは、彼女が富豪のスティーブン・レイン(アラン・キング)の知人であることを知る。

リーはタンの居場所を探り、カーターと出くわして、彼が生きていたことを知り驚く。

二人はタンの部下に捕えられ、リーは、タンが警官だった父親の相棒だったことをカーターに伝える。

タンは、アメリカ領事館を爆破したのは自分ではなく、内部の敵の仕業であることをリーに伝える。

リーに香港脱出の協力を求めるタンだったが、フー・リに射殺されてしまう。

フー・リはカーターを叩きのめし、ボートに乗りその場から逃れる。

駆け付けたスターリングはリーの失態を非難し、カーターは帰国を命ぜられる。

リーに空港まで送られたカーターは、何かを隠す彼を非難する。

密輸事件を調べ、タンの不正を見抜いた父親が、その証拠を掴む前に殺されたことをリーはカーターに話す。

カーターは、真相を究明するためだと言ってリーをロサンゼルスに連れて行く。

”富豪の白人を追う”という、自分なりの捜査の鉄則をリーに語ったカーターは、レインが怪しいことを伝える。

ロサンゼルス
レインを監視した二人は、部屋に残ったイザベラが現れた女から小包を受け取ったことを確認し、それが爆弾だと考える。

イザベラの部屋に押し入った二人は、小包を奪って屋上に向かう。

そこに現れたイザベラが、二人が捨てた小包を開けて現金を見せる。

イザベラは自分がシークレットサービスであることを二人に伝え、汚職税関員を装う潜入捜査中であることを話す。

現金は偽札で、印刷機を手に入れたタンが、既に手にしていた100ドル札の版で印刷を考えるが、それをフー・リが奪い、1億ドルを刷ってアメリカに持ち込んだのだった。

イザベラは二人が使えると判断し、フー・リが隠した原版を探すよう指示し、彼らをシークレットサービス扱いとする。

カーターは有頂天になるが、イザベラは、二人を追い払ったことをスターリングに報告する。

二人は、中国料理店を経営するケニー(ドン・チードル)の元に向かい、偽札の情報を得る。

その後、二人はフー・リに捕らえられ、リーはイザベラに殴られるものの、彼女が自分達を助けたとカーターに説明する。

移送されるトラックの中で、二人は土像の中に現金が隠されていることを知る。

到着した場所でトラックから脱出した二人は、その場がラスベガスであることに気づく。

タンの船と同じ名のカジノ”レッド・ドラゴン”で現金が動くと考えた二人は、ヴェルサーチのブティックに向かう。

二人は、店員(ジェレミー・ピヴェン)にコーディネートしてもらった服を着てカジノに向う。

リーは、現れたイザベラから原版が集計室にあるだろうと言われ、それを知ったカーターは騒ぎを起こしている隙にそれを奪うことを考える。

カーターがボックスマン(ソウル・ルビネック)とトラブルを起こした隙に、リーは集計室に侵入するもののフー・リに捕えられてしまう。

爆弾を口に入れられて塞がれたリーは、実は生きていたタンの元に連れて行かれる。

タンは、勝ち続けるカーターと、リーを始末するようフー・リに命じて立ち去る。

その場にいたイザベラが、隠してあった銃を手にしてフー・リと格闘になる。

フー・リはイザベラを叩きのめし、リーはその場からカジノに突き落とされる。

その場は混乱し、イザベラを銃撃したフー・リはカジノに向い起爆装置を手にしてスイッチを入れるが、リーは爆破寸前で爆弾を吐き出す。

タンが生きていることを知らされたカーターは、自分がフー・リの相手をすると言って、リーにタンを追わせる。

リーは傷を負ったイザベラの無事を確認し、カーターはフー・リを倒す。

レインは原版を持って去ろうとするが、タンに刺殺される。

そこにリーが現れ、銃を向けられたタンは、父親の死に際の話などをする。

カーターも現れ、リーとタンは揉み合いになり、タンは窓を突き破り落下死する。

爆弾を抱えて部屋に押し入って来たフー・リに驚いたリーとカーターは、爆破と同時に何とかその場から脱出する。

その後、空港でスターリングに感謝されたリーは、イザベラにキスされる。

それをカーターにからかわれたリーは、彼に別れを告げる。

リーはカーターを呼び止め、悲しみは乗り越えたと言って父親のバッジを渡す。

カーターから1万ドルを渡されたリーは、楽しめと言われたため、ニューヨークに行ってみたいことを伝える。

誘われたカーターは、再び休暇を楽しむと言って、リーと共にニューヨーク便の搭乗ゲートに向かう。


解説 評価 感想 ■

参考:
・「ラッシュアワー」(1998)
・「ラッシュアワー2」(2001)
・「ラッシュアワー3」(2007)

*(簡略ストー リー)

香港
アメリカ領事館で爆破事件が起き、休暇中の地元警察のリー警部とロサンゼルス市警のカーター刑事は、犯人と思われるマフィアのボス、タンの行動を追い捜査する。
死亡者を出したことでアメリカのシークレットサービス、スターリング捜査官が指揮を執り、リーは手を引くよう指示される。
リーはそれを無視して捜査を続けるが、タンが部下の殺し屋フー・リに殺害されてしまう。
カーターは帰国を命ぜられるが、タンと関係のある富豪レインを追って、リーを伴いロサンゼルスに向かう。
二人は、レインに近づくシークレットサービスのイザベラから、偽札密輸事件の潜入捜査中だと知らされ、その真相を追うのだが・・・。
__________

1作目が大ヒットしたため製作費は約3倍の9000万ドルとなり、大規模な香港ロケも行われた作品。

前作を継承する同じようなパターンのシーンが続くものの、テンポの良いブレット・ラトナーの演出と、ジャッキー・チェンクリス・タッカーの凸凹コンビによる、軽快なアクションとトークが見所の楽しい作品に仕上がっている。

物理的な派手なアクションよりも、ジャッキー・チェンが得意とする曲芸のような肉体アクションが売り物の作品。

北米興行収入は前作を遥かに上回り約2億2600万ドル、全世界では約3億4700万ドルの大ヒットとなった。

父親の死の真相が分かる香港警察の警部ジャッキー・チェン、相変わらずの自信過剰男、口八丁手八丁の刑事クリス・タッカー、犯罪組織の殺し屋チャン・ツィイー、犯罪組織のボス、ジョン・ローンシークレットサービスの潜入捜査官ロセリン・サンチェス、アメリカ人大富豪アラン・キングシークレットサービス捜査官ハリス・ユーリン香港警察の警視ケネス・ツァン、中国料理店主ドン・チードル、その妻オードリー・クオックヴェルサーチの店員ジェレミー・ピヴェン、カジノのボックスマンのソウル・ルビネック、他マギーQなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター