サンクタム Sanctum (2011) 3/5 (23)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ジェームズ・キャメロンが製作に参加した、巨大洞窟探検調査チームの遭難と親子愛を描く、リチャード・ロクスバーグヨアン・グリフィズ他共演、監督アリスター・グリアソンによる3Dアドベンチャー・ドラマ。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■

監督:アリスター・グリアソン
製作総指揮
ベン・ブラウニング

ジェームズ・キャメロン
ライアン・カヴァノー
マイケル・マー
ピーター・ローリンソン
製作:アンドリュー・ワイト
原案:アンドリュー・ワイト
脚本
アンドリュー・ワイト

ジョン・ガーヴィン
撮影:ジュールズ・オロフリン
編集:マーク・ワーナー
音楽:デヴィッド・ハーシュフェルダー

出演
フランク・マクガイア:リチャード・ロクスバーグ

カール・ハーレー:ヨアン・グリフィズ
ジョシュア”ジョシュ”マクガイア:リース・ウェイクフィールド
ヴィクトリア”ヴィック”エレイン:アリス・パーキンソン
クレイジー・ジョージ:ダニエル・ワイリー
J.D.:クリストファー・ベイカー
リズ:ニコール・ダウンズ
ジュード:アリソン・クラッチリー
ルコ:クレイマー・カイン
デックス:アンドリュー・ハンセン
ジム・サージャント:ジョン・ガーヴィン

アメリカ/オーストラリア 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ

2011年製作 109分
公開
オーストラリア:2011年2月3日
北米:2011年2月4日
日本:2011年9月16日
製作費 $30,000,000
北米興行収入 $23,070,045
世界 $108,943,221


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

パプアニューギニア
17歳のジョシュア”ジョシュ”マクガイア(リース・ウェイクフィールド)は、実業家の富豪カール・ハーレー(ヨアン・グリフィズ)と恋人のヴィクトリア”ヴィック”エレイン(アリス・パーキンソン)を迎え、ヘリコプターで世界最大級の洞窟”エスペリト・エサーラ”に向う。

世界的な洞窟探検家である、ジョッシュの父フランク(リチャード・ロクスバーグ)は、スポンサーのカールの援助を受け、最新の装備で、海へと続く水路を発見するための調査を続けていた。

ジョッシュに対して厳しく接するフランクは、今回の調査にも彼を強引に参加させていた。

そんなフランクに、スタッフのジュード(アリソン・クラッチリー)はジョッシュを理解するよう伝え、二人は水中の調査に向う。

その頃、カールとジョッシュ、そしてヴィックが地下に向う。

狭い穴の水流に気づいたフランクは、そこを何とか通り抜け、やがて、大聖堂のような巨大な空間を見つける。

しかし、ジュードが酸素ボンベのホースを破損してしまい、彼女はパニックとなり死亡する。

フランクは、助けようとして自分のマスクでジュードに酸素を吸わせたのだが、前方ベースに到着し、その映像を見たジョッシュは、父が彼女からマスクをもぎ取ったと思いこむ。

その様子を見ていたクレイジー・ジョージ(ダニエル・ワイリー)は、ジュードがパニックになったことと、彼女が頼み込んで潜ったことをジョッシュに伝える。

それでもジョッシュは、ジュードの死を父のせいにするが、そこに彼女の遺体を運んだフランクが戻る。

その頃、地上では暴風雨が近づき、地上スタッフのジム・サージャント(ジョン・ガーヴィン)が、それを知らせようとするが、前方ベースとの無線がつながらない。

自分の考えを理解しないジョッシュに苛立つフランクは、仕方なく撤退を決意し、ジョージ、J.D.(クリストファー・ベイカー)、リズ(ニコール・ダウンズ)、そしてルコ(クレイマー・カイン)らは地上に向う。

暴風雨を知ったジョッシュは、地下のフランク、カール、ヴィック、ジョージに連絡を取ろうとするがそれができず、増水した水が流れ込む。

J.D.とリズは、地下に向かおうとするジョッシュとルコを残して地上に向う。

水が流れ込み、脱出しようとしたフランクらは、戻って来たジョッシュとルコに合流する。

水量は増し、落下したルコは流され、フランクは、一旦ベースに戻ることを決める。

水に潜ることにしたフランクは、ジュードのスーツを脱がしてヴィックに着せようとするが、彼女はそれを拒む。

その時、重傷を負いながらも生きていたルコが流れ着くが、置き去りにできないフランクは、仲間達を説得してルコを水死させる。

フランクはジュードに、カールとジョージはヴィックに指示を与えて、一行は水に潜る。

途中、ヴィックは取り乱す寸前になりながら狭い穴を何とか通り抜け、低体温状態にもなるが、一行はある空間にたどり着き休息をとる。

ヴィックはスーツを着なかったことを後悔し、救助の可能性もないと考えるフランクは、川をたどって海に出る方法を考える。

一行は出発するが、ジョージの潜水病が再発し、彼は自ら命を絶ち、友を失ったフランクはショックを受ける。

巨大なミキサーの対壁に渡るため、ジョッシュがロープを張るが、ヴィクトリアが落下してしまう。

フランクは、未経験なヴィクトリアが探検を望み、スーツを着ることも拒むなどの間違いを犯したことを指摘して、カールとジョッシュにそれを伝える。

納得のいかない二人はそれを批判するが、洞窟に入ると雑念が消えると言うフランクに頼るしか、ジョッシュは生きる道のないことを悟る。

フランクはそんなジョッシュを抱き寄せて、必ずこの場から出てみせると約束する。

その後、一つしか残っていないタンクを背負い、カールが水に潜ってしまい、フランクが彼を追うが無理だと分かり引き返す。

コウモリの糞に気づいたフランクとジョッシュは、出口があることを確信して岩の隙間を登る。

二人は助け合って登り切り、暫く行くと、日の光が差し込む、上部が陥没した場所にたどる着く。

太平洋戦争中の、日本軍の水陸両用車を見つけた二人は、そこが海に近い場所だと確信する。

大空は見えるものの、地上に上がる手はなく、仕方なく二人は、出口を探してその場を離れる。

その先でカールに再会した二人は、そこに流されてきたヴィクトリアの死体を確認する。

装備品を確認して、カールを無視して二人は先に進む。

しかしフランクは、襲い掛かってきたカールと揉み合いになり、背中に重傷を負う。

ジョッシュに叩きのめされたカールは、水に飛び込んでしまう。

死を覚悟したフランクは、洞窟を信用して諦めずに先に進むようジョッシュに助言し、自分を水に沈めるように指示を出す。

それに従ったジョッシュは、補助ボンベを持ち水中に潜り、途中、カールの死体を見つけて先に進む。

ボンベの酸素もなくなり、ジョッシュは意識を失いそうになるが、フランクの言葉を信じて日の光に向かい、そして海面に浮上する。

そして、浜辺にたどり着いたジョッシュは、父フランクの偉大さを理解する。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

パプアニューギニア
世界最大級の洞窟調査を行う世界的な探険家フランク・マクガイアは、スポンサーである企業家のカールと恋人のヴィクトリア、そして息子のジョッシュの到着を待っていた。
既に1ヶ月以上滞在するフランクとスタッフは、洞窟の、海まで続く水路を発見する調査を進めていた。
危険を伴う調査探検だけに、フランクは周囲に厳しく接し、ジョッシュは、そんな父親を理解しない。
その後フランクは、水中を潜り、ある場所に向うのだが、同行したジュードが、酸素漏れによるパニックで死亡してしまう。
フランクは仕方なく撤退を決めて、ジョッシュらスタッフを地上に向わせるが、同じ頃、暴風雨が迫り、無線連絡もできずにいた。
引き返してきたジョッシュと共に、孤立してしまったフランクら一行は、大量の水が流れ込み、救出不可能な現状で、海へと向かう脱出方法を考えるのだが・・・。
__________

ジェームズ・キャメロンの盟友とも言えるアンドリュー・ワイトの原案、脚本の意欲作でもある。

期待ほど壮大なアドベンチャーでもなく、ありがちな親子愛の修復を交えた、生死をかけた冒険ドラマとして、平均点というところだろうか。

仲間を助けるための犠牲、裏切り、そして勇気の先にある奇跡の脱出など、洞窟内の様子を映し出す映像も美しく、娯楽の要素は網羅されている。

ビッグ・スターの出演はなく、北米興行収入は約2300万ドルに留まるが、全世界では1億ドルを超えるヒットとなった。

洞窟を聖地のように思いながら、命を懸けて息子を守る探険家リチャード・ロクスバーグ、唯一人の生存者となり、この冒険で、父を理解して成長するリース・ウェイクフィールド、彼には珍しく利己的な企業家を演ずるヨアン・グリフィズ、その恋人アリス・パーキンソン、スタッフのダニエル・ワイリー、クリストファー・ベイカー、ニコール・ダウンズ、アリソン・クラッチリー、クレイマー・カイン、アンドリュー・ハンセン、ジョン・ガーヴィンなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター