野蛮なやつら/SAVAGES Savages (2012) 3.34/5 (29)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

大麻の栽培で成功した若者二人が、メキシコの麻薬カルテルに共通の恋人を誘拐されながらも戦いに挑む姿を描く、監督、脚本オリバー・ストーン、主演テイラー・キッチュアーロン・テイラー=ジョンソンブレイク・ライヴリージョン・トラボルタベニチオ・デル・トロ他共演の犯罪サスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:オリバー・ストーン
製作
モーリッツ・ボーマン

エリック・コペロフ
製作総指揮
シェーン・サレルノ

フェルナンド・スリチン
原作:ドン・ウィンズロウ”Savages”
脚本
ドン・ウィンズロウ

シェーン・サレルノ
オリバー・ストーン
撮影:ダニエル・ミンデル
編集
ジョー・ハッシング

スチュアート・レヴィ
アレックス・マルケス
音楽:アダム・ピータース

出演
チョン:テイラー・キッチュ

ベン:アーロン・テイラー=ジョンソン
オフィーリア”O”セイジ:ブレイク・ライヴリー
デニス・ケイン:ジョン・トラボルタ
ミゲール”ラド”アロヨ:ベニチオ・デル・トロ
エレナ・サンチェス:サルマ・ハエック
アレックス:デミアン・ビチル
スピン:エミール・ハーシュ
クレイグ:ジョエル・デヴィッド・ムーア
エル・アズール:ホアキン・コシオ
マグダリーナ・サンチェス:サンドラ・エチェヴェリア

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ

2012年製作 131分
公開
北米:2012年7月6日
日本:2013年3月8日
製作費 $45,000,000
北米興行収入 $47,382,068
世界 $82,966,152


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
カリフォルニア州、ラグナ・ビーチ
元傭兵のチョン(テイラー・キッチュ)と親友で植物学者のベン(アーロン・テイラー=ジョンソン)は、大麻栽培事業で成功し、共通の恋人オフィーリア”O”セイジ(ブレイク・ライヴリー)と共にこの地で優雅に暮らしていた。

チャンは、アフガニスタンから持ち帰った上質の大麻をベンと共に栽培して、世界最高の大麻を作り出すことに成功し、全く違う考えを持ちながら、二人はそれを自分の人生に生かした。

ある日チョンは、メキシコのカルテル(麻薬組織)から送られてきた残虐な映像と共に、話し合いたいというメールを受取る。

ベンは事業から手を引きカルテルにそれを渡すことも考えるのだが、チョンは違う意見だった。

DEA(麻薬取締局)の大物デニス・ケイン(ジョン・トラボルタ)との関係があるため、チョンとベンの身は守られていた。

カルテルの幹部アレックス(デミアン・ビチル)に会ったチョンとベンは、相手の条件などを聞く。

チョンとベンは考えた末に、共同事業の申し出を断り足を洗うことと、ビジネス転換を検討していることを伝え、最終的な答えを保留する。

暫く姿を消すことにしたチョンとベンは、新たな資金ルートなどを整えるよう、金庫番であるスピン(エミール・ハーシュ)に指示する。

二人は、インドネシアに旅立つことをオフィーリアに伝え、自分も同行できることを知った彼女は喜ぶ。

三人を見張っていた、カルテルの殺し屋ミゲール”ラド”アロヨ(ベニチオ・デル・トロ)は、ボスのエレナ・サンチェス(サルマ・ハエック)に連絡を入れ、彼らを始末するかの指示を仰ぐ。

エレナは、チョンとベンの販売網と知識が必要であることを伝えて、二人の弱点であるオフィーリアを誘拐するようラドに命ずる。

チョンとベンは、手を組むことをアレックスに連絡するものの、その直後に、オフィーリアが誘拐された映像が届く。

苛立つジョンをなだめて、ベンは相手(エレナ)にどんな条件でも受け入れることを伝える。(エレナは声を変えている)

エレナは、チョンを脅してオフィーリアを痛めつけることを伝え、彼も指示に従わせ、二人に150キロの大麻を5時間以内に届けるよう命ずる。

大麻を運んだ二人は、その代金を受け取るものの、エレナからの電話を受け、3年間の契約条件を守らねば、オフィーリアが悲惨な死に方をすると言われる。

二人はケインに会い事情を説明し、チョンは強引に協力を約束させる。

ケインは局に向かい、エレナの情報を集めてチョンとベンに渡す。

スピンや仲間のクレイグ(ジョエル・デヴィッド・ムーア)らとそれを分析したベンは、エレナに身代金1000万ドルを支払うことを伝える。

1300万ドルで話を付けたベンは、チョンと傭兵時代の仲間と共にカルテルの現金を奪う。

オフィーリアは、ラドの監視下で軟禁生活を送っていたが、エレナと話をしてドラッグが必要だということを伝える。

現金強奪現場を調べたラドとアレックスは、ベンを呼び出して犯人かを確かめる。

ベンがシロだと判断したアレックスは、奪われた現金の件をエレナに報告しようとするが、二人を疑うラドは時を見て自分が知らせることを伝える。

エレナは国境を越えてアリゾナに向かい、ラドはオフィーリアを移動させて、彼女に同情する監視役の青年を射殺する。

オフィーリアと対面したエレナは、300万ドルを奪われていたことを報告しなかったラドとアレックスを責める。

チョンとベンはラドに疑われていたため、それを回避する必要があった。

メキシコティフアナ
エレナの宿敵であるエル・アズール(ホアキン・コシオ)と接触したラドは、カルテルを裏切り彼と手を組む。

ラドに会ったベンは、アレックスがカルテルを裏切っている証拠となる資料を渡す。

エレナと食事を共にするようになったオフィーリアは、彼女がこの仕事をすることになった理由や、唯一の身内である娘との関係がうまくいっていないことなどを知る。

ラドに拷問されたアレックスは、エレナに命乞いをする際に、彼女の娘マグダリーナ(サンドラ・エチェヴェリア)に誓って、エル・アズールとは連絡を取っていないことを伝える。

しかし、家族も殺すと言われたアレックスは、エル・アズールに連絡したことを白状する。

エレナはオフィーリアを呼び出し、アレックスが始末される現場を見せる。

ラドはアレックスにガソリンを浴びせ、焼き殺すよう指示されたベンは仕方なくそれに従い、オフィーリアはそれを見て驚く。

心を痛めるベンは、アレックスがマグダリーナの名前を出して命乞いをしたことに注目し、彼女を見つけ出そうとする。

ケインの家を訪ねたラドは、家族の命などを口に出し、チョンとベンに情報を流したことを追求する。

これまでの恩を無視するラドに対しケインは、エル・アズールと組んでいるという彼に、チョンとベンには必要以上の情報を渡していないことと、自分を信用するように伝える。

ケインは、オフィーリアだけが目的のチョンとベンを切り捨てるようラドを説得する。

ラドが自分の金だという300万ドルを狙うケインは、チョンとベンに会いマグダリーナの居場所と交換に現金を要求する。

チョンとベンは、マグダリーナを誘拐してエレナと連絡を取り、オフィーリアとの交換を承知させる。

ラドは、自分がオフィーリアをレイプする姿を盗み撮った映像を彼女に見せて脅す。

チャンは傭兵仲間に監視させながらベンと共に取引現場に向かい、オフィーリアを取り戻す。

エレナにマグダリーナを渡したチョンは、関係は終わったと言って去ろうとする。

裏切り者を知ろうとするエレナは、それがラドだと言われて銃を向けるものの彼に銃撃される。

銃撃戦が始り、瀕死のエレナは駆け寄ってきたマグダリーナをオフィーリアに託して息を引き取る。

チョンとベンは銃弾を受けながらラドを銃撃し、オフィーリアが止めを刺す。

オフィーリアは致命傷を負ったベンに寄り添い、首を撃たれたチョンは、致死量のドラッグを二人と自分に打ち意識を失う。
__________

ところが、結末は別の展開となる・・・。

人質を交換しようとしたチョンは、スナイパーが狙っていることをエレナに伝え、彼女も部下のスナイパーを撤去させるようにとラドに指示する。

しかし、ラドはその場から逃げ去り、300万ドルを持って逃げなかったケインが、捜査官と共に現れる。

ケインはエレナを逮捕して、カルテを壊滅させた功績を称えられる。

エレナは30年の刑となり、ケインの協力もあり、ラドとエル・アズールは新たなカルテルを結成する。

ベンはケインの秘密を握っているため、彼とチョンは情報提供者として、ケインに守られることになる。

チョンとベンは2週間の拘置後に姿を消し、オフィーリアも行方をくらます。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
カリフォルニア州、ラグナ・ビーチ
元傭兵のチョンと植物学者のベンは、大麻の栽培で大成功して、共通の恋人オフィーリアと共に優雅に暮らしていた。
そんなチョンとベンは、残虐なメキシコの麻薬カルテルからの事業提携を提案されるものの、それを渋り足を洗い旅立つことを考える。
ところが、オフィーリアがカルテルの殺し屋ラドに誘拐されてしまい、二人は契約を強要される。
仕方なくそれに従った二人は、DEA(麻薬取締局)の大物ケインから情報を提供される。
二人はカルテルの金を奪い、裏切り者がいるように見せかけて組織内を混乱させるのだが・・・。
__________

違法ではあるが、全てが常識外れとも言えない若者達の行動を、サスペンス・タッチでスタイリッシュに、そしてリアルでどぎついシーンも交えた、脚本も兼ねるオリバー・ストーン作品。

新旧スターの豪華競演、オリバー・ストーンの、各個性を生かした演出と力強い映像表現に注目。

物語にそれほど深みがあるわけではないが、元傭兵である逞しい主人公テイラー・キッチュと、植物学者の相棒アーロン・テイラー=ジョンソンの頭脳を生かした無謀とも思える反撃作戦など、西部劇を思わせるどこか古風な戦いも面白い。

主人公の二人に愛されながら、”野蛮”な世界で恐怖も味わうブレイク・ライヴリー、脇役ながらDEAの悪徳捜査官役として存在感を発揮するジョン・トラボルタ、独特の個性が光るカルテルの殺し屋ベニチオ・デル・トロ、そのボス、サルマ・ハエック、部下デミアン・ビチル、主人公の金庫番エミール・ハーシュとその仲間ジョエル・デヴィッド・ムーアメキシコの裏組織の大物ホアキン・コシオ、ボスの娘サンドラ・エチェヴェリアなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター