セットアップ Setup (2011) 3/5 (3)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

悪の世界でしか生きられない男達の友情と裏切りを描く、主演カーティス・ジャクソン/50セントブルース・ウィリスライアン・フィリップ他共演、監督マイク・ガンサーによる犯罪ドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

ブルース・ウィリス / Bruce Willis 作品一覧


スタッフ キャスト ■

監督:マイク・ガンサー
製作
ランドール・エメット

カーティス・ジャクソン/50セント
ジョージ・ファーラ
脚本
マイク・ガンサー

マイク・ベアマン
撮影:スティーヴ・ゲイナー
編集:マーク・スティーヴンス
音楽:ザ・ニュートン・ブラザーズ

出演
サニー:カーティス・ジャクソン/50セント

ジャック・ビグズ:ブルース・ウィリス
ビンセント・ロング:ライアン・フィリップ
ミア:ジェナ・ディーワン
ピーティ:ランディ・クートゥア
ウィリアム・ロング:ジェームズ・レマー
ロス:ショーン・トーブ
G・マネー:オマー・J・ドーシー
ラッセル:ジェイ・カーンズ
ジョーイ:ウィル・ユン・リー
デイヴ・ホール:ブレット・グランスタッフ
ヴァレリー:スージー・アブロマイト
ジョンR:リチャード・ゴテリ

アメリカ 映画
配給 ライオンズゲート

2011年製作 84分
公開
北米:2011年9月20日(BD/DVD:劇場未公開)
日本:2012年3月10日
製作費 $20,000,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

デトロイト、2週間前。
サニー(カーティス・ジャクソン/50セント)、ビンセント・ロング(ライアン・フィリップ)、そして、デイヴ・ホール(ブレット・グランスタッフ)の3人は、ダイヤを運んでいる車を襲う。

それに成功した三人だったが、ヴィンセントがダイヤを持っていた男を殺害してしまい、サニーはそれを非難する。

その後、現れたバイヤーに銃を渡されたヴィンセントは、サニーとデイヴを銃撃して逃亡する。

サニーは、銃弾が十字架に当たったために一命を取り留め、仲間のジョーイ(ウィル・ユン・リー)の治療を受ける。

ヴィンセントが、マフィアのボス、ジョンR(リチャード・ゴテリ)と関係していることを知ったサニーは、ジョーイに感謝してその場を去る。

1週間後。
殺し屋ロス(ショーン・トーブ)は、1週間以内にダイヤを返すようサニーに脅しをかける。

サニーはカードクラブに向かい、ヴィンセントと関わっていたと思われる者達に銃を向けて探りを入れる。

その後サニーは、ギャングのボスであるジャック・ビグズ(ブルース・ウィリス)の手下ピーティ(ランディ・クートゥア)に襲われる。サニーはビグズの元に連れて行かれ、彼のカードクラブを荒らしたことなどで因縁をつけられる。

自分を裏切ったヴィンセントを、捜していただけだとビグズに話したサニーは、落とし前をつけるよう強要される。

ビグズは、自分が奪われた金をサニーに取り戻してくるよう指示する。

監視役のピーティと共に現場に向かい、

ロシア人から200万ドルを奪ったサニーは、ヤクの売人のG・マネー(オマー・J・ドーシー)の家に立ち寄る。そこで、ピーティが誤って銃を暴発させ、サニーは、死体を車に乗せて走り去る。

サニーは、ピーティの死体を精肉工場に運んで処分する。

ヴィンセントが、ダイヤの運び屋の運転手ミア(

ジェナ・ディーワン)とグルではないかと考えたサニーは、彼女が報酬を受取り、手引きしていたことを知る。ミアをつけたサニーは、ヴィンセントがいると思われる場所を突き止め、その家に侵入して、住人でダイヤモンド取引所に勤めるラッセル(

ジェイ・カーンズ)に銃を向ける。ラッセルは、ヴィンセントを知っていることを認め、500万ドル分のダイヤをさばけと、指示された計画だったことをサニーに伝えれる。

サニーは、自分が来たことをヴィンセントに伝えるようにと言い残してその場を去る。

ヴィンセントは、現れたラッセルを殺し、親戚だったミアにサニーは自分で殺すことを伝える。

ビグズは、姿を消したサニーとピーティを捜すために

ロシア人を痛めつける。ヴィンセントは、ジョンRに助けを求めるが、ヴィンセントは、サニーを殺せなかったことを責められる。

ジョンRは、サニーと接触しているビグズの非情さを知るために、ヴィンセントに協力しようとしない。

サニーは、デイヴの葬儀を見守り、彼の恋人ヴァレリー(スージー・アブロマイト

)を慰める。刑務所に向かったサニーは、服役中のヴィンセントの父親で狂暴な男ウィリアム(

ジェームズ・レマー)に、息子を殺すことを伝える。その頃、ロスはミアのアパートに現れ、彼女を痛めつけてダイヤの在処を吐かせようとする。

その後、ミアのアパートを訪ねたヴィンセントは、彼女が殺されていることに気づく。

手下に

ロシア人を拷問させたビグズは、サニーが金を持ち去ったことを知る。ヴィンセントは、父ウィリアムを守るために賄賂を要求されるが、面会に行った彼に、小者扱いされながら、サニーを始末するよう指示される。

サニーは、現金をクマのぬいぐるみに隠して郵送し、残りをコインロッカーに預ける。

ビグズの元に向かったサニーは、ヴィンセントが金を奪ったと伝える。

ジョンRとは自分が話をつけるというビグズは、サニーを伴いヴィンセントもいる取引場所に向かう。

ヴィンセントに金を渡すよう要求したビグズは、相手と銃撃戦になり、サニーは、その隙に逃げたヴィンセントを追う。

サニーの追跡を逃れたヴィンセントは、現れたロスに奪ったダイヤを返すよう脅される。

しかしヴィンセントは、デスクの下に隠してあった銃でロスを銃撃して殺し、その場を離れる。

その後、サニーに捕えられたヴィンセントは、墓穴を掘るよう言われるが、自分のお蔭で生きてこられたと、彼を侮辱する。

兄弟同然だった、ヴィンセントの裏切りに失望するサニーは彼の足を撃ち抜く。

ヴィンセントは、父ウィリアムを助けるために、金が必要だったことをサニーに伝えるが、彼はヴィンセントを見捨てて立ち去る。

恨みを持たれた状況で、普通官房に入れられたウィリアムは、囚人に殺害される。

ヴァレリーには、デイヴからだというメッセージが付いた、クマのぬいぐるみが届けられる。

サニーは、コインロッカーの金を取り出して、ヴィンセントの今後を案じながら旅立つ。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

デトロイト
ワル仲間のサニー、ヴィンセント、デイヴは、ダイヤを運ぶ車を襲撃し、500万ドル分のダイヤを奪う。
その後、予想外のヴィンセントの裏切りに遭ったサニーは銃撃され、一命は取り留めるもののデイヴは死亡する。
復讐心よりも、兄弟同然だった仲間の裏切りの理由を知りたいサニーは、ヴィンセントの行方を追う。
しかし、ギャングのボス、ビグズの縄張りを荒らしたため、落とし前をつけるよう、彼に仕事を強要される。
指示された通り、サニーはロシア人から金を奪うが、監視役のピーティが銃の暴発で死んだため、ビグズにそれを信じてもらえないと考え、現金を持って行方をくらます。
その間に、ダイヤの運び屋の運転手ミアに探りを入れたサニーは、ヴィンセントの居場所に近づくのだが・・・。
__________

中途半端な考えの悪仲間が、裏社会の非情なルールに叩きのめされながら、生き抜く手段を探ろうとする逞しさを描いた作品。

魅力的なキャスティングの作品ではあるが、北米劇場公開はされずソフト化されただけで、日本など数か国で公開された。

劣悪な環境下で育ったカーティス・ジャクソン/50セントが、自身の過去を投影させるような悪党を熱演し、極悪人である服役囚の父親(ジェームズ・レマー)を助けたいだけで仲間を裏切る未熟な小悪党をライアン・フィリップが好演している。

ギャングのボスを演じ別格扱いのブルース・ウィリスの、非常な男を演じながらユーモアも見せる、メリハリの効いた演技は注目だ。

ダイヤ強奪に加担する運び屋の運転手ジェナ・ディーワン、ギャングのランディ・クートゥア、謎の殺し屋ショーン・トーブ、ヤクの売人オマー・J・ドーシー、強奪に絡むダイヤ取引所の男ジェイ・カーンズ、主人公の仲間ウィル・ユン・リー、強奪で裏切られ死亡するブレット・グランスタッフ、その恋人スージー・アブロマイト、マフィアのボス、リチャード・ゴテリなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター