セブン Seven (1995) 4.1/5 (31)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

キリスト教の“七つの大罪”に従い起きる猟奇殺人事件捜査を担当する若手とベテラン刑事が、犯人に翻弄されながら事件解決に挑む姿を描く、監督デヴィッド・フィンチャー、主演ブラッド・ピットモーガン・フリーマングウィネス・パルトローR・リー・アーメイリチャード・ラウンドトゥリーケヴィン・スペイシー共演によるサスペンス・スリラーの秀作。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト ■

監督:デヴィッド・フィンチャー
製作総指揮
ジャンニ・ヌナリ

ダン・コルスルッド
アン・コペルソン
製作
アーノルド・コペルソン

フィリス・カーライル
脚本:アンドリュー・ケヴィン・ウォーカー
撮影:ダリウス・コンジ
編集:リチャード・フランシス=ブルース
音楽:ハワード・ショア
主題歌:デヴィッド・ボウイハーツ・フィルシー・レッスン

出演
デイヴィッド・ミルズ刑事:ブラッド・ピット
ウィリアム・サマセット刑事:モーガン・フリーマン
トレイシー・ミルズ:グウィネス・パルトロー
警部:R・リー・アーメイ
マーティン・タルボット検事:リチャード・ラウンドトゥリー
マーク・スワー弁護士:リチャード・シフ
ジョン・ドゥ:ケヴィン・スペイシー
テイラー刑事:ダニエル・ザカパ
カリフォルニア:ジョン・C・マッギンリー
グリージーFBI捜査官:マーク・ブーンJr.
マッサージ・パーラーの客:リーランド・オーサー
マッサージ・パーラーの受付係:マイケル・マッシー

アメリカ 映画
配給 ニュー・ライン・シネマ

1995年製作 127分
公開
北米:1995年9月22日
日本:1996年1月27日
製作費 $33,000,000
北米興行収入 $100,125,000
世界 $316,400,000


アカデミー賞 ■

第68回アカデミー賞
・ノミネート
編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

退職が迫るベテラン刑事ウィリアム・サマセット(モーガン・フリーマン)は、ある殺人事件現場で、赴任して現われたデイヴィッド・ミルズ刑事(ブラッド・ピット)に、なぜこの街に来たのかを質問する。

明確な答えを返せないミルズに、自分が退職までの7日間は、黙って仕事をするようサマセットは指示する。

月曜日。
妻トレイシー(グウィネス・パルトロー)とベッドの中にいたミルズは、新たに起きた殺人現場に向うよう指示される。

現われたサマセットと共に、ミルズは、食べ物と汚物にまみれた、異常に太った男の死体を調べる。

被害者の死因は、食物の過剰摂取による内蔵破裂で、殺人であると断定される。

署に戻り、今回の事件を警部(R・リー・アーメイ)に報告したサマセットは、殺し方には、何か意味があると考える。

警部は、サマセットの、ミルズには無理だという意見を聞き入れ、彼を担当から外す。

火曜日。
弁護士が殺害され、詰め掛けた報道人に対し、マーティン・タルボット検事(リチャード・ラウンドトゥリー)が会見を開く。

警部は、サマセットが本当に退職するかを探りに行くが、彼は、繰り返し起きる犯罪に対処することが嫌になったことを告げる。

帰り際に警部は、太った男の胃の中から見つかった、無理矢理に食べさせられたと思われる、プラスチックのようなものを、サマセットに渡す。

現場を調べたサマセットは、太った男と弁護士殺害事件には関連性があり、残されていた”暴食/GLUTTONY”と”強欲/GREED”という文字から、これが“七つの大罪”だということを、警部とミルズに伝える。

そのヒントだけを与えたサマセットは、後をミルズに任せると言ってその場を立ち去る。

サマセットは、図書館で、”神曲”や”カンタベリー物語”を調べ、それを読むようにというメッセージと資料を、ミルズのデスクに置く。

水曜日。
指示通りに資料などを調べていたミルズは、サマセットのオフィスに移り、彼の退職まで同じ部屋で仕事を始める。

その場にトレイシーから電話があり、サマセットは、彼女から夕食の招待を受ける。

その夜、食事を済ませて、トレイシーと共に楽しい時を過ごしたミルズとサマセットは、事件を検証して、被害者弁護士の妻に会いに行く。

現場の絵画が、逆さまになっていることを妻から知らされた二人は、現場に向かい、絵の掛けてあった壁に、指紋で書かれた”HELP ME”という文字を発見する。

木曜日。
犯人”ヴィクター”の指紋が割れ、精神異常の犯罪者で被害者弁護士との関りも分かり、警部は即刻逮捕すると息巻くが、サマセットは、彼が事件の犯人ではないと考える。

ヴィクターのアパートに押し入ったSWATは、変死体を見つけ、ミルズと様セットは、”怠慢/SLOTH”という文字を確認する。

現場の検証を始めた二人は、ヴィクターが衰弱していく様を撮影した写真などを見つけるが、彼が生きていることが分かり、直ちに病院に運ばれる。

ヴィクターは、腕と舌が切られ、1年以上も寝たままで、各種の薬を投与されながら、苦痛を味わっていたことが分かる。

その夜、トレーシーから電話を受けたサマセットは、翌朝、彼女と会うことになる。

金曜日。
トレイシーは、妊娠したことをサマセットに伝えるが、この街に馴染めない彼女は、その不安をサマセットに伝える。

サマセットも、かつて同棲していた女性に妊娠を伝えられたが、こんなひどい世の中で、子供を諦めた時のことをトレイシーに話す。

諦めるのなら、ミルズには妊娠を内緒にして、産む気があるのなら愛情を注ぎ育てるよう、サマセットはトレイシーに助言する。

ヴィクターを1年間も監禁して、自分達にそれを気づかせ、切り取った腕の指紋を現場に残すなどという、綿密に練られた計画的な犯行から、犯人が、“七つの大罪”についてを調べつくしているとサマセットは考える。

サマセットは、それに関する書籍全てを対象に、図書館で関連書籍を借りた者を洗い出そうとする。

FBIが、図書館の貸し出し記録から、それを捜査に利用していることを知っていたサマセットは、知人の捜査官グリージー(マーク・ブーンJr.)に協力を求めて、“七つの大罪”の関連書籍を借りた者のリストを受取る。

それを参考にして、”ジョン・ドゥ”という男のアパートに向った二人は、廊下で発砲してきた男を追う。

ミルズは左腕を負傷して、男に銃を突きつけられるが、彼は発砲せずにその場を去る。

令状がないために、ドゥの部屋に入る口実を作り、その場を調べたミルズとサマセットは、犯人の証拠となる様々な物を確認するが指紋が検出されなかった。

そしてミルズは、犯人がカメラマンに扮して、自分達に接近していたことを知り驚いてしまう。

その場には、犯人が書き記した、2000冊にも及ぶノートがあり、その後、大胆にも、ドゥから部屋に電話がかかってくる。

ドゥは、電話を受けたミルズに、自分を捜しだしたことを褒め称え、計画を変更することを伝える。

土曜日。
皮革店の領収書が現場にあったことから、その場に向ったミルズとサマセットは、ドゥが注文した物の写真を手に入れる。

現場にあった写真を参考に、それに写っていたマッサージ・パーラーの女性が殺害され、”色欲/LUST”という文字が残されていた。

ドゥが作ったもので女性を殺害させられた店の客(リーランド・オーサー)と受付係(マイケル・マッシー)を尋問したミルズとサマセットだったが、犯人の手掛かりは掴めない。

日曜日。
”傲慢/PRIDE”という文字が残された現場で、顔を切り刻まれたために、睡眠薬を飲み自殺した女性の死体が発見される。

署に戻ったサマセットは、もう数日、捜査を続けたいことをミルズに伝えるが、そこに、血まみれのドゥが現われる。

ドゥは、指先の皮膚をそいでいたため、部屋から指紋も出かったのだった。

また、ドゥは資金や教養もある完璧な異常者だということも分かる。

ドゥの弁護士マーク・スワー(リチャード・シフ)は、彼が、あと二人の死体を隠してあるということを、ミルズとサマセットに伝える。

そしてドゥが、ミルズとサマセットをその場所に案内するということだった。

事件を終わらせるために、二人はそれに応ずることになり、隠しマイクをつけて、ドゥを車に乗せて現場に向う。

三人は街を離れ郊外に向かい、SWATのカリフォルニア(ジョン・C・マッギンリー)が乗る、警察のヘリコプターもそれを追跡する。

ドゥは、自分が選ばれた人間であり、救世主だとまで語りミルズを挑発する。

高圧線の鉄塔が立ち並ぶ場所で車を降りた三人だったが、間もなく、一台のバンが近づき、ミルズとサマセットは警戒する。

サマセットがバンに近づくが、それはミルズへの荷物を届けに来た運送屋だった。

男がサマセットに箱を渡したため、それを確認したヘリに乗るカリフォルニアは爆弾処理班を呼ぶ。

サマセットは、男を逃がして箱を開けようとするが、血がついていることに気づいた瞬間、中身を見て驚く。

ドゥの罠だと気づいたサマセットは、ヘリに近づくなと指示して、銃を捨てろと叫びながらミルズの元に向かう。

そしてドゥは、ミルズにトレイシーを殺害して、首をこの場に届けさせたことを伝える。

動揺するミルズをなだめながら、サマセットは、ドゥが自分を撃たせようとしていることを知らせる。

ドゥは、トレイシーが身篭っていたことをミルズに告げる。

ミルズは絶望し、サマセットは、ドゥを撃てば彼の勝ちだと言って尚も説得する。

しかし、ミルズは、ドゥの思い通りに挑発に乗り、彼を射殺してしまう。

その後、放心状態のミルズは、警部が面倒を見ることをサマセットに約束する。

そして、様々な思いをめぐらせながら、サマセットは現場を離れる。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

退職を1週間後に控えるベテラン刑事ウィリアム・サマセットは、同じ署に赴任してきた若手刑事デイヴィッド・ミルズと組み、ある殺人事件の捜査を始める。
最後の日々を平穏に過ごしたいサマセットは、先走るミルズを覚めた目で見ていたが、再び事件は起きる。
二件の事件現場に残された”暴食”と”強欲”という文字から、サマセットは、それが“七つの大罪”だと考え、関連性がある事件だと断定する。
捜査が長引くことも考えたサマセットは、“七つの大罪”の関係書物を調べて資料を作り、ミルズにそれを渡して後を任せようとする。
その後も、次々と起きる犯行に、サマセットは、犯人が自分達を挑発していると考える。
様々な知識を得ようとしたと考えられる犯人の動きを、FBIの協力で突き止めたサマセットとミルズは、その男ジョン・ドゥの居場所を突き止めるのだが・・・。
__________

エイリアン3」(1992)で監督デビューしたデヴィッド・フィンチャーが、2作目にして、大きな注目を集めた衝撃作。

陰気で憂鬱な雰囲気を漂わせながら、尚且つそれを鋭く描写する映像感覚など、独特の世界観で描き切る、デヴィッド・フィンチャーのスタイリッシュな演出、一時も目を離せられない。

北米興行収入は約1億ドルで、全世界では約3億1600万ドルの大ヒットとなった。

第68回アカデミー賞で、編集賞にノミネートされた。

ファースト・クレジットは、若手刑事を味のある演技で好演する、当時、人気急上昇中のブラッド・ピットなのだが、物語の中心人物は、引退間近の刑事を淡々と演ずるモーガン・フリーマンであり、彼が主演と言っていいだろう。

将来に不安を抱きながら、そんな世の中の情勢が心に重くのしかかる、老後の希望など感じられない、素っ気無いベテラン刑事を演ずるモーガン・フリーマンだが、勤勉で人間味もある奥深い人物に描かれている、中盤からクライマックスにかけての、彼の重厚な演技は必見である。

さらには、同時期に公開の「ユージュアル・サスペクツ」(1995)で、この年のアカデミー助演賞を獲得するケヴィン・スペイシーが、クライマックスだけの登場となるが、同作の役”カイザー・ソゼ”を上回る怪演を見せてくれる。

衝撃の結末を迎える若手刑事の妻グウィネス・パルトロー、警部R・リー・アーメイ、検事リチャード・ラウンドトゥリー、犯人の弁護士リチャード・シフ、同僚刑事ダニエル・ザカパSWATのリーダー、ジョン・C・マッギンリーFBI捜査官マーク・ブーンJr.、マッサージ・パーラーの客のリーランド・オーサー、その受付係でマイケル・マッシーなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター