【レビューを書く】 

シャーク・ナイト Shark Night (2011)


3.27/5 (33)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

湖でバカンスを楽しむ若者達がサメに襲われる恐怖を描く、監督デヴィッド・エリス、主演サラ・パクストンダスティン・ミリガンクリス・カーマックキャサリン・マクフィージョエル・デビッド・ムーア他共演のホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:デヴィッド・エリス
製作
クリス・ブリッグス
マイク・フレイス
リネット・ハウエル
製作総指揮
ライアン・カヴァノー
タッカー・トゥーリー
ダグラス・カーティス
ニック・メイヤー
マーク・シャバーグ
マシュー・ローランド
クリント・キスカー
脚本
ウィル・ヘイズ
ジェシー・スタッデンバーグ
撮影:ゲイリー・カポ
編集:デニス・ヴァークラー
音楽:グレーム・レヴェル

出演
サラ・パルスキー:サラ・パクストン
ニック・ラデューカ:ダスティン・ミリガン
デニス・クリム:クリス・カーマック
ベス:キャサリン・マクフィー
ゴードン・グートリーン:ジョエル・デビッド・ムーア
グレッグ・セイビン保安官:ドナル・ローグ
レッド・アライジャ:ジョシュア・レナード
マリク・ウィリアムズ:シンカ・ウォールズ
マヤ・ヴァルデス:アリッサ・ディアス
ブレイク・ハモンド:クリス・ジルカ
カール:ジミー・リーJr.

アメリカ 映画
配給 Rogue Pictures
2011年製作 90分
公開
北米:2011年9月2日
日本:2012年7月14日
製作費 $25,000,000
北米興行収入 $18,877,150
世界 $40,136,480


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
クロスビー湖。
恋人と泳ぎに来ていた女性が、水中の何かに襲われる。

ルイジアナ州、ニューオーリンズテュレーン大学
学生のニック・ラデューカ(ダスティン・ミリガン)とゴードン・グートリーン(ジョエル・デビッド・ムーア)は、友人のマリク・ウィリアムズ(シンカ・ウォールズ)からクロスビー湖に行くと言われて誘われる。

医科大学院の試験があるニックはそれを断ろうとするが、マリクから、惹かれているサラ・パルスキー(サラ・パクストン)の別荘に泊ると言われて考えを変える。

ブレイク・ハモンド(クリス・ジルカ)と合流したニックらは、マリクの恋人マヤ・ヴァルデス(アリッサ・ディアス)とベス(キャサリン・マクフィー)の車に乗る。

現れたサラの愛犬シャーマンも乗せたニックらは、クロスビー湖に向かう。

湖についた7人は、店で買い物をする。

不愛想な店主のカール(ジミー・リーJr.)は、トイレに入ったサラとベスの監視映像を見る。

酔ったレッド・アライジャ(ジョシュア・レナード)に絡まれたマヤとマリクは、連れのデニス・クリム(クリス・カーマック)に言いがかりをつけられ、一触即発になる。

顔に傷がある元恋人のデニスを制止したサラは、6人と共にボートに乗り別荘に向かう。

スピードを上げたサラは、グレッグ・セイビン保安官(ドナル・ローグ)に追われる。

別荘に着いたサラは、知人だったセイビンに挨拶して、3年ぶりの再会を喜ぶ。

7人はそれぞれ楽しみ、ニックは、サラが誰とも付き合わず、愛犬のシャーマンとばかり過ごしていることをマリクから知らされる。

ウェイクボードをしていたマリクは水中の何かに気づき、転倒して姿を消す。

泳いで岸に上がったマリクはサラに話しかけるが、右腕が食いちぎられていた。

サラに呼ばれたニックらはマリクを部屋に運び、ゴードンが携帯電話で連絡しようとするものの電波が通じなかった。

救急セットを用意したサラは、医大生のニックに処置を頼むしかなかった。

止血したニックは、湖に飛び込んでマリクの腕を探すが、サメが襲い掛かる。

何とか逃れたニックは、マリクをボートに乗せて病院に運ぼうとする。

湖ではあるが、塩水湖なのでサメがいる可能性はあると言うニックは、専門医なら治せるがリミットは2時間だとサラに伝える。

全員乗ると遅くなると言うニックは、ゴードンとブレイクをボートから降ろし、サラとマヤと共に出発する。

マリクの腕から出血し、それが湖に流れる。

サラがスピードを上げたためにマヤが水中に落ちてしまい、ニックが浮き輪を投げて助けようとする。

サメに襲われたマヤは姿を消し、ボートが操縦不能になり、サラとニックはマリクと共に飛び降りる。

ボートは桟橋に激突して大破し、ニックらはマリクを部屋に運ぶ。

動揺するベスは、皆をここに連れて来たサラを責めるものの、ニックに制止されて謝罪する。

照明弾を打ち上げたニックらだったが、車内で音楽を聴いていたセイビンはそれに気づかなかった。

サラに感謝されたニックは銃声に気づき、外に出た彼はデニスとレッドが来たことを知る。

事故があったと話すニックの話をまともに聞かないレッドが、マヤに船の掃除をさせると言ったために、憤慨したブライアンが銃を向ける。

銃を奪ったレッドはブライアンを脅し、ニックはマヤが死んだことを二人に知らせる。

マリクが重傷であることも知ったデニスは、町に向かい救急ヘリを要請することをニックに伝える。

この場にいたくないと言うベスも同行することになり、彼女を心配するゴードンが付いて行く。

レッドから、90メートル以内のものは麻痺させることができる装置と銃があると言われたニックは、彼らに任せるしかなかった。

サラに感謝されたデニスは出発する。

マリクの様子を見るブライアンは、元のようにフットボールは続けられるようになると言って彼を励ます。

しかし、マヤが死んだことを知ったマリクは悲しむ。

マヤをボートに乗せたことを後悔するニックは、3年間、戻らなかった理由をサラに尋ねる。

裕福な少女達にとって、ダイビング教室のデニスは憧れの的で、2年付き合ったと言うサラは、その後大学に進学した。

ダイビング・スポットに行った際に息ができなくなり、デニスが自分を救ってくれなかったことをニックに話すサラは、必死で水面に上がりボートを回した際に、スクリューが彼の顔に当たり傷つけたと伝える。

ニックから事故だと言われたサラは、デニスを病院に運んだ後に去ったことを伝え、戻ったことを後悔する。

自分達は助かるとサラに伝えたニックだったが、彼女は不安を隠せない。

ゴードンとベスは、レッドのことを警戒しながらサメの話を聞く。

マヤを失い悲しむマリクは、ニックの制止も聞かずに、サメを倒すために湖に入る。

ボートを止めたデニスとレッドは、5分でショーが始まるとゴードンとベスに伝える。

現れたサメに襲われたマリクは、銛を突き刺して倒す。

ゴードンに水に入るよう指示したデニスは、それを拒まれたために彼を銃撃する。

サメが近づき逃げるゴードンだったが、襲われて殺される。

殺したのがシュモクザメだったために、ニックは、自分が見たのは別のサメだったとサラに伝える。

サメにカメラが付いていることに気づいたニックは、人為的に湖に連れて来られたことを考える。

マリクをこのままにしておけないと言うブライアンは、水上バイクで運ぶことをニックに提案する。

服を脱ぐようにとデニスに指示されたベスは、抵抗しようとする。

諦めたベスは、デニスからサメが何種類いると思うかと訊かれて動揺する。

水上バイクにマリクを乗せたブレイクは、ニックとサラに見守られながら出発する。

デニスから、発見したダルマザメの話を聞かされたベスは、その群れがいる水中に突き落とされる。

ベスが食い殺される様子を撮影したデニスとレッドは、それを見て喜ぶ。

現れたセイビンが連絡を受けて来たと思ったニックとサラは、彼が焚火に気づいて来たことを知る。

殺されたサメを確認したセイビンは、湖に船を回し警察に応援を要請したことをニックとサラに伝える。

その直後に、ニックは気を失ってしまう。

サメが追ってくることに気づいたマリクは自ら水中に落下し、それに気づいたブレイクはその場から逃げる。

ポットの傍でシャーマンも意識を失っていることに気づいたサラは、デニスからの無線を聴き、何かを企む彼とセイビンが仲間だということを知る。

ナイフを手にして背後からセイビンに襲い掛かろうとしたサラだったが、現れたデニスに制止される。

抵抗して逃げようとしたサラは、睡眠銃で眠らされる。

ブライアンは、正面から襲って来たサメに食い殺される。

ボートの上で檻に入れられたサラは、デニスから、顔の傷の恨みは忘れないと言われる。

拘束されたニックは、ケーブルテレビの人気番組”シャークウィーク”が、より過激な映像を求めているために、撮影を行っていることを知らされる。

後悔していると言って愛を伝えたサラは、デニスに近づき銃を奪う。

銃を奪い返したデニスは、カールに連絡してサメを放つよう指示する。

脚を傷つけられたニックは、イタチザメがいる水槽の上に吊るされ、水中に入れられる。

引き上げられたニックは、ライターで拘束バンドを焼き切る。

倒れたガソリン缶にライターを投げたニックは、引火して火だるまになったセイビンが水槽に落下したために扉を閉める。

セイビンは食い殺され、デニスの船まで泳ごうとするニックは湖に飛び込む。

夜が明けて、サラが入れられた檻を水中に下ろそうとしたデニスは、レッドに銃を向けたニックに気づく。

デニスはナイフを投げてレッドを殺し、ニックに襲い掛かるものの水中に突き落とされる。

引き上げようとする檻によじ登りロープを切ったデニスは、サラと共に水中に沈む。

飛び込んだニックがサラを救おうとするものの、デニスに襲われる。

デニスを殺したサメを倒したニックは、サラを救い出して船に引き上げ、意識のない彼女に人工呼吸をする。

意識が戻ったサラに、全てが終わったことを伝えたニックは、彼女と共に湖を見つめる。

その時、水中から飛び出したサメが襲い掛かる。


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ルイジアナ州、ニューオーリンズテュレーン大学
学生のサラ・パルスキーは、医学生のニックら6人と共に別荘があるクロスビー湖に向かう。
湖に着いたサラは、3年ぶりに戻ったその場で、過去に辛い思い出がある元恋人のデニスに再会する。
ボートで別荘に向かい楽しんでいたサラ達だったが、ウェイクボードをしていたマリクが、サメに襲われて右腕を食いちぎられる。
マリクに応急処置をしたニックは、電話も通じないために、彼を病院に運ぼうとする。
ニックとサラは、ボートにマリクを乗せて病院に向かおうとするものの、彼の恋人マヤが水中に落ちてサメの餌食になる。
制御できなくなったボートは桟橋に衝突して大破し、水中に飛び込み助かったサラとニックだったが、彼女らは完全に孤立してしまう・・・。
__________

ファイナル・デスティネーション」シリーズの第2作「デッドコースター」(2003)と「ファイナル・デッドサーキット 3D」(2009)、「セルラー」(2004)などスリラー映画を得意としたデヴィッド・エリスの作品。

デヴィッド・エリスは2013年に亡くなったために、監督しては最後の作品となった。

3D映画として製作された作品でもあり、スタントマンとしても知られるデヴィッド・エリスによる迫力映像はなかなか楽しめる。

サメが人間を襲う映像を撮影し、それをケーブルテレビ局が高値で買って放映するという話は現実味に欠けるものの、塩水湖ではあるが、湖にサメが出現するという設定は興味深く、何種類ものサメが登場する凝った演出も見どころの一つだ。

過去に湖で起きた辛い思い出のために心を痛める大学生のサラ・パクストン、彼女に惹かれながら、サメを利用する悪党に勇敢に立ち向かう医学生のダスティン・ミリガン、主人公を恨む地元の青年クリス・カーマック、彼によりサメの餌食にされるキャサリン・マクフィー、同じく学生のジョエル・デビッド・ムーア、悪事に加わる保安官のドナル・ローグ、その仲間であるジョシュア・レナード、サメに腕を食いちぎられる学生のシンカ・ウォールズ、犠牲になるその恋人アリッサ・ディアス、同じく学生のクリス・ジルカ、湖の店の店主ジミー・リーJr.などが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター

* 【レビュー】作品についての感想・評価をお書き下さい。