結婚の条件 She’s Having A Baby (1988) まだ評価されていません。


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

若くして衝動的に結婚をした男女の苦悩と成長を描く、製作、監督、脚本ジョン・ヒューズ、主演ケヴィン・ベーコンエリザベス・マクガヴァンアレック・ボールドウィン他競演による夫婦愛のドラマ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト ■

監督:ジョン・ヒューズ
製作:ジョン・ヒューズ
脚本:ジョン・ヒューズ
撮影:ドン・ピーターマン
編集:アラン・ヘイム
音楽:スチュワート・コープランド

出演
ジェファーソン”ジェイク”エドワード・ブリッグス:ケヴィン・ベーコン

クリステン”クリスティ”ブリッグス:エリザベス・マクガヴァン
デイヴィス・マクドナルド:アレック・ボールドウィン
サラ・ブリッグス:ホランド・テイラー
ジム・ブリッグス:ジェームズ・レイ
ラス・ベインブリッジ:ウィリアム・ウィンダム

ゲイル・ベインブリッジ:キャスリン・デイモン
ケン:ジョン・アシュトン
ビル:デニス・デューガン
ハワード:ポール・グリーソン
エリン:ヴァレリー・ブレイマン

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1988年製作 106分
公開
北米:1988年2月5日
日本:1989年2月
北米興行収入 $16,031,707


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

お互いに一目惚れして付き合い始めた、ジェファーソン”ジェイク”エドワード・ブリッグス(ケヴィン・ベーコン)と、クリステン”クリスティ”ベインブリッジ(エリザベス・マクガヴァン)は、ついに結婚式の日を迎える。

その当日、結婚を焦るなと友人デイヴィス・マクドナルド(アレック・ボールドウィン)に忠告されたジェイクは、誓いの言葉で動揺してしまう。

一応、誓いを立てたジェイクは、無事に結婚式を済ませ、ニュー・メキシコを目指す。

新居での生活を始めた二人だったが、作家志望だったジェイクは、大学の修士課程に意味のないことを感じ、それを諦めて就職を考え、クリスティも仕事を始める。

クリスティの父親ラス(ウィリアム・ウィンダム)と母ゲイル(キャスリン・デイモン)から、食事の招待を受けたジェイクは、稼ぎの少ないことを義父に責められる。

その後、ジェイクは広告代理店に就職し、クリスティは昇進したため、二人は郊外の家をローンで購入する。

しかし、近隣に住むケン(ジョン・アシュトン)らとの会話に溶け込むことも出来ず、二人は戸惑いを隠せない。

ある日、デイヴィスが、意味不明な言動のモデル、エリン(ヴァレリー・ブレイマン)を連れてニューヨークから現れる。

ホテルに行くという二人を、ジェイクが泊めると言い出したため、クリスティは憤慨して取り乱してしまう。

寝室から追い出されたジェイクは、作家になる夢があるのなら、ニューヨークに行くべきだとデイヴィスに助言される。

さらにジェイクは、クリスティに足を引っ張られているとまでデイヴィスに指摘されてしまう。

数日後ジェイクは、クラブで出会った魅力的な女性と、浮気をする夢を見てしまう。

妊娠を願うクリスティは、ジェイクに求められた夜、ピルを飲まずに愛し合ってしまう。

ジェイクの父親ジム(ジェームズ・レイ)と母サラ(ホランド・テイラー)、そしてクリスティの両親を呼んだ夕食の席で、二人は子供についてとやかく言われうんざりしてしまう。

その夜、子供のことについては心の準備が出来ないというジェイクに、クリスティはピルを飲むのを止めたことを知らさる。

ジェイクは驚いてしまうが、その後クリスティは妊娠することはなかった。

自分に異常があるのではと言われたジェイクは、仕方なく検査を受けることになる。

検査結果で異常のないことが分かったジェイクは、その後、クリスティに子作りを強要されることになる。

父親が亡くなったことを伝えに来たデイヴィスと、一瞬、親密にになったクリスティだったが、彼女はジェイクが全てだということに気づき、それを思い留まる。

そして、クリスティから妊娠したことを知らさされたジェイクは、彼女と二人で心の準備を始める。

やがて、クリスティの陣痛が始まり、彼女を病院に連れて行ったジェイクは、逆子だと知らされ動揺してしまう。

生死をさ迷うクリスティを案じながら、ジェイクは彼女との想い出の日々を振り返る。

その後、クリスティは無事に男の子を出産し、彼女の様態も安定する。

クリスティとの愛を確認し、幸せを実感したジェイクは、そのことを綴った小説を書き上げる。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

大学の修士課程を前にしたジェファーソン”ジェイク”エドワード・ブリッグスと恋人クリスティは結婚を決意する。
友人デイヴィスに、先走るなと忠告されながらも結婚したジェイクは、クリスティと共に新居に移る。
やがて、大学院に意味を感じられなくなったジェイクは、作家を目指しながら就職するのだが、収入の少ないことを義父に責められる。
その後、ジェイクは転職して、郊外の家をローンで買うものの、彼とクリスティは新しい家庭そして生活に満足を得られない。
数年が過ぎ、双方の両親から子供について問われたジェイクは、それを鬱陶しく思う。
ジェイクは、子供については心の準備が出来ないでいたが、やがてクリスティは妊娠を願うようになる・・・。
___________

わがままにしか聞こえない両親の助言と小言、煩わしい人間関係など、若年結婚者の体験する典型的な苦悩とトラブルを、ジョン・ヒューズらしくコミカルなタッチで描くものの、全体的にはシリアスなドラマとして仕上げられている。

大人に成り切れない時期との決別によって、人間として大きく成長するという、古典的なテーマの作品でもある。

1980年代に、青春映画で活躍した”ブラット・パック”の一員としても考えられている主演ケヴィン・ベーコンは、頼り甲斐のある雰囲気でもない普通の青年を熱演し、母になることで、女性としての強さも感じさせる妻役のエリザベス・マクガヴァンもまずまず好演ている。

主人公の友人役アレック・ボールドウィン、夫の両親役ジェームズ・レイとホランド・テイラー、妻の親ウィリアム・ウィンダムキャスリン・デイモン、主人公の隣人役でジョン・アシュトン、主人公の同僚デニス・デューガンポール・グリーソン、意味不明な言動であるモデル役のヴァレリー・ブレイマンなどが共演している。

また、ビル・マーレイダン・エイクロイドなど、錚々たる顔ぶれのスター達が登場するエンド・クレジットもお見逃しなく!


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター