シャイン Shine (1996) 4/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

オーストラリア人の実在の天才ピアニスト、デイヴィッド・ヘルフゴットが、精神疾患を乗り越えて演奏家として再起するまでと父子の愛憎を描く、原案、監督スコット・ヒックスアカデミー主演賞を受賞した主演のジェフリー・ラッシュノア・テイラーアーミン・ミューラー=スタールリン・レッドグレイヴジョン・ギールグッド他共演によるヒューマン・ドラマの秀作。


ドラマ(ヒューマン)


スタッフ キャスト ■

監督:スコット・ヒックス
製作:ジェーン・スコット
原案:スコット・ヒックス
脚本:ジャン・サーディ
撮影:ジェフリー・シンプソン
編集:ピップ・カーメル
音楽:デヴィッド・ハーシュフェルダー

出演
デイヴィッド・ヘルフゴットジェフリー・ラッシュ

デイヴィッド・ヘルフゴット(青年期):ノア・テイラー
デイヴィッド・ヘルフゴット(少年期):アレックス・ラファロウィッツ
ピーター・ヘルフゴット:アーミン・ミューラー=スタール
ギリアン:リン・レッドグレイヴ
セシル・パーカー:ジョン・ギールグッド
キャサリン・スザンナ・プリチャードグーギー・ウィザース
ベン・ローゼン:ニコラス・ベル
シルヴィア:ソニア・トッド

オーストラリア 映画
配給 Fine Line Features

1996年製作 105分
公開
オーストラリア:1996年8月15日
北米:1996年11月20日
日本:1997年3月22日
製作費 $5,500,000
北米興行収入 $35,811,509


アカデミー賞 ■

第69回アカデミー賞
・受賞
主演男優賞(ジェフリー・ラッシュ)
・ノミネート
作品・監督
助演男優(アーミン・ミューラー=スタール)
脚本・編集・作曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。

ストーリー ■

オーストラリアメルボルン
雨に濡れながらレストランのウィンドウを叩くデイヴィッド・ヘルフゴット(ジェフリー・ラッシュ)は、閉店だという店内に、意味不明なことを話しながら入って来る。

早口でしゃべりまくるデイヴィッドを、店員のシルヴィア(ソニア・トッド)らが車で送り、彼は社内でも話し続ける。
__________

ユダヤ系ポーランド人移民である、音楽を愛する父親ピーター(アーミン・ミューラー=スタール)の厳しい指導の下、ピアノの才能を発揮するデイヴィッド(アレックス・ラファロウィッツ)は、ある音楽会の審査員ベン・ローゼン(ニコラス・ベル)に高く評価される。

ローゼンは、デイヴィッドが音楽コンクールで優勝できる可能性を語り、指導を任せてほしいことをピーターに伝える。

しかし、ピーターは自分が指導すると言ってそれを断り、ローゼンを追い払ってしまう。

そんなピーターは、厳しい反面、息子デイヴィッドを溺愛する。

デイヴィッドに、”ラフマニノフ”を弾きたいと言われ指導を求められたピーターは、自分では無理だということを悟り、ローゼンを訪ねる。

しかし、子供が”ラフマニノフ”の曲を表現することは困難だと答えるローゼンは断ろうとする。

しかし、ピーターは、デイヴィッドを預けることを決めていたため、とにかくローゼンに任せることにする。
__________

シルヴィアは、デイヴィッドをアパートに送り届けて、彼を預かっている家主に感謝される。
__________

成長したデイヴィッド(ノア・テイラー)は、音楽コンクールで優勝し、ゲストのアイザック・スターンから賞金を渡され、アメリカ留学なども提案される。

デイヴィッドを留学させる経済的な余裕のないピーターだったが、市長の尽力などにより留学基金が設立される。

アメリカ留学の道も開けたデイヴィッドは、”オーストラリア・コミュニスト協会”に招待された際、彼の才能を高く評価する著名な作家キャサリン・スザンナ・プリチャード(グーギー・ウィザース)を紹介される。

その後、アメリカからの留学を歓迎する手紙を受け取ったデイヴィッドは、この上ない幸福感を感じて浮かれるが、ピーターは考えを変え、家族を壊すことはできないと言って留学を中止させようとする。

大きなショックを受けたデイヴィッドは、ピーターへの憎悪を露わにし、彼から暴力を受けてしまう。

バル・ミツワーの儀式も終えたデイヴィッドの、留学が許されないことを知ったローゼンは、ピーターを説得しようとするものの無駄だった。

デイヴィッドは、父親を憎むことは許されない、自分が守るというピーターの言葉を信じ、彼に甘えるしかなかった。

キャサリンの家の、使われていないピアノを弾きに来るように言われていたデイヴィッドは、彼女と様々なことについて語り合い、年齢差を越えて親交を深める。

ABC Instrumental and Vocal Competition”のファイナルで優勝を逃すものの、ロンドン王立音楽大学から奨学生として招かれたデイヴィッドは、それをキャサリンに知らせる。

しかし、ピーターは激怒し、デイヴィッドに再び暴力を振るう。

デイヴィッドは、今回は自分で決めると言って、勘当を覚悟して家を去る。

王立音楽大学
デイヴィッドは、セシル・パーカー(ジョン・ギールグッド)に師事し、自由な学生生活を満喫する。

そんなデイヴィッドは、”ラフマニノフ”の”ピアノ協奏曲第3番”をコンペティションでの曲に選ぶことをパーカーに伝える。

世界一難しい曲と認めながら、パーカーはデイヴィッドと共に曲に挑戦して厳しい指導が始まる。

デイヴィッドは、オーストラリアからのキャサリンの遺品を受取り、コンペティションの日を迎える。

しかし、見事な演奏を終えた直後に倒れたデイヴィッドは、”非定型精神病”を発症してオーストラリアに戻る。

デイヴィッドは、父ピーターに電話をするものの、話をしてもらえなかった。

精神科医療施設で療養を続けるデイヴィッドは、ピアノを弾くことを医師から禁止されていた。

そんなデイヴィッドは、ファンだという女性に引き取られて退院するが、手に負えない行動を始めた彼は、よその家に預けられる。
__________

ある日、激しくピアノの鍵盤をたたくデイヴィッドは、世話になっている家主にそれを止められ、その場を抜け出し、雨の中、入ったレストランの店員シルヴィアに送り届けられる。

翌日、デイヴィッドは、ピアノに鍵を掛けられて弾くことができないため、シルヴィアの店に再び向かう。

店主などは迷惑に思うが、デイヴィッドがピアノの前に座ったために、仕方なく演奏させる。

見事な演奏を披露したデイヴィッドは、客達から拍手喝采を受け、その後、店の専属ピアニストとなり演奏を続けるようになる。

それが話題になり、ピーターは、新聞に掲載された記事を目にする。

ピーターはデイヴィッドを訪ね、かつての演奏会のメダルを渡し、息子を固く抱きしめ、多くを語らずに立ち去る。

その後デイヴィッドは、シルヴィアの友人である占星術師のギリアン(リン・レッドグレイヴ)を紹介される。

まともな会話もできないデイヴィッドだったが、演奏を聴いたギリアンは、彼の才能に興味を持ち親交を深める。

そして、家に戻ることになったギリアンは、デイヴィッドに求婚され、婚約者がいる身で迷ってしまう。

星占いなども参考にして、デイヴィッドと結婚を決めたギリアンは、式を挙げて祝福される。

相変わらず、奇行を続けるデイヴィッドに手を焼きながらも、ギリアンは彼を支え続けて演奏会を開く。

デイヴィッドは、母親や妹、そしてかつての師ローゼンの前で、見事な演奏を披露し喝采を浴びて涙する。

そして、今は亡き父ピーターの墓参りをしたデイヴィッドは、ギリアンと共に新たな人生を歩む決心をする。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

オーストラリアメルボルン
音楽を愛する父親ピーターの厳しい指導の下、ピアノの才能を発揮し始めたデイヴィッド・ヘルフゴットは、ピアノ教師ローゼンの目に留まりレッスンを受けるようになる。
厳しい反面、デイヴィッドを溺愛するピーターは、成長してコンクールに優勝し、アメリカ留学を決めていた息子を旅立たせなかった。
ショックを受けたデイヴィッドだったが、著名な作家のキャサリン・スザンナ・プリチャードに、その才能を高く評価され、彼女との親交を深める。
その後、デイヴィッドは、ロンドン王立音楽大学から奨学生として招かれ、ピーターと勘当してまで旅立つ。
音楽教授パーカーに師事したデイヴィッドは、コンペティションで”ラフマニノフ”の”ピアノ協奏曲第3番”を演奏するため、厳しいレッスンを始める。
デイヴィッドは、コンペティションで見事な演奏を披露するのだが、その直後に倒れ、非定型精神病”を発症してオーストラリアに戻る。
帰国したデイヴィッドは、ピーターに話しもしてもらえず、精神科医療施設で療養を続けるものの、ピアノを弾くことを医師から禁止されてしまう・・・。
__________

精神障害を持ちながらも、ピアノ演奏の才能は失われず、それが本能のように表現できる人物を見事に描写した、原案も兼ねるスコット・ヒックスの繊細な演出や、人間の神秘性を感じさせる作品全体の雰囲気共に、心打つ感動作として見応えある作品に仕上がっている。

作品は世界中で絶賛され、第69回アカデミー賞では、主演男優賞(ジェフリー・ラッシュ)が受賞した。
・ノミネート
作品・監督
助演男優(アーミン・ミューラー=スタール)
脚本・編集・作曲賞

しかし、よく知られる話として、作品の内容は事実とは大きく異なり、かなり脚色されている。
内容に抗議したデイヴィッド・ヘルフゴットの家族は、父親が暴力的だったことなどを否定し、主人公の姉は、その他の内容を含め、異なる事実をまとめた抗議本まで出版している。

また、ジェフリー・ラッシュ自身は、少年期までピアノのレッスンの経験はあったが、作品内の演奏はデイヴィッド・ヘルフゴットによるもので、手のアップシーンも本人による映像だ。

本作の迫真の演技により、その実力が認められて世界的スターとなったジェフリー・ラッシュは、オーストラリア人として初となるアカデミー演技部門の受賞者となり、その後、映画界屈指の演技派として活躍することになる。

厳しい指導としつけの反面、主人公を溺愛する父親を、深みのある演技で好演するアーミン・ミューラー=スタール、主人公の青年期ノア・テイラー、少年期アレックス・ラファロウィッツ、主人公の才能に惹かれ妻となる占星術師リン・レッドグレイヴ王立音楽大学での主人公の師ジョン・ギールグッド、主人公の心の支えとなる作家キャサリン・スザンナ・プリチャード役のグーギー・ウィザース、主人公のピアノ教師役ニコラス・ベル、主人公の世話をするレストランの店員ソニア・トッドなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター