シューテム・アップ Shoot ‘Em Up (2007) 3/5 (6)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

銃器の達人が、たまたま遭遇した事件でギャングや政治家の絡む陰謀に巻き込まれ激しい戦いを繰り広げるという、主演クライヴ・オーウェンポール・ジアマッティモニカ・ベルッチ共演、監督マイケル・デイヴィスによるサスペンス・アクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■

監督:マイケル・デイヴィス
製作
スーザン・モントフォード
ドン・マーフィ
リック・ベナーター
脚本:マイケル・デイヴィス
撮影:ピーター・パウ
編集:ピーター・アマンドソン
音楽:ポール・ハスリンジャー

出演
クライヴ・オーウェン:スミス
ポール・ジアマッティ :カール・ハーツ
モニカ・ベルッチ:ドンナ・クィンターノ
スティーブン・マックハッティ:ハマーソン
ダニエル・パイロン:ラトレッジ上院議員

アメリカ 映画
配給 ニュー・ライン・シネマ
2007年製作 87分
公開
北米:2007年9月7日
日本:2008年5月31日
製作費 $39,000,000
北米興行収入 $12,796,824
世界 $24,096,824


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ニューヨーク
深夜、男達に追われる妊婦を助けたスミス(クライヴ・オーウェン)は、路上で赤ん坊を取り上げる。

母親は流れ弾で死に、スミスは仕方なく赤ん坊を連れ、女を追っていたカール・ハーツ(ポール・ジアマッティ)が、なぜ女を狙ったのかも知らずに逃走する。

ハーツは今度は赤ん坊を追い、スミスは公園に赤ん坊を置き去りにしようとする。

しかし、ハーツが赤ん坊に銃口を向けたのを見て、スミスは再び赤ん坊を連れて逃走する。

スミスは、馴染みの娼婦ドンナ・クィンターノ (モニカ・ベルッチ)に赤ん坊を預けようとするが断られてしまう。

ハーツはスミスの行動を読み、ドンナの元に向かうが、そこにスミスが現れハーツを銃撃する。

スミスは、ドンナと赤ん坊を連れてその場から立ち去るのだが、ハーツは防弾チョッキで難を逃れていて、彼は人手を集めてスミスを追う。

質屋で武器を手に入れたスミスは自宅に戻るのだが、元FBIプロファイラーで、法医行動学の顧問だったハーツは、スミスの辿った場所を突き止めていく。

その後、赤ん坊に”オリバー”という名前をつけたスミスは、ハーツ一味に襲われて銃撃戦となる。

オリバーが、ヘヴィーメタルを聞くと泣き止むのに気づいたスミスは、彼の母親がいたクラブが”妊婦工場”だったことを知る。

また、ある人物が自分と同じDNAで、骨髄移植のために子供を女性に産ませ、それを誰かが邪魔して、オリバーは狙われたということも分かる。

襲った相手が、最近出回っていない拳銃を持っていたことに目をつけたスミスは、一旦ドンナ達と別れて銃の製造会社”ハマーソン”に向かう。

スミスは、ハーツと通じていたハマーソン(スティーブン・マックハッティ)の関係を知り、ハーツ一味と銃撃戦を始める。

次々と敵を倒すスミスは、相手の攻撃を難なくかわしその場から消え去る。

ドンナの元に戻ったスミスは、骨髄を欲しいのが、上院議員のラトレッジ(ダニエル・パイロン)だということを知り、彼女とオリバーを逃がそうとする。

その途中、スミス達は襲われ、ドンナと別れて車で逃走したスミスは、オリバーを路上に落としてしまう。

そこにハーツが現れ、オリバーを轢き殺そうとするが、それは人形とすり替えられていた。

スミスはラトレッジの自家用機で彼と接触するが、敵同士だと思っていた、彼とハマーソンが組んでいることを見抜いてしまう。

そこにハーツとハマーソンが現れ、スミスはラトレッジを人質に貨物室に向かい、彼を射殺してパラシュート降下する。

敵の追撃を逃れ、負傷しながら逃げ延びたスミスは、地上でハーツに捕まってしまう。

ドンナとオリバーの居場所を吐かせようとして、ハーツはスミスを拷問する。

しかし、一瞬の隙を見てスミスは反撃し、彼はハーツとハマーソンを殺害する。

スミスは、約束通りドンナとオリバーの元に現れ、彼女がウエイトレスをしていた店を襲撃した強盗を、難なく倒してしまう。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

男達に追われる妊婦を助けたスミスは、路上で赤ん坊を取り上げるが母親は死亡する。
スミスは、ハーツという男が赤ん坊を追って来たため、子供を連れて逃れ、公園に置き去りにしようとする。
しかし、ハーツが赤ん坊に銃口を向けたため、仕方なくスミスは赤ん坊を連れて逃走し、馴染みの娼婦ドンナに預けようとするものの断られる。
FBIプロファイラーで、法医行動学の顧問だったハーツは、スミスの行動を読みドンナの元に向かう。
それに気づいたスミスは、ドンナと赤ん坊を連れてその場から逃走し、母親がいたクラブが”妊婦工場”だと知る。
ある人物が自分と同じDNAで、骨髄移植のために、子供を女性に産ませたことなどを、スミスは知るのだが・・・。
__________

主人公の、一匹狼の流れ者の雰囲気は、さながら西部劇のヒーローを思わせる。
コミカルな場面も多いが、残虐なシーンも目立つ何でもありという作品。

宣伝文句の、25000発の弾丸が飛び交うガンアクションは驚く程でもなく、あまり斬新な感じもしない作風で、出演者の知名度の高さから言うと、世界の興行収入も、わずか2400万ドルという寂しい結果に終わってしまった作品でもある。

産まれたばかりの赤ん坊を、粗末に扱う場面などは、やや悪趣味という感じを受ける。

ニヒルなクライヴ・オーウェンは、威圧感もある演技を見せ、インテリらしき悪党をコミカルに演ずるポール・ジアマッティの凄みのない弱々しさあたりも面白い。
参考:
イェール大学の学長を勤め、メジャーリーグのコミッショーナーにも就任したA・バートレット・ジアマッティポール・ジアマッティの父親で、ポール自身もイェール大学を卒業している。

期待していたモニカ・ベルッチの魅力が、今一つ生かされていないのが残念な気がする。

銃製造会社社長スティーブン・マックハッティ、黒幕の上院議員ダニエル・パイロンなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター