フッテージ Sinister (2012) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ベストセラーを書くことを焦る作家とその家族に迫る恐怖体験を描く、監督、脚本スコット・デリクソン、主演イーサン・ホークジュリエット・ライランスフレッド・トンプソンヴィンセント・ドノフリオ他共演のサスペンス・ホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト ■

監督:スコット・デリクソン
製作
ジェイソン・ブラム

ブライアン・カヴァナー=ジョーンズ
脚本
スコット・デリクソン

C・ロバート・カーギル
撮影:クリス・ノール
編集:フレデリック・ソラヴァル
音楽:クリストファー・ヤング

出演
エリソン・オズワルト:イーサン・ホーク

トレイシー・オズワルト:ジュリエット・ライランス
保安官:フレッド・トンプソン
保安官補:ジェームズ・ランソン
トレヴァー・オズワルド:マイケル・ホール・ダダリオ
アシュリー・オズワルド:クレア・フォーリー
ジョナス教授:ヴィンセント・ドノフリオ

アメリカ 映画
配給 サミット・エンターテインメント

2012年製作 110分
公開
北米:2012年10月12日
日本:2013年5月11日
製作費 $3,000,000
北米興行収入 $48,086,903
世界 $77,712,439


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ペンシルベニア州。
犯罪ノンフィクション作家のエリソン・オズワルト(イーサン・ホーク)は、”流血のケンタッキー”がベストセラーになるものの、その後10年ヒット作を出せずにいた。

ある考えを持ち、この地で暮らすことを決めたエリソンは、妻のトレイシー(ジュリエット・ライランス)と二人の子供トレヴァー(マイケル・ホール・ダダリオ)とアシュリー(クレア・フォーリー)とで新居に引越す。

現れた保安官(フレッド・トンプソン)は、この町で起きた忌わしい事件の真相を知ろうとするエリソンの考えを見抜き、出て行くようにと忠告する。

住民が事件を忘れようとしているという保安官の意見を聞き入れようとしないエリソンは、失踪した少女の生存を信じてそれを調べようとする。

トレイシーは、近所で事件が起きたのかをエリソンに尋ね、彼はそれを否定する。

そしてエリソンは、太い枝が人為的に切られた裏庭の木を見つめる。

その後エリソンは、屋根裏部屋にあった1960年代からの8mフィルム/スーパー8をみつける。

書斎に入ることを家族に禁じたエリソンは、今後を心配するトレイシーをベッドに残し、少女の行方を捜す調査を始める。

屋根裏部屋のフィルムを確認したエリソンは、この家で暮らしていた幸せそうな家族4人が、裏庭の木の枝を切り、その重みで吊るされ殺害映像を見て驚く。

動揺したエリソンは裏庭に向かい木を確認して、トイレに起きたアシュリーを寝かし次のフィルムを見る。

車に拘束された家族は焼き殺され、考えを巡らせるエリソンは警察に電話をするものの、それを切ってしまう。

再びフィルムを見ようとしたエリソンは、物音に気づき書斎を出る。

エリソンは、段ボールの箱から叫び声をあげて出て来た、睡眠障害の発作を起こしたトレヴァーを抱きかかえて家のに向かう。

トレヴァーを落ち着かせたエリソンは、トレイシーに秘密を打ち明けようとするものの、それは出来なかった。

翌日、再びフィルムを確認したエリソンは、プールに沈められる家族と共に、水中にいた恐ろしい顔をした男”バグール”を確認する。

しかし、フィルムが熱で焼けてしまい、エリソンは、スーパー8の編集方法を調べるものの、バグールなどの再確認が上手くいかない。

そこに、4人が首を吊られる落書きを教室にしたトレヴァーを叱りながら、トレイシーが帰宅する。

それを調べている様子のエリソンを責めるトレイシーだったが、彼は、被害者の身になり調査していることを説明する。

その後、喉を切られた家族の映像をパソコンに取り込んでチェックしたエリソンは、ある記号に気づき、セントルイスで起きた事件などを知る。

すると突然、物音と共に停電となり、屋根裏部屋を調べたエリソンは、箱のふたに描かれた、各惨殺事件の絵を見つける。

その場を離れようとしたエリソンは、床が抜けたために落下してしまう。

エリソンは傷の手当てを受け、その場に駆けつけた保安官補(ジェームズ・ランソン)に事情を説明する。

保安官補が自分のファンだと知ったエリソンは、フィルムで見た事件について調べて欲しいことを伝える。

その後も映像を調べたエリソンは、バグールが必ず現場に映っていることを確認する。

エリソンは保安官補から連絡を受け、焼き殺された一家の息子が失踪し、セントルイスの事件の家族の住所も分かり、この家に越してきた者が殺されていることを調査で知る。

その時、パソコン画面に映し出されたのは、自分が屋根裏部屋から落下する際の映像だった。

就寝後、エリソンは書斎の物音に気づき、映写機とパソコンが作動して、首吊りの映像が映し出されrていることを知る。

プリントしたバグールの顔を窓越しに確認したエリソンは、裏庭の人影を目撃する。

その場に向かったエリソンは、発作を起こしたトレヴァーがいることに気づき彼を家に連れ戻す。

裏庭の懐中電灯とバットを拾いに行ったエリソンは、襲いかかろうとする犬をなだめるが、その後方には、首を吊られた家族の姿があった。

家に戻ったエリソンは、執筆を止めるようにとトレイシーに言われるものの、再び訪れたビッグチャンスを逃す訳にはいかないと答えて彼女を説得する。

翌日、現れた保安官補から協力すると言われたエリソンは、家族の子供が連れ去られる同じ手口の事件について話す。

事件がオカルト的だと判断した保安官補は、その専門家である、ジョナス教授(ヴィンセント・ドノフリオ)の協力を得るべきだと提案する。

芝刈り機で惨殺される家族の映像をチェックしたエリソンは、ジョナスからの連絡を受け、現場に残された記号のような絵についての説明を受ける。

その夜、再び映写機が動いていることに気づいたエリソンだったが、姿を現す子供達の亡霊には気づかない。

しかし、部屋の壁にバグールの絵を描き目を覚ましていたアシュリーは、亡霊の子供に気づく。

エリソンはフィルムと映写機を片付けてしまい、夜が明けて、彼を訪ねた保安官補は、彼が家族にこの家の秘密を話していないことを知る。

保安官補は、奇妙な現象を体験していることをエリソンから聞き、彼の酒の量が増えていることを心配する。

その後、アシュリーが前の住人の子供の絵を描いたことを知ったトレイシーは、裏庭で家族が死んだ話をエリソンから聞いて驚き彼を責める。

小説を書くことが自分の使命であり、全て家族のためにしたと説明するエリソンの話を、トレイシーは聞き入れない。

その夜も何かを感じたエリソンは、屋根裏部屋でフィルムを見る、殺された子供達の亡霊を目撃する。

驚いて梯子から滑り落ちたエリソンは、映写機とフィルムを裏庭で燃やす。

エリソンは、家を出て行くことをトレイシーに伝え、子供達を連れてその場を離れる。

スピード違反で保安官に止められたエリソンは、忠告通り町を出ることと、本は書かないことを彼に伝え、それを聞いていたトレイシーは喜ぶ。

以前住んでいた家に戻ったエリソンは、保安官補からの電話を無視し、記号についてのジョナスの連絡を受ける。

パソコンの映像を消去したエリソンは、屋根裏部屋に資料を仕舞おうとする。

しかしエリソンは、その場の箱に映写機とフィルムがあることに気づき驚く。

更にエリソンは、未公開のエンディング・フィルムがあることを知る。

それを他のフィルムと繋ぎ合せたエリソンは、保安官補からの電話に出て、殺された各家族の関連性を知らされる。

その日付と住所が、ひとつ前に住んでいた家で起きていることと、自分が引越したために、事件の連鎖に加わったこともエリソンは知らされる。

繋ぎ合せたフィルムを見たエリソンは、失踪した子供達が犯人だったことを知り愕然とする。

”パパおやすみ”というメモを見て驚くエリソンは、現れたアシュリーに拘束される。

エリソンは、8ミリカメラを手にしたアシュリーに斧で殺される。

家族を殺害したアシュリーは、それを箱のふたに描いて、フィルムに現れた子供達を見つめる。

アシュリーは、現れたバグールにフィルムの中に連れ去られる。

”ハウス・ペインティング2012年”と記されたフィルムケースは箱に仕舞われる。

そして、再びバグールが現れる。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

ペンシルベニア州。
ベストセラー作家だったエリソン・オズワルトは、ここ10年ヒット作を出せずに焦っていた。
ある惨殺事件のあった家に引越したエリソンは、妻トレイシーや子供達トレヴァーとアシュリーには秘密にして、事件の真相を究明しつつ、それを題材にして小説を書こうとする。
屋根裏部屋で8mフィルム/スーパー8を見つけたエリソンは、家族4人が吊るされ殺害される痛ましい映像を確認する。
エリソンは、失踪した家族の娘の行方を調べようとするものの、他の事件のおぞましい殺害映像を見て動揺してしまう。
そんなエリソンは、事件現場に現れる”バグール”(謎の男)とある記号に気づき、自分のファンである保安官補の協力も得るのだが・・・。
__________

一家惨殺事件を調べようとする作家の恐怖体験自体は新鮮味はないのだが、そのヒントとなるおぞましい映像が、”スーパー8”に収められているという発想と小道具の使い方が興味深い。

50年近い間に起きた複数の事件であるために、その映像が、1965年に”コダック”が発表した、当時の家庭で親しまれた製品だというところが面白い。

熱でフィルムが焼けてしまったり、フィルムを繋ぎ合せる方法なども登場し、懐かしく思う方も多いはずだ。

そのレトロな映像を活かした生々しい映像などが、怪奇現象や亡霊とは違う恐怖感を煽る、スコット・デリクソンのシンプルな演出もなかなかいい。

いつの間にか40歳を過ぎたイーサン・ホークは父親役となり、家族のためにした行為により恐怖の体験をする、犯罪ノンフィクション作家を熱演している。

主人公の妻役ジュリエット・ライランス、主人公の存在を迷惑に思う保安官のフレッド・トンプソン、主人公のファンで協力する保安官補ジェームズ・ランソン、主人公の子供達のマイケル・ホール・ダダリオとクレア・フォーリー、そして、大学教授役でパソコンの映像のみの出演となるヴィンセント・ドノフリオなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター