スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー Sky Captain and the World of Tomorrow (2004) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1930年代を舞台に戦闘機パイロットをヒーローとした、製作、主演ジュード・ロウグウィネス・パルトローアンジェリーナ・ジョリージョバンニ・リビシ他共演、監督ケリー・コンランによるCGを駆使したSF冒険アクション大作。


SF

アンジェリーナ・ジョリー / Angelina Jolie 作品一覧


スタッフ キャスト ■

監督:ケリー・コンラン
製作
ジュード・ロウ
サディ・フロスト
ジョン・アヴネット
脚本:ケリー・コンラン

撮影:エリック・アドキンス
編集:サブリナ・ピスコ
音楽:エドワード・シェアマー

出演
ジュード・ロウ:スカイキャプテン/ジョセフ”ジョー”サリヴァン
グウィネス・パルトロー:ポリー・パーキンス
アンジェリーナ・ジョリー:フランキー
ジョバンニ・リビシ:デクスター”デックス”ディアボーン
バイ・リン:謎の女
オミッド・ジャリリ:カジ
トレヴァー・バクスター:ジェニングス博士
ローレンス・オリヴィエ:トーテンコフ博士

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
2004年製作 106分
公開
北米:2004年9月17日
日本:2004年11月27日
製作費 $70,000,000
北米興行収入 $37,760,080
世界 $57,958,696


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1939年、ニューヨーク
飛行船ヒンデンブルグ3世号がドックに入港し、科学者が失踪する事件が起きる。

クロニクル社の記者ポリー・パーキンス(グウィネス・パルトロー)は、次の失踪者の情報を入手しラジオシティ・ミュージックホールに向かう。

そこに現れたジェニングス博士(トレヴァー・バクスターは、自分が、”トーテンコフ”という人物に最後に狙われると言い残し立ち去る。

その時、巨大ロボット軍団がニューヨークを襲い、それを取材するポリーに危険が迫る。

しかし、スカイキャプテン/”ジョー”サリヴァン(ジュード・ロウ)がポリーを救う。

世界各地の都市が同じように襲撃を受け、各国軍が共同戦線を張る一方で、世界の指導者は、ジョーと傭兵部隊に事件の解明を依頼した。

その頃ジョーは、天才エンジニアのデクスター”デックス”ディアボーン(ジョバンニ・リビシ)に、捕獲したロボットを制御する電波の発信地を調べさせる。

かつてジョーと恋仲だったポリーは、彼に情報を求め、ロボットが、3年前から各地に出現していたということを知る。

ポリーはその引き換えに、”トーテンコフ”とその秘密結社”ユニット・イレブン”、そして、ロボットが関係があることをジョーに告げる。

ジェニングス博士の研究室を調べたジョーとポリーは、何者かに襲われる。

そして博士は、あるガラス管をポリーに渡して息を引き取る。

再びニューヨークは飛行物体の攻撃を受け、ジョーとポリーは敵の追撃を振り切るものの、デックスがロボットに捕らえられてしまう。

デックスは、ロボットを操作している電波の発信地を見つけ、ジョーとポリーに、その位置を知らせるメモを残してあった。

そのメモを参考に、ネパールに向かった二人は、元外人部隊の偵察員カジ(オミッド・ジャリリ)と接触し、雪山の奥地の、廃鉱になったウラニウム鉱山にたどり着く。

ガラス管を、現れた男に渡したポリーは、ジェニングス博士に、それをトーテンコフに渡せば、世界は終わってしまうと言われたことをジョーに告げる。

廃鉱内のダイナマイトが爆破され、外に吹き飛ばされたジョーとポリーそしてカジは、シャングリラの宮殿で介抱される。

そこで手がかりを得たジョーとポリーは、イギリス海軍移動偵察基地の指揮官、フランキー(アンジェリーナ・ジョリー)に助けを求めるために、空中移動基地に向かう。

フランキーの協力を得て、トーテンコフが潜むであろう島を見つけたジョーは、海中から島内部に侵入する。

そしてジョーは、科学の粋を結集した巨大”箱舟”ロケットを発見する。

二人はロボットに見つかるが、逃げ延びたたデックスに助けられ、救出した”ユニット・イレブン”と言われる科学者らと共に脱出する。

トーテンコフは人類滅亡を信じ、新文明の礎を宇宙に運ぶ”ワールド・オブ・トゥモロー”計画を、実行しようとしていたのだ。

ジェニング博士のガラス管はアダムとイヴで、それを奪い返されロケットの発射は阻止できない状況の中、発射されると、そのブーストで、地球が灰になってしまうことをジョーは知る。

発射を阻止できるトーテンコフの元に向かった一行だったが、既に彼は20年前に死亡していた。

ジョーは、ロケットの発射阻止で脱出できなくなることを知り、ポリーを気絶させデックスに任せる。

そしてジョーは、自らが犠牲になりロケットに向かうものの、”謎の女”(バイ・リン)が立ちはだかる。

ポリーが現れ”謎の女”を倒すのだが、ロケットは発射されてしまう。

間一髪でブーストを阻止したジョーとポリーは、ポッドで脱出する。

たった一枚残っていたカメラのフィルムで、ポリーはジョーの写真を撮るが、レンズ・キャップが付いたままだった。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

1939年、ニューヨーク
飛行船ヒンデンブルグ3世号が入港し、科学者が失踪する事件が起きる。
クロニクル社の記者ポリーは、次の失踪者の情報を、科学者のジェニングス博士から入手する。
その直後、巨大ロボット軍団が街を襲い、取材するポリーに危険が迫るが、元恋人のスカイキャプテン/”ジョー”サリヴァンが現れ彼女を救う。
世界各地の都市が被害を受け、各国の指導者は、ジョーらに事件の解明を依頼する。
ジョーは、天才エンジニアのデックスの協力を得て、ポリーと共にジェニングス博士の研究室に向かう。
そして、ジョーとポリーは、襲われた博士が息を引き取る前に、彼からあるガラス管を受け取るのだが・・・。
__________

その時代にあるはずない兵器やロボット、さらに”箱舟”なる宇宙ロケットなど、トーンを落としたぼやけた映像も含め、レトロなムード漂う、独特の雰囲気と楽しさがある作品。

ニューヨークを襲うロボットの大軍や、空と海中を自在に飛行する戦闘機、さらに空中移動基地など、アイデア満載の娯楽作品に仕上がっている。

製作費の割には、商業的に成功したとは言えなかった作品なのだが、アニメーションのような、ユーモアを交えたサスペンス・タッチの展開も興味深い。

製作費 $70,000,000
北米興行収入 $37,760,080
世界 $57,958,696

空軍パイロットと言うより、冒険家タイプの主人公ジュード・ロウ、特ダネを狙い最後までカメラのフィルムを残すのだが、ラストで大失敗する落ちがおかしい敏腕記者グウィネス・パルトロー、アイパッチが凛々しい空中移動基地の司令官アンジェリーナ・ジョリーなどのスターが、楽しみながら演じている様子がよくわかる。

天才エンジニア役のジョバンニ・リビシも、彼のイメージに合ったキャラクターを好演している。

謎の女バイ・リン、元外人部隊の偵察員役オミッド・ジャリリ、科学者役のトレヴァー・バクスター、そして、ローレンス・オリヴィエが、事件の黒幕トーテンコフ博士として、写真やイメージ映像で登場するのも注目だ。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター