007/スカイフォール Skyfall (2012) 5/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

イアン・フレミングの創作キャラクターである”ジェームズ・ボンド”を主役にしたスパイ劇”007シリーズ”50周年を記念して製作された第23作。
テロ組織に潜入するNATOの諜報員リスト奪還に失敗したジェームズ・ボンドが、それを利用して、上司Mへの復讐を企む元諜報員との戦いを描く、監督サム・メンデスダニエル・クレイグジュディ・デンチハビエル・バルデムレイフ・ファインズナオミ・ハリス他共演のスパイ・アクション大作。


007シリーズ


スタッフ キャスト ■

監督:サム・メンデス
製作総指揮:カラム・マクドーガル
製作
マイケル・G・ウィルソン

バーバラ・ブロッコリ
原作:イアン・フレミング
脚本
ジョン・ローガン

ニール・パーヴィス
ロバート・ウェイド
撮影:ロジャー・ディーキンス
編集:スチュアート・ベアード
音楽:トーマス・ニューマン
主題歌:アデルスカイフォール

出演
ジェームズ・ボンド:ダニエル・クレイグ
M:ジュディ・デンチ
ラウル・シルヴァ/ディアゴ・ロドリゲス:ハビエル・バルデム
ギャレス・マロリー:レイフ・ファインズ
イヴ・マネーペニー:ナオミ・ハリス
セヴリン:ベレニス・マーロウ
キンケイド:アルバート・フィニー
Q:ベン・ウィショー
ビル・タナー:ロリー・キニア
パトリス:オーラ・ラパス
クレア・ダワー:ヘレン・マックロリー
ホール博士:ニコラス・ウッドソン
本人:ヒュー・エドワーズ
本人:ウルフ・ブリッツァー

イギリス/アメリカ 映画
配給
MGM

コロンビア・ピクチャーズ
2012年製作 143分
公開
イギリス:2012年10月26日
北米:2012年11月9日
日本:2012年12月1日
製作費 $200,000,000
北米興行収入 $304,360,277
世界 $1,108,561,013


アカデミー賞 ■

第85回アカデミー賞
・受賞
音響編集賞
歌曲賞/主題歌:
アデルスカイフォール
・ノミネート
撮影・録音・作曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

トルコイスタンブール
MI6の諜報員ジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、イヴ・マネーペニー(ナオミ・ハリス)と共に、ある情報が入ったハードディスクを追う。

同僚工作員は銃撃され、ボンドは、MI6本部の上司M(ジュディ・デンチ)とビル・タナー(ロリー・キニア)の指示を受けながら、情報を持ち去った傭兵パトリス(オーラ・ラパス)を追う。

市街のカーチェイスと銃撃戦、バイクでの追跡、そして、列車上で銃弾を受けながら、ボンドはパトリスを追い詰める。

しかし、Mから命ぜられてマネーペニーが放った弾丸はボンドを捉える。

ボンドは橋から川に落下し、この作戦は失敗に終わる。

ロンドンMI6本部。
Mは、ボンドが
トルコで殉職したという報告書を作成する。

翌日、情報国防委員会委員長ギャレス・マロリー(レイフ・ファインズ)に呼ばれたMは、テロ組織に潜入しているNATO諜報員のリスト奪還の失敗の責任を問われる。

マロリーに辞職を促されたMは、それを拒みその場を立ち去る。

タナーと共に本部に戻ろうとしたMは、奪われたドライブの解読が行われているという報告を受ける。

それを車内で調べたタナーは、本部のシステムが破られ、MのPCがハッキングされていることを彼女に伝える。

”自分の罪を思い出せ”というメッセージを確認したMは、停車させられた車内から外に出たところで、MI6本部が爆破されるのを目撃する。

同じ頃、一命を取り留めていたボンドは、Mが自分を銃撃する命令を下したことなどでショックを受けながら、現地で酒に溺れる日々を送っていた。

そんなボンドは、MI6本部爆破及び職員死亡と多数の負傷者が出たことを知る。

ロンドン
8人の職員死亡に心を痛めるMは、帰宅後、ボンドがその場にいることに気づく。

自分を撃つ指示を出したことを問い、その状況下で最善を考えた、Mの意見を確認したボンドは、現場への復帰テストを受けることになる。

移動した秘密の本部の訓練施設に向かったボンドは、タナーから、今回のテロ行為の詳細説明を受けながらトレーニングを続ける。

ボンドは、相手が、Mの香港時代に接触した者で、その目的は不明だと知る。

精神科医ホール(ニコラス・ウッドソン)の心理テストを受けたボンドは、”スカイフォール”と言われ、言葉が詰まってしまう。

体力は戻りつつあるものの、手の震えから射撃の正確性に欠けるボンドは、撃たれた肩に残った榴散弾を自ら摘出して分析させる。

ボンドは、マロリーの助手となり戻っていたマネーペニーに再会する。

Mから、テスト結果の合格を伝えられ、現場復帰することになったボンドだったが、その場に立ち会ったマロリーは、二人の、上司と部下以上の”情”について懸念を示す。

摘出した弾が、軍隊仕様の劣化ウラン弾だったことをタナーから知らされたボンドは、自分が追った謎の男”パトリス”を確認する。

パトリスが上海に現れることを知ったボンドは、彼を確保して、雇い主とリストの所在を突き止め、死亡した工作員の仇を討つようMに命ぜられる。

タナーは、ボンドの様子を見て不安を感じ、Mは、彼が実は不合格だったことを知らせる。

美術館で武器担当のQ(ベン・ウィショー)に会ったボンドは、彼の若さとひ弱さに驚く。

ハイテクを駆使すれば敵なしと豪語するQから、ボンドは航空券と”ワルサーPPK/S”、無線送信機を渡される。

上海
パトリス到着を確認したボンドは、あるビルに侵入した彼を追う。

ボンドは、向かいのビルの男を射殺したパトリスに襲いかかるが、彼からリストの場所を聞き出すことができず落下させてしまう。

向かいのビルから、女性(ベレニス・マーロウ)がこちらを見ていることを確認したボンドは、パトリスの所持品から、マカオに手がかりがあること掴む。

その頃Mは、自宅のPCもハッキングされ、”罪を思い出したか?”と脅される。

Mは、5人の諜報員の身元がバレたことを知り、それをタナーに伝え、救出命令を出す。

相手は、毎週5人ずつを公表することと、再び罪を思い出せというメセージをMに送る。

マカオ
ボンドは、現地に現れたマネーペニーから、Mに届いた情報を知らされ、彼女がマロリーのスパイかとも疑う。

その後、ボンドとマネーペニーは別行動でカジノに向かい、彼は、400万ユーロを換金して、その場にいた上海の女性セヴリン(ベレニス・マーロウ)と言葉を交わす。

無線機を外してバーに向かい、セヴリンと話したボンドは、ボスに会わせることを要求するのだが、彼女は席を立とうとする。

ボンドは、セヴリンが監視されている売春婦だと見抜き、怯える彼女を救うことと、ボスを倒せることを約束して会わせるようにと言い寄る。

命が狙われていることをボンドに知らせたセヴリンは、無事ならば、波止場のヨットに来るよう彼に伝える。

セヴリンの監視に襲われたボンドだったが、彼らを倒し、マネーペニーに金を渡してその場を去る。

その後、ボンドはセヴリンのヨットに向かい、二人は愛し合う。

リストの諜報員は無残な殺され方をして、叩かれるMI6の現状を、事務的に報告しようとするマロリーだったが、相手が自分達と同類だと言って、徹底抗戦する考えをMは伝える。

翌日、囚われの身になったボンドとセヴリンは、廃墟になった島に向かい、彼は、ラウル・シルヴァ(ハビエル・バルデム)と対面する。

かつてMI6に籍を置いたシルヴァは、香港支局時代に中国当局に捕えられ、上司のMに見捨てられたことで、彼女に恨みを持っていたのだった。

シルヴァは、Mを信じるボンドに、不適合だったテスト結果を隠し、自分を追わせた囮に使われたこと言い張る。

情報の操作で、全てを操れることを教えたシルヴァは、ボンドの前で、痛めつけたセヴリンを射殺する。

ボンドは隙を見て銃を奪い、発信機で呼び寄せた救援隊の到着を確認してシルヴァを捕える。

ロンドン
拘束されたシルヴァに会ったMは、自分に対する彼の恨みの程を知る。

本名を”ディアゴ・ロドリゲス”というシルヴァは、身勝手な行動で中国側をハッキングしたため、Mは彼を見捨てて、6人の部下と交換したことをボンドに知らせる。

Mが出席する、今回の件の審問会が開かれる中、Qは、シルヴァのPCの解析を始める。

ところが、その操作によりシステム侵入が始ってしまい、ハッキングされ、シルヴァは拘束室から脱出する。

それに気づいたボンドは、Qの誘導で、警官に扮したシルヴァを追い地下鉄路線に向かう。

地下鉄に乗るよう指示を受けたボンドは、シルヴァが、審問会のMの元に向かっていることに気づき、それをQに知らせる。

退避を勧めるタナーの意見を退け、Mはその場に残り、議員クレア・ダワー(ヘレン・マックロリー)の厳しい追及に反論を始める。

ボンドは、地下鉄を降りて逃亡するシルヴァを追い詰めるが、彼は、爆破を起こして車両事故を発生させる。

シルヴァは、審問会に押し入りMを殺そうとするのだが、ボンドが現れ、マロリーやマネーペニーの協力もあり彼女の命を救う。

車でMを待ったボンドは、逃走したシルヴァを追わずに彼女の安全を確保する。

ボンドは、追跡装置のない”アストンマーチン・DB5”に乗り換えて”過去”に戻ろうとする。

シルヴァを誘い込むことをボンドに指示されたQは、クビを覚悟でそれを実行するが、そのことを知ったマロリーは、彼の行動を止めようとしなかった。

スコットランド
生まれ育った家族の所有地”スカーフォール”に着いたボンドは、昔からの猟場の番人キンケイド(
アルバート・フィニー)に再会し、Mを紹介する。

ボンドは、現れる敵とそれに対抗することをキンケイドに伝えて準備を始めるのだが、武器は猟銃一挺しかなかった。

キンケイドは、猟場に向かえる、宗教改革時代の抜け道Mにを教えて、ボンドらは、その場にある物だけを利用してシルヴァの襲撃に備える。

やがてシルヴァの部下が現れ、ボンドらはそれを迎え撃ち撃退する。

シルヴァの姿がないことを確認したボンドは、ヘリコプターで現れた彼の攻撃を受ける。

Mとキンケイドを抜け道に向かわせたボンドは、シルヴァの手榴弾攻撃を回避する。

傷を負ったMは何んとか猟場に脱出し、ボンドは、ガス・ボンベとダイナマイトを利用して屋敷を吹き飛ばし、抜け道に向かいその場から逃れる。

爆破でダメージを受けたシルヴァだったが、猟場のMを確認して彼女を追う。

抜け道を出たボンドは、凍った池でシルヴァに見つかり、彼の部下と共に氷が割れて水中に落下するが、相手を倒して水中から脱出する。

シルヴァは、ボンドの両親の墓地がある、チャペルに逃げ込んだMを見つけ、彼女の傷を確認する。

共に死ぬことを伝えて、シルヴァは、Mのこめかみに拳銃を当て自分の顔も添える。

そこに現れたボンドは、シルヴァの背中にナイフを放ち彼を倒す。

ボンドは倒れたMを抱きかかえるが、彼女は、”一つ正しかった”と言い残し、静かに息を引き取る。

葬儀を終えたボンドは、マネーペニーから、Mの遺品として、ブルドッグの置物を渡される。

マネーペニーと共にオフィスに向かったボンドは、自分達の新しい上司”M”(マロリー)から、新たな任務を命ぜられる。

ボンドは、それを快く引き受ける。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

MI6諜報員ジェームズ・ボンドは、テロ組織に潜入するNATOの諜報員リスト奪還に失敗する。
上司Mの命令で狙撃され、死んだと思われたボンドだったが、一命を取り留め、心に傷を負いながら酒に溺れる日々を送る。
そんな時、Mに恨みを持つ元部下により、
MI6のシステムがハッキングされて、本部は爆破される。
それを知ったボンドは、
ロンドンに戻りMの前に現れ、テストを受けて現場に復帰する。
情報国防委員会委員長マロリーの辞職勧告を拒むMは、リストを奪った傭兵が上海に現れることを知る。
そしてMは、今回事件の黒幕である元部下シルヴァの所在を突き止めるよう、ボンドに命ずるのだが・・・。
__________

シリーズ50周年の記念作品だけあり、スパイ劇の原点に戻る構成が素晴らしい。

殺しのライセンスを得た諜報員”ジェームズ・ボンド”が最前線で活躍を始めて、彼と並ぶシリーズの顔であるキャラクター”M”とその秘書”マネーペニー”誕生秘話、更にボンドの生い立ちが描かれる内容は、ファンの心を捉え、身震いするほどの感激すら覚える見事な仕上がりとなっている。

提供される装備品は、”ワルサーPPK/S”と無線送信機のみ、”過去”に戻ると言う主人公ボンドが乗り換える”アストンマーチン・DB5”の登場は涙ものだ。

おもちゃのような秘密兵器に頼らない、古風な肉体アクションの持つ迫力を、十分に生かしたサム・メンデスの演出、”ジェームズ・ボンドのテーマ”をやたらには使わずサラリと挿入したトーマス・ニューマンの音楽、そして、激しさ、品格、優雅、さらには、幻想的なまでに美しいロジャー・ ディーキンスの映像美、現代映画界最高レベルの才能を結集した、スパイ映画の傑作と言える作品。

第85回アカデミー賞では、音響編集と歌曲賞(主題歌:アデルスカイフォール”)を受賞した。
・ノミネート
撮影・録音・作曲賞

興行収入は他作を圧倒し、北米で約3億ドル、全世界ではなんと10億1000万ドルを超す、とてつもない記録を打ち立てた。

彼を引き継げるボンド役がいるだろうかと思えるような、50年前のショーン・コネリーの、その圧倒的な存在感を継承しているとも言える主役ダニエル・クレイグは、月並みな表現だが、男の目から見ても惚れ惚れしてしまう。

小柄ではあるが、周囲を制圧する雰囲気、鍛え抜かれた肉体と強靱な精神力、そして鋭い眼差しは、永遠にボンド役を務めて欲しいと考えてしまうほどだ。

本作のもう一人の主役はボンドの敵役ではなく、上司Mであるというストーリーもいい。

様々な面で追い込まれるMと、扱いにくい部下ではあるボンドとの互いの”情”を、押しつけがましくなく描いた内容も見逃せない。

そのM役を、80歳に近い大ベテランのジュディ・デンチが見事に演じ、彼女の後任となる情報国防委員会委員長役のレイフ・ファインズが、ドラマでは対立気味ではあるが、演技でしっかりと支えているという雰囲気だ。

敵役として、主演者の存在を邪魔しない感じでいながら、異様なムードで怪演する、ハイテクのスペシャリストでもあるハビエル・バルデム、冒頭で、”マネーペニー”が工作員なのかと驚かされるが、その役割が確立するラストで、全く違った名物キャラクターとしてファンを納得させるMの秘書となるナオミ・ハリス、悪の手先でもある謎の女ベレニス・マーロウ、ボンドの領地の猟場の番人アルバート・フィニー、現代感覚に合わせた武器担当者として登場するQのベン・ウィショー、Mの補佐として、前作から続投のロリー・キニア、リストを奪った傭兵役のオーラ・ラパス、審問会でM追求する議員ヘレン・マックロリー、精神科医役のニコラス・ウッドソン、本人役で、ヒュー・エドワーズウルフ・ブリッツァーら著名なジャーナリストも登場する。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター