愛がこわれるとき Sleeping with the Enemy (1991) 3.2/5 (20)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

暴力的な夫から逃れ、名前を変えて新たな人生を始めた女性に襲いかかる恐怖を描く、主演ジュリア・ロバーツパトリック・バーギン他共演、監督ジョセフ・ルーベンによるサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■

監督:ジョセフ・ルーベン
脚本:ロナルド・バス
製作:レナード・ゴールドバーグ
撮影:ジョン・リンドリー
編集:ジョージ・ボワーズ
音楽:ジェリー・ゴールドスミス

出演
ローラ・ウィリアムズ・バーニー/サラ・ウォーターズ:ジュリア・ロバーツ

マーティン・バーニー:パトリック・バーギン
ベン・ウッドワード:ケヴィン・アンダーソン
クロエ・ウィリアムズ:エリザベス・ローレンス
ジョン・フライシュマン:カイル・セコー
ライズナー医師:クローデット・ネヴィンズ
ガーバー:ハーレイ・ヴェントン

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

1991年製作 97分
公開
北米:1991年2月8日
日本:1991年4月19日
製作費 $19,000,000
北米興行収入 $101,599,005
世界 $174,999,005


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ケープコッド
海岸を見下ろす別荘で休暇を楽しむローラ・ウィリアムズ・バーニー(ジュリア・ロバーツ)は、夫マーティン(パトリック・バーギン)と、一見、幸せそうな生活をしていた。

ボストンで経営コンサルタントをするマーティンは、優秀ではあるが”強迫性パーソナリティ障害”であるため、ローラは常に気を使っていた。

ある日マーティンは、神経科医であるジョン・フライシュマン(カイル・セコー)がヨットで海岸に現れたのを知り挨拶する。

ジョンからローラのことなどを聞かれたマーティンは、彼女が泳げないために船には乗らないと話すものの、セーリングに誘われる。

別荘に戻ったマーティンは、ハンサムな医師ジョンと会ったのかをローラに問い、興奮して彼女に暴力を振るう。

落ち着いたマーティンはローラに謝罪し、ジョンにセーリングに誘われたことを伝える。

ローラは尽していることをマーティンに伝えながら、まるでモンスターの様に豹変する彼を非難する。

マーティンは、わざとしている行為ではないことを強調し、セーリングの後で話し合うことを約束して、二人はジョンのヨットに向かう。

ヨットは沖に出るが、月夜のはずが嵐になり、ローラが姿を消してしまう。

マーティンは、泳げないローラを必死に捜すものの見つけることができず、彼女の葬儀が行われる。

しかし、泳ぎを習っていたローラは、チャンスを待ち逃亡を計画していたのだった。

事故に見せかけたローラは、浜辺に泳ぎ着いて別荘に向かい、変装してバスで旅立つ。

アイオワ州、シーダー・フォールズ
”サラ・ウォーターズ”と名前を変えたローラは、一軒家を借りて気ままな生活を始める。

ローラは、隣人で地元の大学の演劇講師ベン・ウッドワード(ケヴィン・アンダーソン)と知り合うが警戒する。

その頃マーティンは、ローラがYWCAで水泳を習っていたことを知る。

マーティンは、別荘に向かいローラの遺品を調べ、トイレに捨ててあった指輪を見つけて、生きていた彼女が一旦この場に戻ってきたことに気づく。

ローラはベンから食事に招待されるものの、多くを語りたくない心境ではあった。

老人ホームに向かったマーティンは、ローラが、亡くなったはずの母親を引き取ったことを知らされる。

ベンの紹介で大学の図書館で働くようになったローラは、彼に好意を伝えられるものの、それを受け入れることができない。

マーティンは、ローラを捜しだすために探偵を雇い、彼女の母親クロエ(エリザベス・ローレンス)の元に向かう。

優しく接してくれるベンと親交を深めたローラだったが、やはり彼の愛を受け入れることができない。

男に酷い仕打ちを受けたことを察したベンは、ローラから夫の話を聞かされ、彼女の心の支えになろうとする。

男装して老人ホームにいる母クロエの元に向かったローラは、目の不自由な彼女にマーティンと別れたことを伝える。

ベンのことなども話したローラは、クロエに励まされてその場を去るが、施設内にいたマーティンは、男が面会に来たことを知り、それを追うものの姿は見えなかった。

家に戻ったローラは、自分を守ってくれるというベンの愛を受け入れる。

刑事と偽りクロエに近づいたマーティンは、ローラの居場所や、彼女が演劇講師と付き合っていることを聞き出す。

マーティンは、大学でベンの存在を確認して、彼とローラが楽しい時を過ごす姿を監視する。

帰宅したローラは何かを感じて警戒するものの、その後もベンと過ごす。

家に戻ったローラは、CDの音楽やバスタブから溢れる水、そして、整理されている戸棚の中身を見て、マーティンが現れたことに気づき怯える。

マーティンはローラに近づき、現れたベンに返事をするよう彼女に指示する。

ローラはベンに帰ってもらうが、彼は家に押し入りマーティンに襲いかかる。

マーティンは、ベンを叩きのめしてローラに寄り添うが、彼女は抵抗して銃を奪う。

ローラは警察に電話をして、押し入った男を殺したことを伝えマーティンを銃撃する。

息のあったマーティンは銃を拾い、ローラに向けて引き金を引くが、弾は残っていなかった。

マーティンは息絶え、ローラはベンを介抱し二人は抱き合う。

横たわるマーティンの手元には、ローラの結婚指輪が落ちていた。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

ローラ・ウィリアムズ・バーニーの夫マーティンは、有能な経営コンサルタントではあったが、”強迫性パーソナリティ障害”であり潔癖症で暴力的だった。
怯えるローラは、ヨットでのセーリング中、嵐ので事故死ししてしまう。
しかし、泳げなかったはずのローラは水泳を習い、マーティンから逃れるチャンスを待っていたのだった。
サラと名前を変えて、アイオワの田舎町に移り住んだローラは、隣人の大学講師ベンに好意を示される。
しかし、男性に酷い仕打ちを受けていたローラは、ベンの愛を受け入れられない。
その頃マーティンは、ローラが水泳を習っていたことを知り、彼女が生きていることを確信する・・・。
__________

前年の「プリティ・ウーマン」(1990)でブレイクしたジュリア・ロバーツが、それとは全く違う役に挑戦して話題となった作品。

夫の暴力から逃れる妻の物語自体に新鮮味があるわけではないが、若くて美しく魅力的なジュリア・ロバーツが、画面に登場しているだけでファンは満足という、何でも受け入れてしまった時代の作品。

事故を偽装するものの、簡単に見破られる生きている証拠を残してしまうところなど、違った脚本で工夫を凝らして欲しかった気もする。

作品の評価よりも、とにかくジュリア・ロバーツの人気先行という感じは否めないが、北米興行収入は1億ドルを突破して、全世界でも約1億7500万ドルのヒットとなった。

ドラマにマッチした、ジェリー・ゴールドスミスの音楽が何とも印象的だ。

異常者にしか見えない、主人公の夫パトリック・バーギン、主人公の支えとなる大学講師ケヴィン・アンダーソン、主人公の母親エリザベス・ローレ、セーリングをするカイル・セコー、老人ホームの医師クローデット・ネヴィンズなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター