硝子の塔 Sliver (1993) まだ評価されていません。


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ローズマリーの赤ちゃん」( 1968)や「ブラジルから来た少年」(1978)の原作で知られるアイラ・レヴィンが、1991年に発表した”Sliver”を基に製作された作品。
高層マンションの住人になった女性が怪死事件に巻き込まれる、監督フィリップ・ノイス、主演シャロン・ストーンウィリアム・ボールドウィントム・ベレンジャーマーティン・ランドー他共演による愛欲のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■

監督:フィリップ・ノイス
製作総指揮
ハワード・コッチJr.

ジョー・エスターハス
製作:ロバート・エヴァンス
原作:アイラ・レヴィン
脚本:ジョー・エスターハス
撮影:ヴィルモス・ジグモンド
編集
リチャード・フランシス=ブルース
ウィリアム・ホイ

音楽:ハワード・ショア

出演
カーリー・ノリス:シャロン・ストーン

ジーク・ホーキンス:ウィリアム・ボールドウィン
ジャック・ランズフォード:トム・ベレンジャー
ガス・ヘイル:キーン・カーティス
アレックス・パーソンズ:マーティン・ランドー
ヴァイダ・ウォーレン:ポリー・ウォーカー
ヴィクトリア・ヘンドリックス:CCH・パウンダー
ジュディ・マーク:コリーン・キャンプ
エヴリン・マカヴォイ:ニナ・フォック
サマンサ・ムーア:アマンダ・フォアマン

アメリカ映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ

1993年製作 107分
公開
北米:1993年5月21日
日本:1993年10月30日
製作費 $40,000,000
北米興行収入 $36,300,000
世界 $116,300,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ニューヨーク
出版社で働く編集者で、35歳のカーリー・ノリス(シャロン・ストーン)は、高層マンションに引っ越す。

引越しの際カーリーは、住人でゲームソフトのデザイナー のジーク・ホーキンス(ウィリアム・ボールドウィン)に挨拶される。

その後カーリーは、近所のスーパーで、同じ住人であるニューヨーク大学の講師ガス・ホール(キーン・カーティス)という男性に声をかけられる。

ガスは、カーリーの部屋の前の住人で友人の”ナオミ・シンガー”という女性に彼女が似ていることを伝える。

さらにガスは、ナオミが部屋で飛び降り自殺したことも伝える。

カーリーは、ボスのアレックス・パーソンズ(マーティン・ランドー)から、同じマンションに住む元新聞記者で 作家のジャック・ランズフォード(トム・ベレンジャー)を紹介され、隣の部屋のヴァイダ・ウォーレン(ポリー・ウォーカー)とも知り合いになる。

ジークから電話をもらったカーリーは、予定しているカクテル・パーティーに彼を誘う。

翌日、不躾なジャックの態度に気分を害したカーリーは、 ガスが首の骨を折る事故で死亡したことを知らされる。

カーリーは、怪死が続くマンションの事故について調べ、 確かに”ナオミ”が自分に似ていることを確認する。

そんなカーリーはパーティーを開き、招待していないのにも拘らず現れたジャックを仕方なく招きいれ、ジークを歓迎する。

カーリーとジークは親交を深め、やがて二人は愛し合い、 彼がマンションのオーナーだということが分かる。

ジークがカーリーの居住を承認したのだが、彼は密かに、住人を隠しカメラで監視していた。

そんなジークの正体を知るジャックは、彼を警戒するようにカーリーに伝える。

カーリーは、その忠告を気にしながらも、ジークとの愛にのめり込む。

そんな時、ヴァイダが何者かに殺害され、その気配を感じたカーリーが殺害現場に向かい、その場にいたジャックを痛めつける。

カーリーは、刑事のヴィクトリア・ヘンド リックス(CCH・パウンダー)に事情を聞かれ、ジャックはヴァイダとの関係を疑われ、状況証拠から、彼が犯人の可能性が
高まる。

その後カーリーは、ジークのモニタールームを見せられてショックを受けるが、次第にそれに興味を示し、自分達が愛し合っているビデオも見せられる。

部屋に戻ったカーリーは、ジークの事故死した母親が、自分にそっくりだとジャックに言われて写真を見せられ、彼は、落としいれられたことをカーリーに伝える。

ジークを誘き出したジャックだったが、彼はナオミを殺したことを問い詰められて動揺する。

二人は格闘になり、カーリーが、ジャックの拳銃で彼を射殺してしまう。

カーリーはヘンドリックスの事情聴取を受け、ナオミと付き合っていたというジャックが、合鍵を持っていた証拠が見つかる。

しかし、ジークを疑ったカーリーは、録画テープをチェックし、彼がヴァイダやナオミと愛し合っていたことを知る。

それに気づいたジークに銃を向けたカーリーだったが、録画ビデオには、ナオミを突き落とすジャックの姿が映っていた。

そして、ジークの愛が真実でないことを知ったカーリーは、モニタールームを破壊して、彼を見限り立ち去る。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

ニューヨーク
出版社に勤める編集者のカーリー・ノリスは、高層マンションに引っ越すのだが、自分に似ていたという前の住人が、転落自殺したことを知らされる。
そんなカーリーに、住人でゲームソフトのデザイナーの好青年ジークや、不躾な作家ジャックが近づく。
そして、再びマンションの住人が事故死する事件が起きる。
そんな中、ジークと親交を深め愛し合うようになったカーリーは、彼がこのマンションのオーナーだということを知る。
ジークの素行の悪さを知るジャックは、カーリーに警戒するよう忠告をするのだが、彼女はそれを気にしながらも、彼との愛にのめり込んでいく・・・。
__________

本作と同じくシャロン・ストーンが主演した前年の衝撃作「氷の微笑」(1992)の脚本を手掛けた、ジョー・エスターハスが製作を担当した作品。

良くも悪くも、「氷の微笑」でブレイクしたシャロン・ストーンのセクシーさを強調した、サスペンスというよりは、彼女の魅力を再確認させるために仕上げた作品のような感じはする。

北米では、製作費の4000万ドルを回収することが出来なかったが、全世界では、約1億1600万ドルの、まずまずのヒットとなった。

北米興行収入 $36,300,000

しかし、上記の通り、サスペンスとしての緊迫感もなく、盛り上がりにも欠ける内容は不評であり、ラジー賞で主要部門にノミネートされてしまった。

当時は、とてつもなくセクシーで、知的に見えたシャロン・ストーンだが、その後に、この時期を上回る活躍をしていないせいか、今観るとごく”普通”に近い女性に思えてしまうのだが・・・。

結局はただのプレイボーイだった、ホテル王の御曹司ウィリアム・ボールドウィン、 転落死女性と付き合っていた、殺人犯の作家トム・ベレンジャー、殺される住人キーン・カーティス、やや物足りない出演に止まる、出版社社長マーティン・ランドー、主人公の隣人ポリー・ウォーカー、刑事のCCH・パウンダー、主人公の同僚 コリーン・キャンプアマンダ・フォアマン、そして、往年の名女優ニナ・フォックが、主人公に部屋を紹介する役として冒頭で登場するのは注目だ。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター