スネーク・アイズ Snake Eyes (1998) 3.33/5 (3)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

独特な映像表現が注目であるブライアン・デ・パルマの力感溢れるサスペンス・スリラー。
主演ニコラス・ケイジゲイリー・シニーズジョン・ハードカーラ・グギーノスタン・ショウ他共演。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■

監督:ブライアン・デ・パルマ
製作:ブライアン・デ・パルマ
原案
ブライアン・デ・パルマ
デヴィッド・コープ
脚本:デヴィッド・コープ
撮影:スティーヴン・H・ブラム

編集:ビル・パンコウ
音楽:坂本龍一

出演
ニコラス・ケイジ:リック・サントーロ
ゲイリー・シニーズ:ケヴィン・ダン
ジョン・ハード:ギルバート・パウエル
カーラ・グギーノ:ジュリア・コステロ
スタン・ショウ:リンカーン・タイラー
ケヴィン・ダン:ルー・ローガン
マイケル・リスポリ:ジミー・ジョージ
ジョエル・ファビアーニ:チャールズ・カークランド国防長官
デヴィッド・アンソニー・ヒギンズ:ネッド・キャンベル
ジェイン・ヘイティミア:セレナ
タマラ・チュニー:アンティア
ルイス・ガスマン:サイラス
マイク・スター:ウォルト・マクガーン

アメリカ 映画
配給 タッチストーン・ピクチャーズ
1998年製作 98分
公開
北米:1998年8月7日
日本:1999年2月27日
製作費 $73,000,000
北米興行収入 $55,585,389
世界 $103,891,409


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

アトランティック・シティ
地元警察の刑事リック・サントーロ(ニコラス・ケイジ)は、公然と汚職を繰り返していた。

ボクシング・ヘビー級タイトルマッチの会場で、賭けに熱中するサントーロは、リングサイドでに現れた、チャールズ・カークランド国防長官(ジョエル・ファビアーニ)の護衛にあたる、旧友である国防省のケヴィン・ダン中佐(ゲイリー・シニーズ)との再会を喜ぶ。

そして、1万4000人の観客で埋まるアリーナは、熱狂と共に試合の開始を迎える。

やがて、ダンが不審な女セレナ(ジェイン・ヘイティミア)に気づき尋問に行った隙に、別の女ジュリア・コステロ(カーラ・グギーノ)がサントーロの横に座る。

ジュリアは、国防長官に何事かを話しかけ、その時リングでは、チャンピオンのリンカーン・タイラー(スタン・ショウ)がダウンする。

次の瞬間、国防長官は狙撃され、腕を撃たれたジュリアは、パニックとなった観衆に紛れ込み、何かを持ってその場から消え去る。

戻ってきたダンは、サントーロから状況を聞き、直ちに会場を封鎖する。

仕方なく持ち場を離れたとはいえ、責任を感じるダンをかばい、サントーロは、狙撃犯を射殺した彼を英雄にしようとする。

サントーロは、賭博担当の捜査官を追い払い、FBIが来るまで現場を仕切ろうとする。

ダンは現場から消えた女(ジュリア)を捜し始め、サントーロは、特ダネだと言って賄賂を渡そうとするTVレポーターのルー・ローガン(ケヴィン・ダン)に、取材許可を与える。

試合のビデオを確認したサントーロは、タイラーの八百長を見抜き、彼を問い詰めようとする。

ジュリアはトイレで洋服を着替えるが、近眼の彼女はメガネをなくしてしまっていた。

サントーロは、カジノの借金を帳消しにするために、八百長をしたことをタイラーから聞き出し、その時の状況を彼から知らされる。

タイラーは、その連絡係が、ダンが追った女セレナだったこともサントーロに話す。

計画的陰謀と睨んだサントーロはダンに相談するが、彼は対ミサイル防衛システムが絡んだ、過激派の犯行をほのめかす。

しかし、なんとこの陰謀の黒幕はダンであり、彼は加担していたセレナらを射殺する。

カジノのセキュリティ担当のウォルト・マクガーン(マイク・スター)の協力を得たサントーロは、監視カメラの映像に映るジュリアが、行きずりの男の部屋に向かおうとするのを確認してそれを追う。

ダンもジュリアの部屋を探し、サントーロも彼女の部屋を知らされてその場に向かう。

ジュリアは、その気の無いことに気づいた男に追い出されそうになるが、そこにサントーロが現れる。

サントーロはジュリアを保護し、直後に現れたダンは彼女らを見失う。

ジュリアは、国防省に売り込もうとしている、対ミサイル防衛システム”エアガード”を開発したパウエル社の社員で、その実験結果の捏造の証拠を、長官に渡そうとしていたのだ。

そして、事件の際、リングサイドにいたダンがセレナを追い、向かった場所に狙撃犯もいたことを、ジュリアはサントーロに伝える。

その話を信じられないサントーロだったが、実験の衛星赤外線写真を国防長官に見せたジュリアが、彼に捏造を伝え、悪事を暴いた瞬間に長官が撃たれたことも知らされる。

ダンは、カジノのオーナー、ギルバート・パウエル(ジョン・ハード)と共謀して、予算削減論者の長官殺害を計画したのだった。

そして、対ミサイル防衛システム導入を成功させ、パウエルは、カジノの改装資金に当てることを考えていた。

サントーロは、危険が迫るジュリアの安全を確保して現場に戻り、テレビのカメラ映像に残された、ダンの姿を確認して愕然とする。

そこにダンが現れ、パウエルが国防長官の死亡を報告する映像を見ながら、この計画に加担した理由と賄賂の効くサントーロを、わざと呼び寄せたことを伝える。

ダンは100万ドルをサントーロに提示し、タイラーとは話を付けたことを知らせる。

その後、ダンはジュリアを捜すために、タイラーを使いサントーロを痛めつける。

口を割らないサントーロに、ダンは探知機をつけて逃がし、ジュリアの居場所を突き止める。

しかし、駆けつけた警官に銃を向けられたダンは、逃れられないことを知り自殺する。

一躍英雄になったサントーロだったが、たちまち汚職スキャンダルを暴露され、有罪になってしまう。

そして、家族や恋人に逃げられたサントーロは、再会したジュリアに、出所後に連絡することを約束する。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

アトランティック・シティ
ボクシング・ヘビー級タイトルマッチの試合会場で、リングサイドで観戦中の国防長官が狙撃される。
地元警察の汚職刑事サントーロは、長官の護衛として国防省から派遣された、旧友のダン中佐との再会を喜んだ直後の出来事だった。
狙撃直前のダンのとった行動、長官に接近した謎の女性ジュリアの行方、そして、KO負けしたチャンピオン、テイラーの八百長など、この事件に、陰謀が隠されていると感じたサントーロは、現場を仕切り捜査を始める。
しかし、事件の陰には、ある意外な人物がいることを、サントーロは知る由もなかった・・・。
__________

今回は、ブライアン・デ・パルマの映像美もやや影を潜め、緊迫感にも欠けている感じを受けるが、絶頂期のニコラス・ケイジの魅力や、実力派ゲイリー・シニーズの演技力が、それをカバーしているようにも見える。

製作費の割には派手さもない作品で、北米興行収入は約5600万ドル、全世界では何とか1億ドルを突破した。

バンテージ・ポイント」(2008)でも使われた、事件後に複数の目撃者の視点から回想する手法は、まずまず見応えある。

バンテージ・ポイント」では、その回数が多過ぎてくどい感じがするのに対して、本作では、ストーリーの構成に見事にマッチさせている。

いつもより控えめな感じを受けるデ・パルマの映像だが、ホテルの続き部屋を天井から順番に追って見せていくシーンなどは、ヒッチコック作品を意識しているのは明らかだ。

「リービング・ラスベガス」(1996)でオスカーを受賞したばかりのニコラス・ケイジは、同じ年の「ザ・ロック」(1996)から、「コン・エアー」(1997)「フェイス/オフ」(1998)と軒並み大ヒット作品に出演し、監督もブライアン・デ・パルマということもあり、大いに話題になった作品でもある。

軍需産業の大立者、そしてカジノのオーナーでもあるジョン・ハード、事件の鍵を握る、兵器実験捏造を内部告発する女性カーラ・グギーノ、世界チャンピオンのスタン・ショウ、テレビ・レポーターのケヴィン・ダン、賭博の胴元マイケル・リスポリ国防長官ジョエル・ファビアーニ、犯人一味のジェイン・ヘイティミア、カジノ側のセキュリティ、マイク・スター等が共演している。

ラストの柱に埋まる宝石は、コンクリート詰めにされた、犯人一味のジェイン・ヘイティミアの指輪ということで、一粒の宝石をスネーク・アイズ(サイコロのゾロ目、親の一人勝ち)に見立てたというところだろうか・・・。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター