恋愛適齢期 Something’s Gotta Give (2003) まだ評価されていません。


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

真剣に女性と付き合えない独身貴族の不器用な初老の男性と、中年で恋を諦めた離婚した女性のギクシャクした恋愛を描く、製作、監督、脚本ナンシー・マイヤーズ、主演ジャック・ニコルソンダイアン・キートンフランシス・マクドーマンドキアヌ・リーヴスアマンダ・ピートジョン・ファヴローポール・マイケル・グレーザー他共演によるロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト ■

監督:ナンシー・マイヤーズ
製作
ナンシー・マイヤーズ

ブルース・A・ブロック
脚本:ナンシー・マイヤーズ
撮影:ミヒャエル・バルハウス
編集:ジョー・ハットシング
音楽:ハンス・ジマー

出演
ハリー・サンボーン:ジャック・ニコルソン

エリカ・ジェーン・バリー:ダイアン・キートン
ゾーイ・バリー:フランシス・マクドーマンド
ジュリアン・マーサー医師:キアヌ・リーヴス
マリン・バリー:アマンダ・ピート
レオ・ホフマン:ジョン・ファヴロー
デイヴ・クレイン:ポール・マイケル・グレーザー
マルティネス医師:レイチェル・ティコティン
クリステン:ケイディー・ストリックランド

アメリカ 映画
配給
ワーナー・ブラザーズ(世界)
コロンビア・ピクチャーズ(北米)
2003年製作 128分
公開
北米:2003年12月12日
日本:2004年3月27日
製作費 $80,000,000
北米興行収入 $124,590,960
世界 $266,728,738


アカデミー賞 ■

第76回アカデミー賞
・ノミネート
主演女優賞(ダイアン・キートン)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ニューヨーク
音楽業界の大物ハリー・サンボーン(ジャック・ニコルソン)63歳は、40年もの間、かなり年下の女性と付き合い続け、最近は30歳以上も年下がお相手だった。

ハリーは、”クリスティーズ”で働く29歳の恋人マリン・バリー(アマンダ・ピート)と、”ハンプトン”の彼女の母親のビーチ・ハウスで休暇を過ごすことになる。

くつろいでいたハリーは、突然現れた、著名な劇作家であるマリンの母親エリカ・ジェーン(ダイアン・キートン)と妹ゾーイ(フランシス・マクドーマンド)に泥棒と間違えられてしまう。

誤解が解けたハリーは、気を利かして一人帰ろうとするが、ゾーイが一緒に週末を過ごす提案をする。

その夜の食事の最中、ゾーイがハリーのことを有名な独身貴族だと気づく。

姉エリカと比較したゾーイは、男の場合は、高齢で独身でも好しとされるなどと言ってしまい、エリカは気分を害してしまう。

ハリーを毛嫌いするエリカだったが、その夜、彼が心臓発作で倒れてしまう。

病院に運ばれたハリーは、若い医師ジュリアン・マーサー(キアヌ・リーヴス)の診察と治療を受け、一応、容態は安定する。

ジュリアンは、エリカが有名な劇作家だと気づき、大ファンだということを彼女に伝える。

若くてハンサムなジュリアンに、優しくされたエリカやゾーイ、そしてマリンだったが、彼はエリカに惹かれてしまう。

その後、個人秘書レオ・ホフマン(ジョン・ファヴロー)を呼び寄せたハリーは、退院してニューヨークに戻ろうとする。

しかし、ハリーは病院前で再び気を失ってしまい、結局、彼はエリカのビーチ・ハウスで静養することになる。

エリカの元夫であるデイヴ・クレイン(ポール・マイケル・グレーザー)がビーチ・ハウスを訪れ、マリンを連れて帰ることになり、ハリーのスタッフやゾーイもいなくなってしまう。

ビーチ・ハウスで、ハリーと二人で過ごすことになったエリカは不安が募る。

ハリーのやること全てが気に入らないエリカは、彼に裸体まで見られてしまう。

ジュリアンの診察を受けたハリーは、彼からエリカの事ばかり聞かれる。

そして、ビーチ・ハウスを訪ねたジュリアンは、彼女を食事に誘う。

満更でもないエリカは機嫌がよくなり、気晴らしにハリーの誘いを受けて浜辺に散歩に出かける。

お互いの経歴などをネットで調べていた二人は、意外にも打ち解けて会話も弾み、エリカがジュリアンと食事すると聞いて、ハリーは、冷やかしながら励ましたりもする。

エリカとレストランに向かったジュリアンは、彼女への真剣な気持ちを伝える。

帰宅したエリカは、同じ家にいながら、ハリーにチャットで夜食に誘われる。

ハリーはエリカの魅力を語り、二人はいい雰囲気になるのだが、そこにマリンが現れる。

マリンは二人が惹かれ合っていると感じて、ハリーと別れると言い出し、母エリカにハリーと付き合うことを勧める。

そんな時、エリカはジュリアンから再び誘われ、それを受けてしまう。

マリンにハリーと別れたことを伝えられたエリカは、その後彼と楽しい時を過ごす。

そして、二人は結ばれてしまい、愛を忘れていたエリカは感激し、ハリーも一緒に涙する。

眠るのは独りと決めていた二人だったが、結局は同じベッドで一夜を過ごしてしまう。

やがて、回復したハリーはニューヨークに戻ることになり、エリカに別れを告げる。

そんな時、マリンが父デイヴの結婚にショックを受け、エリカにニューヨークに来て欲しいと連絡を入れる。

エリカは、早速”クリスティーズ”にマリンを訪ね、自分と2歳しか違わない女性を選んだ、父への不満をマリンから聞かされる。

ジュリアンとの食事には行かずに、元夫デイヴと婚約者のクリステン(ケイディー・ストリックランド)、そしてマリンとの食事に付き合わされたエリカは、デイヴに対し嫌味ばかり口にする。

そこに、若い女性を連れたハリーが現れ、それを目撃したエリカはショックを受けて、その場を立ち去ってしまう。

後を追って来たハリーに、エリカは彼が恋しくて苦しい胸の内を伝える。

真剣に人を愛する方法を知らないと言う、不器用なハリーには付いていけないと悟ったエリカは、泣きながら彼の元を去って行く。

その直後、ハリーは心臓発作で再び倒れ、病院に運び込まれる。

ハリーは直ぐに回復し、マルティネス医師(レイチェル・ティコティン)の診察で、ストレスが原因だということが分かる。

帰宅したハリーは、エリカに電話をするのだが留守電にメッセージを残せず、失意のエリカは、その後、涙に暮れる日々が続く。

そんなある日、エリカはチャットでハリーのメッセージを受けるが、お互い求め合っている真意を伝えられないでいた。

ビーチ・ハウスに来ていたゾーイが、町でジュリアンに出くわし、彼をエリカの元に連れて行く。

三人は食事をして楽しい時を過ごし、エリカとジュリアンは愛し合うようになり、彼女は新作を書き上げる。

新しい恋人が、舞台のオーディションを受けることになったハリーは、それが自分を題材にしているエリカの作品だと気づく。

ハリーは、そのことについて、エリカに”抗議”しながら様子を窺いに、彼女の元を訪ねる。

自分そのものを描こうとしながら、無関心を装うエリカに腹を立てたハリーは、再び興奮して発作を起しマルティネス医師の世話になる。

しかし、彼女の診断は、発作が起きたと思い込んだだけということで済まされてしまう。

6ヵ月後。
エリカの舞台は初演を迎え好評となり、その後マリンを訪ねたハリーは、彼女が結婚して妊娠したことを知らされる。

エリカに会ってみる気になったハリーは、彼女がパリにいると聞いて現地に向かう。

レストランでエリカと再会したハリーは、身辺整理をした後に旅に出て、更に過去の恋人達の元を訪ねて歩いたことを彼女に話す。

そこにエリカと付き合っているジュリアンが現れ、気を利かせたハリーは席を外そうとする。

エリカの誕生日を祝うことにした三人は、食事して楽しい時を過ごす。

盛り上がる三人だったが、ジュリアンはハリーとエリカの会話で、二人の関係に気づく。

二人と別れたハリーは、セーヌ川に架かる橋の上で思わず涙してしまう。

しかし、二人を気遣ったジュリアンは、エリカをハリーの元に向かわせて、二人は雪の降る中、固く抱き合う。

その後、ハリーとエリカは結婚し、新たな人生を歩み始める。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

音楽業界の大物ハリー・サンボーンは、30歳以上も年の違う女性がお相手の、63歳のプレイボーイだった。
ハリーは、恋人マリンと彼女の母親の別荘で週末を過ごしていた。
そこに、マリンの母親で、人気劇作家でもある離婚した54歳のエリカが現れるが、娘の恋人ハリーに驚きながらも干渉を避ける。
そんな時、ハリーが心臓発作で倒れてしまい、別荘で静養することになる。
そして、別れた夫が娘マリンを連れて帰ることになったために、エリカは仕方なくハリーの看病をすることになるのだが・・・。
__________

プロデューサーそして脚本家として活躍しながら、監督作品は少ないものの、その殆どが大ヒットしているナンシー・マイヤーズ作品。
全編粋な雰囲気な大人のムード漂うラブロマンスで、中年以上が見ると”痛快”さも感じる実に楽しい作品。

製作費8000万ドルをかけ上流階級のゴージャスさが嫌味なく描かれているところなどが、いかにもナンシー・マイヤーズらしい演出だ。

第76回アカデミー賞では、ダイアン・キートンが主演女優賞にノミネートされた。

北米興行収入は約1億2500万ドル、全世界では約2億6700万ドルの大ヒットとなった。

ハンス・ジマーの音楽を含めて、全てが洗練されている感じを受ける作品でもある。

極浅い関係を好み、まともな恋愛が出来ない初老の富豪ジャック・ニコルソンと、離婚をきっかけに、恋を捨てた50代半ばの劇作家ダイアン・キートンは、不器用な熟年カップルを絶妙に演じ、見る者を魅了する。

もう少し重要な役を演じて欲しかった、彼女にしては、ゲスト程度の出演が寂しい、ヒロインの妹フランシス・マクドーマンド、こちらもやや控えめな医師役キアヌ・リーヴス、主人公の若い恋人アマンダ・ピート、その父ポール・マイケル・グレーザー、その若い婚約者役のケイディー・ストリックランド、主人公の秘書ジョン・ファヴロー、医師のレイチェル・ティコティンという豪華キャストも注目だ。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター