スペース・カウボーイ Space Cowboys (2000) 3/5 (2)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

70歳前後の元テストパイロット達が、彼らにしかない技術を生かし、宇宙に飛び立ち活躍するという奇抜なアイデアでヒットした、製作、監督、主演クリント・イーストウッドトミー・リー・ジョーンズドナルド・サザーラジェームズ・ガーナー他豪華スター競演のスペース・アクション。


アクション/アドベンチャー

クリント・イーストウッド / Clint Eastwood 作品一覧


スタッフ キャスト ■

監督:クリント・イーストウッド
製作総指揮:トム・ルーカー
製作
クリント・イーストウッド
アンドリュー・ラザー
脚本
ケン・カウフマン
ハワード・クラウスナー
撮影:ジャック・N・グリーン
編集:ジョエル・コックス
音楽:レニー・ニーハウス

出演
フランク・コーヴィン:クリント・イーストウッド
ホーク・ホーキンズ:トミー・リー・ジョーンズ
ジェリー・オニール:ドナルド・サザーランド
タンク・サリバン:ジェームズ・ガーナー
サラ・ホランド:マーシャ・ゲイ・ハーデン
ボブ・ガーソン:ジェームズ・クロムウェル
ジーン・デイヴィス:ウィリアム・ディヴェイン
イーサン・グランス:ローレン・ディーン
ヴォストウ将軍:ラデ・シェルベッジア
バーバラ・コーヴィン:バーバラ・バブコック
ロジャー・ハインズ:コートニー・B・ヴァンス
本人:ジェイ・レノ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
2000年製作 130分
公開
北米:2000年8月4日
日本:2000年11月3日
製作費 $65,000,000
北米興行収入 $90,454,043
世界 $128,884,132


アカデミー賞 ■

第73回アカデミー賞
・ノミネート
音響編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1958年。
アメリカ空軍のテストパイロット、フランク・コーヴィン、ホーク・ホーキンズ、タンク・サリバン、そしてジェリー・オニールらは、上官のボブ・ガーソン少佐から、彼らのミッション”ダイダロス”の終了を言い渡される。

政府機関NASA発足が発表され、ガーソンは、アメリカ初の宇宙飛行士である”サル”を紹介し、コーヴィンはマスコミを前に握手させられる。

40年後、NASA
プロジェクト・ディレクターとなったガーソン(ジェームズ・クロムウェル)は、役目の終わったロシアの通信衛星が軌道を外れ、やがて大気圏で燃え尽き海上に落下することを、部下サラ・ホランド(マーシャ・ゲイ・ハーデン)に発表させる。

しかし、ロシアのヴォストウ将軍(ラデ・シェルベッジア)は、衛星を失うことで、国内に混乱が生じることを恐れる見解を示す。

ガーソンは会見を引き継ぎ、大統領命令で、衛星が修理されることになったことを伝える。

しかし、それは政治的配慮から、ガーソンが独断で決めたことだった。

やがて、使われているシステムの古さから、NASA内のエンジニアには、衛星の扱いが出来ないことが分かる。

ホランドは、衛星の誘導装置が、”スカイラブ計画”のものと同じことに気付き、ガーソンは、その設計者がコーヴィン(クリント・イーストウッド)だということを承知していた。

電気工学博士となっていたコーヴィンが、妻のバーバラ(バーバラ・バブコック)とガレージいちゃついているところに、ホランドと宇宙飛行士イーサン・グランス(ローレン・ディーン)が現れる。

ホランドとグランスは、コーヴィンに衛星の修理を依頼するが、彼女らが、かつて自分を裏切ったガーソンの部下だとコーヴィンは知らされる。

憤慨したコーヴィンは彼女らを追い払うが、ある考えが浮かび、彼はNASAに向かう。

コーヴィンと再会したガーソンは、自分達で解決することになったと、皮肉を込めてかつての部下を迎える。

しかし、提案があるというコーヴィンの話を聞いたガーソンは驚いてしまう。

かつての仲間達の、ホーキンズ(トミー・リー・ジョーンズ)、サリバン(ジェームズ・ガーナー)、オニール(ドナルド・サザーランド)を召集し”チーム・ダイダロス”を復活させ、宇宙に飛び、自分達の手で衛星を修理するというのだ。

ガーソンは、彼らの年齢を考えて当然それに反対するが、他に頼れるものがなく、宇宙飛行士のテストをパスすることを条件に、コーヴィンの提案を受け入れる。

コーヴィンは早速、牧師のタンク、ジェットコースターの設計士ジェリー、そして、実は仲違いしていた曲芸飛行士のホーキンズを説得し、彼らとヒューストンの”ジョンソン宇宙センター”に乗り込む。

ガーソンは、コーヴィン達と共に若い宇宙飛行士を訓練に参加させ、修理方法を習得させて、彼らをお払い箱にさせるつもりでいた。

”チーム・ダイダロス”の復活を発表し、衛星修理の詳細計画を説明したホランドだったが、主任管制官のジーン・デイヴィス(ウィリアム・ディヴェイン)は、衛星を回収しようとしないロシア側の考えに疑問を抱く。

さらにデイヴィスは、”スカイラブ”の誘導装置が、ロシアの衛星に搭載されていることも納得いかない。

飛行を止める権限を持つデイヴィスは、コーヴィンらのサポートとしてグランスとロジャー・ハインズ(コートニー・B・ヴァンス)の二人の宇宙飛行士を搭乗させることを条件にする。

そして訓練は始まり、4人はメディカル・チェックと体力テストを何とかこなし、実務訓練に入る。

40年前に、無理な飛行で実験機を墜落させ”ダイダロス”計画を没にしたホーキンズと、それを恨むコーヴィンは、酒場で殴り合いになったり、意地の張り合いをしながら訓練を続ける。

そんな時、厳しい訓練の合間に、ホーキンズとホランドは惹かれ合うようになる。

ある日、最高機密のはずのこの計画が外部に漏れてしまい、4人は世間の注目を集め、”ザ・トゥナイト・ショー”にまで出演することになる。

コーヴィンは、ミッションに同行する宇宙飛行士グランスとの対立で、自分達を利用するガーソンの企みを知る。

ガーソンに猛抗議をするコーヴィンだったが、ホーキンズに癌が見つかったことがわかる。

自分達を、宇宙に行かせないための口実だと言い張るコーヴィンだったが、彼らの人気のおかげで、NASAの予算は増え、副大統領もコーヴィンらの飛行を後押ししていることがガーソンから知らされる。

既にホーキンズも、自分が癌だという報告を受け、それをホランドと冷静に受け止める。

ホーキンズは、答えを出していないと言うコーヴィンに対し、自分を残して宇宙に行けと説得する。

コーヴィンは、ホーキンズを宇宙に行かせるという条件で、グランスに全てを伝授することをガーソンに約束し、ホランドもそれをサポートする。

そして、4人と宇宙飛行士2人を乗せたスペースシャトル”ダイダロス”は、”ケネディ宇宙センター”から発射される。

衛星に接近したダイダロスだったが、自己防衛システムを搭載した、巨大な姿にコーヴィンらは驚いてしまう。

衛星をアームで捕獲し、船外に出たコーヴィンらは早速作業を始めるが、コーヴィンが、衛星内部の核弾頭を発見する。

コーヴィンは、ヒューストンの主任管制官デイヴィスにそれを伝え、ロシアのヴォストウ将軍は、衛星が米ソ冷戦下の副産物だったことを知らせる。

そして、KGBがコーヴィンの誘導装置の資料を盗んだことも分かる。

ガーソンはそこまでを知らなかったことを伝え、コーヴィンは、衛星を宇宙のかなたに放出することを考える。

しかし、船外で、グランスが単独で衛星の修理を行ってしまい、軍事衛星としての自己防衛システムが作動して、衛星はシャトルから分離してしまう。

その後、コーヴィンとホーキンズが、地球に落下しようとする衛星に向かい、制止させることに成功する。

気絶しているグランスをコーヴィンが連れ戻し、ホーキンズは、自らが犠牲になりロケットを噴射させ、衛星を月に向かわせることを決心をする。

ホーキンズに酸素を渡したコーヴィンは、衛星のロケット噴射スイッチを入れる。

ホーキンズと衛星は、月に向けて地球の軌道をはずれるが、衛星が分離した際の衝シャトルは破損し、手動で着陸するしかなくなる。

シャトルを捨てて空中脱出することになり、機体は大気圏に再突入する。

大気圏を抜け、グランスとハインズをシャトルから脱出させ、コーヴィン、サリバン、オニールは、機体を建て直して無事に着陸する。

その瞬間、ヒューストンの管制室は歓声に包まれ、その場にいたコーヴィンの妻バーバラは涙し、ガースンは彼らを選んだことを誇りに思うというコメントを出す。

その後、コーヴィンとバーバラは、ホーキンズが向かった月を眺め、彼のことを想う。

そして、ホーキンズは考え通り月面に到着していた。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

40年前の、NASA発足当時から在籍するプロジェクト・ディレクターのガーソンは、ロシア役目の終えた通信衛星が軌道を外れ、地球上に落下することを発表する。
しかし、
ロシア側が衛星を失うことに懸念を示して、ガーソンは政治的配慮から、衛星を修理することを独断で決めてしまう。
ところが、使われているシステムの古さが問題となり、衛星の誘導装置が”
スカイラブ計画”のものと同じことから、ガーソンは、その設計者であるフランク・コーヴィンに協力させようと、部下のホランドを派遣する。
コーヴィンは、自分達テストパイロットを裏切った、かつての上官ガーソンの依頼を断り、ホランドを追い払ってしまう。
そんなコーヴィンだったが、ある考えが浮かんだために、
NASAに向かう。
コーヴィンは、かつての仲間ホーキンズ、サリバン、オニールを召集し、40年前のチームを復活させて宇宙に飛び、自分達の手で衛星を修理するという、脅しとも言える提案をガーソンに突きつける・・・。
__________

40年前の主人公達の風貌などを、うまく再現した、「ライトスタッフ」(1983)を思わせるオープニングと映像がまず楽しめる、ノスタルジックな男のロマンを感じさせてくれる作品。

北米興行収入は約9000万ドル、全世界では約1億2900万ドルのひっととなった。

クリント・イーストウッドが宇宙服を着る姿は、なんとなく奇妙な感じがするのだが、コメディ風の作風ということで、それもまたよしと言える。

終盤の宇宙での活動なども、なかなか迫力ある映像で描かれ、NASA全面協力による、訓練映像なども手抜きがなく見応えある。

第73回アカデミー賞では、音響編集賞にノミネートされた。

昔から主人公の4人を見ている者にとって、非常に気になるのが彼らの身長で、年をとると背が縮んでしまうということがよくわかる。

特にジェームズ・ガーナーは、背が縮む病気だとも言われていて、若い頃は長身(190cm)を活かし堂々たる演技を見せていたものなのだが・・・。

どう見ても、彼は10cm位背が低くなってしまったように見えるのだが、イーストウッドも、以前のように、抜きん出た長身ではなくなっている。

逆にドナルド・サザーランドは、昔と変わらないように見える。
本作の30年前に
イーストウッドと共演した「戦略大作戦」(1970)では、彼より背が低かったのだが、今回は逆転していたのには驚いた。

三人よりも一回り若いトミー・リー・ジョーンズ(54歳)も大柄で、185cm以上はあるようにも見える。

4人の大スターと宇宙が舞台という、スケールの大きさと、良くできたセットや特撮場面など、肩のこらない痛快な作品に仕上がり、十分に楽しめる。

その長身だった4人より、はるかに背が高い元上官役ジェームズ・クロムウェル(201cm)、頑固者であるホーキンズ(T・L・ジョーンズ)の男らしさに惹かれるマーシャ・ゲイ・ハーデン、管制主任ウィリアム・ディヴェイン、若手宇宙飛行士ローレン・ディーンコートニー・B・ヴァンスロシア将軍ラデ・シェルベッジア、コーヴィン(イーストウッド)の妻バーバラ・バブコック、他、ジェイ・レノも本人役で登場する。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター