スターゲイト Stargate (1994) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

監督、脚本を兼ねるローランド・エメリッヒの構想によるSFアクション大作。
エジプトの古代遺跡で発見された”謎の環・スターゲイト”でトランスポートした、アメリカ空軍探査隊と若きエジプト学者による謎の解明と戦いを描く、主演カート・ラッセルジェームズ・スペイダー他共演のミステリアス・ファンタジー・アクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■

監督:ローランド・エメリッヒ
製作総指揮:マリオ・カサール
製作
ジョエル・B・マイケルズ

オリバー・エバール
ディーン・デヴリン
脚本
ディーン・デヴリン

ローランド・エメリッヒ
撮影:カール・ウォルター・リンデンローブ
編集
マイケル・ダシー
デレク・B・ブレキン
音楽:デビッド・アーノルド

出演
カート・ラッセル:ジャック・オニール大佐
ジェームズ・スペイダー:ダニエル・ジャクソン博士
ジェイ・デヴィッドソン:ラー
ヴィヴェカ・リンドフォース:キャサリン・ラングフォード博士
アレクシス・クルス:スカレ
ミリー・アヴィタル:シュリ
レオン・リッピー:W・O・ウエスト将軍
エリック・アヴァリ:カスフ
フレンチ・スチュワート:ルイス・フェレッティ中尉
ジャイモン・フンスー:ホルス
リチャード・カインド:ゲーリー・マイヤーズ博士
ジョン・ディール:チャールズ・コワルスキー中佐
デレク・ウェブスター:ブラウン中尉

アメリカ/フランス 映画
配給 MGM
1994年製作 121分(DC:129分)
公開
北米:1994年10月28日
フランス:1995年2月
日本:1995年3月
製作費 $55,000,000
北米興行収入 $71,565,669
世界 $196,600,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1928年、エジプトギザ
ある古代の遺跡で、正体不明の謎の環が発見される。

現代。
かつて、エジプトで”謎の環”を発見したラングフォード教授の娘キャサリン(ヴィヴェカ・リンドフォース)は、若きエジプト学者、ダニエル・ジャクソン博士(ジェームズ・スペイダー)に接触する。

キャサリンは、ジャクソンに研究費の資金援助を約束し、あるヒエログラフ解読を依頼する。

拳銃の暴発で、幼い息子を亡くし心を閉ざすアメリカ空軍大佐ジャック・オニール(カート・ラッセル)は、ウエスト将軍(レオン・リッピー)からの軍務復帰命令を受ける。

コロラド州、クリーク・マウンテンの軍事施設。
キャサリンの指示通りに現れたジャクソンは、1928年にギザで発見された、巨大な円形石蓋を見せられる。

ジャクソンは、ゲーリー・マイヤーズ博士(リチャード・カインド)が、苦心して解読したヒエログラフの間違いを指摘し始める。

そしてジャクソンは、”大空へ100万年旅して、太陽神ラーは封印された”と即座にそれを翻訳してしまう。

そこに、計画の責任者として着任したオニールが現れる。

2週間後。
ジャクソンは、石蓋に描かれていた物が、文字ではなくオリオン座だということに気づき、ほぼ全容を解読する。

そしてジャクソンは、施設に保管されていた”謎の環・スターゲイト”を見せられる。

研究チームは、ジャクソンが来るまで解けなかった7番目の記号が分かり、二つの宇宙を繋ぐスターゲイトを起動して探査機を送り込む。

続いて、オニールをリーダーとした探査チームが送り込まれることになり、ジャクソンも同行することになる。

凄まじいスピードと光の世界を通り抜けた探査チームは、神殿からピラミッドがそびえる砂漠地帯に出る。

やがてオニールとジャクソンらは、そこに住む文明人と遭遇する。

彼らは、ジャクソンがキャサリンから譲り受けたペンダント
を見て彼に平伏し、長老カスフ(エリック・アヴァリ)が現れ、友好を深めようとする。

そしてオニールらは、言葉の通じない彼らの居住地に案内され、ジャクソンのペンダントと同じ、エジプト文明の”太陽神ラーの目”が崇められていることを知る。

ジャクソンは、シュリ(ミリー・アヴィタル)という女性と親しくなり、石蓋の記号を彼女が知っていることに気づく。

砂嵐で、神殿に避難していた探査チームの残留兵達は、空から舞い降りた巨大な物体が、ピラミッドを覆った後に次々姿を消していくのを目撃する。

シュリと共に、古代エジプトヒエログラフが刻まれた石室を発見したジャクソンは、そこに現れたオニールに、その内容を説明し始める。

絶滅寸前の異性人のリーダーが、銀河をさ迷いエジプトに現れ、人々に乗り移れば、新しい生命が得られると信じて、ある青年に乗り移った。

青年に乗り移った”ラー”は自ら王と名乗り、この惑星の鉱山で人々を働かせるために、スターゲイトで彼らを移住させたが、地球では反乱が起き、スターゲイトは砂に埋れたということだった。

神殿に戻ったオニールらは捕らえられ、ラー(ジェイ・デヴィッドソン)の前に突き出され、ジャクソンは攻撃を受けて命を落とす。

ラーは、よそ者を助けた報復として、部下にカスフの居住地を攻撃させる。

さらにラーは、オニールが仕掛けてあった爆弾を奪い、惑星の鉱物を利用して、100倍の威力にして地球に送り返すことを、蘇生装置で生き返ったジャクソンに伝える。

ラーの奴隷である人々は神殿前に集められ、ジャクソンはオニールらを殺すよう命ぜられる。

しかしジャクソンは奴隷達の協力で反撃し、犠牲をだしながらオニールを助け出す。

奴隷達と結束し、戦う覚悟を決めようとする探査部隊員達に、息子を亡くし自虐的になっているオニールは、隊員を地球に戻した後、自分がその場に残り、自爆しようとしていたことを語る。

カスフの息子スカレ(アレクシス・クルス)が描いていた絵をヒントに、地球帰還の道をみつけたジャクソンは、奴隷達やオニールと隊商に扮し神殿に侵入する。

スターゲイト前に設置されていた、爆弾の起爆装置を起動させたオニールだったが、ジャクソンといたシュリが敵に殺されてしまう。

ジャクソンは、シュリを蘇生装置に連れて行き生き返らせるが、一旦オニールが起爆装置を解除させようとしても、爆弾は停止しなかった。

宮殿の外では、カスフが率いる奴隷達が大挙押し寄せ、ラーの部下達を倒す。

ピラミッドを覆っていた巨大な宇宙船は飛び立ち、オニールとジャクソンは転送装置を使い、爆弾をその宇宙船に送り込む。

そして宇宙船は、大気圏外でラーもろとも大爆発する。

ジャクソンは、妻となったシュリの元に残る決心をして、キャサリンのペンダントを、帰還するオニールに託す。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

1928年に、エジプトギザで”謎の環”を発見したラングフォード教授の娘キャサリンは、若きエジプト学者、ダニエル・ジャクソン博士に接触する。
キャサリンは、ジャクソンに研究費の援助を約束し、あるヒエログラフ解読を依頼する。
ジャクソンは、発見された円形石蓋に刻まれた”大空へ100万年旅して、太陽神ラーは封印された”という文字を解読する。
幼い息子を、拳銃の暴発事故で亡くしたアメリカ空軍大佐ジャック・オニールは、軍務復帰命令を受け、ジャクソンの元に現れる。
計画の責任者オニールは、ジャクソンが解読した情報を元に、施設に保管されていた二つの宇宙を繋ぐ”謎の環・スターゲイト”を利用し、探査機を送り込むのだが・・・。
__________

北米では期待ほどのヒットとはならなかったが、エメリッヒの地元ヨーロッパでの人気は高く、全世界トータルでは2億ドル近いヒットとなった。

北米興行収入 $71,565,669

壮大であり、また身近にも感じる異次元空間の世界が醸し出す雰囲気などを含め、いかにもエメリッヒらしい仕上がりの作品で、古風で幾何学的でもある創作物が新鮮に見え、砂漠の風景などと共に、清潔感とスマートさも感じる。

デビッド・アーノルドのスケール感のある盛り上げる主題曲も印象に残る。

所持していた銃の暴発で息子を亡くし、自暴自棄になって捨て身の秘密作戦に挑む空軍大佐カート・ラッセルは、刈り込んだ髪の毛で精悍さが増し、惚れ惚れするほどの男振りだ。

持論を曲げない野心家の学者で、やや頼りない優しさが微笑ましい好青年ジェームズ・スペイダーも好演している。

どことなく、中性的な雰囲気が異彩を放つ、支配者”ラー”を演ずるジェイ・デヴィッドソン、公開翌年に亡くなり、これが遺作となった、父の意志を告ぐ学者ヴィヴェカ・リンドフォース、大活躍する奴隷の長老(エリック・アヴァリ)の息子アレクシス・クルス、異次元の来訪者(J・スペイダー)の妻となるミリー・アヴィタル、研究チームの考古学者リチャード・カインド、そして無名時代のジャイモン・フンスーが、ラーの部下で登場する。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター