スターシップ・トゥルーパーズ Starship Troopers (1997) 2/5 (2)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1959年に発表された、ロバート・A・ハインラインのSF小説”宇宙の戦士”を基に製作された作品。
未来の宇宙を舞台に、凶暴な宇宙生物と若き兵士達の戦いを描く、監督ポール・バーホーベンキャスパー・ヴァン・ディーンディナ・メイヤーデニス・リチャーズジェイク・ビジーマイケル・アイアンサイドクランシー・ブラウン共演のSF戦争アクション大作。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■

監督:ポール・バーホーベン
製作
アラン・マーシャル

ジョン・デイビソン
原作:ロバート・A・ハインライン宇宙の戦士
脚本:エドワード・ニューマイヤー
撮影:ヨスト・バカーノ
編集
キャロライン・ロス

マーク・ゴールドブラット
音楽:ベイジル・ポールドゥリス

出演
ジョニー・リコ:キャスパー・ヴァン・ディーン

ディジー・フローレス:ディナ・メイヤー
カルメン・イバネス:デニス・リチャーズ
エース・レヴィ:ジェイク・ビジー
ジーン・ラズチャック:マイケル・アイアンサイド
カール・ジェンキンス:ニール・パトリック・ハリス
ズィム軍曹:クランシー・ブラウン
ザンダー・バーキャロウ:パトリック・マルドゥーン
オーウェン将軍:マーシャル・ベル
デラディア艦長:ブレンダ・ストロング

アメリカ映画
配給
トライスター・ピクチャーズ(北米)
ブエナビスタ(世界)
タッチストーン・ピクチャーズ(世界)
1997年製作 129分
公開
北米:1997年11月7日
日本:1998年5月2日
製作費 $100,000,000
北米興行収入 $54,814,377
世界 $ 121,214,377


アカデミー賞 ■

第70回アカデミー賞
・ノミネート
視覚効果賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

2319年。
地球連邦では、軍部を中心とした社会構造の下、男女の区別なく、兵役を受け市民権を得た者と、それを受けない一般人とに区別されていた。

銀河全域に植民地を探し始めた人類は、昆虫型宇宙生物”アラクニド=バグス”との紛争を避けられず、全面戦争が勃発寸前の状況だった。

ブエノスアイレス
ハイスクールに通うジョニー・リコ(キャスパー・ヴァン・ディーン)は、成績優秀な恋人カルメン・イバネス(デニス・リチャーズ)が、艦隊アカデミーへの入学を希望しているため、自分も志願することを考える。

両親にそれを反対されたリコだったが、多くの影響を受けた教師のジーン・ラズチャック(マイケル・アイアンサイド)から、自分で決断することが大切だと言われ、志願することを決めて、それをカルメンに伝える。

翌日、カルメン、そして親友のカール・ジェンキンス(ニール・パトリック・ハリス)と共に志願したリコは、父親に勘当だと言われたことも気にせず、二人と別れ機動歩兵部隊の訓練基地に向かう。

鬼教官ズィム軍曹(クランシー・ブラウン)にしごかれることになったリコの部隊に、自分に思いを寄せていたクラスメイトのディジー・フロレス(ディナ・メイヤー)が着任する。

リコは、デイジーが自分を追ってきたと考え不快感を表し、陽気な男エース・レヴィ(ジェイク・ビジー)と親交を持つ。

その頃、艦隊アカデミーのカルメンは、順調にパイロットへの道を歩んでいた。

既に宇宙に配属されていたカルメンは、リコのライバルだった、教官となったザンダー・バーキャロウ(パトリック・マルドゥーン)と共に初飛行で木星に向かう。

分隊長に指名されたリコは、訓練で協力してくれたディジーにも感謝する。

しかし、カルメンから届いたメッセージで、船を持つためには、自分が重荷であると言われたリコはショックを受け、エースに彼なりの言葉で励まされる。

そんな時、実弾訓練で死亡者を出してしまったリコは、責任を追求されるが、ズィム軍曹の口添えで除隊は免れ、鞭打ちの罰を受ける。

宇宙では、カルメンが正式にクルーとなるが、宇宙船が、アラクニドの活動圏からと思われる小惑星に接触してしまう。

デラディア艦長(ブレンダ・ストロング)は、連邦艦隊に報告を入れようとする。

通信タワーを失ったためにそれが不可能なものの、艦長は、損害を最小限に食い止めた、カルメンとザンダーの操縦を評価する。

除隊を決意したリコは、両親に電話で謝罪し、ディジーに負け犬呼ばわりされながら部隊を去ろうとする。

その時、地球各地が攻撃を受け、リコとディジーの故郷であるブエノスアイレスも消滅してしまい、全面戦争となったことで、リコは除隊を取り消す。

そして、連邦軍は、敵の拠点であるクレンダス星の総攻撃を決定する。

出撃を前に、宇宙ステーションで待機していたリコは、偶然、カルメンと出くわす。

しかし、ザンダーに寄り添われるカルメンを見て気分を害し、機動歩兵部隊を侮辱されたリコは、ザンダーと殴り合いになる。

ディジーやエースがそれを制止し、その後、クレンダスに到着したリコら機動歩兵部隊は出撃する。

降下した部隊だったが、アラクニド=バグスの”ウォリアー・バグ”が大挙して押し寄せ、隊員達は次々と殺されていく。

的を過小評価していた連邦軍は甚大な被害を受け、新たな対策が必要となる。

宇宙ステーションに帰還したカルメンは、リコが死亡したことを知る。

しかし、リコは足に重傷を負うものの、再生治療を受け復帰する。

その後、リコ、ディジー、エースは、入隊したラズチャックが指揮する部隊に配属され、再び戦地に向かう。

初戦で敵を倒す戦果をあげたリコは、ラズチャックから伍長に任命される。

惑星Pへオーウェン将軍(マーシャル・ベル)の救出に向った部隊は、軍曹が殺されたためにリコが代理となる。

襲われた基地に到着した部隊は、身を隠し唯一人生き残り動転するオーウェン将軍を発見する。

無線で救出艇を呼ぶものの、敵に襲われた部隊は、数限りなく現れるウォリアー・バグの攻撃に苦戦し、将軍は死亡する。

そこに、カルメンとザンダーの操縦する救出艇が到着するが、ラズチャックが襲われ、命令でリコは已む無く彼を射殺する。

直後にディジーも襲われ、リコは彼女を救出艇に運び込み飛び立つ。

ディジーは息を引き取り、ザンダーは、リコが生きていたことをカルメンに伝える。

艦隊に到着し、ディジーを葬ったリコとカルメンは、情報部で大佐になったカールと再会し、今回の任務が、敵の戦略を知るための囮作戦だったことを知らされる。

そのために、再び惑星Pに向かうリコは隊長となり、部隊を指揮して攻撃を仕掛けようとする。

その頃、艦隊は攻撃に遭いカルメンの船も損害を受け、彼女はザンダーと共に脱出する。

それを知ったリコは、カルメンと連絡を取り救出に向かおうとするが、彼女とザンダーは敵に襲われる。

その様子を無線で聞いていたリコは、救出を断念するものの、カルメンが生きていることを感じ取った彼は、エースらと共に敵の巣穴に向かう。

ザンダーは、現れたブレイン・バグに脳を吸い取られるものの、現れたリコらがカルメンを救い出す。

その後、ブレイン・バグを捕らえ、カールがその心を読み、彼らが人類を恐れていることを知り、敵の心理を分析し撃退できることを確信する。

リコは、ブレイン・バグを捕らえたのが、前線に志願したズィムだと知る。

今は兵卒になったズィムは、隊長のリコに敬意を表する。

敵の頭脳を分析した連邦軍は、軍を再編成し新兵器を開発する。

そして、艦長となったカルメンは、機動歩兵部隊を惑星に運び、隊長リコは、戦士達を率い戦い続ける。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

2319年。
地球連邦では、軍部を中心に男女の区別なく、兵役を受けて市民権を得た者と、一般人とに区別されていた。
銀河に植民地を探し始めた人類は、昆虫型宇宙生物”アラクニド=バグス”との全面戦争勃発寸前の状況だった。
ハイスクールに通うジョニー・リコは、恋人のカルメンが艦隊アカデミーに入るため、自分も連邦軍に志願することを決める。
友人カールも志願し、三人は別々の部隊に配属される。
機動歩兵部隊に入隊したリコは、鬼教官のズィム軍曹に鍛えられることになり、陽気なエースや、クラスメイトだったディジーと共に厳しい訓練を受ける。
一方、宇宙船のパイロットとなったカルメンは、職務に専念するためリコとの恋を諦める。
才能を発揮し始めたリコだったが、実弾訓練で死亡者を出してしまい、責任を感じて除隊を決意する。
その時、アラクニド=バグス側の総攻撃が始まり、地球の各都市は消滅して、ついに全面戦争となる。
そのためリコらは、敵の拠点であるクレンダス星に向かうことになる・・・。
__________

以後2作が製作されたが、1作目とは比較にならない規模の作品で、北米などでは通常の劇場公開はされなかった。

監督ポール・バーホーベンをはじめとする、「ロボコップ」(1987)のスタッフが再集結し、製作費1億ドルをかけた、宇宙戦争を題材にした大作で、要所をニュース化して説明する手法なども同作と同じだ。

昆虫生物アラクニド=バグスの、残虐な殺戮描写が大いに話題になった。

北米興行収入は約5500万ドルに留まり、製作費回収が危ぶまれたが、全世界では約1億2100万ドルのヒットとなった。

第70回アカデミー賞では、視覚効果賞にノミネートされた。

ロケ地”Hell’s Half Acre”が、敵の拠点となる、荒廃した惑星クレンダスなどの様子を伝える映像として効果を上げている。

300年後の未来が舞台の作品ではあるが、機械的な技術革新が進んだ世界の中で、生身の人間の勇気や心意気、軍内部で行われる体罰に鞭打ちが登場するなど、どこか古風な描写も興味深い。

勇気ある行動で、最前線部隊の中心人物として頭角を現していく主人公のキャスパー・ヴァン・ディーン、彼に心引かれながら勇敢に戦い命を落とすディナ・メイヤー、エリートとして艦隊パイロットを目指す主人公の恋人デニス・リチャーズ、主人公と親交深める部隊員で、父親ゲイリー・ビジーによく似ているジェイク・ビジー、教師から前線部隊長になるマイケル・アイアンサイド、主人公の友人で、軍情報部の大佐となるニール・パトリック・ハリス、人間味ある鬼教官から、兵卒として前線に志願するクランシー・ブラウン、無能な将軍マーシャル・ベル、艦隊パイロットのパトリック・マルドゥーン、艦長ブレンダ・ストロングなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター