スター・ウォーズ エピソード6:ジェダイの帰還 Star Wars Episode VI Return of the Jedi (1983) 4.45/5 (33)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

スター・ウォーズ・シリーズの3作目で、全6作の最終話。
師であるヨーダから出生の秘密を知らされたルーク・スカイウォーカーは、捕えられていたハン・ソロを救いだし、帝国軍が再建を進めるデス・スターを破壊するため、宿敵ダース・ベイダーと対決することになるのだが・・・。
製作総指揮、脚本ジョージ・ルーカス、監督リチャード・マーカンドマーク・ハミルハリソン・フォードキャリー・フィッシャーアンソニー・ダニエルズケニー・ベイカー共演。


SF

ジョージ・ルーカス / George Lucas 作品一覧

WebSite(E)


スタッフ キャスト ■

監督:リチャード・マーカンド
製作総指揮:ジョージ・ルーカス
製作
ハワード・カザンシャン
ロバート・ワッツ
リック・マッカラム(特別編)
原作:ジョージ・ルーカス
脚本
ジョージ・ルーカス
ローレンス・カスダン
撮影:アラン・ヒューム
編集:ポール・ハーシュ
美術・装置
ノーマン・レイノルズ
マイケル・D・フォード
音楽:ジョン・ウィリアムズ

出演
ルーク・スカイウォーカー:マーク・ハミル
ハン・ソロ:ハリソン・フォード
レイア・オーガナ姫:キャリー・フィッシャー
ダース・ベイダー:デイヴィッド・プラウズ/ジェームズ・アール・ジョーンズ(声)
C-3PO:アンソニー・ダニエルズ
R2-D2:ケニー・ベイカー
ヨーダ:フランク・オズ
オビ=ワン”ベン”ケノービ:アレック・ギネス
ランド・カルリシアン男爵:ビリー・ディー・ウィリアムズ
チューバッカ:ピーター・メイヒュー
アナキン・スカイウォーカー:セバスチャン・ショウ
アナキン・スカイウォーカー:ヘイデン・クリステンセン(特別編)
皇帝パルパティーン:イアン・マクダーミド
イウォーク・ウィケット:ワーウィック・デイヴィス
アクバー提督:ティモシー・M・ローズ
ボバ・フェット:ジェレミー・ブロック
ピエット提督:ケネス・コーリー

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
1983年製作 134分
公開
北米:1983年5月25日(1997年3月14日:特別編)
日本:1983年7月2日(1997年7月26日:特別編)
製作費 $32,500,000
北米興行収入 $309,125,409
世界 $475,106,177


アカデミー賞 ■

第56回アカデミー賞
・受賞
特別業績賞
・ノミネート
録音・美術・音響編集・作曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

遠い昔、はるか彼方の銀河系で・・・・。

ルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)は、犯罪組織のドンで、卑劣なジャバ・ザ・ハットの手に落ちた、友ハン・ソロ(ハリソン・フォード)を救うために、故郷タトゥイーンに戻った。
ルークの知らぬ間に銀河帝国軍は、宇宙要塞デス・スターを、はるかに強力な装備で再建中だった。
この最終兵器が完成すれば、銀河系の自由を求めて戦う同盟軍は、壊滅してしまうだろう・・・。
__________

帝国軍のダース・ベイダー(デイヴィッド・プラウズ/ジェームズ・アール・ジョーンズ:声)は、建設中のデス・スターに視察に現れ、遅れている建設工事を急がせる。

ルークのメッセージを、ジャバ・ザ・ハットに届けるために派遣された、C-3PO(アンソニー・ダニエルズ)とR2-D2(ケニー・ベイカー)は、自分達2体とハン・ソロの交換をジャバ・ザ・ハットに要求する。

しかし、ジャバ・ザ・ハットはそれを拒否し、C-3POとR2-D2を捕らえてしまう。

そこに賞金稼ぎに扮したレイア・オーガナ(キャリー・フィッシャー)が現れて、 捕らえたチューバッカ(ピーター・メイヒュー)をジャバ・ザ・ハットに引き渡そうとする。

C-3POの通訳で交渉を成立させたレイアは、夜になり、ジャバ・ザ・ハットが寝静まったところで、ハンをカーボン・フリーズから解凍して救い出す。

しかし、ジャバ・ザ・ハットはそれに気づき、その場に現れたルークも捕らえられてしまう。

ジャバ・ザ・ハットは、ルークを巨獣ランカーの餌食にしようとするが、彼はそれを倒す。

その後、ルークはハンやチューバッカと、砂漠の穴に潜むサルラックの穴に落とされそうになる。

ルークとハンは、その場に潜入していたランド・カルリシアン男爵(ビリー・ディー・ウィリアムズ)の助けで危機を逃れる。

レイアはジャバ・ザ・ハットの息の根を止め、一行は脱出に成功する。

ルークは、ハンやレイアと別れ、R2-D2と共にヨーダ(フランク・オズ)との約束を果たすため、惑星ダゴバに向かう。

その頃、完成を間近に控えた、デス・スターに到着した帝国皇帝パルパティーン(イアン・マクダーミド)は、ダース・ベイダーに迎えられ、自ら指揮を執ることになる。

ダゴバに着いたルークは、ヨーダに会い、ジェダイになる最後の試練が、ダース・ベイダーとの対決だということを彼から知らされる。

ルークは、ダース・ベイダーが父親だということヨーダに確認し、彼は決して皇帝の力を見くびってはならないことをルークに伝える。

そしてヨーダは、ルークの他にも、スカイウォーカーがもう一人いることを伝えて、9000年の生涯を閉じる。

自分独りでは戦いに勝つ自信がないルークは、霊体として現れたオビ=ワン・ケノービ(アレック・ギネス)に、レイアが双子の妹であること知らされる。

しかしオビ=ワンは、ダース・ベイダーが父である故に、殺すことはできないというルークの弱さを危惧する。

反乱同盟軍は、デス・スターの弱点と攻撃システムが未完成ではあるが、防御システムは完璧だということを知る。

森の惑星エンドアから、デス・スターに向けて防御シールドが発信されていることも確認されていた。

アクバー提督(ティモシー・M・ローズ)は、シールドの解除を将軍になったハンとチューバッカ、レイア、そして帰還したルークに任せる。

そして、シールド破壊後、同じく将軍のランドが、デス・スターを攻撃する作戦を立てる。

ハンらは奪った敵のシャトルでエンドアに向かい、ルークとダース・ベイダーは、互いのフォースを感じ合っていのだが、シャトルはエンドア行きを許可される。

エンドアに着いたハンらは、帝国軍の警備兵に見つかり、逃亡した彼らをルークとレイアが追跡し倒す。

その後、ルークとはぐれたレイアは、森の中に住む小動物イウォークのウィケット(ワーウィック・デイヴィス)に出会う。

ダース・ベイダーは、エンドアの侵入者の中に息子ルークがいることを皇帝に伝える。

皇帝は、それに関して邪念がないことをダース・ベイダーに確認し、捕らえた後に連行するよう命ずる。

レイアを捜していたルークらは、イウォークに捕らえられるが、C-3POを神と崇めたイウォークは、彼らを解放する。

その後ルークは、ダース・ベイダーが父で、自分達が兄妹であることをレイアに知らせる。

そしてルークは、ダース・ベイダーをダークサイドから引き戻すために、対決する決意をレイアに告げる。

レイアの異変に気づいたハンは、その理由を聞くのだが、彼女は答えることが出来なかった。

エンドアに降り立ったダース・ベイダーの元に、投降したルークが連行される。

ルークは、父であるダース・ベイダーに、ダークサイドを断ち切るよう説得するが、それを聞き入れられず、皇帝の元に連行される。

その頃、同盟軍艦隊はシールド解除を信じ、エンドアのデス・スターに向う。

デス・スターの、皇帝の前に差し出されたルークは、巧みにダークサイドに誘われ、そして、エンドアのハンらが罠にはまったことを知らされる。

ハンらはイウォークの協力を得て、シールド発信基地の破壊に向かい基地を占拠するが、たちまち敵に包囲されてしまう。

同盟軍艦隊とランドのミレニアム・ファルコンは、エンドアのデス・スターに近づくが、まだシールドが解除されていないことに気づく。

そして、同盟軍は帝国軍の総攻撃に遭い、ルークはそれを皇帝に見せられ、次第に怒りがこみ上げてくる。

その頃、ハンらを助けようとしたC-3POが、イウォーク達と協力して帝国軍に攻撃を仕掛ける。

デス・スターの皇帝は、満を持して、完成していた究極兵器スーパーレーザー発射命令を出し、さらにルークを動揺させる。

アクバー提督は撤退を考えるが、ハンを信ずるランドは、何とか持ちこたえようとする。

ルークは、皇帝にダークサイドに誘われ、ついに怒りを制御できず、皇帝のライトセーバーでダース・ベイダーと剣を交える。

しかし、善の心が残るダース・ベイダーは、心が乱れてしまう。

ダース・ベイダーは、ルークに双子の妹レイアがいることを知らされ、彼女をダークサイドに引き込むと言って挑発する。

ルークは、ダース・ベイダーに怒りの剣を振りかざし彼の右腕を切り落とす。

皇帝は、怒りで心が乱れたルークを、さらにダークサイドに引き込もうとするが、彼はジェダイの父を殺す気はないと言い放つ。

ハンらはチューバッカやイウォークの助けで、再びシールド発信基地に侵入して、それを爆破する。

そしてシールドは解除され、ランドらはデス・スターの中心部に向かい突入する。

皇帝は、ルークにフォースでダメージを与え、助けを乞う息子ルークを見て、ダース・ベイダーは皇帝を葬り去る。

ルークは父ダース・ベイダーを、攻撃を受けるデス・スターから、を助け出そうとする。

息子の顔を見たいという、父アナキン(セバスチャン・ショウ)の願いを聞き入れたルークは、死を覚悟した彼のマスクを外し、自分には、善の心が残っていたという、父の最後を見届ける。

ランドは、デス・スターに止めの一撃を加えて脱出し、ルークもシャトルで飛び立つ。

そして、デス・スターは爆破され、エンドアのハンらもそれを確認し、レイアはルークが生き延びたことを感じ取る。

ハンは、レイアがルークを愛していると思い込んでいたが、彼女は自分達が兄妹だと告げる。

その後、アナキンは、ルークがエンドアに連れ帰り火葬され、銀河の各地には、同盟軍の勝利が知らされ平和が訪れる。

そして、ルーク、ハン、レイア、ランド、C-3PO、R2-D2、チューバッカらが、霊体のヨーダ、オビ=ワン、アナキン(ヘイデン・クリステンセン/セバスチャン・ショウ)に見守られながら勝利を祝うのだった。


解説 評価 感想 ■

参考:
スター・ウォーズ エピソード1:ファントム・メナス(1999)
スター・ウォーズ エピソード2:クローンの攻撃(2002)
スター・ウォーズ エピソード3:シスの復讐(2005)
スター・ウォーズ エピソード4:新たなる希望(1977)
スター・ウォーズ エピソード5:帝国の逆襲(1980)
スター・ウォーズ エピソード6:ジェダイの帰還(1983)
・スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015)

*(簡略ストー リー)

ジャバ・ザ・ハットを倒したルークらは、カーボン・フリーズされていたハン・ソロを救い出し、反乱同盟軍艦隊に戻る。
その後、ダゴバでの最後の修行を終えたルークは、死を前にした師匠ヨーダから、レイアが妹だということを知らされる。
帝国軍の、デス・スター再建を急がせるダース・ベイダーは、皇帝と共にルークをダークサイドに引き込む計略をめぐらせる。
一方、同盟軍は、惑星エンドアから、軌道上のデス・スターへ発信されているシールドを解除するため、ハンやルークらを送り込む。
そしてルークは、父であるダース・ベイダーの元に向かい、彼をダークサイドから引き戻すための説得をするのだがそれが叶わず、二人は最後の対決の時を迎える・・・。
__________

1997年に最新の技術を使い、CG場面などが追加や変更され、特別編として公開された。

旧3部作(初公開時)では最高となる、前作の2倍近い製作費(3250万ドル)を投じ、壮大な物語を締めくくる作品ということで大いに期待がかかったが、興行収入は、北米では検討するものの、全世界では、前作より2000万ドル以上減ってしまった。

北米興行収入 $309,125,409
世界 $475,106,177

第56回アカデミー賞では、特別業績賞を受賞した。
・ノミネート
録音・美術・音響編集・作曲賞

個人的には、“着ぐるみ”イウォークが子供じみて見えてどうも好きになれないことと、壮大なドラマの割には、結末に盛り上がりに欠けているのが気になる。

ダース・ベイダーが遂に破れ、ルークの手で偉大なジェダイとして丁重に葬られるクライマックスは、物語の終焉と共に寂しさを感じる。

また、特別編以降のDVD版は、さらに改良が加えられ、ヨーダやオビ=ワンと共にラストで登場するダース・ベイダーの霊体として、アナキン・スカイウォーカーが、旧公開時のセバスチャン・ショウからヘイデン・クリステンセンに入替えられている。

また、同盟軍の勝利を祝う、銀河の惑星ナブーなどの、E1~3で登場した都市が登場するのも興味深い。

父ダース・ベイダーをねじ伏せる、逞しく成長したマーク・ハミル、突撃隊長として活躍し、レイアの愛も得られるハリソン・フォード、兄妹だという告白にも動じない、もう一人のジェダイキャリー・フィッシャー、 パワフルな前半と、我が子を想う父に戻る後半、そして、クライマックスが印象的なダース・ベイダー、デイヴィッド・プラウズ/ジェームズ・アール・ジョーンズ(声)ら、主人公達の人間性が見事な調和を見せていただけに、返す返すもドラマの終わりは寂しい。

イウォークに神と崇められ、調子に乗りながら大活躍するC-3POのアンソニー・ダニエルズ、実は俳優としては演技していないR2-D2ケニー・ベイカー(クレジットのみ)、ルークに全てを教え、900歳の生涯を閉じるヨーダ、フランク・オズと、ルークにダークサイドの脅威を警告するオビ=ワンのアレック・ギネス、皇帝パルパティーンのイアン・マクダーミド、勇敢で頼もしいランド・カルリシアンのビリー・ディー・ウィリアムズ、チューバッカのピーター・メイヒュー、同盟軍艦隊司令官アクバー提督ティモシー・M・ローズ、そして、新キャラクター、イウォークのワーウィック・デイヴィスなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター