セント・アイブス St. Ives (1976) まだ評価されていません。


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

記者から転身したうだつが上がらない小説家が富豪から現金の運び屋を頼まれ、警察が絡む殺人事件に巻き込まれていくという、監督J・リー・トンプソン、主演チャールズ・ブロンソンジャクリーン・ビセットジョン・ハウスマンマクシミリアン・シェル他共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■

監督:J・リー・トンプソン
製作
パンチョ・コーナー
スタンリー・カンター
原作:ロス・トーマス”The Procane Chronicle”
脚本:バリー・ベッカーマン
撮影:ルシアン・バラード

編集:マイケル・F・アンダーソン
音楽:ラロ・シフリン

出演
チャールズ・ブロンソン:レイモンド・セント・アイブス
ジャクリーン・ビセット:ジャネット・ホイッスラー
ジョン・ハウスマン:アブナー・プロケイン
ハリー・ガーディノ:ディール刑事
マクシミリアン・シェル:コンステイブル博士
ハリス・ユーリン:オラー刑事
ダナ・エルカー:チャーリー・ブラント
マイケル・ラーナー:マイロン・グリーン
エリシャ・クックJr.:エディ
バー・デベニング:フラン
ダニエル・J・トラヴァンティ:ジョニー・パリシ
ジェフ・ゴールドブラム:暴漢
ロバート・イングランド:暴漢

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1976年製作 93分
公開
北米:1976年9月1日
日本:1976年7月31日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ロサンゼルス
新聞記者から小説家に転身したレイモンド・セント・アイブス(チャールズ・ブロンソン)は、彼の弁護士のマイロン・グリーン(マイケル・ラーナー)に儲け話を持ちかけられる。

大富豪のアブナー・プロケイン(ジョン・ハウスマン)が、金庫から盗まれた物と交換に現金を要求され、その運び屋で現金1万ドルが稼げるという話だった。

ブロイケンの屋敷に向かったセント・アイブスは、日誌を盗んだ犯人が自分を指名し、10万ドルを要求してきていることを、居合わせた女性ジャネット・ホイッスラー(ジャクリーン・ビセット)から聞かされる。

セント・アイブスは、コインランドリーに来るようにと犯人から連絡を受けるが、そこには死体があり、通りがかりの警官フラン(バー・デベニング)に尋問される。

ディール(ハリー・ガーディノ)とオラー(ハリス・ユーリン)刑事に署に連行されて、尋問を受けたセント・アイブスだったが、ブラント警部(ダナ・エルカー)の指示で釈放される。

ホテルのフロント係エディ(エリシャ・クックJr.)に、現金を金庫に入れさせ、鍵を受け取ったセント・アイブスは、翌日、現れたジャネットに事情を説明する。

その夜セント・アイブスは、暴漢(ジェフ・ゴールドブラム/ロバート・イングランド)に襲われるものの、何とか難を逃れる。

ブロイケンの屋敷に向かったセント・アイブスは、彼の精神科医コンステイブル博士(マクシミリアン・シェル)に負傷した手の手当てをしてもらい、ブロイケンから、次の取引場所を伝えられる。

何か裏があると睨んだセント・アイブスは、独自に調査を始め、ジミー・ペスコーという男が日誌を盗んだことを突き止める。

ペスコーのホテルに向かったセント・アイブスは、彼が部屋から転落死しているのに気づき、現場に駆けつけたディールとオラーに再び捕まってしまう。

しかし、セント・アイブスは、またしてもブラント警部による状況判断で釈放される。

翌日、指定された取引場所の駅のトイレで、日誌と現金を交換したセント・アイブスは、その後、ブロイケンの屋敷に向かう。

その日誌はブロイケンの犯罪記録を記したもので、彼が計画中の犯罪プランの4ページが消えていた。

セント・アイブスは、それを捜すために、ブロイケンと新たな契約を交わす。

コインランドリーの殺人現場にいた警官フランはセント・アイブスに接触し、日誌と交換した現金を持っていった者の情報料として、2万ドルを要求してくる。

しかし、フランは何者かに胸を刺されて死亡し、ホテルに帰ったセント・アイブスも銃撃される。

ブロイケンの元に向かったセント・アイブスは、客間に案内され、現れたジャネットと一夜を共にする。

その頃、ある航空会社の幹部が、中東の要人にオイル・マネーに対する賄賂を渡そうとしていた。

セント・アイブスとブロイケンは、ドライブ・イン・シアターに向かい、日誌の4ページが実行されるのを見守る。

やがて、計画通り航空会社の賄賂を持った男と、中東の運び屋が車で現れる。

そして、日誌を盗み、計画を知っていたマスクを被った二人組みが現れ、賄賂を奪い逃走する。

それを追ったセント・アイブスとブロイケンだったが、待ち伏せていたジャネットが二人組みを射殺する。

二人はディールとオラー両刑事で、セント・アイブスは今までの状況から、既にそれを承知していた。

屋敷に戻ったブロイケンは、賄賂の400万ドルを確認するが、拳銃を構えた精神科医コンステイブルが現れ、ジャネットもグルだということが分かる。

コンステイブルはブロイケンを銃撃し、隙を見て逃げたセント・アイブスはコンステイブルを倒し、ジャネットは現れたブラント警部に捕らえられる。

ブロイケンは息絶え、セント・アイブスは、フランを殺したのはジャネットだと、ブラントに知らせる。

ブラントは、セント・アイブスに、公になるとまずい400万ドルを渡そうとするが、彼はそれを遠慮する。

そして、署に連絡を入れようとするブラントを、ジャネットは誘惑する。


解説 評価 感想 ■

1971年に発表された、ロス・トーマスの小説”The Procane Chronicle”の映画化。

*(簡略ストー リー)

新聞記者から小説家に転身したレイモンド・セント・アイブスは、大富豪のプロケインが、金庫から盗まれた日誌で現金を要求されたため、報酬1万ドルでその運び屋を頼まれる。
ブロイケンの屋敷で、犯人が自分を指名し、10万ドルを要求していることを、居合わせた女性ジャネットからセント・アイブスは知らされる。
犯人の指定場所に向かったセント・アイブスは、そこで死体を見つけ、ディールとオラー刑事に署に連行され尋問を受ける。
釈放されたセント・アイブスだったが、事件に裏があると考え独自に調査を進め、やがて日誌を盗んだ犯人を突き止める。
セント・アイブスは、その男の元に向かうが、男が死んでいることを知り、再びディールらに捕まってしまう・・・。
__________

野性的な魅力のチャールズ・ブロンソンと、「ナバロンの要塞」(1961)など、アクションも得意とするJ・リー・トンプソンが組んだ、豪華キャストによる作品で、ストーリー展開に、ご都合主義的なシーンも多々あるが、肩が凝らずに観られる作品。

J・L・トンプソンブロンソンは、翌年「ホワイト・バッファロー」(1977)でもコンビを組むことになる。

ダーティーハリー」(1971)風の、ラロ・シフリンの軽快な音楽もファンには嬉しい。

記者から小説家になったということで、それほど体を張った演技を見せるわけではないチャールズ・ブロンソンだが、厚い胸板と背筋を伸ばした堂々とした物腰は貫禄十分で、苦虫を噛み潰したようなお馴染みの表情で、画面に登場してくれているだけで満足感が味わえる。

間違いなく裏がありそうな雰囲気の、妖艶な女性ジャクリーン・ビセットが、最後までその魅力を武器に、警部を誘惑する粋なラストもなかなかいい。

謎の富豪、結局は遊び心で犯罪計画を練るジョン・ハウスマン、彼の日誌を狙い現金強奪を画策する刑事ハリー・ガーディノハリス・ユーリン、彼にしては今一存在感に欠ける役の事件の黒幕のマクシミリアン・シェル、主人公に協力する警部役のダナ・エルカー、弁護士役のマイケル・ラーナー、ホテルのフロント係エリシャ・クックJr.、同じブロンソン作品「狼よさらば」(1974)に続き、同じ暴漢で登場のジェフ・ゴールドブラムロバート・イングランドも端役で登場する。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター