ストレイト・アウタ・コンプトン Straight Outta Compton (2015) 5/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

全米屈指の犯罪地帯カリフォルニア州のコンプトンで結成され、社会の現実や怒りを訴えた伝説のヒップホップ・グループ”N.W.A.”の成功と挫折そして友情を描く、製作ドクター・ドレーアイス・キューブ、出演ジェイソン・ミッチェルオシェア・ジャクソンJr.コーリー・ホーキンスオルディス・ホッジポール・ジアマッティ他共演の実録ドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:F・ゲイリー・グレイ

製作
マット・アルバレス
スコット・バーンスタイン
トミカ・ウッズ=ライト
F・ゲイリー・グレイ
ドクター・ドレー
アイス・キューブ
製作総指揮
ジョン・ジャシュニ
アダム・メリムズ
ウィリアム・パッカー
トーマス・タル
デイヴィッド・エンジェル
ビル・ストラウス
原案
S・リー・サヴィッジ
アラン・ウェンカス
アンドレア・バーロフ
脚本
アンドレア・バーロフ
ジョナサン・ハーマン
撮影:マシュー・リバティック
編集
ビリー・フォックス
マイケル・トロニック
音楽:ジョセフ・トラパニーズ

出演
エリック”イージー・E”ライトジェイソン・ミッチェル
オシュア”アイス・キューブ”ジャクソンオシェア・ジャクソンJr.
アンドレ”ドクター・ドレー”ヤングコーリー・ホーキンス
ロレンゾ”MC・レン”パターソンオルディス・ホッジ
アントニー”DJ・イェラ”カラビーニール・ブラウンJr.
トレーシー”ザ・D.O.C”カリー:マーロン・イエーツJr.
ジェリー・ヘラーポール・ジアマッティ
アロンゾ・ウイリアムズ:コーリー・レイノルズ
キンバリー・ウッドラフ:アレクサンドラ・シップ
トミカ・ウッズ=ライト:カーラ・パターソン
ブライアン・ターナー:テイト・エリントン
ドリス・ジャクソン:アンジェラ・エレイン・ギブス
ホージー・ジャクソン:ブルース・ビーティー
ヴァーナ・グリフィン:リサ・レニー・ピッツ
スヌープ・ドッグキース・スタンフィールド
シュグ・ナイト:R・マルコス・テイラー
ウォーレンG:シェルドン・A・スミス

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2015年製作 147分
公開
北米:2015年8月14日
日本:2015年12月19日
製作費 $28,000,000
北米興行収入 $160,902,090
世界 $201,634,990


アカデミー賞
第88回アカデミー賞

・ノミネート
脚本賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1986年、カリフォルニア州、コンプトン
全米屈指の危険地帯で、ドラッグ・ディーラーのエリック”イージー・E”ライトジェイソン・ミッチェル)は、ある取引現場でトラブルになる。

警察の手入れに気づいたイージー・Eは、その場から逃走する。

アンドレ”ドクター・ドレー”ヤングコーリー・ホーキンス)は、停職にも就かずにDJのことばかりを考え、母親ヴァーナ・グリフィン(リサ・レニー・ピッツ)と対立して家を出る。

新しい”リリック/詞”を書いたラッパーでティーンエージャーのオシュア”アイス・キューブ”ジャクソンオシェア・ジャクソンJr.)は、叔母の家に居候するドクター・ドレーの元に向い、下校時のスクールバスで、ギャングに銃を向けられた仲間がいることを話す。

家に帰ろうとしたアイス・キューブは、住人と揉めていたロサンゼルス市警の警官に所持品などを調べられ、黒人というだけで犯罪者扱いされる。

ドゥート・クラブ。
オーナーのアロンゾ・ウイリアムズ(コーリー・レイノルズ)の女と話していたアントニー”DJ・イェラ”カラビーニール・ブラウンJr.)はドクター・ドレーと共に、ステージに上がったアイス・キューブを紹介する。

アイス・キューブは大いに受けるものの、アロンゾからラップを禁じられていたドクター・ドレーは非難され、それが納得できない。

ドクター・ドレー
は、ロレンゾ”MC・レン”パターソンオルディス・ホッジ)を紹介するイージー・Eから、生き方を変えたいと言われる。

自分の音楽に投資しないかとイージー・Eに伝えたドクター・ドレーは、ステージに呼ばれてしまう。

仕事を終えたドクター・ドレーは、駐車場でトラブルを起こした弟タイリーを助け、駆けつけた警官に逮捕されてしまう。

翌日、釈放されたドクター・ドレーは、保釈金を払ったイージー・Eから、昨夜の話について考えたと言われる。

ドラッグを売る才能をビジネスに生かせると言われたイージー・Eは、アイス・キューブのラップを売ることを考えるが、ドクター・ドレーは、彼が別のグループだということを気にする。

ダラス出身のトレーシー”ザ・D.O.C”カリー(マーロン・イエーツJr.)やラッパーのMC・レンもいると言う二人は、アイス・キューブのリリックを使えばいけそうだと考える。

レーベルを立ち上げたいと言うドクター・ドレーは、イージー・Eが考えた”ルースレス”という名前が気に入る。

その後、ラッパーが見つからないイージー・Eは、自分でやるようにと仲間達から言われるものの、それをためらう。

ドクター・ドレーらに説得されたイージー・Eは、その酷さをからかわれながらもマイクに向い、徐々に様になって来る。

アロンゾから、絶対にものにならないと言われたイージー・Eら)”ルーレス・レコード”のヒップホップグループ”N.W.A.”(Niggaz Wit Attitudes)の曲”Boyz-n-the-Hood”は、ラジオでリクエストが殺到する。

ジェリー・ヘラーポール・ジアマッティ)に声をかけられたイージー・Eは、マネージャーにしてくれればスーパースターにすると言われる。

メジャーのレーベルがまともに話を聞くと思うかと問われたイージー・Eは、ジェリーにマネージャーを任せることにする。

1988年、スケートランド、コンプトン
次々と曲を出し軌道に乗って来たN.W.A.だったが、ジェリーの売り込みもむなしく、中堅のレーベル”プライオリティ・レコード”のブライアン・ターナー(テイト・エリントン)しか、彼らの音楽に興味を示さなかった。

ジェリーからブライアンを紹介されたイージー・Eらは、大物はいないものの”プライオリティ”と契約することになる。

カリフォルニア州、トーランス
ストレイト・アウタ・コンプトン”のレコーディングが行われ、”プライオリティ”との契約が済むが、アイス・キューブの契約は遅れる。

叔母の家に居候しているドクター・ドレーは、子供を抱えた妻に浮気を疑われ、彼女に見限られる。

ドクター・ドレーを心配してスタジオから出て来た仲間達は、現れた警官から地面に伏せるようにと言われ、所持品の検査をされる。

イージー・Eらをギャング呼ばわりする警官に対してジェリーは、彼らはアーティストであり、ラップのレコーディング中だと言って抗議する。

一応、納得した警官は、ジェリーらをスタジオに戻す。

その後、社会の現実と怒りを曲にしたN.W.A.の”ストレイト・アウタ・コンプトン”は、全米で旋風を巻き起こす。

1989年。
ツアーに出たN.W.A.は、ヒューストンのコンサートを成功させ、メディアでも大きく報道される。

弟タイリーから電話を受けたドクター・ドレーは、ツアーに加わりたいと言われるものの、母親のためにもう少し我慢するよう伝える。

シンシナティリバーフロント・コロシアム
N.W.A.はファンを熱狂させ、その影響力は絶大になる。

そんな時ジェリーは、N.W.A.FBIの監視対象になったことをメンバーに伝えるが、それに対抗するのが自分達の役目だと言われる。

フィラデルフィアスペクトラム
市民の抗議運動も起きて批判を受けるN.W.A.だったが、それも気にせずツアーを続ける。

自分の契約が成立しないアイス・キューブは、その件についてイージー・Eに意見し、仲間達にも不満を訴える。

タイリーが喧嘩をして殺されたことを知ったドクター・ドレーは悲しみ、ツアーに呼んでいればよかったと言って悔やみ、仲間達が彼を慰める。

葬儀でも、母親ヴァーナから自分のせいではないと言われたドクター・ドレーは、ツアーに戻る。

デトロイトジョー・ルイス・アリーナ
警察側から警告を受けながらステージに立ったN.W.A.はそれを無視し、観客を味方につけて警官を挑発する。

警官達はメンバーに襲いかかり、逃亡した彼らを追い詰める。

ファン達の妨害に遭った警官だったが、N.W.A.のメンバーとジェリーを逮捕する。

保釈後、記者会見を開いたN.W.A.は、暴動を煽ったことを否定し、自分達をきっかけにして皆が真実を訴えただけだと伝える。

その後、ジェリーから契約書へのサインを求められたアイス・キューブは、7万5000ドルの小切手を見せられる。

小切手を受け取る権利はあり、自分の曲で大儲けをしたはずだと伝えたアイス・キューブは、金銭面を含めたジェリーのマネージャーとしての苦労を理解せずにその場を去る。

1990年、ロサンゼルスプライオリティ・レコード
ドクター・ドレーらと別れたアイス・キューブは、恋人のキンバリー・ウッドラフ(アレクサンドラ・シップ)と共にブライアンの元に向い、ソロ活動の契約をする。

ニューヨークグリーン・ストリート・レコーディング
アイス・キューブは、曲を作りレコーディングする。

チャートで自分達を抜いたアイス・キューブを意識し過ぎるイージー・Eに、心配ないことを伝えたジェリーは、シュグ・ナイト(R・マルコス・テイラー)がドクター・ドレーザ・D.O.Cに接触することを気にする。

ヒット曲を出したにも拘らず、報酬を払おうとしないブライアンに意見したアイス・キューブは、オフィスを壊して要求を呑ませる。

ザ・D.O.Cが事故に遭い、知らせを受けて駆けつけたドクター・ドレーは、ジェリーとの契約に満足しているかをシュグに訊かれる。

弁護士を紹介して契約書をチェックすることを、シュグドクター・ドレーに約束する。

ブライアンに呼ばれたアイス・キューブは、N.W.A.の新曲を聴かされ、自分を批判する内容だと知る。

アイス・キューブはそれに対抗した曲を作り、ユダヤ人である自分も批判する内容にジェリーは憤慨するが、イージー・Eは、ラップで勝つと言って報復を考える。

1991年3月。
ロサンゼルス市警の警官による”ロドニー・キング事件”が起きて、ジェリーは身の危険を感じる。

イージー・Eと話をしたドクター・ドレーは、ジェリーに搾取されていたと言って、解雇するべきだと伝える。

ジェリーに世話になったと言うイージー・Eだったが、実力でここまで来た自分達が上を目指すために、手を切るべきだとドクター・ドレーに説得される。

納得いかない様子のイージー・Eに、シュグとレーベルを立ち上げることを伝えたドクター・ドレーは、兄弟だと思っていたと言い残してその場を去る。

デス・ロウ・レコード”。
スヌープ・ドッグキース・スタンフィールド)を迎えたドクター・ドレーは、”ルーレス”と契約が残っていることをシュグに話す。

イージー・Eを呼び出したシュグは、ドクター・ドレーらを手放すよう強要する。

シュグは、それを拒むイージー・Eを痛めつける。

ジェリーの元に向かったイージー・Eは、シュグを殺すことを伝えるが、頭を使い相手から金を奪うことを考えるよう言われる。

殺人でシュグの問題は解決しても、人生が台無しになるとジェリーに言われたイージー・Eは、仕方なく納得する。

インタースコープ・レコード”のジミー・アイオヴィンルーレスのことを相談したドクター・ドレーシュグは、3週間でけりをつけることを約束される。

1992年4月。
ロドニー・キング事件”は”ロサンゼルス暴動”に発展し、アイス・キューブドクター・ドレーは、暴徒化した民衆の様子を観察する。

1993年。
ルーレスの経営状況が思わしくない中、ドラッグを裁こうとするイージー・Eは、持病の喘息が悪化する。

一方、アイス・キューブドクター・ドレーは、順調にヒット曲を世に送り出していた。

ドクター・ドレーは、暴力的で問題を抱えるシュグや、豪遊ばかりして働こうとしないスタッフを見限る。

スタジオを出て暴走したドクター・ドレーは、パトカーに追われて逮捕される。

ボーイズ’ン・ザ・フッド”で俳優としてデビューしていたアイス・キューブに会ったイージー・Eは、友情を確かめ合い、争いはするべきではなかったという考えで意見が一致する。

過去は忘れ、ドクター・ドレーが参加するならN.W.A.を再結成するとアイス・キューブから言われたイージー・Eは、ジェリーを切るのが条件だと言われる。

妻トミカ・ウッズ(カーラ・パターソン)の調査でジェリーに騙されていたことを知ったイージー・Eは、ドクター・ドレーアイス・キューブに警告されていたことを彼女に話す。

ジェリーの家に向かったイージー・Eは、自分達だけでN.W.A.を再結成することを伝える。

違法行為はしていないと言うジェリーは、これが音楽業界だと伝えるものの帳簿を見せられ、弁解も聞き入れられずイージー・Eに解雇される。

ドクター・ドレーに電話をしたイージー・Eは、アイス・キューブと考えた、ジェリー抜きのN.W.A.再結成を伝えてる。

謝罪したイージー・Eは、再結成を快諾してくれたドクター・ドレーから、昔のように協力して曲を作ることを約束される。

DJ・イェラMC・レンと共に、ドクター・ドレーアイス・キューブとの再会を楽しみにしていたイージー・Eは倒れてしまう。

病院に運ばれて検査を受けたイージー・Eは、HIV陽性と診断され、それを知った妊娠中のトミカはショックを受ける。

長くて半年の命だと医師に言われたイージー・Eは絶望する。

その件は大きく報道され、それを知ったアイス・キューブは驚き、イージー・Eを見舞ったドクター・ドレーは、既に意識のない彼に、新曲の大ヒットは間違いないと語りかける。

病院に駆け付けたアイス・キューブドクター・ドレーと再会し、イージー・Eが昏睡状態であることを知らされる。

1995年3月26日。
エリック”イージー・E”ライトは31年の生涯を閉じ、ファンと仲間達は彼の死を悼む。

ファンには、エイズについてを知ってほしいという、感謝の気持ちを添えたイージー・Eからのメーッセージが遺されていた。

1年後。
シュグの元に向かったドクター・ドレーは、デス・ロウを抜けることを伝える。

それを拒まれたドクター・ドレーは、レーベルを持つと言って自分の道を歩む決心を語る。

シュグからレーベルの名前を訊かれたドクター・ドレーは、”アフターマス”と答えてその場を去る。

イージー・Eの記憶は、ファンの心の中に永遠に残る。

2014年、アンドレ”ドクター・ドレー”ヤングは、”ビーツ・エレクトロニクス”をアップルに30億ドルで売却した。


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1986年、カリフォルニア州、コンプトン
全米屈指の危険地帯、ドラッグ・ディーラーのイージー・Eは、生き方を変えようと考える。
DJのドクター・ドレーは、自分の音楽に投資することを決めたイージー・Eと共に、アイス・キューブDJ・イェラMC・レンザ・D.O.Cらを、”ルーレス・レコード”を設立しヒップホップグループ”N.W.A.”を結成する。
社会への怒りや現実をリリックにしたN.W.A.の曲は、ラジオでリクエストが殺到し、それに目を付けたジェリー・ヘラーがマネージャーとなり彼らを売り込む。
中堅のレーベル”プライオリティ・レコード”と契約したN.W.A.は”ストレイト・アウタ・コンプトン”でブレイクしてツアーを開始する。
順風満帆のように見えたN.W.A.だったが、その過激な言動はFBIの監視対象となる。
そして、契約問題やドラッグ、酒、女に明け暮れるた生活、彼らを利用しようとする者達によって、グループ内に亀裂が生ずる・・・。
__________

伝説的ヒップホップ・グループ”N.W.A.”の結成から成功、分裂を経て再結成するまでを描く実録ドラマ。

物語の中心人物で、31歳で亡くなったエリック”イージー・E”ライトに捧げられた作品で、ドクター・ドレーアイス・キューブが製作に参加し、多くのニュージック・ビデオを手掛け、N.W.A.のメンバーとの交流もあったF・ゲイリー・グレイが監督したことで話題になった。

乱れる社会の現実を受け入れられない若者達の訴えを描く、社会派ドラマの要素も兼ね備えた物語は、暴力、麻薬、差別など、アメリカの抱える様々な問題を浮き彫りにしながら描く深い内容となっている。

また、金銭トラブルなどによる内部分裂を経て再確認する、固く結ばれた仲間達の友情も見事に描かれいる。

第88回アカデミー賞では、脚本賞にノミネートされた。

批評家から絶賛され、多くの人々に受け入れられた本作は、北米興行収入だけで約1億6100万ドル、全世界では2億ドルを超す大ヒットとなった。

ドラッグ・ディーラーから生き方を変えて音楽業界に入り、若くしてエイズで亡くなったエリック”イージー・E”ライトジェイソン・ミッチェル、実父オシュア”アイス・キューブ”ジャクソンを演ずるオシェア・ジャクソンJr.アンドレ”ドクター・ドレー”ヤングコーリー・ホーキンスロレンゾ”MC・レン”パターソンオルディス・ホッジアントニー”DJ・イェラ”カラビーニール・ブラウンJr.トレーシー”ザ・D.O.C”カリーのマーロン・イエーツJr.、N.W.A.のマネージャー、ジェリー・ヘラー役のポール・ジアマッティ、クラブ・オーナーのコーリー・レイノルズアイス・キューブの恋人アレクサンドラ・シップイージー・Eの妻カーラ・パターソン、プライオリティ・レコードのオーナー、テイト・エリントンアイス・キューブの両親アンジェラ・エレイン・ギブスとブルース・ビーティー、ドクター・ドレーの母親リサ・レニー・ピッツ、スヌープ・ドッグキース・スタンフィールドシュグ・ナイトのR・マルコス・テイラー、ウォーレンGのシェルドン・A・スミスなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター