容疑者 Suspect (1987) まだ評価されていません。


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

権力の裏に潜む陰謀に巻き込まれながら、障害を持つ依頼人(容疑者)を必死に救おうとする弁護士と、彼女を献身的に支える陪審員との、禁じられた関係と恋愛を絡めた、監督ピーター・イエーツシェールデニス・クエイドリーアム・ニーソン共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■

監督:ピーター・イエーツ
製作:
ダニエル・A・シャーコウ
脚本:
エリック・ロス
撮影:
ビリー・ウィリアムズ
編集:
レイ・ラヴジョイ
音楽:
マイケル・ケイメン

出演
シェール:キャスリン・ライリー
デニス・クエイド:エディ・サンガー
リーアム・ニーソン:カール・ウェイン・アンダーソン
ジョン・マホーニー:マメシュー・ヘルムズ判事
ジョー・マンテーニャ:チャーリー・ステラ検事
フィリップ・ボスコポール・グレイ司法副長官
E・キャサリン・カー:グレース・コミスキー
フレッド・メラメッド:モティ・ローゼンタール
リチャード・ガント:エヴェレット・ベネット
マイケル・ビーチ:駐車係
ビル・コッブス:フランクリン判事
ジャック・ジェソップ:デイヴィス

アメリカ 映画
配給 トライスター・ピクチャーズ
1987年製作 121分
公開
北米:1987年10月23日
日本:1988年5月
北米興行収入 $18,782,400


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ワシントンD.C.
クリスマス直前に
、最高裁判事が謎の自殺を遂げ、彼から封筒を預かった司法省の女性職員の死体も発見される。

その職員の所有物を持っていた、ホームレスのカール・ウェイン・アンダーソン(リーアム・ニーソン)が容疑者として逮捕される。

そして、官選弁護人キャスリン・ライリー(シェール)が、カールの弁護を担当することになる。

刑務所で、何も話そうとしないカールに襲われたキャスリンだったが、彼が失語症であることを知る。

キャスリンは、カールに必死に問いかけるものの彼は心を閉ざしたままだった。

諦めかけていた時、”マイケルがいた”、”救世主イエス”、”カミソリを”という文字をカールは黒板に書く。

結婚もせず子供もいない、映画も観ずに、一日中仕事に追われているキャスリンは、それが楽しいことに気づきながら裁判の準備を続ける。

やがて、ヘルムズ判事(ジョン・マホーニー)の下、裁判は始まり、有能な若きロビイスト、エディ・サンガー(デニス・クエイド)も陪審員として出廷する。

私立探偵エヴェレット・ベネット(リチャード・ガント)が、キャスリンの助手として協力を申し出る。

そして、チャーリー・ステラ検事(ジョー・マンテーニャ)との激しい論戦を、キャスリンは繰り広げる。

ホームレスがたむろする場所で、ベネットはマイケルらしき男を発見するが、ナイフで顔を切りつけられ、その男には逃げられてしまう。

一方、エディは、ある法案を通すために女性議員を体で買収したりしていたが、裁判でカールらホームレスなどが社会の犠牲者だと思い始め、自分の行っている仕事に疑問を感じ始める。

裁判は凶器のナイフと傷口などの審議に入り、カールが右利きであったかを確認する電話がキャスリンに入る。

キャスリンは、カールが左利きだということに気づき、電話で助言をしたのがエディだということも知る。

弁護人と陪審員の接触は禁じられているため、エディの協力をキャサリンは拒絶する。

しかし、裁判の行方に興味を持ったエディは、単独で真犯人を探す捜査を始める。

エディは、ホームレスが大統領の紋章入りのカフスを持っているのを見つけ、靴と靴下とでそれを交換する。

エディはそれをキャスリンに渡すが、彼女はマイケルらしき男に襲われてしまう。

エディがキャスリンを助けるものの、彼はナイフで切りつけられる。

傷を負ったエディを手当てしているうちに、互いは引かれ合うものを感じるが、キャスリンはその場を立ち去る。

エディは、司法副長官ポール・グレイ(フィリップ・ボスコ)が、そのそのカフスをもらった一人で、被害者とも関連性があることを突き止め、キャスリンにそれを話す。

キャスリンが、陪審員と接触していることに気づきかけたヘルムズ判事は、それを彼女に問い、彼女はそれを否定するものの、判事は事実の場合は、弁護士の資格を剥奪することを伝える。

エディは、カフスをグレイに見せて牽制するが、彼は詮索が過ぎると敵を作ることになることをエディに忠告する。

キャスリンは、証言にたった警察官への質問で、旧駅跡地にホームレスがたむろしていることを発言させ、エディがその場に向かいマイケルを捜す、彼は既に殺されていた。

被害者が、20年前の裁判記録で何かを知った事に気づいたキャスリンとエディは、その頃グレイが検事だったことも知り、その年の裁判記録を調べ始める。

ヘルムズ判事の目を盗みながら、協力して裁判記録を調べる二人の心は、次第に一つになっていく。

証言席に座ったカールは、ベトナム戦争時代のことや夢や家族についてキャスリンに問われ、被害者を殺したのかを追求されると、必死に声を出そうとして”ノー”と答える。

しかしステラ検事は、カールと被害者が事件当夜、同じ場所にいて、カールが被害者の所持品とナイフを持っていた事実確認を明確にする。

キャスリンは被害者の車の中から、自殺した判事が20年前に出世のために不正を行い、その罪悪感から自殺したことを告白するテープを見つける。

ホルムズ判事の元に向かったキャスリンは、そこでグレイに出くわす。

法廷に本を取りに行ったキャスリンは、何者かに襲われナイフで相手を傷つけるももも逃げられてしまい、現れたエディが彼女を抱きしめる。

グレイを証人として呼んだキャスリンは、ホルムズ判事が、自殺した判事と20年前に共謀したことを知った被害者を殺したことを暴いてしまう。

無実が証明されたカールはキャスリンに感謝し、裁判は終わり、そしてキャスリンとエディは結ばれる。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

ワシントンD.C.
最高裁判事が謎の自殺を遂げ、彼から封筒を預かった司法省の女性職員の死体も発見される。
死亡した職員の所有物を持っていた、ホームレスのカールは、容疑者として逮捕されてしまう。
官選弁護人キャスリン・ライリーが、カールの弁護を担当することになる。
キャサリンの問いかけに、失語症のカールは心を閉ざしていたが、ようやく、ある言葉を黒板に書き、やがて裁判は始まる。
法廷でキャサリンは、検事ステラと激しい論戦を繰り広げ、
ロビイストでもあり陪審員のエディが彼女に協力しようとする。
しかし、弁護人と陪審員の接触は禁じられているために、キャサリンは、エディの協力を拒絶するのだが・・・。
__________

ピーター・イエーツの、無駄のない軽快な演出と、どんでん返し的なクライマックスは面白味はあるが、余りにも公然とした、弁護人と陪審員との接触に、いくらドラマとはいえ冷や冷やしてしまう。

結局、犯人のように見せかけられ、殺されることになるホームレスの存在は、いったい何だったのかなど疑問が残る。

何といっても注目は、1980年代に入り、歌手に加え俳優としても活躍し始めたシェールの、演技と魅力に尽きるといってもいい作品で、彼女は直後に公開される「月の輝く夜に」(1987)で、ついにアカデミー主演賞を受賞することになる。

プレイボーイ風のやり手のロビイストを演ずるデニス・クエイドも、突然、改心して弁護人に協力する若者を爽やかな雰囲気で演じている。

キャリアはあったものの、まだ脇役時代のリーアム・ニーソンも若々しく、大柄であり、その風貌などが当時から妙に印象に残った俳優だった。

事件の黒幕で犯人、しかも担当判事という驚きの役を演ずるジョン・マホーニー、主人公と論戦を繰り広げる検事のジョー・マンテーニャ、最後まで犯人だと思わせる司法副長官フィリップ・ボスコ、「ロッキー5」(1990)の派手なプロモーターが印象的なリチャード・ガントが、私立探偵役で登場する。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター