プリズナー Take (2007) 3/5 (2)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

被害者と加害者の死刑囚、両者にどんな関わりがあったのか・・・通常は認められない両者が面会して刑の執行までを描く、ジェレミー・レナーミニー・ドライヴァー共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■

監督:チャールズ・オリヴァー
製作:チェット・トーマス
脚本:チャールズ・オリヴァー
撮影:トリスタン・ホイットマン
編集:アンドリュー・マカリスター
音楽:ロジャー・ネイル

出演
アナ・ニコルズ:ミニー・ドライヴァー

ソール・グレゴール:ジェレミー・レナー
ジェシー・ニコルズ:ボビー・コールマン
スティーヴン牧師:アダム・ロドリゲス
マーティ・ニコルズ:デヴィッド・デンマン
メカニック:グリフ・ファースト

アメリカ 映画
配給 Crossing Paths
2007年製作 98分
公開
北米:2008年7月18日
日本:未公開
北米興行収入 $6,627


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

刑務所内。
アナ・ニコルズ(ミニー・ドライヴァー)は、夫のマーティ(デヴィッド・デンマン)に電話をして、なぜ見に来ないのかを尋ねる。

残された物をマーティに渡したいこともアナは伝えるが、彼は、それが無意味だと答える。
__________

死刑囚ソール・グレゴール(ジェレミー・レナー)は、近づく刑の執行を待つ。

かつてソールと関わりを持ち、恐ろしい体験をしたアナは、”息子のジェシー”(ボビー・コールマン)を連れて、アスカス刑務所に向かう。
__________

レンタル倉庫で働いていたソールは、賭けで借金をして返済を迫られる。

客の預けた物を奪い売りさばき、金を工面しようとしたソールだったが、それが経営者に見つかってしまう。

クビになったソールは町を出るよう警告され、彼は仕方なくそれに従おうとする。

学校に呼ばれたアナは、知的障害のあるジェシーを、特別支援学校に転校させるよう言われるが、彼女はそれに納得しない。

自宅教育をすることを考えたアナは、夫マーティに相談するが、彼はそれに否定的だった。

ハウス・クリーニングをして働くアナは、ジェシーを支援学校に入れる資金的な余裕がないのだが、余計に働くことを考え、教師のマーティも協力することを伝える。
__________

スティーヴン牧師(アダム・ロドリゲス)と面会したソールは、アナが来るかを気にする。

ソールは、アナが自分を憎んでほしいと、牧師にそれを伝える。

生きることに価値があると、スティーヴン牧師に言われたソールは、自分一人で生きていくことを決めた人生に口を出すなと意見する。
__________

ソールは、再び借金をすることを考えるがそれを断られ、代わりにある仕事を頼まれる。

借金の形に、ある男の車を奪う指示を受けたソールだったが、それが見つかり痛めつけられてしまう。

仕事を探すアナは、夜の仕事に就こうともする。
__________

スティーヴン牧師は、神が自分を愛していると認めるソールに、人生が価値があるものだと言い聞かせる。
__________

アナは、買い物をするため、車にいたいというジェシーを連れてスーパーマーケットの店内に入る。

同じ駐車場にいたソールも店内に向かい、薬売り場で父親の処方薬を受取る。

ポケットに拳銃があることに気づいたソールは、強盗を考え、2000ドルを要求して店員を撃ってしまう。

客などを威嚇したソールは、金を奪いその場から逃げようとする。

そこに、ジェシーがトイレから出てきたため、ソールは彼を人質にして連れ去る。

取り乱したアナは、通報しなければジェシーを殺さないと言ったソールを信じる。

撃たれた店員の手当てをするために、警察に通報しようとする店側だったが、アナはジェシーの命を救うためにそれを待つよう説得する。

ソールは、ジェシーをトランクに入れて車を暴走させて事故を起こしてしまう。

どうすることもできず混乱するアナだったが、撃たれた店員は死亡する。
__________

ソールは、スティーヴン神父に見守られながら、処刑室に向かう準備をする。

刑務所に到着したアナは、ジェシーを想い起しながらソールと面会しようとする。

__________

ソールは、トランクを開けようとするが、パトカーが近づいたためにその場を逃れる。

現場に到着した警官は、トランクを開けてジェシーを確認するが、駆けつけたアナは、息子が亡くなったことを知り泣き崩れる。
__________

アナは、ソールとの面会を拒まれるが、係官を説得してそれが特別に認められる。

アナは、その場で電話を借りてマーティに連絡する。

ソールに謝罪されたアナは、彼を許すことを伝えてその場を去る。

そして、ソールは処刑室に向かい、薬物投与による刑が執行される。

刑務所を出ようとしたアナは、ジェシーの荷物が詰まったトレーラーを、その場に残して立ち去る。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

刑執行の近づく死刑囚ソール・グレゴールは、死を前にして、自分の人生に価値があったとは考えられないでいた。
かつてソールと関わりを持ち、恐ろしい体験をしたアナ・ニコルズは、”息子ジェシー・・”と共に刑務所に向かう・・・。
過去。
アナは障害のある息子ジェシーを、特別支援学校に転校させるよう学校側に言われる。
自宅教育も考えたアナだったが、それを諦めて、ジェシーを学校に通わせるために仕事を探すものの、思うようにいかない。
借金の返済を迫られていたソールは、金を工面することができずに、スーパーマーケットで店員を銃撃して金を奪い、その場から逃れようとする。
居合わせたアナは、ジェシーをソールに人質に取られ、その後、悲劇は起きる・・・。
__________

エンディングで明記される、基本的には認められない、被害者と加害者の面会を奨励する”修復的司法”により、釈放された受刑者の再収監率が、50%から8%に減少した事実が興味深い。

その、”修復的司法”を一つのテーマにして、被害者と加害者、どちらも恵まれない両者の人生、双方が関わりを持つ事件とその後を描いた社会派ドラマとして、多くを考えさせられる作品だ。

冒頭のヒントと中盤辺りで、亡くなった息子の面影と旅することが分かる、被害者としての辛い立場を、ミニー・ドライヴァーが熱演している。

一癖ある表情が印象的であり、既にキャリアを積み、翌年「ハート・ロッカー」(2009)でその実力を評価され、トップ・スターの道を歩むことになるジェレミー・レナーは、死を待つだけの死刑囚、そして、それに到る苦悩の時を迫真の演技で好演する。

主人公の息子ボビー・コールマン、主人公の夫役デヴィッド・デンマン、牧師役のアダム・ロドリゲス、メカニックのグリフ・ファーストなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター