テイク・シェルター Take Shelter (2011) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

大惨事に襲われる妄想にとり憑かれた男性と家族の苦悩を描く、主演マイケル・シャノンジェシカ・チャステインキャシー・ベイカー他共演、監督ジェフ・ニコルズによる戦慄の心理サスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

WebSite(E)


スタッフ キャスト ■

監督:ジェフ・ニコルズ
製作総指揮
サラ・グリーン

ブライアン・カヴァノー=ジョーンズ
グレッグ・ストラウス
コリン・ストラウス
リチャード・ロスフェルド
クリス・ペロー
クリストス・V・コンスタンタコポウロス
製作
タイラー・デイヴィッドソン

ソフィア・リン
脚本:ジェフ・ニコルズ
撮影:アダム・ストーン
編集:パーク・グレッグ
音楽:デイヴィッド・ウィンゴ

出演
カーティス・ラフォーシュ: マイケル・シャノン

サマンサ・ラフォーシュ: ジェシカ・チャステイン
デュアート: シェイ・ウィガム
ナット: ケイティ・ミクソン
サラ・ラフォーシュ: キャシー・ベイカー
カイル・ラフォーシュ: レイ・マッキノン
ケンドラ: リサ・ゲイ・ハミルトン
ジム: ロバート・ロングストリート
ハンナ・ラフォーシュ:トーヴァ・スチュアート

アメリカ 映画
配給 ソニー・ピクチャーズ・クラシックス

2011年製作 121分
公開
北米:2011年9月30日
日本:2012年3月24日
製作費 $5,000,000
北米興行収入 $1,729,969
世界 $3,099,314


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

オハイオ州、ラグレンジ
田舎町の工事現場で働くカーティス・ラフォーシュ(マイケル・シャノン)は、異様な雨雲の空から、エンジン・オイルのような雨が降る夢を見る。

カーティスは、妻サマンサ(ジェシカ・チャステイン)と耳の不自由な娘ハンナ(トーヴァ・スチュアート)とで、平穏な暮らしをしていた。

その日の現場で、雨が降ってきたために、同僚デュアート(シェイ・ウィガム)とバーで酒を飲んだカーティスは、夜遅くに帰宅する。

翌朝、カーティスは庭の廃材を片付けている最中、異様な雲が近づき雷雨となり、興奮した愛犬レッドに噛まれる夢を見て目覚める。

レッドと遊ぶハンナを見て不機嫌になりながら、仕事に出かけたカーティスは、上司のジム(ロバート・ロングストリート)から、作業の遅れを指摘される。

現場で仕事を始めたカーティスは、上空の鳥の大群に驚く。

仕事が長引いたカーティスは、サマンサとの約束の手話教室に、汚れた作業着のままで行くことになる。

翌朝も、オイルの雨の中、車で事故を起こし人に襲われる夢で目覚めたカーティスは、気分が悪いことをサマンサに心配される。

その後カーティスは、フェンスで囲ったレッドの犬小屋を作り、使用していなかった裏庭のシェルターを確認する。

雨の中で立っている男を、家の中から見つめていたハンナに気づいたカーティスは、彼女を抱き寄せ、家具が空中に浮いて落下し、大きなショックを受ける夢を見る。

夜尿に気づいたカーティスは、それをサマンサに隠し、医師の診察を受けることも考える。

エリリア
サマンサが教会に行っている間、ハンナを連れて図書館に向かったカーティスは、精神疾患の本などを借りる。

その帰り、缶詰などを買い溜めしたカーティスは、シェルターを掃除して食料の備蓄を始め、その場で、借りてきた本を夜遅くまで読む。

医師の診察を受けたカーティスは、眠れないことや夜尿のことを話し、軽い鎮静剤の処方箋と精神科医を紹介される。

その頃、ハンナの人工内耳の手術に保険金が下りることが分かり、サマンサはそれを喜ぶ。

帰宅したカーティスはその話を聞き、薬を飲んで久し振りに熟睡し、夢を見ずに爽快な気分で目覚め、サマンサに笑顔を見せる。

しかし、カーティスは仕事場で、晴天にも拘らず雷鳴を聞いてしまう。

取り乱したカーティスはその場を離れ、息苦しくなって車を止めた場所で、コンテナが売りに出ていることに気づく。

その後カーティスは、精神病院にいる母親サラ(キャシー・ベイカー)を訪ねる。

カーティスは、サラが入院した時の症状などを聞き、自分の今の状況と比較をしてみる。

帰宅したカーティスは、シェルターの増設費用を7000ドル弱だと割出して、銀行から融資を受ける。

翌日、カーティスは現場で、会社の重機を無断で使い、竜巻用のシェルターを作ると言って、デュアートにその手伝いを頼む。

遠方の精神科医に行くことはできず、カウンセラーのケンドラ(リサ・ゲイ・ハミルトン)を訪ねたカーティスは、治療はできないと言われながら、精神障害の母サラのことや悪夢のことを語り始める。

その週末、会社の”バックホー”をトラックで運んだカーティスは、デュアートと共に裏庭を掘り始める。

それを知ったサマンサは、自分に相談もしないカーティスを非難し、ローンのことも知り取り乱してしまう。

カーティスの最近の言動について話し始めたサマンサは、それについては何も語れないと言われてしまう。

薬を余分に飲んで眠ったカーティスは、夜中に発作を起こし、サマンサが救急車を呼ぶ。

落ち着いたカーティスは救命士を帰し、サマンサに悪夢のことにを話し、何かに襲われるかもしれないという恐怖と、母親のこともあり、家族を守るためにした行動だったことを話す。

その後カーティスとサマンサは、ハンナの検査を受け、手術が6週間後に決まる。

救急車を呼んだ夜、デュアートに襲われる夢で発作を起こしたカーティスは、ジムに、パートナーを代えて欲しいことを頼む。

カーティスは裏庭にコンテナを埋める作業に入り、それを見ていたデュアートの妻ナット(ケイティ・ミクソン)は、彼の行動がおかしくないかをサマンサに問う。

数日後カーティスは、サマンサかれの連絡で様子を見に来た兄カイル(レイ・マッキノン)を迷惑に思うが、犬を欲しがっていた彼にレッドを譲ってしまう。

サマンサに襲われるかもしれない夢を見たカーティスは、彼女を警戒する。

そんな時、重機の無断使用を知ったジムが、それを確かめに来て、カーティスに解雇されてしまう。

カーティスはそれをサマンサに伝え、彼女は、健康保険が2週間しか使えないことを知る。

我慢の限界に達したサマンサは、カーティスの頬を殴り、ハンナを連れて部屋に閉じこもってしまう。

カウンセラーのケンドラが移動してしまい、代わった担当者に、再び母の話から聞かれたカーティスは席を外してしまう。

その後もシェルターの増設作業を続けるカーティスに、今後も耐えられるかを問い質したサマンサは、何んとか困難を乗り越えることを確認する。

カーティスは、普通に生活する態度が必要だと、チャリティー食事会に行くことをサマンサに勧められる。

しかし、その場でデュアートと言い争いになったカーティスは、興奮して叫び始め、住民らの前で、嵐が襲う大災害を予告する。

正気を逸したカーティスの行動に驚きながらも、苦しみ涙する夫を支えて、サマンサとハンナはその場から去る。

悪夢を見ていたカーティスは、嵐の警報で目覚めたサマンサに起こされ、シェルターに避難してガス・マスクをして眠る。

カーティスは、嵐が収まったというサマンサに、扉を開けるよう言われる。

しかし、嵐は続いていると言い張るカーティスはそれができずに、サマンサに鍵を渡そうとする。

サマンサは、カーティス自身が開けなければ何も変わらないことを伝え、それを彼に促す。

怯えながら扉を開けたカーティスの頭上には青空が広がり、嵐の通り過ぎた後の復旧作業が行われ、近所の住民が周辺を片付けていた。

無事だったことを確認したカーティスは、サマンサに抱き寄せられる。

サマンサが付き添い、精神科医の診察を受けたカーティスは、シェルターから離れ、毎年計画するビーチ旅行にも行くよう勧められる。

但し、その後カーティスは、家族と離れ施設で集中治療を受けることになる。

ビーチで楽しい時を過ごしていたカーティスは、自分にしか見えなかった嵐が迫る雲に、サマンサやハンナが気づいたことを知る。

嵐や竜巻、そして津波が迫る中、カーティスはハンナを抱きながらサマンサに声をかけ、二人は覚悟を決める。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

オハイオ州、ラグレンジ
田舎町の工事現場で働くカーティス・ラフォーシュは、妻サマンサと耳の不自由な娘のハンナと共に平凡な暮らしをしていた。
そんなカーティスは、嵐が起きる悪夢を見て仕事の現場でも、異様な鳥の大群を目撃する。
その後も毎日悪夢は続き、サマンサはカーティスの異常に気付き始め、彼は医師の診察を受ける。
薬で一旦は悪夢が収まるものの、再び異変を感じたカーティスは、精神治療施設にいる母親サラを訪ね、彼女の発病時と自分の状況を比較する。
そしてカーティスは、裏庭のシェルターの改造を考えて融資まで受け、会社の重機を無断で持ち出し、その作業を始める。
しかし、サマンサを始め周囲は、カーティスの奇行に驚き、彼は孤立していく・・・。
__________

長編2作目の、脚本も兼ねるジェフ・ニコルズが、カンヌ国際映画祭で批評家週間グランプリ他に輝いた注目作。

何の変哲のない田舎町で暮らす家族を襲う心理的恐怖や孤立感を淡々と描く作品ではあるが、各映画賞で高く評価され、特に主演の夫婦役のマイケル・シャノンジェシカ・チャステインの演技は絶賛された。

拡大公開もされなかった小作だが、全てを平凡に描写しながら、大災害を予測させる緊迫感は、見ている者をドラマに引き込む。

嵐、竜巻、大津波、とてつもない災害が迫る家族は覚悟を決める・・・・
それとも、主人公を信じてシェルターへ戻ろうとするのか・・・
考えさせるラストの恐怖、そのインパクトは衝撃的でもある。

迫る惨事に怯えながらの、疎外された孤立感を見事に演じた主人公マイケル・シャノン、夫の奇行に困惑しながらも、彼を支える妻を好演するジェシカ・チャステイン、主人公の同僚で友人夫妻のシェイ・ウィガムケイティ・ミクソン、精神障害を患う主人公の母親キャシー・ベイカー、兄のレイ・マッキノン、カウンセラーのリサ・ゲイ・ハミルトン、主人公の上司ロバート・ロングストリート、娘トーヴァ・スチュアートなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター