拳銃の町 Tall in the Saddle (1944) 3/5 (26)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

牧場に雇われた男が、その内紛や土地を奪おうとする者の陰謀に巻き込まれながらも敢然と立ち向かう姿を描く、主演ジョン・ウェインエラ・レインズジョージ”ギャビー”ヘイズウォード・ボンド他共演、監督エドウィン・L・マリンによる西部劇。


西部劇

ジョン・ウェイン / John Wayne 作品一覧


スタッフ キャスト ■

監督:エドウィン・L・マリン
製作:ロバート・フェローズ
原作:ゴードン・レイ・ヤング”Tall in the Saddle”
脚本
マイケル・ホーガン

ポール・フィックス
撮影:ロバート・デ・グラス
音楽:ロイ・ウェッブ

出演
ロックリン:ジョン・ウェイン

アーリタ”アーリー”ハロルデイ:エラ・レインズ
デイヴ:ジョージ”ギャビー”ヘイズ
ロバート・ガーヴィー判事:ウォード・ボンド
エリザベス・マーティン:エリザベス・リスドン
クララ・カーデル:オードリー・ロング
ハロルデイ:ドン・ダグラス
クリント・ハロルデイ:ラッセル・ウェイド
ボブ・クルーズ:ポール・フィックス
ジョージ・クルーズ:ハリー・ウッズ
ジャクソン保安官:エモリー・パーネル
タラ:フランク・パグリア
パット・フォスター:ラッセル・シンプソン
ジーク:レイモンド・ハットン

アメリカ 映画
配給 RKO

1944年製作 87分
公開
北米:1944年9月29日
日本:1946年5月2日
製作費 $565,754
北米興行収入 $2,000,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

アリゾナ準州
駅馬車でサンタ・イネスに向かおうとするロックリン(ジョン・ウェイン)は、変わり者の飲んだくれである老人で御者のデイヴ(ジョージ”ギャビー”ヘイズ)と共に、乗車客のクララ・カーデル(オードリー・ロング)と彼女の叔母エリザベス・マーティン(エリザベス・リスドン)を乗せて出発しようとする。

エリザベスは、クララがロックリンを気にしたため彼女に注意しながら駅馬車に乗る。

かつて女のことで辛い目に遭ったロックリンは、クララと目が合うものの、関わりたくない素振りを見せ、その件についてをデイヴに話をする。

ロックリンが気に入ったデイヴは彼に酒瓶を渡し、女はいても居なくても困ると言って冗談を言いながら馬車を走らせる。

馬を休めようとしたデイヴだったが、エリザベスに急ぐよう言われたため、猛スピードで下り坂を走る。

中継所に寄ったロックリンらは休息し、そこにジャクソン保安官(エモリー・パーネル)と友人ボブ・クルーズ(ポール・フィックス)が現れ、店主を牛泥棒と決めつける。

ジャクソンは、その場にいたエリザベスがカーデル牧場の家族だと思い声をかけ、盗まれた牛には”K・C”の焼印がされていたことを伝える。

牧場主の考えを聞いたロックリンだったが、3週間前に殺されたとボブが答える。

店主は、牛を買った証拠の領収書をジャクソンに見せる。

酔ったデイヴは、ジャクソンとボブに外に連れて行かれる。

ジャクソンは、デイヴの代わりにボブを御者にして送らせることをエリザベスに伝える。

しかし、ロックリンが送ると言って、ジャクソンには心配はいらないことを伝える。

表に出たロックリンは、デイヴがジャクソンとボブに殴られたことを知る。

サンタ・イネス。
駅馬車からデイヴを降ろしたロックリンは、彼をホテルの部屋に連れて行き医者に診せる。

その後、ロバート・ガーヴィー判事(ウォード・ボンド)からポーカーに誘われたロックリンは、同席していたクリント・ハロルデイ(ラッセル・ウェイド)やパット・フォスター(ラッセル・シンプソン)らを紹介される。

ゲームを始めたロックリンは勝負に勝つが、クリントに銃を向けられ、丸腰だったために部屋に戻る。

クリントは、勝てないことは分かっていたが、このゲームは自分のルールに従ってもらうと言い張る。

ロックリンが戻る前に逃げた方がいいと忠告されたクリントは、それを無視する。

暫くすると、ロックリンはガンベルトをして戻り、金を取りに来たと言って立ち去る。

クリントは口出しできず、気まずい思いをしながらその場の者達に言い訳をするものの相手にされない。

翌朝、目覚めたデイヴは、ロックリンの話で下に酒場があることを知りその場に向かう。

ロックリンは、現れたボブから客が来ていると言われ、それを確かめようとして表に出る。

馬で駆け寄ってきたアーリタ”アーリー”ハロルデイ(エラ・レインズ)は、弟クリントから金を巻き上げたと言ってロックリンに銃を突きつける。

ロックリンは、アーリーを相手にしないまま酒場に向かうが、彼女は銃撃して威嚇する。

それを無視したロックリンは、流石に動揺して酒場で酒を注文する。

憤慨してクリントの元に向ったアーリーは、恥をかかされたことで許さないと言って弟を責める。

その場でボブにからかわれたロックリンは、彼を叩きのめす。

牧場主カーデルの弁護士がガーヴィーだと知ったロックリンは、彼のオフィスを訪ねる。

ロックリンからカーデルの手紙を見せられたガーヴィーは、なぜ彼が雇われたのか不思議に思う。

そこにエリザベスとクララが現れ、カーヴィーはロックリンが二人のK・C牧場に雇われたことを伝える。

生前のカーデルの約束が当てにならないと言うエリザベスだったが、ロックリンも働く気になれず、受け取った金150ドルを返すために来たと言ってその場を去ろうとする。

クララはロックリンを気遣い、彼の名前を聞く。

部屋に入って来たアーリーは、馬泥棒のボブの兄ジョージ(ハリー・ウッズ)を釈放したことで、彼が自分の牧場に近づいたら殺すと言う伝言をガーヴィーに残す。

アーリーは、ジョージの弟ボブがジャクソン保安官の友人だと知っていたために来たことをガーヴィー伝える。

ガーヴィーは、隣人となるエリザベスとクララをアーリーに紹介する。

部屋を出ようとするアーリーは、義父ハロルデイが月60ドルで雇うことをロックリンに伝える。

エリザベスがロックリンを雇うべきでないと口出しするが、彼はアーリーと共にその場を去る。

クララは、ロックリンを嫌うエリザベスの態度を批判するが、彼の前で気取るのは止めるようにと言われて答えを返せない。

ハロルデイの元に向かったアーリーは、60ドルで男を雇ったことを義父に伝える。

アーリーは、ロックリンを直ぐにクビにして恥をかかせる気だった。

ロックリンに会ったハロルデイは、彼がカーデルの牧場で働く予定だったことを知る。

そこにデイヴが現れ、ジョージが弟ボブに怪我をさせたことで片をつけに来たとロックリンに伝える。

通りで待っていたジョージに近づいたロックリンは用があるのかを尋ね、相手が銃を抜こうとしたため殴り倒してその場を去る。

ジョージを殴ったことを責めるエリザベスに、その通りだと答えたロックリンは、近づいて来たジャクソン保安官に、昨日の仕返しだと言って立ち去る。

その戦いぶりを見ていたハロルデイに気に入られたロックリンだったが、彼は女に使われることを嫌う。

ハロルデイは、牛泥棒を監視する仕事を任せることでロックリンと話をつける。

デイヴに、気の強いアーリーが蛇のような女だと言われたロックリンだったが、月60ドルの大金が魅力だと答える。

ハロルデイのトパーズ牧場に向かう途中、クララの馬車に追いついたロックリンは彼女と話をする。

エリザベスに追い払われたロックリンは、待っていたアーリーと共に牧場に向かう。

翌朝ロックリンは、アーリーが信頼する男タラ(フランク・パグリア)に案内されて、15マイル離れたテーブル・トップの山小屋に向かう。

ロックリンは、タラが自分を嫌っている様子であるため、その件について彼に尋ねる。

タラは、人としてではなく、アーリーを不幸にする男に思えるためロックリンを嫌っていると答える。

御者をクビになったデイヴはフォスターに雇われ、クララの手紙をロックリンに届けようとする。

牧場にロックリンがいないことをタラから知らされたデイヴは山小屋に向かう。

ロックリンに惹かれていたアーリーは、ハロルデイの指示で、彼がテーブル・トップの山小屋に行ったことをタラから知らされる。

タラはアーリーの気持ちに気づき、ロックリンが相応しい男でないと彼女に助言する。

クララがロックリンに手紙を送り、それをデイヴが届けていることもタラはアーリーに伝える。

アーリーは戻ってきたハロルデイに、ロックリンへの命令は自分が出すと言って不満をぶつける。

ハロルデイは、アーリーの嫉妬心を満足させるために散財する気はないことと、ロックリンが思い通りにならない男だと言って彼女に忠告する。

嵐の中、山小屋に着いたデイヴは、ロックリンにクララの手紙を読ませる。

信頼できる人間を探しているというクララは、ガーヴィーを信用することができず、叔母エリザベスは彼に全てを任せて、自分を東部に帰そうとしているということだった。

それに賛成できないクララは先住民の恐怖も気になり、ガーヴィーに渡した150ドルは返すと言って同封されていた。

ロックリンは、クララらが誰かに脅されていると考える。

ガーヴィーとK・C牧場主カーデルの関係をデイヴから聞いたロックリンは、ガーヴィーがイカサマ・ポーカーをすることと、ガーデルの死に絡んでいる可能性を知る。

ハロルデイとガーデルの関係も気にしたロックリンは、牛泥棒がガーデルを殺したという噂があるという話もデイヴから聞く。

その時、部屋は銃撃され、ロックリンとデイヴは外の様子を窺い逃げた男に向かって銃撃する。

男は逃げ去るが、デイヴは落ちていたタバコ入れを見つける。

ロックリンは小屋にいたアーリーに気づき、彼女が持っていたクララの手紙を破り捨てる。

帽子に空いた銃の穴を見せていい腕だと言うロックリンだったが、アーリーは襲ったことを否定する。

アーリーはロックリンを解雇し牧場から追い払おうとするが、彼はデイヴを待つ。

奪ったナイフを確認し、襲ったのはタラかと尋ねたロックリンだったが、アーリーはそれを否定する。

返したナイフを投げ返してきたアーリーに近づき抱きかかえたロックリンは、彼女にキスする。

自分はクビになったと言い残してロックリンは立ち去ろうとするが、デイヴが戻りその状況を見て驚く。

その場に残ったアーリーは、悔し涙を流す。

翌日、ハロルデイのオフィスを訪ねたロックリンは襲われたことを伝えて、タラと現れたクリントが怪しいと伝える。

それを否定するクリントだったが、ロックリンはデイヴが拾ったタバコ入れを見せて、昨夜”ボス”に解雇されたことを伝えて立ち去る。

ハロルデイは、問題ばかり起こすクリントに暫く町を出るよう命ずる。

ホテルに向かったロックリンは、現れたクララからガーヴィーの話を聞く。

クララは未成年の時に、叔母エリザベスに全てを任せるという委任状を書いて渡したことをロックリンに伝える。

未成年でないことを証明できるかを聞かれたクララは、ガーヴィーの手紙を手に入れれば可能だが、それは無理だと答える。

同じ頃、委任状が無効になるという手紙を、ガーヴィーがエリザベスの前で燃やしてしまう。

そこにロックリンが現れたため、エリザベスは部屋を出る。

ロックリンはクララが成人するという手紙を探し、鍵のかかっていた机の引き出しにカードが隠されていたため、ガーヴィーのカーデル殺しを追及する。

イカサマがバレたから殺したと言うロックリンは、それを否定するガーヴィーに、ガーデン・シティの判事ならこの話に飛びつくと伝えて部屋を出ようとする。

ガーヴィーが銃を奪おうとしたため、ロックリンはそれを阻止して彼を叩きのめす。

ロックリンは、部屋に入ってきたデイヴと共にその場を離れる。

ガーヴィーは、戻ってきたエリザベスを相手にしない。

クリントを呼ぶようデイヴに指示したロックリンは、ホテルの部屋に戻る。

手紙は必要なくなり、翌日ガーデン・シティに向かうことをクララに伝えたロックリンだったが、その場にいたアーリーが昨夜の山小屋のことを話していた。

それを否定しないロックリンに、一応感謝したクララはショックを受けながらその場を去る。

ロックリンが自分に惹かれていると言って自慢げなアーリーは、繫ぎ合わせたクララの手紙をその場に置いて立ち去る。

牧場に戻ったクララはエリザベスに殴られ、手紙のことをロックリンに話したことで責められる。

ガーヴィーは、ロックリンが翌日クララを連れてガーデン・シティに向かうことをエリザベスから知らされる。

ロックリンはデイヴが連れてきたクリントから、ガーヴィーがガーデルを殺した件を聞き出そうとする。

しかし、窓からロックリンの銃を奪った男がクリントを射殺する。

押し倒されて気を失っていたロックリンが、床に落ちていた銃を拾ったところにデイヴらが現れる。

ロックリンは、保安官やガーヴィーにクリント殺しを疑われるもののそれを否定し、現れたアーリーにその場で起きたことを正直に話す。

ロックリンは、犯人を必ず突き止めると言ってその場から逃走し、アーリーとデイヴがそれに手を貸す。

ガーヴィーは、ロックリンがガーデン・シティに向かったことをジャクソン保安官に伝える。

犯人を目撃していたタラは、ロックリンが犯人でないことをアーリーに話し、自分がその男を必ず殺すと言って馬に乗る。

デイヴの馬車に隠れていたロックリンは、K・C牧場に向かおうとする。

ガーヴィーらもK・C牧場に向かい、アーリーとタラは先回りしようとする。

クララはその場を去ろうとしてエリザベスに見つかるが、彼女は自分を騙した叔母を批判する。

エリザベスが何かを隠していることに気づいたクララは、ロックリンがカーデルの甥であり、彼に牧場の相続権があることを知らされる。

クララは姪の娘であり、ロックリンは邪魔者だったのだ。

エリザベスとクララは、その話を聞いていたロックリンとデイヴに気づく。

全てを知ったロックリンは、現れたジョージとボブに銃を向けられる。

デイヴは拘束されてロックリンはジョージに殴られ意識を失い、クララは気絶してしまう。

ロックリンとデイヴを馬車で運ぼうとしたジョージとボブだったが、現れたアーリーに銃を向けられる。

アーリーはロックリンの拘束を解き、タラは抵抗しようとしたボブをナイフで殺す。

ロックリンはジョージを叩きのめし、逃げるべきだと言うアーリーの言葉を無視してクララを助けようとする。

ガーヴィーらが到着し、エリザベスは、ジョージとボブがロックリンを連れて行ったことをジャクソン保安官に伝える。

エリザベスに残るよう言われたガーヴィーは、ロックリンに全てを知られたと彼女から言われる。

そこに現れたロックリンは、ガーヴィーにタバコ入れを見せる。

ロックリンを外から銃撃しようとしたハロルデイだったが、タラがナイフを投げてそれを阻止する。

クリントを窓から撃ったのはハロルデイで、カーデルも殺したのだった。

その場から逃げたハロルデイを銃撃しようとしたロックリンは、それをアーリーに制止される。

タラがハロルデイを追い、アーリーに約束した通り彼を殺す。

その後ガーヴィーは、ハロルデイが全ての牧場を手に入れようとしていたことを話す。

ガーデルが全てに気づきハロルデイが彼を射殺し、クリントの銃撃は事故だった。

ハロルデイは、カーデルの甥であるロックリンを狙ったのだった。

山小屋でロックリンを襲ったのは、ハロルデイがK・C牧場を手に入れるためだった。

ガーヴィーの話を聞いていたエリザベスは憤慨し、彼を花瓶で殴ってしまう。

クララが東部に戻ることを知ったロックリンは、その場から去ったアーリーを追うようクララに言われる。

ロックリンを捜したデイヴとタラは、彼とアーリーが抱き合っている姿を見て微笑む。


解説 評価 感想 ■

1943年に発表された、ゴードン・レイ・ヤングの小説”Tall in the Saddle”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)

アリゾナ準州
駅馬車でサンタ・イネスに向かうロックリンは、御者のデイヴと親しくなる。
町に着いたロックリンは、牧場主の息子クリントとのポーカーでもめ事を起こす。
翌日、クリントの件で因縁をつけて来た姉アーリーをロックリンは相手にせず、彼女は恥をかかされる。
K・C牧場に雇われたロックリンだったが、牧場主は死亡した後で、その弁護士のガーヴィーに受け取っていた金を返し引き上げようとする。
そこに現れたアーリーは、牧場主の義父ハロルデイが雇うと言っていることをロックリンに伝える。
その仕事を受ける気のロックリンだったが、それは、アーリーが彼に恥をかかせるための企みだった・・・。
__________

第二次大戦には従軍せずに、ハリウッド映画界を支える立場になりつつあったジョン・ウェインが逞しい男を演ずる、正統派西部劇。

長く続く西部劇全盛期の作品であり、アクション、決闘、陰謀、ロマンス、そしてユーモアも盛り込まれた、娯楽の要素満載の痛快作でもある。

ややぎこちない演技ではあるものの、まだ30代半ば過ぎのジョン・ウェインは、長身を生かし他を圧倒する存在感で画面を支配する。

その仕草や表情、そして独特の歩き方などを見ているだけで満足できる、ジョン・ウェイン・ファンにはたまらない一作でもある。

気の強く美しさも兼ね備えた牧場主の娘役エラ・レインズが、そのジョン・ウェインに対し、一歩も引かない態度で彼にわめき散らす迫力も凄まじい。

一方、冷静で清楚な美しさが際立つ東部女性を演ずるオードリー・ロングが、その二人に微妙に関わる恋の行方や、彼女の役柄が荒っぽい雰囲気を度々和らげるという、エドウィン・L・マリンの巧みな演出もよろしい。

そして、単独でも十人分位の強さと威圧感があるジョン・ウェインの相棒的存在として、少々頼りない飲んだくれの老人役ジョージ”ギャビー”ヘイズがいい味を出している。

後半、悪の黒幕のような存在として描写されるジョン・ウェインの盟友ウォード・ボンドも、結局は極悪人ではないという結末もいい。

終始機嫌が悪い、陰謀に絡む新しい牧場主エリザベス・リスドン、別の牧場主である事件の黒幕ドン・ダグラス、その義理の息子ラッセル・ウェイドジョン・ウェイン作品の常連でもある悪党のポール・フィックス、その兄ハリー・ウッズ、保安官エモリー・パーネル、ヒロインの部下フランク・パグリア、町の住人ラッセル・シンプソンなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター