チェイシング/追跡 Tenderness (2009) まだ評価されていません。


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1997年に発表された、ロバート・コーミアの小説”Tenderness”を基に製作された作品。
入院中の妻を看病しながら担当した殺人事件の真相を探る刑事と犯人の少年、そして彼に興味を持つ少女との関係を描く、ラッセル・クロウローラ・ダーン共演、監督ジョン・ポルソンによるサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■

監督:ジョン・ポルソン
製作総指揮
ジョン・アレン

ジェイナ・エデルバウム
スコット・ハンソン
フィッシャー・スティーヴンス
ティム・ウィリアムズ
製作
ジョン・M・ペノッティ

ハワード・メルツァー
チャールズ・ランドルフ
原作:ロバート・コーミアTenderness
脚本:エミール・スターン

撮影:トム・スターン
編集
リサ・ゼノ・チャージン

アンドリュー・マーカス
音楽:ジョナサン・ゴールドスミス

出演
ジョン・クリストフオロ:ラッセル・クロウ

エリック・コメンコ:ジョン・フォスター
ローラリ”ローリ”クランストン:ソフィー・トラウブ
テレサ:ローラ・ダーン
マリア:アレクシス・ジーナ
マーシャ・クランストン:アリヤ・バレイキス
ゲイリー:マイケル・ケリー
ダン・コメンコ:ティム・ホッパー
リサ・コメンコ:ヴィヴィアン・ベネシュ
ジャキー・クリストフオロ:ターニャ・クラーク
パトロール警官:C・S・リー

アメリカ映画
配給 ライオンズゲート

2009年製作 101分
公開
北米:2009年12月11日
日本:未公開


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ニューヨーク州
ティーンエージャーのローラリ”ローリ”クランストン(ソフィー・トラウブ)は、母マーシャ(アリヤ・バレイキス)から、恋人のゲイリー(マイケル・ケリー)と暮らすことを伝えられる。

警部補ジョン・クリストフオロ(ラッセル・クロウ)は、難病の妻ジャッキー(ターニャ・クラーク)が動けない状態だったために、憂鬱な日々を送っていた。

自分が事件を担当した、両親を殺害して少年院に送られたエリック・コメンコ(ジョン・フォスター)に、クリストフオロは面会する。

クリストフオロは、更生すると言うエリックに、必ず再犯すると言葉を返し、それを阻止することを伝える。

エリックに興味を持ったローリは、彼についての記事などをスクラップにしていた。

もう一度、エリックの事件について調べていたクリストフオロは、彼と未解決の少女殺害事件二件の関連を探る。

その後エリックは、院内でマリア(アレクシス・ジーナ)を見かけ、彼女から出所後に会いたいというメッセージを受け取る。

抗うつ剤の影響による反抗と判断されたエリックは釈放され、叔母のテレサ(ローラ・ダーン)に世話になる。

ローリは、週末を利用してエリックの家に向い、雨宿りのために彼の車に忍び込んでしまう。

エリックはマリアと連絡を取り、待ち合わせ場所に向う途中、車の中にいたローリに気づき驚いてしまう。

困惑するエリックは、ローリに金を渡し車から降ろそうとするが、彼女に、”事件”前に会っていると言われ態度を一変させる。

その後エリックは、ローリにどこで会ったかを尋ね、その時のことを思い出す。

同じ頃、クリストフオロはテレサを訪ねエリックの様子を聞き、彼が向かったというオールバニに行くことにする。

エリックは、再びローリを電車で帰そうとするが、自分がマリアのことを口にしたと言われる。

公園に立ち寄ったエリックは、トイレで両親を殺した時のことを思い出しながら、ローリを殺害することを考える。

結局エリックはローリを殺すことができず、彼女がトイレを借りるために、あるトレーラーハウスに立ち寄る。

そこに、エリックの車を見つけたクリストフオロが現われ、それに気づいたエリックは、クリストフオロが周辺を探っている間に姿を消す。

エリックは、自分が川辺で女性といた時のことを目撃したというローリの言葉に動揺してしまう。

クリストフオロが宿泊したモーテルにエリックとローリも部屋を取り、その後、同じレストランに入るが、二人はすれ違いで店を出る。

その後、クリストフオロは地元の警官達に、エリックのことと引退したも同然の自分が彼を追っていることを話す。

その夜、二人はモーテルに泊まり、ローリは自分を殺して欲しいとエリックに頼むものの、彼はそれができなかった。

翌日、遊園地でマリアに会ったエリックは、彼女に誘われて二人きりになる。

二人に気づいたローリは、エリックに興奮しながらそれが罠だと知らせ、直後にクリストフオロら警官達が姿を現す。

クリストフオロは二人を尋問し、ローリーはゲイリーが迎えに来ることになるが、彼女はエリックが殺人犯と知りながら自分の意思で行動を共にしていることを伝える。

エリックの元に戻ることの危険性を、クリストフオロはローリに伝える。

ローリは、エリックから聞いていた、クリストフオロの妻が植物状態だということを口に出し、それを聞いた彼は言葉が返せなくなってしまう。

そして、ローリはエリックと共にその場を立ち去ってしまい、クリストフオロは家に戻ろうとする。

帰りに再び公園に寄った二人は湖でボートに乗り、ローリは突然叫びだし、自ら身を投げ、エリックが彼女を助けようとしたが無駄だった。

エリックは逮捕されるが、クリストフオロに自分が殺していないことを涙ながらに語る。

それを承知していると言ったクリストフオロは、検事にそのことを話すとエリックに伝える。

動くことはできないが、エリックが言う植物状態でない妻が宜しく言っていたと、クリストフオロは彼に伝え立ち去る。

あの日ローリは、川辺で少女を殺したエリックが、死体を川に流すのを一部始終目撃していた・・・。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

難病の妻を看病し、沈む気持ちに耐えながらの日々を送る警部補ジョン・クリストフオロは、担当した両親殺人事件の犯人、少年エリックの監視を続ける。
クリストフオロは、未解決の少女殺害事件とエリックの関係も探っていた。
その後エリックは、抗うつ剤の影響による犯行と判断されて釈放され、叔母のテレサの世話になる。
同じ頃、殺人犯のエリックに興味を持った少女ローリは、彼に会おうとする。
エリックは、少年院で見かけたマリアに、釈放後に会いたいとの連絡を受けていたため、彼女と会う約束をして待ち合わせ場所に向う。
車に忍び込み、それに同行することになったローリは、エリックに追い返されそうになる。
しかしローリは、エリックに以前会ったことがあることを伝えて、彼を動揺させる。
その頃クリストフオロは、エリックの叔母テレサに会い彼の様子を聞き、その行き先に向うのだが・・・。
__________

人気スターのラッセル・クロウ主演にも拘らず、本国アメリカでもほとんど話題にならず、日本では劇場未公開に終わった作品。

主人公三人、それぞれの考えが理解できるようで、そうとも言えない奇妙な展開で進み、現実と非現実が入り乱れているのかと錯覚を起す場面もある。

それが何を意味しているのかよく分からないまま、少女が、少年を殺人犯だと知っているのに、ラストで、事件現場を目撃していた彼女を映し出す必要がなぜあるのかなど、やや意味不明な場面ばかりが印象に残る作品。

難病の妻の看病と、取り戻せない日々を思い疲労の極に達し、仕事に気力を注ぎ込むことができないまま、担当事件の真相を追究する刑事を、ラッセル・クロウは、いつもながら深みのある演技で好演している。
苦悩する表情の背後で、大スターである彼の、確かな自信も感じられ、小作にも拘らず手抜きのない演技は役者魂を感じる。

秘密を知られ、両親を殺害した殺人犯の少年ジョン・フォスター、彼の犯行を目撃しながら興味を抱き接触する少女ソフィー・トラウブ、少年の叔母ローラ・ダーン、囮として少年に近づくアレクシス・ジーナ、少女の母親アリヤ・バレイキス、その恋人マイケル・ケリー、少年の両親ティム・ホッパー、ヴィヴィアン・ベネシュ、主人公の難病の妻ターニャ・クラーク、パトロール警官C・S・リーなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター