ザッツ・ザ・ウェイ・オブ・ザ・ワールド That’s the Way of the World (1975) まだ評価されていません。


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

レコード会社側に不満を抱き苦悩しながらプライドやバイタリティーで厳しい業界を生き抜こうとする、あるファミリー・ユニット・グループをデビューさせようとする大物音楽プロデューサーの生き様を描く、製作、監督、出演シグ・ショア、主演ハーヴェイ・カイテルエド・ネルソン他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■

監督:シグ・ショア
製作:シグ・ショア
原案:ロバート・リプサイト
脚本:ロバート・リプサイト
撮影:アラン・メツガー
編集:ブルース・ウィトキン
音楽
モーリス・ホワイト

アース・ウインド&ファイアー

出演
コールマン・バックマスター:ハーヴェイ・カイテル

カールトン・ジェームズ:エド・ネルソン
フランクリン・ペイジ:バート・パークス
ヴェロア・ペイジ:シンシア・ボスティック
ゲイリー・ペイジ:ジミー・ボイド

アーリー:モーリス・ホワイト
“グループ”:アース・ウインド&ファイアー
ノーマン・シュルマン:シグ・ショア

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ

1975年製作 100分
公開
北米:1975年6月
日本:2007年4月14日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ニューヨーク
大手レコード会社“Aコード”で、黄金の耳を持つと言われる大物プロデューサー、コールマン・バックマスター(ハーヴェイ・カイテル)は、ボスのカールトン・ジェームズ(エド・ネルソン)に呼び出される。

バックマスターは、新進気鋭のグループ”グループ”(アース・ウインド&ファイアー)のデビューを控えていたのだが、社運を懸けているというジェームズから、ファミリー・ユニット・グループ”ペイジズ”の売込みを命ぜられてしまう。

社内一丸で取り組もうとするジェームズだったが、”ペイジズ”が音楽性のないことを指摘するバックマスターは、それに気乗りしない。

ジェームズと激しく衝突したバックマスターは、仕方なく会社の方針に従うことになり、”グループ”のリーダー、アーリー(モーリス・ホワイト)に、デビューが遅れることを伝えて納得させる。

その夜、バックマスターは、”ペイジズ”のフランクリン・ペイジ(バート・パークス)、その娘ヴェロア(シンシア・ボスティック)、その兄ゲイリー(ジミー・ボイド)とパーティーで顔を合わせるが、早々と引き上げる。

そしてレコーディングは始まり、バックマスターは彼なりにこだわった仕事をする。

しかし、会社側は”グループ”が出演するはずだったテレビ・ショーに”ペイジズ”を出すことを決めてしまう。

当然ジェームズに意見したバックマスターだったが、それが聞き入れられず、その悩みを、父親や”Aコード”の創業者ノーマン・シュルマン(シグ・ショア)に相談する。

バックマスターは、会社経営の現実などをシュルマンから知らされ、今回だけはプライドを捨てて仕事を済ませて、次へのステップと考えることを助言される。

そんな時、バックマスターはヴェロアに誘われ、フランクリンが実の父親でないことなどを知らされ、そして二人は愛し合う。

翌朝、アーリーと”グループ”のメンバーがバックマスターの元を現われ、彼に不満をぶつけ、他の会社と契約すると言い出す。

やがて、ヴェロアと親密になるに従って、バックマスターは彼女の成功を願うようになり、ヴェロアは結婚を望む。

”ペイジズ”のデビューを控え、会社上げての宣伝効果で、その注目度は加熱し、そして、バックマスターとヴェロアは結婚する。

その後、会社側は、正式に”ペイジズ”と契約しようとするのだが、ヴェロアが最初に交わした契約が、彼女が未成年でフランクリンが実の父でないため、バックマスターは無効だと主張する。

そこでバックマスターは、ヴェロアと自分が契約したことを会社側に伝え、それを譲渡する条件で”グループ”と契約することを要求する。

会社にそれを納得させたバックマスターは、ヴェロアに、今回のことを非難されるが、これがこの世界だと言って退席する。

そしてバックマスターは、”グループ”をデビューさせて、大成功を収める。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

大手レコード会社“Aコード”で、黄金の耳を持つと言われる大物プロデューサーのコールマン・バックマスターは、新進気鋭のグループ”グループ”のデビューを控えていた。
しかし、ボスのジェームズに呼び出されたバックマスターは、才能を見出せないファミリー・ユニット・グループ”ペイジズ”の売込みを命ぜられてしまう。
それに意見するバックマスターだったが、社運を懸けた方針には逆らえず、仕方なく、”グループ”のデビューを先送りして、”ペイジズ”のレコーディングに専念する。
自分の感性を信じ行動する、プライドの高いバックマスターは、その間も、本意でない仕事を続けることに疑問を抱きながらの日々を送る。
そんな時、”ペイジズ”のボーカル、ヴェロアがバックマスターに接近する。
バックマスターは、ヴェロアと親密になるにつれ、彼女の成功を願うようにはなるのだが・・・。
__________

当時人気のR&B/ファンク・ミュージック・バンド”アース・ウインド&ファイアー”のフルメンバーの出演やレコーディング風景、さらに熱狂のライブ映像などもファンにはたまらなく嬉しい、1970年代の雰囲気を堪能できる作品。

前年公開の「アリスの恋」(1974)や、翌年の「タクシードライバー」(1976)で、その存在を印象付けられるものの、当時、日本では知名度もないハーヴェイ・カイテルの主演作品ということで、当然、劇場公開されることもなく、32年後の2007年に日本では公開されることになる。

厳しい世界で生き抜く、才能溢れる魅力的な人物を演ずる若き日のハーヴェイ・カイテルは、現在の成功を知りつつ観ると実に興味深い。
実力派の片鱗を十分に見せてくれるファン必見の作品だ。

やや時代に外れたユニット・グループを、社運を懸けてまで売り出そうとする、レコード会社社長のエド・ネルソン、そのグループのリーダーで、”ミス・アメリカ”などでも有名な名司会者バート・パークス、主人公と親密になるボーカル、シンシア・ボスティック、その兄ジミー・ボイド、主人公のプロデュースによりデビューするグループ、アース・ウインド&ファイアーとそのリーダー役で、メンバーのモーリス・ホワイト(音楽も担当)、レコード会社の創業者役で、監督のシグ・ショアも出演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター