バロン The Adventures of Baron Munchausen (1989) 2/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

実在した男爵カール・フリードリヒ・ヒエロニムス・フォン・ミュンヒハウゼンのほら話を基に、彼と家来らの冒険と活躍を描く、監督、脚本テリー・ギリアム、主演ジョン・ネヴィルサラ・ポーリーエリック・アイドルオリヴァー・リードユマ・サーマンジョナサン・プライス他共演のファンタジー・アドベンチャー大作。


ファンタジー


スタッフ キャスト ■

監督:テリー・ギリアム
製作総指揮:ジェイク・エバーツ
製作
トーマス・シューリー
レイ・クーパー
脚本
テリー・ギリアム
チャールズ・マッキーワン
撮影:ジュゼッペ・ロトゥンノ
編集:ピーター・ハリウッド
美術・装置
ダンテ・フェレッティ
フランチェスカ・ロ・スキアーヴォ
音楽:マイケル・ケイメン

出演

バロン/ミュンヒハウゼン男爵ジョン・ネヴィル
サリー:サラ・ポーリー
デスモンド/バートホールド:エリック・アイドル
ヴァルカンオリヴァー・リード
ヴィーナス/ローズ:ユマ・サーマン
ホレィシオ・ジャクソン:ジョナサン・プライス
ルパート/アドルファス:チャールズ・マッキーワン
ビル/アルブレヒト:ウィンストン・デニス
ジェレミー/グスタヴァス:ジャック・パーヴィス
月の王:ロビン・ウィリアムズ
月の女王アリアドネ/ヴァイオレット:ヴァレンティナ・コルテーゼ
ヘンリー・ソルト:ビル・パターソン
サルタン:ピーター・ジェフリー
デイジー:アリソン・ステッドマン
役人:レイ・クーパー
士官:スティング
大魚の胃の中でアコーディオンを弾く男:テリー・ギリアム

イギリス/アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
1989年製作 126分
公開イギリス:1989年3月17日
北米:1989年3月10日
日本:1989年6月3日
製作費 $46,630,000
北米興行収入 $8,083,123


アカデミー賞 ■

第62回アカデミー賞
・ノミネート
美術・衣装デザイン・視覚効果・メイクアップ賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

18世紀 ”理性の時代” 水曜日。
ドイツ(プロイセン王国)のある海岸沿いの町が、トルコ軍(オスマン帝国)の驚異にさらされていた。

廃墟の中の劇場で、ヘンリー・ソルト(ビル・パターソン)の一座による”ミュンヒハウゼン男爵の冒険”が上演されていた。

そこに、自分が本物のバロン/ミュンヒハウゼン男爵だと言って老人(ジョン・ネヴィル)が乱入してくる。

バロンは、役者達のデスモンド(エリック・アイドル)を家来のバートホールド、ルパート(チャールズ・マッキーワン)をアドルファス、ビル(ウィンストン・デニス)をアルブレヒト、ジェレミー(ジャック・パーヴィス)をスタヴァスだと言って興奮する。

そこに、役人のホレィシオ・ジャクソン(ジョナサン・プライス)が現われるものの、自分が始めた戦争を自ら終わらせる言うバロンに、その場を仕切られてしまう。

そしてバロンは、今回の紛争の原因を、劇で説明し始める。

エジプト旅行の際バロンは、サルタン(ピーター・ジェフリー)から”トカイワイン”を振舞われるが、その味に満足できず、1時間でそのワインに勝るものをウィーンから持ってくるという、自分の首をかけた賭けをする。

サルタンはその賭けに受けて立ち、バロンは、オーストリア皇后に手紙を書き、それを家来で俊足のバートホールドに渡し、ワインを持って来るようにと命ずる。

時間は迫り、バロンは、他の家来、狙撃の名手アドルファス、怪力のアルブレヒト、小人のグスタヴァスらの協力により、何とか賭けに勝つことができる。

負けを認めたサルタンは、約束通り、アルブレヒトが一人で持てる限りの財宝をバロンに進呈する。

しかし、怪力の大男アルブレヒトは、全ての財宝を担いで持ち去り、憤慨したサルタンはバロンらに襲い掛かる。

サルタンの家来は、驚異的な肺活量のグスタヴァスに吹き飛ばされて大騒動になる。

それがきっかけで、今回のトルコとの争いが始まったのだった。

バロンがそこまで話したところで、トルコ軍の砲撃は始まり、混乱した劇場はジャクソンによって閉鎖され、ソルトは焦ってしまう。

負傷したバロンに、ソルトの娘サリー(サラ・ポーリー)が寄り添い、死にたいと言う彼の話の続きを聞きたいことを伝える。

立ち上がったバロンは反撃を始め、砲弾と共にトルコ軍陣地に向かい、敵の砲弾にしがみつきサリーの元に戻る。

ソルトは、その様子を語るサリーの話を信じないまま絶望し、一座の女達ローズ(ユマ・サーマン)らに、救いを求められたバロンは、町や人々を守りぬくことを誓う。

家来達を捜そうとしたバロンは、女達の肌着を集めて巨大な気球を作らせる。

それを知ったジャクソンは、一座の脱出を阻止しようとするが、気球に乗ったバロンは飛び立つ。

そしてバロンは、忍び込んでいたサリーを連れて旅を続け、バートホールドを捜しにに向かう。

の世界に到着した二人は、月の王(ロビン・ウィリアムズ)と女王アリアドネ(ヴァレンティナ・コルテーゼ)に迎えられ、記憶を失っていたバートホールドに再会する。

バロンは、女王の頭の協力で、その場を脱出しようとするが、二人の関係に嫉妬した王に追われる。

それを逃れたバロンは、20年前、彼にこの場に置き去りにされたバートホールドに非難されながらも脱出に成功する。

地球に落下した三人は、そこがエトナ山だと気づき、あらゆる武器を製造するヴァルカン(オリヴァー・リード)にもてなされる。

バロンらはそこで、女のように弱々しくなったアドルファスに再会し、ヴァルカンの美しき妻ヴィーナス(ユマ・サーマン)を紹介される。

ヴィーナスに魅了されてしまったバロンは、彼女とダンスとキスまでしてしまい、激怒したヴァルカンは、彼らを追放してしまう。

海面に浮上した4人は、島のような巨大魚に飲み込まれてしまい、バロンはその場で、老いてしまったアドルファスとグスタヴァスに再会する。

絶望しかけたバロンは、一座や町を救うことを諦めかけるが、そこに愛馬ブケパロスが現われる。

勇気を取り戻したバロンは、小船を用意して、かぎタバコをばら撒き、巨大魚から噴出される。

戦火の町に戻ったバロンは反撃計画を説明するが、老いた家来らを見て失望し投降しようとする。

ジャクソンとサルタンの和平交渉の席に現われたバロンは、捕らえられて斬首刑にされそうになる。

しかし、老体に鞭打つ家来達がそれぞれの能力を生かし、サリーも協力してバロンを救い、彼はブケパロスにまたがり敵に立ち向かう。

町に凱旋したバロンらは、人々から歓迎されるが、彼はジャクソンに狙撃されて息を引き取る。

人々や一座、そして家来らに見守られながら、バロンの葬儀は盛大に執り行われる・・・。

というような内容の回顧話を、劇場で語っていたバロンの前に、彼を憎むジャクソンが現われる。

ジャクソンは、バロンを逮捕しようとするが、彼はそれを無視して、人々を引き連れ町の門に向かう。

それを阻止しようとするジャクソンらを蹴散らし、門を開けさせたバロンは、人々にトルコ軍が撤退したことを確認させる。

それを見た人々は歓喜してバロンを称える。

ブケパロスにまたがり、ローズに一輪のバラを差し出すバロンを見たサリーは、全てが真実だったことを知り感激する。

そしてバロンは、そのバラをサリーに渡し、ブケパロスと共に走り去る。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

18世紀。
トルコ軍の攻撃にさらされていた、ドイツのある海岸線の町、廃墟の中の劇場でソルト一座による”ミュンヒハウゼン男爵の冒険”が上演されていた。
そこに、自分が
本物のバロン/ミュンヒハウゼン男爵だと言って老人が乱入し、その場を仕切ってしまう。
今回のトルコ
との争いは、自分に原因があると言い出したバロンは、その理由を語る。
サルタンとの賭けに勝った
バロンは、財宝を進呈されるが、彼がそれを全て持ち去ったために、争いが始まったのだった。
その時、再び始まった砲撃で劇場は閉鎖されてしまい、負傷した
バロンは、ソルトの娘サリーに励まされて、町や人々を救うことを誓う。
そして
バロンは、一座の女達の肌着を利用して熱気球を作り、そこに忍び込んでいたサリーと共に、4人の家来達を捜しに、まずへと向かうのだが・・・。
__________

魅力的なキャスティング、凝ったセットや特撮などで見せる、テリー・ギリアムの世界、感性を楽しめる、奇想天外な快心作に仕上がっている。

しかし、膨れ上がった製作費を回収するどころか、興行的には、じられないような大失敗作となってしまった。

製作費 $46,630,000
北米興行収入 $8,083,123

シュールな映像美と個性溢れる登場人物、迫力ある場面展開、どれをとっても一級品の見所満載の作品なのだが・・・。

能天気な正義漢を、魅力たっぷりに演ずるバロン/ミュンヒハウゼン男爵ジョン・ネヴィル、その後、若くして映画監督、脚本家として活躍する、愛らしい劇団座長(ビル・パターソン)の娘サラ・ポーリー、主人公の4人の家来、俊足のエリック・アイドル、千里眼の狙撃手チャールズ・マッキーワン、怪力の大男ウィンストン・デニス、驚異の肺活量の小人ジャック・パーヴィスヴァルカンを豪快に演じているオリヴァー・リード、その妻の女神と座員を演ずる、まだ10代のユマ・サーマン、主人公を敵視する役人ジョナサン・プライス、その部下レイ・クーパーの王を怪演するロビン・ウィリアムズ、王妃ヴァレンティナ・コルテーゼ、サルタンのピーター・ジェフリー、座員アリソン・ステッドマン、士官スティング、そして、巨大魚の中で歌っている男でテリー・ギリアムも登場する。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター